☆オリジナルシステム☆

12月21日~1月5日まで受けつけたお題です。
イベントを利用したオリジナルシステム。
ツクールの弱点などを克服するようなイベントシステムなどなど、
システムに間する資料をたくさん投稿してくれました!
どんどん活用して、ご参考になってください!
資料を投稿してくれた皆さん、
ほんとうにありがとうございました!

超!ゲームバランス調整法!
投稿者:Mr.Universe

 自分、この度プレイヤーが前半で5時間レベル上げをしてもバランスが壊れないシステムを考案しましたぁああ!

 それは、基本的ステータスを思いっきり低くしておき、レベルアップによる上昇も少なめに。そして「ダンジョンに入るときに、まず一番先に、そのダンジョンでふさわしいだけ攻撃力などを上昇させるイベントを設置し、そのダンジョンを出る時は、同じだけ減らすイベントを設置する!」そうすることでおおむねバランスが保たれ、さらにダンジョンを出てもステータスが全て1になるわけではないのでレベルアップやドーピングアイテムで上がったステータスも多少関係するという!どうだこの素敵システムは!

 すいません。ろくなもの何も思いつきませんでした。顔を洗って出直してきますです。ハイ。

縄文

なるほどぉ!
たしかに、それでゲームバランスを簡単に、しかも確実に調整できますよね! 1つの手としては僕はすごく良いと思います! ツクールの一番の難点であるゲームバランスがこれさえ使えばかなり効果的ですね! むむむ…僕も使いたくなってきた…もしかしたら使うかもしれません!(笑)

オリジナルシステム 投稿者:はち丸

スロットゲームをツクール4でツクりました。でもほとんど運だけど…。

まずスロット分岐で好きな模様かなんかをいれてください。(別に何でもいいけど)

次に ひとつめの模様をいれたやつに変数1に数値1を加算してください。ふたつめの模様には、変数2に数値1を加算…と言う風にどんどん変数の数を増やしてください。そしてその後にスイッチaをオンにしてください。

次のページも同じようにし、次のページも同じようにします。

そしてその後、変数1=数値3という条件のあるページを作ります。その内容を「当ったり~」などと言うようなメッセージを入れて好きなだけお金でも何でもいいから増やしてください。(別に何でもいいけどね) それを 自分の使った変数の数だけ作って内容をちょっと変えれば完成です。

縄文

スロットですか~。僕も前にスロットをツクール3で作ったことがあります! たけさんのスロットにはほど遠いしょぼいものですがね…。
ツクール4ではスロットは作らないつもりです。このやり方であれば容量はけっこう少な目になると思いますが、やはり4の容量ではけっこう重いですよね…

おいおい…。投稿者:はち丸

村に村人がいます。(あたりまえだけどね)
そして、うまく話を進めないと村人と戦闘になります。(!)
そして倒して職業を見ると「殺人犯」になっています。
そのままお店に入るとそこにいたオヤジに襲われます。
(超強い)ってなんか他の人が すでに
使ってそうですね…。

どんまい

えーと、似たようなのなら作ったことあります。
「町の外は危険だ。」と言って、外に出してくれない人がいます。何回も何回も話しかけると、だんだん言葉づかいがヤバくなっていって、最後に戦闘。もしも勝ったら、「もういいよ…」と言って、外に出してくれるというイベント。…別に普通に進めていれば外に行けるんですけどね。

縄文

殺人犯!正義の主人公がすごいっすね~(笑)
おっと、はじめまして!これからよろしくおねがいします♪
僕も昔似たようなイベントを作ったことがあるようなないような…
どんまいさんの「もういいよ」っていうのも楽しいですね!

