『ZOMBIE the FESTIVAL』はこんなお話

 今回は、ZTFのシナリオを紹介しましょう。……といっても、前書いた企画書をHTML変換しただけなので、中には不明瞭な部分もあります。その点はご容赦下さい。それでは、始めましょう。


第1章

1,八神市

 八神高2-1教室からのスタート。放送で呼び出しを受け、滝本氏(私たちの担任)から「例の“サンソ”の廃工場に近づくな」との指摘がある。教室に戻った直後、安田から“サンソ”跡のモンスターを退治しに行きたいといわれる。もちろん、一般人が行くには危険過ぎるので断るが、先に安田がそこに行っていた。ここにいたのは『ゾンビの親玉』で、BATTLE(ゾンビの親玉)ということになるのだが……、こいつにはまるで歯が立たない。ここで一度全員撤退(救急車で運ばれる)。
 病院に運ばれた安倍と私は、退院前日の夜中に不審な物音を聞く。怖さを押さえて病院内を探索したところ、なななんと、病院内をゾンビが徘徊していたのだ~!
 だが、いくら怖いといってもやはり放っておけない。あちこち調べまわっていると、手術室が怪しい。どうやら、ゾンビ達はここに集められた死体から作られたらしい(本当に作れるかどうかという質問は却下。)。意を決して手術室に入ってみると、そこには外科部長(手術室を使うために呼び出されたらしい。実はこんなことしたくない。)と院長がいた。BATTLE(外科部長→院長)の後、院長の作ったゾンビが襲いかかってくる。何とか逃げ道を探すが、どこも鍵が閉まっている。2号館に「錠前破壊ツール」というものがあって、それを用いて初めて本館出口のドアを開けられる。
 さて,一方の私たちの自宅はというと、ボス(七枷社)が鼻歌(ちなみにglobeの“still growing up”の「思い出しちゃいけないこと~」の部分)交じりでご飯を作っていた。そこへ、現れるはずもない私と安倍がいきなりドアを蹴破って入ってきたものだから、思わず悲鳴をあげてバックステップする始末。で、安倍の報告を聞いて「とりあえず、何も仕事が無ければ明日詳しく調べてみよう」と言って寝る。


第2章

2,倍巣町

 朝、ボスから電話が掛かってくる(ボスは朝早くに出かけて行った。)。「倍巣町でモンスター騒ぎがあった。すぐに調査を開始せよ。」とのこと。急いで現場に向かう私たち。
 倍巣町に入って早々に、2人の若い男女がモンスターを退治しようとしていた。男の方はもしものことが遭ったらどうするのか、もうすぐハンター(私と安倍のこと。)が来るから彼らに任せておけと制止している。女のほうは「あたしにまっかせなさ~い!」と息巻いていたが、結局、私と安倍と彼女らの4人でモンスター退治に出かけることになった。 +クリフト、アリーナ
 モンスターが出てくるのは帰らざるの森。4人はこの森の中に入って原因を突き止めようとする。この森には数多くの宝箱があるが、それに比例してかモンスターも多い。森の一番奥では2人のホームレスが生活しており、モンスター騒ぎの原因は餌場を荒らされた動物たちが食うに困ったためということらしい。とりあえずBATTLE(クッサメ大魔人、若かりし加藤茶)。この後町に戻ると、「八神市でもモンスターが出た!」という話が……。

3,八神市 again~秘密の地下道

 市街地には、噂どおりどえらい数のモンスターがはびこっている。そのため、町に戻った瞬間に外出禁止令が言い渡される。もちろん市内には厳戒体制が敷かれている。ここで、機動隊(?)の一人が「駅の券売機のROMが無くなって市民を避難させることができない。」とこぼす。
 いくら外出禁止と言われても、この事件は気になる。そこで安倍は、「秘密の地下道を使おう。」と提案する。(ちなみに、自宅兼事務所の床下から地下の下水道経由で掘ってある。もちろん自分たちが掘ったわけではなく、ハンター仲間と金を出し合った上で建設した。)さて、この地下道、秘密という割には敵が出る(なお、この中では「エスケープ」の魔法は使えない。)。途中にはセーブポイントと回復ポイントもある。そして出口付近には我等が終生のライバルがいた。そう、BATTLE(ニセ安倍元宏)
 地下道を出ると、そこは坂葉木村。

