リプレイ2周目 因果応報

*書き方について
 本文中でお店価格を表記する場合、「店舗価格/買い物料」のように表記します。

 とりあえず前回トップ目だった我らがエルミーネだが、店の状況はあまりよくない。ここからどう巻き返していくのだろうか?


 そしてかおるこが、ど高目を持つ冥王星エリアに侵入……

キョロロロロ……

エルミーネ
「あ、ヤバイ……。」
買えばエリア2軒となり、こちらにはかなりきつい状況であるが……
かおるこ「買いたいんですけれども、お金がないわ。諦めます。」
そりゃ流動資産140もないモンな(爆)
せいじは……高目2軒を持つ地球エリアにいる。2を出せば3軒になる……が……、

エルミーネ
「やっぱり緊張するわねえ……。」
アル
「とりあえず早めに動物園を高くしておきたいですね。せいじさんが休みの今がチャンスですし。」

 そしてしんじが本日1回目の増資。

天王星株価:15G→21G
買物料:120→360
しんじ71×6+426
エル0+0
かおるこ0+0
せいじ0+0

 これで天王星に360Gの壁が……。
エルミーネ
「……大丈夫かなあ……? まだ通ってないし、何より銀行から8マス、分岐点のマークから5マスだから、ちょっと避けづらいのよね。」

 エルミーネは現在銀行にいるが、ここでよりによって

アル
「こういう目が一番困るんですよね……。どうしましょうか?」
エルミーネ
「とりあえず……ここにする♪」
アル
「え、え、え、ええ~~~~~~~~~?!?!?」
なんと彼女がチョイスしたのはなんとVe-1(未購入の空き地)
で、建てられるお店のうち仮設店舗に手を出す。

金星株価:9G→11G
しんじ0×2+0
エル5+10
かおるこ0+0
せいじ90+180

アル
「せいじさんを儲けさせてどうするんですか……(汗)
しかもこれから行こうとしているのって、しんじさんが今増資したところ……」
エルミーネ
「大丈夫よ、あたしの強運にかかれば問題なーし♪」

 そしてかおるこは1を出し、エルミーネに20G献上……これで流動資産がますます減るが、その後せいじが2を出して86Gゲット。かろうじて200Gを越えたりする。しんじは地球にあるエルミーネの動物園に飛び込み、本日初の3桁振り込み。
そしてエルミーネがしんじに挑んだ挑戦状の結果は……?
アル
「ここで5出すと厳しいですねえ……。」
エルミーネ
「あたしを信じてないの、アル君?」
アル
「いや、この状況で信じろ、という方がちょっと……」
キュロロロロロ……(1)
エルミーネ
「ちっ、6か7で一発越えかまそうと思ってたのに。」
アル
「……(冷や汗が止まらないらしい)」
なんて漫才してたら、かおるこが5を出してスペードに来た。
エルミーネ
「……赤信号、みんなで渡れば怖くないってやつね?」
アル
「違うと思いますけど……。」
かおるこ「サラリーもらわないとどうしようもありませんから、私。」
ちなみにせいじは3でチャンスカード……「1 方向転換できる」
エルミーネ
かおるこ「そのカード10Gで売って欲しいわ。どうかしら?」
アル
「キャラが違う+被ってる……というか憑依してる……。」

 が、奇跡的なことが起きたりする。
しんじのサイコロが3だったり……。
しんじ「あ~あ、休日かぁ……。(高収入のチャンスだったんだけどなあ……。)」
エルミーネ&かおるこ
「うっしゃ(にやり)」
無理なことしてるなーと思われたが、全然気楽なエルミーネ。
逆にナビゲーターのアルの方は、今回の一軒で確実に寿命が5年縮んだと思われる。
しかもこの女、ここできっちり5出して一発スルーしやがるし。
エルミーネ
「正義は勝ーつ!」
アル
まあ、とりあえず大物出費で劣勢に、というコトはなくなりましたけど。」
かおるこも6出してスルーだし(カジノで増資チャンス引いたが現金は外れ。50+関所の60で、またも流動資産が危うい)。


フィル
「実はここまでに他のプレイヤーから3回、交換取引を申し込まれたんです。」
グラン
「でも、いずれも税務署を相手に与えなきゃならないから、断りまくった、と。」


