『ZOMBIE the FESTIVAL』 マップ作成と地名と鉄道と

クリス_NK的マップの作り方・つなぎ方

 ZTFの地名は、何ともムチャクチャな名前のものが多い。これはストーリーと密接な絡みがあるので、次回以降も話に挙がるであろうことなのだが、実はそのほとんどが「K.O.F」から取っているものだったりする。今回は、そういう地名の話と、私のマップ製作風景をお話しちゃいましょう。

 まず、マップの作り方から。私の場合、自分でパーツを置いていくタイプのマップはなぜか必ずといっていいほどきれいな長方形になっちゃってくれる。どういう訳だか、長方形にしないとしっくりこないっていう理由。でも、やってて面白みがないような気がする…。これはどうやらツクール1や2の影響かなと思う。2の頃はマップの容量が300画面分で、白い枠を一つでもはみ出すパーツがあったら、一画面分と判断されるってシステムのせいで、マップの形をでこぼこした形でなくきれいな長方形(正方形の場合が多かった。)にしていたのが癖になっちゃったってのが…。ちなみに、マップを作っていて一番気にするのが、当たり前な話だけど大きさ。でかいマップは作りがいがあるけど、逆に人を置いていくのが大変。人口密度が低いと、いくらでかい町でも活気が感じられないし。逆に小さいマップってのは、歩ける範囲が狭いから面白みに欠けるし。でも人を置いただけで活気が出るってのは利点だと思う。ZTFの場合、町外観のマップでは一つだけかぎカッコ(¬)形の場所があったくらいで、あとはみんな長方形。他の人の作品を見ると、ほとんどの人が複雑な形をしているけど…ねえ…。

 フィールドのほうも結構困るのねこれが。ZTFは3だから、それほどフィールドに気を使わなくてもよかったけど、とにかくこだわったことが2つ。「真ん中に山地を置き、北と南を分断する」ということと、「鉄道の駅に合わせる」ということの二つ。私がよくやるのが、鉄道を利用して移動するって手法。これ、実は結構使える手法だなと(私は)思う。このテクニックは、それ自体がフラグになるし、「電車に乗って旅をする」ってのがなんとなくノスタルジックでしょ。だ、か、ら、よく使うわけ。別に「鉄っちゃん」だから…てなわけではないよん(それもあるが)。過去の作品でも、5作目「ロト紋2」では山形から郡山へ、6作目「ドラえもんX」では新潟から変なところへ…てな感じ。今回は、実際の地名を全然失敬していないので、オリジナルの線名や駅名を考えることにして、時刻表とにらめっこ。そしたら…かなり使える場所がありましたよホントにまあ。その正体は信越本線の、長岡―新潟間。で、とりあえず東三条に相当するのが『八神』…最初の町…で、新津が『真中亜(まちゅあ)』…途中の要衝…ってことにして、やっぱり最後は県庁である新潟=『志村』…ってな感じにまとめる。ちなみに、今回の冒険(?)の舞台は『志村県』と名づける。もちろん、あのコメディアンの方から失敬。他にもネタはあるにょ。『高倉県』、『緒形県』、『三宅県(V6)』とか…もう何でもアリですね…。とりあえず、お隣の県(今回は出ていないけど…。)にこれらを使うとして…。

 それじゃ、ZTFに出てきた町をちょこっとお話しちゃいましょうか。順番は、ゲーム中にお世話になる順番ですので悪しからず。

<北地方>

八神市
 人口8万人程度の小都市。ここには県内有数の大病院があるが、その病院には、「夜な夜なお化けが出る」という噂も…。
倍巣町(ばいす町)
 そこそこ大きい町。八神のベッドタウンという役割を持っているが、同時に豊かな自然もまだ数多く残っている。ここには深い森があるが、その森の奥は「帰らざるの森」と呼ばれ、一度迷ったら3日は出られないといういわく付き。とはいえ、森の奥に行かなければ、いい森林浴になる。
坂葉木村(さかはぎ村)
 なぜか1年中雪に閉ざされている、雪深い村。とにかく寒い。ところが30kmも離れていないところに「九頭風(くずかぜ)砂丘」と呼ばれる乾燥地帯があったりする。ここには不思議な祠があり、その中にある砂には神秘的な力があると言われている。その砂で砂場を作ったなら、町全体が不思議なオーラに満ち溢れ、人々が健康に過ごせるのではないかと専門家は言う。
真中亜市(まちゅあ市)
 人口20万を数える都市。ここには、志村県庁の分庁舎などもあり、過密状態の志村に変わる副都心として開発が進んでいる。また、鉄道の要衝としての役目も持ち合わせていて、現在しない中心部にある「東真中亜駅」は県内でも最大級の規模を誇る。しかし、沖合いにある謎の研究所から謎のモンスター(ゾンビ)が市内を割拠しているため、現在は厳戒体制が敷かれている。
吾生鼻村(あおいばな村)
 静かな村。現在ここに新興住宅地(夢弾ニュータウン)が宅地造成中。
哉弥払町(やみばらい町)
 内陸部の町なのだが、すぐ近くに海(…と言っても入り江だが)があるという理解不能な地形の町。近くには「由梨織(ゆりおり)洞窟」と呼ばれる洞窟があるが、この洞窟はよくテロリストのアジトになることから、人々は近寄ろうとしない。入り江には「ブドウ塔」と呼ばれるいつの時代に建てられたのかはっきりしない塔がある。この塔は現在、灯台として利用されている。一般の人たちでも自由に観覧できるのが特徴。また、その近くにある「尾仁矢危(おにやき)」という崖は、自殺の名所となっている。

