製作者後書き

 まずはコレだけ。製作時間200時間強になっていますが、実際はもっと時間を掛けて作っています(製作時間がカウントされるのはシステムデータ基準のため、シナリオデータをいじくっただけではシステムデータの時間は更新されない)。

 というわけで、かなり鳴きまくって(=本歌取り……といえるのかは不明)裸単騎状態の妙ちきりんなシナリオになってしまいまして、ちょっとやりすぎたかな、という思いはあるのですが、一応完成をした、ということで、後書きを書こうと思います。

 ご承知の通り、『ZOMBIE the FESTIVAL』(以下『ZTF』)は、私の作ったRPG作品の中で現存している唯一の作品です(他はSFCのROMカセットだったせいかデータが飛んだ)。それだけに、個人的にはかなり思い入れのある作品です。一応の完成形となった、ということで、この作品に関してはここで見切りをつけ、次回以降の作品の構想を練ることにし、この作品の加工は今後行わないことにします。そこで、せっかくなのでこの作品に関する裏話をしようと思います。

アイデアから最初のバージョン完成まで

 アイデアそのものは97年発売だから……高校2年のときに一つ大きなシナリオを書いたのですが、どうもうまくいかんだろう、ということでもっとギャグに走ったシナリオの方がやりやすかろう、ということになり、高3の受験勉強の合間にツクールのネタをちょぼちょぼ書いて(「逆だろ」とかいうな、その辺)、当時私はPSを所持してなかったので友人宅でデータの打ち込みをしていたわけです。

 そして見事に大学に一発ツモ四暗刻でございまして、一人暮らしが始まり、「さあ今日からテレビは俺の天下だ」とばかりにPSを買って、そして他のゲームをやりながらチョロチョロッとデータを作っていき、とりあえずは完成、ということになりまして、実際に自分でプレイしてみると……結構バグが残っているもんなんですよね~。これは『ツクール2』で作っていた時もそうなんですけど、スイッチ関連とかイベントの引継ぎとかでうまく思惑通りになってくれなくなったり、ゲームが途中で止まってしまったりとか、細かいミスって実際にやってみないとわからないものなんですよね。

 それとモンスター。同時進行で進めていた『Wizardry』の影響を受けて、結構スリリングな展開にしたりして、エンカウント率もかなり多めに設定しちゃってました。で、実際自分でやってみると「えぇっ?!」と思うようなことが多かったですね。それを修正していくのはなかなかしんどいものがありました。

たけさんとの出会い

 そんなこんなで一応の完成と相成った『ZTF』ですが、非常に残念なことに、私の周囲でツクールをやってる人間はいなっかったわけでして、単なる自己満足で終わってしまった感がありまして、何とかならないかなー、とか思っていたわけです。そんな時期に、『ラングリッサーミレニアム』のユーザー専用サイトを見たくて、インターネットを始めました。それでしばらくはあちこちのサイトを渡り歩いていた時期がありました。

 そんな時に、「その気になれば自分で(しかも無料)ホームページを作れる」ということを知り、それで自分でこんなことやってまーす、ということを紹介すればいいじゃん、という結論に達し、早速ページ作成を開始。時期的には大学の試験対策やレポート執筆の合間を縫って、という状態ですが、とりあえずゲームの話が少しはできるような環境になったわけですが、まあ所詮素人の作るページ、アクセス数なんかそう稼げるわけでもないわけで、開設1ヶ月では100アクセスしかありませんでした。が、この1ヶ月というのがターニングポイントで、このころから徐々にロボット型の検索サイトに引っかかるようになってきたんですよね、私のサイトが。

 そして、遂に来たんですよ~、ツクールやってる人からのメールが。多分、今現在家庭用ツクール界隈では知らない人はいないであろうたけさんなんですよね。そのときはまさか「Aコン(「アスキーエンターテインメントソフトウェアコンテスト」。現在は「エンターブレインゲームコンテスト)受賞者」だとは思っていなかったので、「ほぉ……ツクールでこんなこともできるんだぁ」と感心するばかりでしたが、今思うと即興でこんなことができるというのはやっぱり才能なんでしょうかね?

 で、まあ作品を交換して私に返ってきた意見が、「ちょっと(バランスその他が)きつめじゃないか」というもの。私なんかの場合、結構銭コや経験値稼ぎに走るから大して気にしてなかったものの、やはり普通にプレイするときついと感じてしまうものなんでしょうか。

バランス調整・ネタ修正の時代

 そんなこんなで、今度はバランス調整の時代。システムデータを大幅にいじった上で、それに付随するシナリオにも肉付けをしていく過程はけわしいものでした。何せ、こっちとしては電卓でばちぱちやって精確に計算してたつもりでも、その数値が全く当てにならない。当然プレイヤーによって差ができてしまう。その辺のバランスを完璧にするのはなかなか難儀するもので(というか実際は無理に近いんじゃないでしょうかね)、だいぶその辺で時間を食ってしまったという感じですね。

 で、実はそのあと大事件が起こってしまったのです。予定ではシナリオデータを2つに分けて(その分イベントを濃くするため)いたのですが、そのうちの後半部分がぶっ飛んでしまうという大事件が勃発! ……もうこればっかりはどうしようもないので、また1から作り直し。