4,坂葉木村

 雪深い所だが、店で売っている物はしっかりしている。この村の町長が依頼をしてくる。内容は「今度この村の公園に砂場を作りたいから砂を九頭風砂丘の遺跡から採ってきてほしい」というもの。

5,九頭風砂丘

 無意味にだだっ広い砂漠。ここの砂でも十分砂場に使えそうなものだが、奥の方にある祠から採って来なくてはならない。この祠の入口には番人がいて、BATTLE(バジリスク)。入口の立て札にも書いてあるが、この祠の中では一切の魔法が封じられる。奥の方で待ち構えているモンスターを倒すと「砂場の砂」をゲットだっちゅーの。BATTLE(ドラゴンゾンビ)

6,坂葉木村(2度目)→八神市(3度目)→倍巣町(2度目)

 砂のお礼に村長から「ゾンビがらみの研究所は真中亜の沖にある。あと、八神駅の券売機のROMは倍巣町にあるらしい。」という情報をもらう。八神市はまだ厳戒体制ではあるが、ここに用は無いのですぐ倍巣町に。ここで、また帰らざるの森に入ることになる。今度はエリア2と3にも入ることになる。さて、「券売機のROM」はどこでしょ~?
 「券売機のROM」が見つかったら、八神駅に届けること。これで切符を買って真中亜に行くべし。(ちなみに八神駅の乗り場は2番線。)+青春18きっぷ


第3章

7,真中亜市

 大きな都市なのだが、人気(ひとけ)は少ない。それもそのはず、八神と同様にここにもゾンビが出現するのだ。早速ゾンビ研究所に行こうと駅を出ると、いきなりメンバーのうち誰か一人が「神隠し」に遭う(拉致されるメンバーはランダムだが、確率は全員1/4)。
 この後、謎の生物学者「八神庵」が仲間に加わる。-私・安倍・クリフト・アリーナのうち、ランダムで誰か1人、+庵

8,ゾンビ研究所

 4階建ての広い研究所……というよりも迷路。上に行ったり下に降りたりが数回あるので結構大変。ある場所に真中亜でさらわれたキャラがいるが、そのキャラを助け出すにはここのボスを倒して「牢の鍵」を奪い取る必要がある。3階のバルコニーでBATTLE(カマキリ姐さん、坂本龍一)。その後捕われていた人たち(4階の奥の部屋)も解放してから研究所を爆破(この後ゾンビ研究所には行けなくなる)。ちなみに、捕われていた主人公キャラを助け出すと敵が出現しなくなる(ついでに魔法も完全に封印される)。
  ★尚、ここで草薙京についてとアリーナの正体がらみの話あり。  -庵、+拉致された主人公キャラ

9,再び真中亜市~吾生鼻村&夢弾ニュータウン

 真中亜はモンスターの出現が無くなっている以外まったく変化無し。吾生鼻村はここに「草薙京」が土地を買っているということぐらいで、特に意味が無い。ただしここでC級ライセンスが手に入るので忘れないこと。夢弾ニュータウンは現在宅地造成中。行っても何も意味が無い。

10,哉弥払町

 ここの近くにある灯台(ブドウ塔)が魔物に占拠され、ピリピリした雰囲気「赤毛の男(庵)が塔に行ったらしい」ということで、一向は探索開始。ここの武器や防具はかなり質が良い。第3の武器・防具供給源といっていいだろう。

11,ブドウ塔

 18階建ての怪しい塔(灯台)。敵も当然出る(結構手ごわい)ので注意。18階に到達すると京と庵の話になる一方、こちらのパーティーは京の手下のモンスターと戦うことになる。BATTLE(ティラノザウルス)
 ティラノザウルスを倒すと草薙京が捨て台詞的にこう言う。
 「全ては由梨織洞窟で明らかになろう……。」