<南地方>

知頭流町(ちづる町)
 なんとなく最果てっぽい雰囲気の町。町おこしにと作った「山崎公園」が有名で、毎年多くの観光客が訪れる。ちなみにこの公園の最大の目玉は、「ドリル噴水」。
七加瀬市(ななかせ市)
 南側最大の都市であると同時に、舟運で栄えてきた典型的な港町。売っているものが北側とは比較にならないくらいであるのも、輸入品を扱うという街の性格から。ちなみに、市長の名前も「ななかせ」という。最近新しい橋ができたおかげで、本島への交通がますます便利になった。
栗州町(くりす町)
 「尻出(しりだし)炭坑」のお膝元。近年の炭坑閉鎖のあおりはそれほど食っていないが、採炭作業中に亡くなるケースが出てきている。原因は言わずと知れた一酸化炭素中毒。しかし、ここで掘り出される石炭は至高の品質であるため、県のほうでも閉鎖する訳ににいかないというのが現状。
貝私町(しぇるみい町)
 変な名前の町、究極形態(笑)。とにかく砂漠で、ひたすら暑い。幸いにも温泉が湧いているのでまだいい。近くに薄気味悪い山…「覇我亜怒(はわあど)山」があるが、逆にこの山に登る登山家が急増。そのベースキャンプになっている。
芸二津村(げいにっつ村)
 何にもない村だったりする。
玲於奈市(れおな市)
 南地方で唯一、北地方に抜けるまともな道(他はどこも未舗装だとか急な山道だとかだったりする。)がある都市。ついでに鉄道の線路もここから北(真中亜)に抜けている。そのため、ここが輸送の中継所として栄えることになった。最大の特徴はカジノの存在。昔この都市で悪事を働いた人物の科料が財源となっているので、遠慮は要らない。
志村市
 県庁所在地で、人口は45万程度。ただし昼間の人口は130万とも140万とも言われている。今回はそれほどクローズアップされないが、県内最大の商業都市で、市内に13あるショッピングモール・デパートが顧客誘致にしのぎを削っている。(志村市は北地方ですが、順番上南地方にしてあります。)

 以上を見ると(知っている人は)一発で分かると思いますが、地名は、『The King of Fighters』の八神庵の技名、庵関係者(オロチ一族など)をはじめとする登場者などの名前からとっています(尻出炭鉱はジョーのあのケツ出し挑発から、覇我亜怒山はギースから失敬)。実は、各市町村の店や宿屋の名前も、その市町村名の由来する人物の技や台詞(ガイデルはレオナの親父さん。ゲームにはキャラクターとして登場していないので、店の無いゲーニッツ~芸二津村~から取っていますが…。)から取っています。例えば、哉弥払町の宿屋「銅舌」は、庵の闇払い発射時のボイスが元ネタで…。(例外:外出市の宿屋。これは友人がポケモンをプレイしていたとき、ピカチュウの表示がバグってしまった。このときピカチュウの名前の欄に出ていたのが「イカチュー」。なんだかイカとっくりに入れてあるチューハイみたいな名前だな…。)