 他に手直しを加えたのはやはりダンジョンでしょうか。ハッキリいって無意味に広い! 本人もテストプレイしててやる気なくすぐらいだからどうしようもないですね(汗) というわけで無意味な部分の間引き開始。プレイした方はシステムデータを見ればわかると思うんですけど、どういうわけかダンジョンの番号が飛び飛びになっているのはそのせいです。

 そして、かなでーるに手をつけ始めたのもこのころでした。「ゲームに使おう」という頭はそのときはまだなかったのですが、これが結構面白くて、結果的に10曲以上作ってしまいました。

 そして、吸出しツールを入手したおかげで、いろんな人にプレイしてもらうことができまして、感想と改善点のアドバイスをもらうことができ、バグをはじめ少しずついろんなところをいじり、何とか新バージョンにこぎつけることができました。それからしばらくは、新作の方にかまけていることの方が多くなっていました。それに大学の講義やゼミ・調査実習などで忙しくなってきて、ツクールをまともに触れないことも多かったりします。

 そうこうしているうちに今度は卒論、就職活動……ところがこの時期になって私は心の病を患ってしまいました(まだそのときは病院にいくほどではなかったし、卒論もある程度まではできそうだった)。そして、いつしかツクールに触る気力もなくなっていったのでした。

ドラコン4出品

 たけさん主催の『ドラポケコンテスト(略称ドラコン)』が開催されていましたが、その当時の私が忙しかったこと、あるいは疲れているときの開催だったので、今までの作品は傍観するだけにとどまっていました。

 そんな折に、第4回が開かれるということで、「ちょっと人にプレイしてもらう機会を増やそうかな」と思い、私の作品を出品しようと思ったのです。ただし、私としては弁論大会で言う基準弁論みたいな感じで、審査基準として公開したいと思っていたのですが、それは意味がないといわれ、結局審査の対象として出品したわけですが……

 2003年7月時点で出品したわけで、そのころはうつ病の方もほぼ寛解に近い状態だったので、たぶんコメントが多少きつくても大丈夫だろうと思っていたのですが……9月の審査結果発表を見て、ものの見事に撃沈。 もちろん、別に誰も恨んでやいませんが、まさかここまで自分の心の状態が悪化するとは思わなかった……というのが本音です。前の日にいろいろと神経質になっていたせいもあるんでしょうが……。

 それ以来、うつ状態が発生すると必ずこのことを思い出すようになってしまいました。ツクールをやめる云々のレベルを通り越して、自分に果物ナイフを向けたり、陸橋から飛び降りよう、とかまで考えた時期もありました。結局のところ、出す出すといって忙しいのにかまけて修正を施さなかった自分が悪いのだ、どうせ自分は面白い作品を作れないんだ、未熟な作品しか作れないんだ、そしてそこから派生して「自分は生きてる価値なし」という結論に陥ったわけで。

 結局、たけさんに無理を言って、『ZTF』に関するすべての情報を削除してもらいました。私なりに「けじめ」をつける、という意味で。もちろん、今後ドラポケに顔を出すことなどできません。酷い評価をされて勝手に自分で取り下げたなどという厚顔無恥なことをした自分があのサイトに行くというのはやっぱり……ねえ、避けた方がいいのかも、と。

新しい道 ―オープンソースのツクールソフトとして―

 ただ、私の中で『ZTF』というのはある意味誇りでもあります。バランス云々、身内ネタ云々など、細かいところでツッコミが入る作品ではありますが、ちゃんと最後まで完遂することのできるゲームとして出来上がっている、そして唯一現存している、ということで、やっぱり自分の中では作ってよかった、という思いがあります。ドラコン4でも、一人「最高の作品ですよ」といってくださった方もいることですし。

 そこで、一時期はこの作品をさらにグレードアップ(=身内ネタ・パクリネタ排除、事実上の新作)する計画が持ち上がっていたのですが、今後作品を作るとしたらツクール2000でだろうな、と考えています。理由は2000でないとできないことが山ほどあるからです。素材のこととかもそうですけれども、一番大きいのはフリーウェアとして配布することを考えた時に、2000の方が圧倒的にシェアが大きいであろうと考えたことからです。

 では、いったん取り下げた『ZTF』はどうするか……これについては、「オープンソースのフリーウェア」として公開することにします。ご存知の方も多いでしょうが、『ZTF』にはパスワードがかかっていません。別に深い理由はないんです。「いっちゃん最初に保存した時にパスワードをかけたらその後メモリーカードを認識してくんなくなったのがトラウマになってるだけ」というなんとも間抜けな理由ではありますが、今後もパスワードをかけるつもりはありません。その代わり、自由な改変、及び再配布、そういったものをすべて認める方向でフリーダウンロードを可能にしたいと思います。

 ただし、公開はもう少し待ってください。本来『ZTF』改変版に使おうとしていた素材がまだ完成していない状態なので、それが完成しだいこのサイト上で正式に公開したいと思います。


 とまあ、波乱万丈の過程を経てきた『ZTF』ではありますが、新しい形のツクール作品として、誰かの手に委ねられ、そして私がそれをプレイするというような状況になればいいかな? そんな風に思っています。

2004.2.11 クリス_NK