『ZOMBIE the FESTIVAL』 主人公裏話

 今回からしばらく、この作品の解説をして行こうかと思います。まずタイトルについてですが、このタイトル、実はTM NETWORKのDRAGON thE FESTIVALのもじり。でも、この曲聴いたことがある人ってどのくらいいるんだろう? 何といっても1985リリース。アルバムだとCHILDHOOD'S ENDGift for FANKSに収録(ただし、バージョンが違う)。あと、ベスト盤、TIME CAPSULEにも収められているので、興味があったらどうぞ(管理人に一言下さればMIDI版を差し上げますけど[^^])。

 すでにお気づきとは思うが、この作品の主人公はこの私こと『有賀 優也』なのである。この発想はどこから生まれてきたのかは…本人がすっかり忘れてしまっているよ全く(笑)。もう老化が始まってんじゃねぇかと心配になってきた。 …まあそれはいいとして、キャラクターの性格は、まんま私(笑)。とにかくやることなすこと中途半端。魔法だって魔術師系も僧侶系も両方覚えることは覚えるが、どっちも全魔法の3分の1ぐらいしか覚えない。しかもさらに致命的なのは…
素早さメッチャクッチャ遅ぇよ!
そう、チーム内では最も素早さの値が低いのが私。しかも魔法抵抗だってか~な~り低いし、(つまり即死魔法食らったときにいっちばん死ぬ確率が高いのが私。) もっとも、良く解釈すれば、何でもそつなくこなすオールラウンドプレイヤーってことになるんだけど…。

 さて、自分を主人公にするのはいいとして…パートナーは誰にしようかな…。とりあえず男にしたほうが会話が弾みそうだし、誰か適任者いないかな~…などと考えていたら、いた。高校時代の同級生の名前をちーっとばっかし失敬しちゃおっと。…という経緯である人をパートナーにした。彼の名は「安倍 元宏」。リンクのコーナーでおなじみ(?)なのだが…。彼にした理由は、ずばり「掛け合い」。こいつならギャグが通じやすいし、何より私のシナリオにお笑いは欠かせないものである。安倍なら文句なく漫才ができそうなので採用。ちなみに、キャラクターとしては魔術師系。当然、攻撃力は低めに設定。理由は…なんとなく安倍が饒舌っぽいような気がしたから…としか言えない(私本人が忘れてる。)確かに、安倍は英語が結構(どころかかなり)得意。おいらは今も昔もこいつに英語の力は遠く及ばない。

 でもいくらなんでも2人じゃ…と思うが、なかなかアイデアが出ない。気晴らしにこの間買ってきた『アークザラッド2 炎のエルク』3巻(アーク参上!)を読み始めると…その中のチラシに目がいった。「Gファンタジーコミックス『ドラゴンクエスト プリンセスアリーナ』…?」 これは…と思い、早速チェックする私。(注:この時点で私はドラクエ4未プレイ) この話は第二章のアレンジ版である。当然主人公はアリーナで、あとクリフトとブライもご登場。その他、オリジナルキャラが多数登場し、ずいぶんにぎやかになっている。当然、その時点で発売されていた1巻、2巻両方ゲット。読んでみると、アリーナのナイスファイトのほか、クリフトがボケをかましてみたり、悩んでみたりと結構な御点前(なんで御点前なんだか…。)でございます。この瞬間、
フラッシュストッパーーーーーーーーーーーーー(意味不明)
ふっふっふ…そ~~うかこの3人を使えばいいんだよ、ウン。これは神…いや、エニックス様のお導きだよきっと。(注:「ハーメルン」連載のガンガンにしろ、Gファンタジーにしろ、発売元はエニックス。ちなみにいたストも…。)そんなわけで、彼らを使用。キャラクターは原作通り、クリフトが僧侶(神官)タイプで、アリーナが武道家タイプ。で、ブライはお年を召しているので、チョイ役。

 さて…ここでどうしよう…と思ったことが一つある。それはコスチュームの問題だ。仮にもクリフトやアリーナといった有名な(?)キャラを失敬するからにはコスチュームもきちんとしないといけないなと思った私は、早速アニメティカを起動させる。とりあえずアリーナはかなり近いグラフィック(No.8のカラー2。アニメティカならRPG071)があったので、クリフトだけを作成してみることにした。ドット絵なんて描いたこともない上、絵心の全くない私にとって、1から描き上げるというのはまず無理。そこで、まずクリフトに一番近いグラフィックをロード(確かRPG043だか042だったと思う。)して、それを加工していくことに。これがえらく大変であったが、色を変えてドットを打ち直し、かなり時間は掛かったとはいえ何とかベースができた。(元がしっかりしたグラフィックだったので、何とかうまくいった。)あと実際に歩かせてみて、おかしいところを少しずついじっていく作業を繰り返し、完全なものが完成!

 とりあえずクリフトが完成したが…また問題発生。「クリフトばっかりオリジナルグラフィックずるい!」 そう、今度は自分と安倍の分のグラフィックを作りたくなったのである。まず安倍は、『RPGツクール3のパッケージイラストの男の子』を使うことにした。こちらもまたデフォルト素材をロードし、加工するという方法で製作。マントの色が髪の毛と同じだったので修正がめちゃくちゃ大変だったが、3時間くらいかけただけあってそれなりに満足できる出来である。