 せいじは1を引いてから火星側にスイッチバックし、Ma-1(180G)を購入したあと2を出してまたもチャンスカード。
73 空いているお店をそのままの値段で買えます!
エルミーネアル
「げげェ~~~!」
このチャンスを見逃すはずもなく、せいじはこれですぐ上のEa-1(90G)を購入し、
せいじは地球エリアに3軒確保!
エルミーネ
「また壁が出来ちゃった……。アル君が突っ込んだ意味がわかったかも……」
アル
「うーん、取引の種に400Gを買う作戦もあるでしょうけど、
やっぱりここで90買われたのはとても痛いですね……。」
エルミーネ
「まだマーク集め始めたばかりなのになあ……。」
アル
「ここで進行方向を変え、先に地球を回る方がいいかもしれませんね。」
しんじはせいじに31G払っただけで店舗状況は変わらない。
で、エルミーネはいまUr-1(関所)にいるが、ここで3を出す。
エルミーネ
「じゃ、さっきアル君が言った通りに。」
銀行を経由することにしたエルミーネ。これで水星エリアを2軒にしたため、ちったーマシに。
そしたら……その直後、
かおるこ「税務署は諦めるわ。やっぱり一番最初に建てたお店には愛着がありますものね。
木星エリアのヘリポートはあげるわ。その代わり……冥王星の宿屋を頂きたいの。」
エルミーネ
「いいわヨ、お姉さん♪」
アル
「え~~~~? どう考えてもこっちの方が不利だと思うんですが……」
そりゃそうだ、木星の空き店はあと1軒、それに対し、冥王星は2軒空いている。
エルミーネ
「だってェ……今かおるこさんこっちに来てるんだもん……。」
この取引により、Ju-2(木星エリアのど高め)の買い物料が183G。かおるこの流動資産は172G。かおるこがこの店にハマれば即、死亡……じゃなくて店売り。キラー目は2だが……
さん!(世界のナベアツ風に)
エルミーネ
「酷~~~~~い!」
アル
「……だから言ったのに……。」
しかし、これでかおるこの流動資産は2G(笑)。どう考えても店売りが待っている……
はずだったのだが、せいじが太陽の38G、しんじが冥王星の宿屋で30G、銀行に向かっていたエルミーネもせいじと同じ店で38G支払うという流れで、しばらくは安泰のようである(爆)
エルミーネは水星の株を56株買った。
アル
「……まあ、当然でしょうね。せいじさんはすぐに増資できそうにありませんから。」
そしたらせいじ、ここで2を出せばまたエルミーネの3軒を妨害することが出来るのに(あたしはして欲しくないわよ。したらMAHALITOで消し炭に……←エルミーネ談)、5なんぞ出して……しかもしんじの天王星に特攻。
というかよく見たらしんじ、もうマークが3つあるし。
アル
「しかも……残るは自分にとっての安全地帯、天王星の延長上のスペードのみ。」
エルミーネ
「……で、こういうときに限ってあたしは1出す、と(哀)」
せいじに59G支払うハメに。
が、その直後かおるこが援護。地球のエルミーネ動物園にジャストミート。
かおるこ「よりによってここに入るなんて……」
とりあえずさっきぼったくった100G強のほとんどがエルミーネに還元されたことになる(笑)
かおるこ「まあ、あの地上げ屋(=せいじ)のお店じゃなくて、可愛らしい女の子のお店だから許すとして。」
ちなみにせいじはかおるこに41G献上(利益還元、とも言う)、しんじはチャンスカード32で土星(おンどれの第2エリアかい!)の店価格を2割吊り上げる。
そしてエルミーネ。


グラン
「4、5は出したくないところだけどなあ。」
フィル
「……だね。500Gくらいの流動資産で140とか200アップはちょっと……。」


 が、この女、またも持ち前の強運(というか凶運)が炸裂する。

エルミーネ
「よおっしゃ~~~~~!」
で、さっきかおるこから巻き上げた(違)ヘリポートにワープ。ハートに突撃。
アル
「え、水星を3軒にしないんですか?」
エルミーネ
「うん。サラリーが先でしょう、この場合。遅れている流れを取り戻さないと。」
アル
「でも、水星の3軒のプレッシャーは壮絶ですよ。まあ、高めが400Gだから買いづらいかもしれませんが。」
ちなみにハートで引いたチャンスカードは61。株に10%の配当が付き、56Gの収入。
その直後……
かおるこ「お願いがあるの。あなたが金星に持っている400Gのお店が欲しいわ。その代わり、木星の170Gをあげるから。」
アル
「うーん……この取引は難しいところですね……。」
エルミーネ
「あたしに230G、かおるこさんの流動資産が100G強……オッケー♪」
というわけで無事に取引成立!(?)
かおるこは金星エリアに3軒確保!
エルミーネは木星エリアに3軒確保!