 あと、このほかに鉄道事情もあるんですけど、これはまた今度お話しましょう。 そいじゃ、またどうぞ…。

 しっかし文章だけだとやたらに見にくいね。

志村県鉄道事情

 右図が志村県です。各番号は、以下の主な市町村(図の赤い旗)に対応しています。志村県マップ

  1. 八神(やがみ)市
  2. 倍巣(ばいす)町
  3. 坂葉木(さかはぎ)村
  4. 真中亜(まちゅあ)市
  5. 吾生鼻(あおいばな)村
  6. 哉弥払(やみばらい)町
  7. 知頭流(ちづる)町
  8. 七加瀬(ななかせ)市
  9. 栗州(くりす)町
  10. 貝私(しぇるみい)町
  11. 芸二津(げいにっつ)村
  12. 玲於奈(れおな)市
  13. 志村(しむら)1市

 また、青い旗はダンジョン、黄緑の線は主要道路、黒の線は鉄道網を表しています。


 それでは、各線の説明を…。

  1. 琴月線  大門~八神~東真中亜~志村(電化)
       大門は図の右上スミ小目(碁かい?!)。そこから北地方を東西に横切る。
  2. 板悦済線 東真中亜~玲於奈(非電化)
       西側を南北に貫く路線。
  3. 迫真線  東真中亜~阪間知「さかまち」(非電化)
       真中亜市から山に入っていく路線。
  4. 欄未礼線 東真中亜~漏佐(電化)
       真中亜から北に伸びる路線。
  5. 豪府線  八神~痔逝(電化)
       八神から内陸へと…って図に描いてねぇ! …哉弥払町あたりまで伸びていると思ってください。

 実は、ちゃんと時刻表も用意していたりします(笑)。…といっても、実際の路線からパクりまくっているんですが…。具体的にいうと、琴月線は信越本線の長岡~新潟間(前にも言ったような気が…。)、豪府線が弥彦線の東三条~弥彦間、迫真線がなぜか磐越西線の新津~津川間、ランミレ線が羽越線の新津~新発田間、(途中から志村方面からの線と合流)で、板悦済線がなぜか山口線…(苦笑)。何でと言われると…距離と本数がちょうどいいからですとしか答えられない…。

 で、各線の駅名は…ひどい当て字ばっかり…。族のスプレー落書き以下のセンスですな…(だったら公開すんなって…。)どの駅に対応しているかは、本物の時刻表をご覧あれ。…全くくだらんこだわりだ…。

 琴月線…KOFのキャラから失敬(それぞれ何と読むかは…ご想像にお任せします。)

 大門(=長岡)~菌具~留雅有~楽喜易~灰出運~呂葉跡~当奈~八神(=東三条)~屁尾井泥~武雷安~倉開~安寺威~美利胃~間里井~東真中亜(=新津)~漁~照井~剣数~草薙~志村(=新潟)

 豪府線…アーク2のキャラから失敬

 八神~得久「エルク」~秀「シュウ」~差弐阿「サニア」~九来「ククル」~凸趣「トッシュ」(=吉田)~業厳「ゴーゲン」~痔逝「ヂーク」

 迫真線…羽越本線の駅を、起点から順に失敬

 東真中亜~狂賀背「きょうがせ」~吸腹「すいばら」~紙矢麻「かみやま」~突丘「つきおか」(=五泉)~仲裏「なかうら」~四畑「しばた」(=馬下)~舵「かじ」~加奈束「かなつか」~那珂城「なかじょう」~開打「ひらきだ」~阪間知「さかまち」(=津川)

 板悦済線…磐越西線の駅のうち、当て字になりそうなものだけ失敬

 東真中亜(=小郡(現・新山口))~真中亜~真咳「しんせき」~碁洗「ごせん」~去綿「さるわた」~先鼻「さきはな」~井樫磨「いがしま」~実皮(=山口)~加乗「かのせ」~得差和「とくさわ」~神之尻「かみのじり」~御野堀「おのぼり」~北型「きたかた」~乳母同「うばどう」~潮皮「しおかわ」~追河「おいかわ」~胴縄張「どうじま」~拾多「ひろた」~板台待「ばんだいまち」~沖名島「おきなしま」~稲輪白「いなわしろ」(=津和野)~代下駄「かわげた」~瀬木登「せきと」~冗五「じょうご」~板台阿民「ばんだいあたみ」~菊多「きくた」~氷夜磨「こおりやま」~玲於奈(=益田)

 欄見礼線…ラングリッサーミレニアムのキャラから失敬。(主人公キャラ優先)…でもルマティさんは…「ティ」なんて漢字がないので入っていません。

 東真中亜~田字「タジ」~根囲「ネイ」~砂龍雲「サリューン」~勝場「マサリバ」~或駄無「アリダム」~漏佐「ローサ」(=新発田)~[中略]~林「リン」(=村上)~[中略]~芦「アシ」(=鼠ヶ関)~[中略]~有雄「アリオス」(=酒田)

オマケ