人工エンカウントシステム 投稿者:縄文

最近思いついたシステム。
僕のオリジナルフィールドでもこれを使っています。

まず、↓のような位置でイベント3つを作ってください。
------------------------------------------------
□ 
                 ☆

------------------------------------------------
□ページ1:コース移動↓↓↑↑

■ページ1:開始条件 □に触れたら
      イベント内容:変数1に数値1を代入

☆ページ1:なし
☆ページ2:
 開始条件 変数1=数値1 すぐ実行
 イベント内容…二択分岐
   「確率10% モンスターと戦う 変数1に数値0を代入/90% 変数1に数値0を代入」

この設定により、□は↓↓↑↑を往復しています。
その往復で■に当たる位置に置いてください。
☆は別にどこでもよいので適当に置いてください。
3つのイベントとも見えないほうがよいです。
■は□に当たる事により、変数1に数値1が代入されます。
変数1が数値1になることにより、☆が実行され、
10%の確率でここでは戦闘に入り、
終了後に変数1に数値0を代入し、
90%の確率では何も起きずに変数1に数値0を代入します。
□は絶えずいつも移動することにより、
実際主人公が動ける状況の時でも、
勝手に10%の確率でエンカウントをするという
イベントが成り立つわけです。

う~ん。わかりづらいかな…。
ちなみに、この設定では1つのパターンのモンスターしか出現しませんが、確率分岐をさらに加える事で多くのパターンのモンスターを出現させることもできます。
このエンカウント法はけっこうおすすめです!
え?別に人口でなくてもいいんじゃないかって?
いえいえ、この人工エンカウントシステムを使うことで、
エンカウント率を自由自在に操れるし、
同じ場所でもイベントの進み具合によって
強いモンスターを出したりできます。
応用によってはあるアイテムを使えばエンカウント率を下げれたり、
何回戦闘することで覚えられる必殺技を設定したりと、
人口エンカウントによって、応用の幅が爆発的に増えます。
僕はこのシステムを使って、フィールドを作ってますよ♪
是非お試しあれ…

どんまい

ここの『タイムコントロール』に似てますね。
…それいいかもしれませんね。『特定の敵を倒したら技を覚える』とか、『モンスター図鑑』など作る時にいいかもしれませんね。

縄文

お! タイムコントロール見てくれましたか!
嬉しいです~♪
はい。僕のシステムは基本的にタイムコントロールを使ってます。
タイムコントロールはもうすごい応用価値がありますからね…
この人工エンカウントもその応用のひとつにしか過ぎません。
僕は『タイムコントロール』をものすごくおすすめします!

ケフカ
これを使えば…

ツクール4のバグの中に、モンスターの配置ができなくなるバグってありますよね。そのバグに遭遇すると、一回、作ったゲームのデータを全て消さないと直らないそうなので、消すのがいやな人は、このテクで代用できますね。実際、僕もこのバグに遭遇してしいて、僕は、グラフィックなしモンスターをコース移動や、ランダム移動させてましたが、よりランダムな、こっちの方式のも作ってみようと思います。

でも、確かイベント戦闘って、逃げられなくなっていたような…。
(データ全部消す事になるよりはマシですけど)

どんまい

え~と、これのちょっと応用。
『変数1に数値1を加算』の時で、戦闘にならなかった場合、『変数1に数値0を代入』してますが、代入しないで『変数1=10』の時、レアな敵が出てくるなどという設定にすれば、同じ敵が連続で出てくる、というのを防げると思います。変数=50の時、ラスボスが出てくるとか…

縄文

レスありがとうございます!
逃げられない…たしかに、考えてみたらそうでした!
まあ、考えているものを実現するにはそれしかないので…
レアなモンスターが出る!なるほどですね!
とにかく、「タイムコントロール」を使うテクは
果てしなく多くの応用があると思うので、
皆さんも考えてみて下さいませ♪

技学習システム(ツク3) 投稿者:ツクラー2th

どうしてLvアップすると技(呪文抜き)を覚えるのか、どんな風におぼえているのか、そんな素朴な疑問について考えた結果、できたのがこれです。技は仲間全てが本で学ぶ。民家の本棚などからキャラ別に題名がある本で習得。ちなみに主人公用の本は「兵法の本」という題でした。思いついたのはいいけど、実際入れてみると、なんかショボイって感じでしたね…。(注)仲間の一人以外は呪文使えまん。

縄文

本で学んで習得するのですか!なるほど。
「習うより慣れろ」という言葉がありますが、
やっぱり、戦闘で覚えるのはその技の「慣れ」でしょうね。
本を読んでから、しばらく戦闘で練習して覚える
っていうシステムだったらすごそうですね!