アル
「これで少しは勝負できそうですね。」
しかし、問題はかおるこ。流動資産が-なだけに、5以上を出してサラリーを貰わないと店売りになる。が、
7。かおるこはサラリー885Gをゲットして金星エリアを58株購入。
かおるこ「……でもここ、あのオッサンが持ってるのよね……。」
そう、かおるこが58株に対し、せいじは(まだ)72株持っていやがるのだ。そしてせいじは太陽エリアに2軒目(Su-2)を確保。
ハートにいるエルミーネは2を出す。
エルミーネ
「……この状況だと、お店を買った方が無難かな?」
火星の一等地、650Gを購入し、とりあえずせいじのハマり作戦を阻止。これにより、左下から銀行に進入したあと、せいじにイヤでも金を、という状況はなくなった。そしてかおるこ、ついさっき高くなった木星に海王星からかおるこが進入。
そして……残るはダイヤのみ、左上から銀行に進むせいじは……2。
アル
「まった買われてます~~~~~!」
エルミーネ
「何で買うのよ~~~~~(><)」
せいじ「これが勝負ってモンだぜよ!」
エルミーネ
「むっか~~~~!」


グラン
「エル……、お前だって同じこと今したじゃねーか。『因果応報』ってやつだぞ。」
フィル
「えー、ちなみにここでのグラン君と僕との会話は、フィールド上のエルちゃんとアル君には聞こえてません。」


 で、その後は仮設店舗への止まりあい(しんじ:エルミーネのMe-1にて52G、エルミーネ:かおるこのMa-2で86G、かおるこ:せいじのNe-4で73G。)そしてせいじ。これからエルミーネの大物が待ち構える超危険エリアに突入するが……
2を出して、34 いきなり休日!
せいじ「まあ、少しくらい休むのもいいぜよ。」
(スタジオの)フィル
「誰も来ませんからね。(ちょい毒)」
んでしんじもサラリー(812G)。木星の株を99G買う。
エルミーネ
「姑息な相乗りかよ(--
アル
「……なんか、周回を重ねれば重ねるほど、エルちゃんの性格が悪くなっていく……。」
そして、とっととダイヤをゲットしてサラリーにしたいエルミーネだが……

アル
「これは大きいですねえ。」
エルミーネ
「そりゃこのストリートで一番大きい目だもんね。」
アル
「いや、そういうことじゃなく……。ていうかまだ機嫌が悪いんですか?」
エルミーネ
「当たり前じゃない!」
アル
「ま、まあ、とりあえず機嫌直してくださいよ……。ほら、こうなるんですから。」
そそくさと太陽株を29本購入し、その先にある80Gのお店を購入するアル。
エルミーネは水星エリアを3軒確保!
アル
「ほら、3軒に……」
エルミーネ
「嬉しくなーーーい!」
そりゃそうだ。エルミーネの機嫌があんまり改善しないわけは、水星エリアを3軒にしたといっても「安め3軒」だからだ。ど高めの400Gをせいじに取られてたり。
エルミーネ
「こんなことならさっき94引いたときに買っておけばよかった~~~~~!
 んも~~~~、一生懸命やったのに!(←この行は千秋のごとく読むべし)」

 しかもエルミーネの機嫌をますます悪くすることが発生する。
かおるこは7を出して木星エリアを一発スルー。
しかもチャンスカードが6、スペードに行って12(これでUr-2に増資し、420/100になる)。
エルミーネ
「ハマればよかったのよ、ハマれば……」
アル
「(……こういう場合、フィル君なら上手くなだめられるんだけどなあ……)」
せいじは2を出し、ついに恐怖のダイヤエリア(Ju-2のコンビニ、Ne-3の刑務所……もとい税務署)に進入。
アル
「あ、しんじさんが株を売りましたね。」
Pl-4(350G)をしんじが買ったため、株を50株売ったのだ(それでも49株残っているが)。
然るに……エルミーネはまたも得意の(?)1。
エルミーネ
「ぶす~~」
当然、増資なんざ出来るわけもない。左に進むエルミーネ。
かおるこは1出して海王星を防衛増資(?)。

