☆世界観特集☆

5月11日~5月18日まで受け付けたお題です。
製作中のRPGの世界観を、皆さんに投稿してもらいました!
今からRPGを作ろうと考えている方、
みんながどんなRPGを作っているのか気になる方、
世界観の設定がニガテな方、
どんどん活用にして、ご参考になってください!
資料を書きこんでくれた皆さん、
本当にありがとうございました!

エリックさん投稿 deux ans de vacancesの世界観

舞台のチェアマン島は蝶が羽を広げたような形の島。
ぶなの原生林が生い茂り、無人島なので鳥たちも
人間の恐ろしさをしらないところ。
島の中心の淡水湖は冬になると凍り付いてスケートができたりする。
冬の演出としてBGMはFFTの笑うくまさんを
耳コピで導入(未完成っす)。
豹やピューマやリャマ、ビクーニャなどがうじゃうじゃいるっぽい。

A夫さん投稿 私的ゲーム世界観(全作品共通

何と、パラレルワールド(爆)。
舞台は基本的に宇宙で、さまざまな星での冒険が舞台。
ちなみ舞台は2001年です。
宇宙の中心は地球の100倍もの大きさを持つ「ラクソル」。
宇宙における空想科学の壁はもはやぶち壊れたも当然(爆)。
なので、マッハ123もの戦闘機が地上に何の影響も与えず
飛行していたって普通である。(むしろそれが普通。)
そして世界にはモンスターもいっぱいいればSFもあり、
魔法もあればパンダが道端にゴロゴロいるのも普通。
かなりめちゃくちゃですが、自分はこの世界観が基本です。

ツクラー3さん投稿 LEGENDS

中世っぽいRPGです。
主人公ラシルはイズ・バーン島の南端にある村、シープマークに住む17歳の少年です。
ある日、友達のラティンに村はずれの草原ですごいものを見つけたと言って、そこに行ってみることに。
その中にはなんと人の骨と古びた日記があった。
ラシルとラティンはこの日記を村長に見せにいった。村長が言うにはこの日記の内容は1200年前のちょうどラグ大陸とデアィム大陸が領土を巡り、戦争をしていたころだという。
だが、詳しくはわからなかったため、好奇心旺盛なラティンは夜にもう一回あの階段の中にいこうと、ラシルを誘い、再び、そこに行った。
いろいろと探しているうちに、ラシルはたるの中に入っていた、古びた時計らしきものを見つけた。
その時計は、1、10、100、1000の四つの数字があり、1000をさした長針と短針だった。
ラティンはラシルのところにきて。2人でその時計を眺めていた。すると、時計の後ろにボタンのようなものがあり、ラティンがそれを押してみた。しかし、何の反応もなかった…だが次の瞬間、2人はまばゆい光に包まれてそこからいなくなってしまった。
…と、こんな感じのストーリーです。感想、待ってます!

ykさん投稿 ただいま作成中…

時は近未来。
世界を管理していたコンピュータが破壊され、めちゃくちゃになった世界を冒険すると言う、某RPGの世界観といっしょです。
最近さらに某RPGに似てきました。
え?音楽?目指すは完全再現!もう5曲できてます。(町・戦闘・ボス戦・フィールド・小さい家)

Hさん投稿 「PROJECT Δ」

今、作成中のRPG「PROJECT Δ」の世界観です。
数千年前に、「5族間戦争」と呼ばれる、全世界を巻き込み、5つもの勢力がそれぞれ戦いあった凄惨で最悪で無益な戦争があった。結局この戦争では、勝利者という者はなく、どの種族も多くの犠牲者が出た。そして、得られたことといえば「戦争は無益なモノである」ということだけであった。
それから、今に至るまで、国同士の小さな戦争や、紛争などは存在してはいるが「5族間戦争」ほどの、ルール無用な戦争はなく、一般市民を巻き込むような戦争もまずない。
それでも戦争や戦いなどが存在するので、傭兵や用心棒などの職業も未だに存在している。また武器は、剣、槍、ナックルなどから銃や重火器まで様々な物が存在する。それに加え、魔法や神術、召喚魔法や邪術、そして古代魔法といったモノもまだまだ研究されている。科学技術はそれほど発展しておらず、どちらかというと魔導や精神力などを応用した超精神魔導科学?とでも言うような技術が主流である。
現在では様々な種族が、入り交じって生活している世界であり、種族が異なるというだけでの差別や虐待などはほとんどない。平和であると言ってもよいのかもしれない。「5族間戦争」の5族というのは、「神族」、「幻獣族」、「人間族」、「竜族」、そして「魔族」である。この他にもこの世界のは多くの種族が存在するが、大きく分けるとこの5種族である。

種族設定です

「神族」

神の力である神力を持った種族であり、形態は人型に近い者が多い。寿命は通常1000年程度。戦闘は肉弾戦などの直接的な攻撃は不得意な者が多く、大抵は神力を用いた神術を使った戦闘をする。中には戦闘タイプと呼ばれる、直接攻撃も神術も得意な者がいるがその数は少ない。しかし聖剣や神槍など、「神力兵器」と呼ばれる強力な兵器を創り出す業(わざ)を持っている。聖属性や光属性の者が多い。弱点属性は闇属性や邪属性である。

