四萬(すーわん)アクセス突破・記念いたストリプレイ

4万光年の熱き戦い

某月某日、ディアノス国シアリーズ島のスティアタウンにて。

クリス_NK
「とうとう我がサイトも四萬アクセスを突破したなや♪」

エルミーネ
「というよりさあ……凝り性のくせに飽きっぽい作者がよく2年近くやれたわよね~。」

クリス_NK
「うむ、私もそれは感じてるところだが。
 やはり、誰かに見てもらってるってのが大きいんじゃないかなと思う。」

フィル
「それはそうでしょう。張り合いがありますものね。」

アル
「でも、これは『いたスト』のリプレイでしょう……。どうして『RPGツクール』の作品の主人公である僕たちが……?」

クリス_NK
「んー、まあ、なんてゆんですか、こう、グッといってバーンといくものがあったから(謎)」

グラン
「はあ? 何だよそれは? ンじゃ何かえ、俺らはあんたの勝手のために遊ぶじかんけっぺずられて、
 こんなむさ苦しいところに集められたんかよ。世の中ワールドカップ一色なのに。
 というかいい加減作れや。待ってる人も多いんだろうが。」

エルミーネ
「全く進んでないんじゃないの? だいたいねえ、設定があーだこーだ言う前に作りなさい!」

クリス_NK
「分かったよ……。作ればいいんだろう、作れば……。
 ただ、これだけは書かせてくれよ。前々から書いてみたかったんだからさ。
 えー、とりあえず『ZTF』で私の相方となる人物が、今回のゲストなんだが……遅いなあ……。」

エルミーネ
「つまり……クリフトさん(詳しくは「『ZTF』主人公について」参照のこと)ね。」

プルルルルル

クリス_NK
「はい、もしもし」

スパコーン!

エルミーネ
「それはメガネケースでしょ! だいたいあんたケータイ持ってないくせに!」

クリス_NK
「いちいち殴るなやこのバカチンがぁ! だいたいお前、俺をあんた呼ばわりするなんざ10年早いわ!
 それに今日のために携帯借りてきたんだよ!」

アル
「あの……鳴ってるのこっちなんですけど……。」

クリス_NK
「はい、もしもし。
クリス_NK
 ……!?!?!?!?!
 何だとぉぉぉぉぉぉぉぉ?!?!?!?!
 ああ、大丈夫なんだな、そっちは???
 ああ、分かった、連絡わざわざ有難う。」

グラン
「な、なんか緊急事態のような感じなんだけど……。」

クリス_NK
「そうなんだよ……。クリフトが緊急入院だわい。」

エルミーネ
「え~~~~~、あたしクリフトさんのファンなのにィィィ!」

クリス_NK
「……まあ、急に腹が痛くなって、38度前後の高熱が出て、嘔吐もあったらしい。」

フィル
「え、それじゃあひょっとして虫垂炎か腸閉塞???」

クリス_NK
「ああ、相当な痛がりようだから、腹膜炎寸前クラスかと医者も疑ったそうだが……、
 吐いたもの検査したら、単なる食中毒だったらしい……。
 これからの時期、気をつけなきゃならんな、本当に……。」

アル
「……じゃあ、この戦いはどうなっちゃうんですか? やっぱり延期とか……」

クリス_NK
「いや、決行してくれってさ、クリフトが。
 というわけで……君たちの中から代表を選ぶ。」

グランアルフィルエルミーネ
「はぁ?!?」

クリス_NK
「決め方はいたって簡単。厳正なるご神託による。
 (そう言っていきなり4個の麻雀牌を取り出す)
 はい、一人1個引け。四萬(すーわん)引いたやつが大当たり。試合に参加な。」

アルフィル
「うー。僕たちで大丈夫なのかなあ……」

白

クリス_NK
「あー、いっつも俺にブー垂れよるそこ、はよ引かんかい。」

グラン
「ちっ……。まあ、当たらなきゃいいんだよな、結局」

エルミーネ
「大丈夫、作者に冷遇(?)されてるあたしは絶対引かないはず。」

 そう言って引いた結果……

エルミーネ
「え~~~~~~っ、あたしぃ?!?!?!?!?!」

クリス_NK
「うむ、大当たりじゃの。よーし行げ。期待しとるぞい♪」

エルミーネ
「ねえ、もし優勝したら何かご褒美ちょうだい。」

クリス_NK
「……まあ、それもよかろう。優勝したらな。何がいい?」

エルミーネ
「んーとねえ、じゃ、クリームパフェおごってもらおっと♪」

クリス_NK
「……現金100万とか言われたらどうしようかと思ったが、可愛らしいものだな。
 やっぱり小学生って所か。ま、それくらいならナンボでも食わしたるわ。」

エルミーネ
「わーい、やったぁ♪ 絶対優勝しちゃうんだから!」

 こんなアホなやりとりでまんまと作者ことクリス_NKに嵌められ、『いたスト』の世界に飛びこむ羽目になってしまったエルミーネ(11歳・小学6年生)。果たしてこのまま彼女はどうなる?


エルミーネ
「ねえ、ところで場所はどこなの?」

クリス_NK
「ん、俺お前たちを呼ぶときに言ってなかったっけ? 『太陽系』だが。」

エルミーネ
「え……? 宇宙なの……?」

クリス_NK
「とりあえず半年間に合わなかったが、『2001年宇宙の旅』だと思えばよい。
 まあ、そんなバカンス気分でやって行ける世界じゃないがな。
 じゃ、とりあえずレート……じゃなくてルールの確認だ。」

アル
「シャッフル有ってところがポイントですね。」

クリス_NK
「俺は普段からシャッフルでやってるからな。
 まあ、それはそうとして、対戦相手の確認だ。」

エルミーネ
「あたしいやよ、なつひことかいう変態とか、よしきとかいうすっげームカツク奴とかは!」

クリス_NK
「……お前さあ、むやみに『ムカツク』とか言うなよ。可愛くねーぞ。
 まあ、最初に安心させといたるわ。そいつらではない。
 ……なんて言ってるうちに、相手が来たな。」

ヤクザのような風貌の男
「ン、なんじゃい、今日の相手はかわいらしい女の子か。
 初めに聞いたときは若造だという話だったが……。
 ふむ、わしの勝ちは決まったモンだぜよ。」

お嬢様のような風貌の女
「あら、今日の挑戦者は可愛らしいわね。こんにちは。」

高校生と思しき男
「へえ、僕たちより小さい挑戦者か。へへっ、負けられないね。」

 と、いうわけで、対戦相手は……

以上3名となっている。

 さて、それではいよいよ銀河系の片隅のちっぽけな(?)恒星系を舞台にした至上最強お買い物バトル、オ~プ~ン♪

 なお、この企画におけるストリートチョイス、及び対戦相手は、弊サイト本館で40,000点でロンと言われてぶっ飛んだ(違)C・A・T様によるものです。ちなみに本文中に登場するキャラクターは現在制作中(一応)の自作RPG『EL DORADO of the CHILDREN』からちょいとばっかし流用してみたり(爆)

  1. 流れが遅い
  2. 因果応報
  3. グラ賽の5
  4. ユピテルサンダー不発
  5. ヘソ曲げエルミーネ
  6. 売った~~~~! ©(?)日テレ・船越アナ