 で、次にせいじから誘惑が……。
せいじ「がっはっは、お嬢ちゃん、水星と地球を交換せんか?」
これを承諾すればお互いに独占となる。エルミーネはこれに応じれば高め持って水星を独占できるが……
エルミーネ
「やだ。あのヤー公に有利な状況与えたくないし。」
というわけであっさり拒絶。当然高めスルーでヘリポートに。
エルミーネ
「むす~~」
ますますもって機嫌が悪くなるエルミーネであった。

 ちなみにしんじは5出して太陽のラス店舗(110G)を買う。エルミーネは懲りずにショボ目の2(爆)。
で、かおるこがまたも取引を持ちかけてきた。
かおるこ「(今増資したばかりの)海王星をあげるから、火星の一等地貰いたいわ。」
エルミーネ
「いーわよー(にやり)」


グラン
「ここでエルがにやりとしたのには理由があるんだ。
さっきのぞうしとかで、かおるこさんの流動資産が現金で87G、株が440Gしかない。つまり、手詰まり狙いでわざと高い店を与えたんだな。」
フィル
「……イヤな攻め方だね、ホントに……。」
グラン
「まあ、あいつの流儀だからな……。これも作戦の一つではあるが。」


 ちなみにせいじは、海王星に聳え立つエルミーネの刑務所……じゃなくて税務署(しつこい)を目の前にしていたり。
せいじ「4だけは出るなよー」
エルミーネ
「ヤー公! 4出して男を見せてみろ!
 網走が怖くて『いたスト』が出来るか!」
アル
「……とうとう啖呵切ってるし……。これじゃ『ごく●ん』のヤンク▲先生……。」
エルミーネがヤ▲クミ先生のごとき啖呵切ったのがいけなかったのか、それとも網走=刑務所というアホンダラなステレオタイプかましたのが悪かったのか(恐らく後者だろう)、せいじは出して見事にスカす。
エルミーネ
「ぐあぁぁぁぁぁぁし!」
アル
「ぐ、ぐるぢ……は、外して……ぎ、ギブ……(ガクッ)」
あ~あ、アルが落ちちゃった。
エルミーネ
「ちっ、根性たりねーやっちゃ。」

 その直後、しんじはまたも銀行にて株(金星×40)を買う。その直後……引いたチャンスカードが
62 株に20%の配当がつきます!
これで217Gの収入。今後のことを考えると、決してバカに出来ない額だ。
で、エルミーネはまたもショボ目2。
アルが落ちてようが意識があろうが、本人のサイコロ運は微妙らしい。
まあ、とりあえず税務署で総資産の5%(202G)の収入である。

 ハートとクラブのないかおるこは銀行から右上に、せいじはそのまま銀行方面(ちなみにエルミーネの80G/買い物料20Gの店)へ。

 その直後……
このエリアに3つめのお店まで買えるなんてラッキー!
エルミーネ
「げ……」
しんじは土星エリアを3軒確保!
エルミーネ
「アル君! これヤバイわよ、どうすんのさぁ……。」
アル
「……ゲホッ……、エルちゃん酷いよ……。いきなり首絞めるなんて……。」
エルミーネ
「……ごめ~ん……」
アル
「不幸中の幸いで、土星エリアは比較的安いですから、ショッピングセンターは建たないはずです。」
エルミーネ
「とりあえず、防衛増資だけしておきましょ。」
アル
「現金が1000G以上ありますからね。」
というわけで、しんじの独占を封じているお店に132G増資。

 その直後、かおるこがやっちまいました……
かおるこ「うーん、辛いわ。次のサイコロで1が出たら大変!」
流動資産が57Gで、目の前(Su-4)には73Gの買い物料(持ち主・せいじ)が……。
キュロロロロロ……

かおるこ「危ない、危ない……」
だが、油断するのは早すぎた。まあ、この場合クラブに行くのが正しい道筋だろうが、
よりによって……引いたチャンスカードが、
45 事業税 もっているお店×20G支払う!
これで180G持ってかれたかおるこ……。チャンスカードボーナスで40Gプラスされても、まだ足りない。
で、競売に出されたるはSu-3。
エルミーネ
「220!」
しんじ「230!」
せいじ「……」
エルミーネ
「パス!」
これでしんじが太陽エリアに2軒目を確保した。
そしてせいじもサラリー(891G)。当然おンどれのところの株を89株買う。
その直後のチャンスカード……
49 どこかのエリアのお店価格が20%ダウン
アル
「これで……木星や水星が来ると厳しいですね……。」
エルミーネ
「そうよねえ……。逆に金星か地球ならいいんだけど。」
で、回った結果……
天王星エリアが20%ダウン!
これだけでしんじが200G以上損している計算になる。
……その後は大きいやりとりはなく(しんじはせいじに25G=地球の安め。エルミーネは4出して銀行間近。とりあえず海王星をさらに増資。)
で、82Gしか流動資産のないかおるこ。目の前にはしんじの仮設店舗が2軒(62G、75G)、エルミーネの仮設店舗(90G)が聳え立つのだが、

見事スルー……。

 そして、ついにせいじが一発かましやがった!
5を出して火星に進み、インサイダー開始!