12,由梨織洞窟

 京の台詞に乗せられて入ってみたはいいが、最初に来たときこの洞窟はどの方向へ言っても途中で行き止まりになる。
 4人の結論=「どうしようもないから哉弥払町へ戻ろうか……。」

13,帰ってきた哉弥払町

 由梨織洞窟から帰ってみると、何と町の住人の子供が誘拐されてしまう。(ちなみにそいつの名前はプリシス……ってオイ!)誘拐犯曰く、「このガキを返して欲しけりゃ1000万Th.用意して由梨織洞窟へカモ~ン!」
 なお,このイベントの後に吾生鼻村&ブドウ塔で修行イベントが発生する。これをこなすと、+BorC級ライセンス

14,由梨織洞窟 Round2

 さっきまでの行き止まりは無くなったが、入っていきなり化け物が襲いかかってくるので準備はきちんとしておくことを強く勧めたい(まあ、そんなに強い敵ではないのだが……)。BATTLE(生子[なまこ])また、下のフロアではBATTLE(トウカイテイオー)。さらに最深部ではプリシスとその他がいて、BATTLE(生子×2)。こいつらに勝つとプリシスはお礼と称してデカチビ光線銃をくれる。(余談:ここのボスモンスターは誘拐犯が召還したのだが、モンスターは誘拐犯を食べてしまっていた。従って、ここには誘拐犯本人はいない。)

15,哉弥払町帰還~尾仁矢危

 哉弥払に帰ってくると草薙京から手紙が来る。『勢いで由梨織洞窟に来いなどと言ったが、あれは尾仁矢危の間違いだった、スマン!』というもの。私はキレた。プリシスの母親はお礼に宿屋を特別料金で宿泊(19×4→13×4)させてくれるのだが……。
 キレはしたものの、結局尾仁矢危に行く私たち。そこには草薙京が立っていて、自身の野望を語り始める。そして、“邪魔な存在”である私たちと、“消した”はずのサ○トハイムの生き残りであるアリーナを抹殺しようとしてくる。
   BATTLE(草薙京)→負けてもOK
 この後、駄目押し(京に勝った場合は腹いせ)に京は“馬死瑠宇羅”なる魔法でパーティーをどこかに吹っ飛ばすのだが……、実はこれ、単純な詠唱ミスで、本当はパーティーを焼き殺す魔法をかけるつもりでいたりする。


第4章

16,知頭流町~七加瀬市

 草薙京に飛ばされた一行は知頭流町にある「山崎公園」の池に落ちた。とりあえず4人とも無事だが、服だけでなくポケットの中の「青春18きっぷ」までびしょびしょ。-青春18きっぷ
 さて、たどり着いた(?)知頭流町、実は八神市からは車で5時間もかかる所(距離にして約200km)。しかも途中2ヶ所の峠越えがあるので歩いて帰るのはまず無理。とにかく、何とか帰る方法を見つけたいところである。町の人の話では、とにかく外出まで行って、列車に乗るしかない(注:パーティーの中に車の免許を持っている人間はいない。)と言われる。まずは七加瀬に行ってみるといいと勧められ、いざ七加瀬へ。
 さて、何やかんやと言っているうちに七加瀬に到着。ここはとにかく大きい都市で、店の売り物も北地方では見かけないような凄い物ばかり。(このシナリオでは出てこないが、七加瀬は舟運で栄えている典型的な港町なのだ。)ここで4人はいろいろ情報を聞きまくったが、やはりここから外出まで行かなくては駄目のようである。行き方まで親切に教えてくれる人もいるが、その人たちは口をそろえてこう言う。「近頃新ラルフ橋に変な馬がいて、なぜかこの馬が通行料を取っている(注:新ラルフ橋を通行の際は必ず通行料を取られる。)んだけど……。」

17,新ラルフ橋

 七加瀬と栗州とを結ぶただの橋で、別に変な所は無いように見えるが、なぜか橋の真ん中にありつる(=例の由梨織洞窟で戦った)トウカイテイオーがいる。しかも、(故)ナリタブライアンもいっしょに侍らせて……。戦闘になったりはしないが、通行料(最初のみ50Th. 以降は25Th.)をきっちり要求されるので注意。とにかく払わなければ通してくれない。強引に通ったりしないこと。