「幻獣族」

とてもバラエティに富んだ種族であり、形態は、人型や獣型、魚型など様々でり、寿命も様々である。共通するのは、召喚魔法といわれる強力で高度な術を難なく覚えることができるというところである。戦闘能力はその形態にもよるが、肉弾戦も得意であり、特に獣型の幻獣はその傾向が高い。しかし若い内は、その戦闘能力はかなり低い者が多い。比較的、魔法や神術などの攻撃に強い。しかも召喚魔法だけでなくそれらの術も使える者も少なくない。属性も様々であり、あまり統一性はない。弱点属性は特にない。

「人間族」

この5族の中で最も弱いといわれている種族。寿命も100年に満たない。他の種族に比べ身体能力の低い人間族であるが、剣術や体術など様々な戦闘術がありこれらを極めた者は決して他の種族にも引けを取ることのない攻撃力を持つ。また、魔法や神術、召喚魔法なども、それらを本来使用する種族には劣るが、使いこなす者もいる。その他にも様々な呪法を使う者がいるなど、つまりはかなり色々できる種族ではある。武器開発能力においては、「ドラゴンバスター」や「神殺し」などの特定の種に絶大な威力を発揮する武器を造り出す事のできる名工と呼ばれる武器造りの名人がいるなど、優れている面もある。属性は、普通はない。弱点属性といわれるモノはこれと言ってないが、魔法や神術などの攻撃の耐性は低い傾向にある。

「竜族」

最も強い部類の種族であり、寿命も平均4500年と長い。形態は、翼竜型、二足歩行型、蛇竜型(蛇型)などが存在する。高い身体能力、高い知能、それに伴う魔力、精神力など、どれも抜群の能力を持ち、その戦闘能力は凄まじい。成竜となった竜族が1対1の闘いにおいて多種族に負けるということはまず無い。また、魔力だけでなく神力も高い者が多く、様々な術を使いこなすことができる。魔法や神術などに強く、また基本的に炎属性や水属性の術や攻撃はほとんど効かないと考えて良い。属性は、炎竜ならば炎属性、雷竜ならば雷属性など、その種によってだいたい決まっている。弱点属性は、それに相反する属性であるのが普通である。

「魔族」

魔力の高い種族であり、形態は、主に、人型に近い者が多いが、獣型などその他の形態の者も少なくはない。寿命は普通1000年程である。通常は、その高い魔力を活かした戦闘を行うが、肉弾戦などの直接攻撃も不得意ではなく、生命力も強く全体的に戦闘能力の高い種族である。魔法攻撃には強いが、聖や光などを力の源とする神術などには致命的に弱い。その魔力により、強力な「魔器」と呼ばれる武器や防具を創る事も可能であり魔剣や魔銃など様々なモノが現存している。また、魔法などの研究・開発も得意である。属性は闇属性の者がほとんどである。弱点属性は聖属性、光属性である。

サムソンQさん投稿

今作ってるゲームのフィールドは「アルエ王国」っていう大きめで三日月型っぽい形の島国だけのフィールドです。「悪の秘密結社コケモモ」というのがアルエの支配を企んでて、主人公達はそのコケモモと戦っていくってのが前半の話です。アルエって名前はバンプオ〇チキンのインディーズのアルバムにそんな名前の曲があったので使いました。ボツになった敵国でマドリガル帝国ってのもあって、それはマリス〇ゼルのインディーズの曲名でした。みんなは曲名とかから名前借りたりとかしますか?

エース(参号)

 原初、世界(名前は未定)には主に人間、亜人、そして精霊が存在した。世界には「魔力」「霊力」と呼ばれる力が満ちており、人々はその力を使い生活していた。しかし、精霊の一派、亜人の一派が手を組み、「禁呪」と呼ばれる破壊の為にある魔法を作り出し、世界を支配しようとする。その時を境にその者達は「悪魔」と呼ばれる事になる。又、その際に人々は世界には禁呪に対抗する「魔道」と呼ばれる魔法を作り出した。この時は圧倒的な勢力差で魔道を行使する者達が勝利した。だが、世界には戦乱による爪痕が残る。

そしてそれから数千年後。

文明は発達し、人々は魔力等を動力とした機械を使い生活をしていた。大きな争いも無く、平和な時代が続くかに思われた。そんな時、再び禁呪の脅威が世界を襲った。「フェネイド」と呼ばれる男が禁呪を古文書から解読、習得し、更には悪魔と契約、強大な魔力を得て、当時世界最強と呼ばれた国家と手を組み各国を侵略し始めたのだ。

これに対し各国は連合軍を組み対抗する。戦況は侵攻軍が優勢だった。連合軍は叙々に追い込まれていく。そんな中、連合軍は兵の中から優秀な魔道士達を選び、彼等を「大精霊」と呼ばれる精霊達の長と契約させた(後に彼等は「聖賢者」と呼ばれる事になる)。それにより戦況は変化する。強大な魔力は多くの敵を薙ぎ倒し、日に日に侵攻軍側は追い詰められていった。まさに逆転である。そして、連合軍は敵の本拠地である巨大な戦艦へと突入、侵攻軍とフェネイドを多くの犠牲を払いながらも倒した。

しかし、思わぬ事態が人々を襲った。フェネイドは悪魔達に集めさせた大量の魔力を使い、究極の禁呪を発動させていたのだ。これにより世界の文明はほぼ全て崩壊、世界は大打撃を受ける。