地球株価:14G→28G
買物料:215→1,169
しんじ0×14+0
エル0+0
かおるこ0+0
せいじ89+1,246(-78)

エルミーネ
「か、壁だわ……。」
アル
「……これでせいじさんが優位に立ってしまいましたね……。」
追っかけるかのごとくハートに進むしんじをよそ目にエルミーネ、ようやく2周目のサラリーを得る。

エルミーネ
「867G……かあ……。ちょっと少なくないかしら?」
アル
「まあ、お店の状況があまりよくありませんからね。とりあえず株は……」
エルミーネ
「まずは銀行に壁作りましょうよ。というわけで水星ね。」
アル
「高い壁、だったら木星の方がいいと思うんですが……。」


 というわけで現在の店舗状況、及び資産状況、更にはゲットしたマークの一覧はこちら!
注:店舗状況表で、背景の色は持ち主を、上段は増資余り、中段は現在の店舗価格、下段は買い物料。
  また、マークは、S:スペード、H:ハート、D:ダイヤ、C:クラブ、数字:どこでもカード枚数

現在の資産一覧
名前しんじエルかおるこせいじ
マーク0-H-C0----0S-DC0----
現金30576982483
6861,13001,014
2,6521,7722,4503,914
合計3,6434,5773,2985,411
エルミーネ・2周目サラリー入手直後の各店舗状況
エリア名株価1234合計所持株
しんじエルかおるこせいじ
太陽(Su)8(し)110
110
18
(せ)150
150
28
(し)220
220
47
(せ)320
320
73
800-5--
水星(Me)9(エ)720
240
105
(エ)240
80
20
(せ)200
400
75
(エ)609
203
82
923-104--
金星(Ve)10(か)1,200
400
150
(か)540
180
72
(せ)121
225
49
(か)600
200
82
1,005-5--
地球(Ea)26(せ)270
90
25
(エ)ZOO
200
100
(せ)351
1,449
1,169
(せ)320
320
147
2,059---39
火星(Ma)15(せ)180
180
36
(か)450
450
107
(か)650
650
160
(せ)160
160
31
1,440----
木星(Ju)14(エ)510
170
67
(エ)2,247
749
367
(エ)HELI
200
101
(し)120
240
42
1,35949---
土星(Sa)9(し)504
168
62
(エ)-
396
90
(し)720
240
75
(し)360
120
35
792----
天王星(Ur)17(せ)GATE
200
90
(か)-
336
80
(し)304
304
70
(し)-
800
285
1,640----
海王星(Ne)9(エ)-
240
63
(し)50
100
12
(エ)TAX
200
10%
(せ)195
390
73
930----
冥王星(Pl)17(か)INN
200
50
260(か)800
800
198
(し)175
350
65
1,560----
チャンスカード
(し)23--(エ)94----(か)45--(し)62
(せ)73--(エ)43----(か)12--(し)63
(せ) 1--(エ) 7----(か) 6--(し)84
(せ)34--(エ)61----(か)51--(し)24
(せ)49--------(せ) 3--(し)32
----------(せ)11----
----------(せ)33----
----------(せ)53----

 2軒エリアすら一つもなかった前回と比べれば、取引を駆使して3軒エリアを2つも確保できた分状況はよくなっている。しかし、水星エリアは一等地を封じられていることを考えると、決して流れをつかみ切れていない。せいじが真っ先に壁を作っている現段階では、まだしばらく辛抱の日々が続くのではないだろうか。目標金額が4万であることを考えると、いくらJu-2がこの時点で2,000G以上増資できるからといっても安心できない。何としてでも木星を独占したいところなのだが。

 それ以前に、この調子でいくと、終了する頃にはアルの寿命があと半年になりそうである(滅)。将来有望な若者の命の灯火がついえてしまうことだけは避けなければならない(謎)。