18,栗州町

 この町でメインとなる出来事は町長の依頼。何でも、町長が「トリアグラ」という珍しい宝を欲しがっているとのことらしい。本人に話を聞くと、「それは尻出炭鉱にあるらしい。もし見つけられたなら10,000Th.支払う。」だとか。
 ところが、その尻出炭鉱について不穏な噂が立っている。「最近やたら尻出炭鉱で死人が出るんだけど……、いったいどういうことなんだ?。」

19,尻出炭鉱

 この炭鉱でやけに死人が出るということだったが、どうやら坑内で一酸化炭素が発生したためらしい。(注:栗州で「酸素ボンベ」を買っていないと入り口付近までしか入れない。)酸素ボンベを使用して中に入ると分かるが、坑道がかなり入り組んでいて、奥まで行くのも結構大変。その奥にたどり着くと、なんとブライの爺さんがダウン! ブライによると、「『トリアグラ』はここには無い。覇我亜怒山にあるようだ。」とのことである。ご丁寧に、そこには「トリアグラは場所を移しました。」の看板が……。

20,貝私(しぇるみい)町

 怪しい石の建物(貝私カーニバルビル)のそびえ立つ町だが、売っているものはそれなりに高品質。とりあえず、この後に行くことになる覇我亜怒山の攻略拠点と言ってしまっていいかもしれない。

21,覇我亜怒山

 2つの洞窟(という割にには人の手が入っているような気が……。)でできていて、1つ目(-向かって左)の洞窟をクリアすると2つ目(-向かって右)に入れるようになる仕組み。立派阿の方はボス戦無し。スイッチを3つほど入れておけば宜しい。一方の掘派亜の方だが、こちらは入って割にすぐの場所でBATTLE(ダーリン)を行い、そして、もっとも深い所でもう一度BATTLE(クビカリ)。クビカリに勝てば、+トリアグラ(といっても古い魔術書をもらって、それをトリアグラだといってごまかしているだけなんだけどね……。)
  ★尚、尻出炭鉱及び覇我亜怒山はエスケープ使用禁止

22,栗州町凱旋→芸二津村

 町長にトリアグラを渡すと、お礼に+10,000Th.、スロットのコイン×3
 さて、芸二津村は単なる通過ポイント。と言ってもここには今、外出市長のキム・カッファン氏が避難している。理由は……行けばわかる。

23,外出市

 芸二津村で聞いたように、市長の家が本当に占拠されている。キム先生から家の鍵を預かっているなら家の中に強行突入していくことが可能だが、すでにモンスターの巣窟になっていた。奥の間にはやはりというかなんというか……やはりこいつらがいた……。チャンとチョイの戯けコンビ。この2人、キムさんのことボロクソに言って反抗してやんの。で、この2人の要求、「覇我亜怒山から『黄金の腕輪』とかいうもん持って来い!」
 ところで、この外出市、売っている物が今までとは桁違いに高いが、その分性能もいい。また、ここには旧家がいくつもあり、それぞれが今でもいろいろな目的で使われている。例えば、宇都宮邸は武器屋、木根邸は教会、そして北村邸は……お待たせしました、カジノです!(といってもこのカジノ、遊べるのはディーラーの絡まないスロットだけだが……。)ちなみに、七加瀬にてある女性の話を聞いていると、カジノ内でイベント発生。+ハンターライセンス(どの級かはその前の昇級イベントをこなしているかで決定される。)

24,覇我亜怒山 Round2

 前トリアグラを取りに行った際ボコったクビカリがまだいた。こいつに「黄金の腕輪」のありかを尋ねると、「危ないマジックアイテムだから封印しておいたんだけど、そういうことなら仕方ないし、まあ500年も経っているし魔力も無くなったでしょ」と、隠し通路を出してくれる。ただし、クビカリ本人(?)は「怖いからやだ」と言って一緒に来てくれないので悪しからず。+黄金の腕輪