 さて…私のほうはまだどういうコスチュームにしようか迷っていたが…、その答えはまたまた偶然が生み出した。行き付けの本屋のゲーム攻略本のコーナーに何気なく行った際に、素材が見つかったのである。たまたま見つけた攻略本…それは『ラングリッサーミレニアム』のものであった。タイトル通り、あの『ラングリッサー』の続編(…であって全く別物という意見もあるが、私は過去のラングをやっていないので詳細不明。)である。その表紙を見て、また私の脳内で…
フラッシュストッパーーーーーーーーーーーーー(意味不明)
え? 3人の女性を見て? 違います。もっと真ん中(こんな表現あるんかな…?)の男の子です! にゃにぃ、この銀髪メガネの物憂げなお兄様?
ちっがーーーーーーーーーーーーーーーう!! ど真ん中の赤いバンダナの少年じゃい! (何怒ってるんだ私…)
あ~、もういい加減本題に行きます! そう、この少年のコスチュームを私に着せるという、人類補完計画に匹敵する恐ろしい計画を発動させてしまったのだ! とりあえず、その攻略本を買って、アニメティカを起動。まず、全身図が載っているページを探す。ほうほうこの少年はタジ・アスガラフというのか。ふんふん、15歳で神剣に選ばれて国王に…ファンタジーではよくある設定…なんですと~~~~~~~~~~~!?!?!?!? 15で国王だ~~~~????? 何考えてんだこの国(セイラム王国)は! はっ、こんなことするんじゃなかった。これからアニメティカでキャラを描き上げるんだった。で、例によってベースを探す。…が、それっぽいのがない。こんなツンツン頭のグラフィックなどないのだ(どのぐらいツンツンなのかは実際に公式サイトから引っ張ってきた画像をご覧あれ)。仕方ないので、最初に私のグラフィックとして使っていたRPG060(No.7のカラー1)を加工して、服だけ着替えさせてっと…う~ん、なんか変。もう一回最初から…また変。もう一回作り直しっと…よ~し、うまくいった!(この、没・没・採用(別名 ラマーズ法。「ひ、ひ、ふー」っていう妊婦さんのいきむ時の呼吸法です(爆))というサイクルは私にはよくあるパターン) …あれ? なんか髪の毛の色が白っぽい。直しておこうっと。あと、ハイライトもつけて…よっしゃ! 完成!

 とりあえず、この4人がメインパーソナリティ(?)を務める『ZOMBIE the FESTIVAL』。 その後も製作時に波瀾がいっぱいあったんですよね…。その話はまた今度…。

おまけ1:4人の能力値一覧表
体力守り魔力素早さ運のよさ魔法耐性
1、有賀優也54832310
2、安倍元宏34664450
3、クリフト44853240
4、アリーナ631005330

 なお、「魔力」はいわゆる「賢さ」を意味しています。

おまけ2:4人のグラフィック一覧
PC版のグラフィックはDr.Kさんのご協力によるものです。
1、有賀優也2、安倍元宏3、クリフト4、アリーナ
全身私(爆)安倍クリフトアリーナ
正面拡大私(爆)安倍クリフトアリーナ

『ZOMBIE the FESTIVAL』 Hero Details

1,有賀優也

習得魔法
No.1:Lv.6No.19:Lv29No.35:Lv6No.57:Lv30
No.5:Lv.10No.23:Lv8No.44:Lv18No.59:Lv36
No.9:Lv20No.25:Lv27No.49:Lv23No.64:Lv40
No.11:Lv17No.28:Lv34No.52:Lv23No.67:Lv41

(追加必殺技)他に、必殺技として由梨織洞窟で「有賀ラッシュ」、覇我亜怒山で「続・有賀ラッシュ」(有賀ラッシュを習得していることが条件)を習得する。


2,安倍元宏

習得魔法
No.1:Lv1No.8:Lv8No.12:Lv14No.16:Lv19No.23:Lv12No.29:Lv27
No.4:Lv3No.9 :Lv15No.13:Lv15No.19:Lv25No.25:Lv22No.31:Lv34
No.5:Lv5No.10:Lv9No.14:Lv16No.21:Lv23No.27:Lv25No.33:Lv35
No.7:Lv7No.11:Lv14No.15:Lv10No.22:Lv26No.28:Lv29 

 オープニング~自宅イベントまではグラフィックをNo.1、カラー2にしておく。


3,クリフト

習得魔法
No.35:Lv1No.42:Lv8No.47:Lv13No.51:Lv16No.55:Lv21No.59:Lv33No.66:Lv37
No.37:Lv6No.43:Lv11No.48:Lv15No.52:Lv18No.56:Lv25No.60:Lv26No.67:Lv36
No.39:Lv7No.44:Lv12No.49:Lv18No.53:Lv18No.57:Lv27No.62:Lv35 
No.40:Lv8No.46:Lv12No.50:Lv14No.54:Lv17No.58:Lv28No.64:Lv34 

4,アリーナ


5,八神 庵

No.74 (百八式 闇払い)No.75 (百式 鬼焼き)No.76 (弐百拾弐式 琴月)
No.77 (百弐拾七式 葵花)No.78 (参百拾壱式 爪櫛)No.79 (裏百八式 八酒杯)

注意!  各パラメーターは次のように変更(赤字が変更したパラメータ名)

力⇒腕力レベル⇒HP⇒魔法耐性⇒精神力
守り⇒我慢強さ装備⇒MP⇒属性A⇒光
体力⇒魔法⇒攻撃力⇒属性B⇒炎/雷
賢さ⇒魔力必殺技⇒特技防御力⇒属性C⇒水/風
素早さ⇒アイテム⇒ゴールド⇒Th. ※属性なし⇒無
運のよさ⇒ 経験値⇒ 

 ※ 「スリャー」と読む!  (ちなみに1Th.=約120円)

注意
まず最初に主人公誰にしようかっていう話をしましたが、実際は大本のストーリーを考えてから魔法・アイテムを作り、そのあとに主人公を考えました。