25,またまた外出市~真中亜市

 再びキム先生の自宅へ行くと、同じ部屋であの2人は待っている。この2人に黄金の腕輪を渡そうとすると、後ろからキム先生が登場し、「アノ技」が炸裂!そう、始まるぜぇ~俺の一人舞台……じゃなくて……(←これは長男のやつですね……ハハハ……。)鳳○脚! そんなこんながあって、結局この事件は解決。お礼にキム先生から「青春18きっぷ」をもらう。その直後、外に草薙京の姿が……。「志村県庁で決着をつけよう。」と言い残し、姿を消す。一行は真中亜から県庁に行くことにする。
 真中亜だが、全く変わり無し。要するに単なる列車の乗換えポイントに過ぎない。のりばは……何番線だっけ?(答え:2番線or3番線  ちなみに、八神方面へは5番線、外出方面は1番線から。0番線と4番線は関係ない。)

26,志村県庁

 さて、いよいよ最後の砦である志村県庁に至った。1回目は直通で屋上にいけるが、またそこでも京に瞬殺。落っことされたところで見つけたるは「焼きそばパン移動販売」の包み紙。その4箇所を回って(焼きそばパンは買わなくてもいい)、最後にエレベーターの前にいる真吾に話しかけるとエレベーターに乗れるようになる。ただし、エレベーターを使うためには鍵が必要。

 ……が、ここ、かなり入り組んでいる所で、しかも防犯設備に相当するもの(ありきたりの物ではなく、意外なものが使われていることも……。)がたくさんあるが故にかなり歩きづらい。ここの探索順は以下の通り。

R27_Boss29へ←28(最後の決戦場)Boss直通EV
6F~1F
5F262120(渡り廊下) 18/19
Save
17
4F25242223(6)1516
3F11(5)10121314
2F29_Boss8(3)79(4)
1F2 14 5(EV乗場)
B13(1)6(2)

(数字)はスイッチ解除が必要な場所。

 時計台(図の32)ではBATTLE(呪い刀アニョーン)。こいつに勝たないと、呪い刀に叩き落とされて(正確に言えば足を踏み外しただけだが……。)1からやり直し(スイッチはそのまま)。勝つと+エレベーターの鍵
 5の部屋からは6階への直通エレベーターに乗ることができる(要 エレベーターの鍵)。33の部屋(最後の決戦場)で、いよいよ草薙京と対峙することになる。BATTLE(草薙京[1st→2nd→3rd、計3回])

 京に負けるとやはり1に叩き落とされる(正確に言えばまたもや魔法のかけ違いで飛ばされるのだが……。)が、こちらの場合はスイッチの類・呪い刀など全てパーになってしまい、文字通り1からやり直しになってしまう。

 京を倒すとフロアに大穴が開く。この穴に飛び込むと34へ転移する(注:34の部屋[コンピューター中央制御室]には外部から、内部からを問わず直接入ることができない。)ここには暴走したマザーコンピューターがあった。しかもこいつのプログラムは草薙京の後ろ盾と思われる組織によって書き換えられていた。(よく見ると本来の物とは全然一致しないのだが……。)そこで、4人はこのコンピューターを破壊することを決意する。BATTLE(FAthER)こいつを倒せばあとはエンディング。

Epilogue,八神市の有賀・安倍邸

 最後に自爆プログラムを起動させ、自らの役目を全うすることなく消えて無くなったFAthER.何とかエスケープの魔法で逃げ出した4人はいつのまにか意気投合していた。帰る場所を失ったアリーナとクリフトは、ここに滞在することにし、ともにハンター稼業で生計を立てていくことにした。これでしばらく平穏な日々が訪れる……と思いきや、そこへ何者かが訪問。「敵襲か?」と思いきや、アパートの大家のプラチナさん。彼女に今までの経緯を話すと、彼女もできる限り協力すると言い、ここでひとまずエンディング。

 まあ、こんな感じのシナリオなんですけど、実はこのシナリオ、まだ未完成だったりします。それゆえ、エンディングでは「続く」となっています。何が未完成かといったら、倒したのが「組織」の6人の幹部の一人に過ぎない、ということです。あと5人の話は、自分のネタ詰まりと、メモリーカードの容量との兼ね合いもあり、一時中断して、(4で)新たに作っていこうと考えていると、こういう訳です。