格闘バトルシステム 投稿者:どんまい

私のシステムは、4でしか作れなくて容量かなり使うという最悪のシステムなんですが…。(図の□は何も無い所)
<格闘バトルシステム>
自分と敵の配置が一定で、

の3つあります。また、A、Bの形態から、

など。…すいません。わかりづらいかもしれない…。

縄文

これはたけさんの「Be~」に似たようなシステムですね!
なるほど…ここで時間制限を使うのですか。
僕は最近時間制限というのは変数を使ってやってます。
詳しくは「ツクール豆テクニック」をご覧下さい!

システム集 投稿者:yamikuro

  1. アイテムスキルアップシステム
    魔獣(モンスター)の落とすアイテム「結晶」を使って
    攻撃力や防御力を上げるシステム
  2. 投資システム
    とあるパン屋に募金して店舗拡大のお手伝い
    メリットは店のパンの値段が20%OFFになること
  3. タクティカルバトルシステム
    一部の戦闘では味方と敵が順番に移動して
    シンボルに接触してバトル
    敵味方とも大将(1番奥にいるキャラ)を倒されると敗北
  4. ダッシュ不能
    ツク4のフィールドの事情によりダッシュができない
  5. 依頼システム
    特定の人物に話し掛けると
    何か依頼を受ける(魔獣退治、アルバイト等)
    クリアすると報酬がもらえる
  6. ダンジョン変化システム
    迷宮系のダンジョンでは入る度に形が変わる
    こういうダンジョンに宝箱は存在しない

3は…
例えば…□=地形  ■=キャラ

□■□□
□□□□
□□□□
□□■□

で、下のキャラのターンになったら移動先を指定。
そして移動。

□■■□
□□□□
□□□□
□□□□

そして上のキャラ(CPU)が移動。隣接していたら攻撃してきます。
この攻撃で普通にバトル。これを繰り返します。分かりましたか?

縄文

シュミレーションゲームみたいなものですね!
僕も今似たようなシステムのものを作っています。
変数代入がどうだのこうだの、
僕のできてない頭では理解しにくいものです…
頑張らなくては!

それでは、僕もシステム投稿!

  1. オリジナルフィールドシステム
    4のフィールドを3のように目的地を指定するもの。
    ただし、目的地を指定してから主人公が移動している間はモンスターとエンカウントする。
    4のフィールドは小さいということと、
    モンスターと戦うことが少なかったことを解決できました。
  2. 『クリスティック』システム
    クリスタルスティックの略称。
    杖の先端にある玉(クリスタル)をはめ込んで、
    聖なる光「ホーリーライト」を浴びる事でレベルアップする。
    レベルアップすればその属性に応じた特殊能力、
    例えば炎と凍らせたり、氷を溶かしたりすることができる。
    まだ未完成でイメージしているだけのものですが…
  3. かじ屋(合成)システム
    合成に必要なアイテムと、金属の種類で刀を作ってくれる。
    例えば、『春』『夏』『秋』『冬』
    と、金属の『鉄』を合成することで『四季刀』ができるなど。
    また、刀には『階級』というのも存在していて、
    主人公が始めから持っている刀『日本刀』は
    『★☆☆☆☆』と表示される。
    ★の数が多いほど業物といえる。
  4. 自由に行き来できるシステム
    …システムといえるかどうか微妙ですが、
    ツクール4は1シナリオごとに容量が決まっているので
    シナリオとシナリオをプレイヤーが自由に行き来できるようにしました。
    まあ、ツクール4で製作している方はけっこうやってると思います。

フィールドどこでもセーブ 投稿者:ケフカ

FF9のモーグリの笛みたいなやつです。まず、アイテム「笛」を作ります。そしてフィールドに下のようなイベントを作ります。

ページ1
 開始条件:すぐ実行
 イベント内容:「なし」
ページ2
 開始条件:すぐ実行
 イベント内容:
  効果音
  アイテム「笛」を増やす
  セーブポイント
 ページを実行する条件
  アイテム「笛」がないとき

これで、フィールドどこでもセーブができるはずです。
(メニューを閉じてから表示されるのが何だか変ですし
 どこかのページに似たようなのが載ってたような気もしますが……)

縄文

むむむ…ページ1の内容がいまいち理解できません。
笛を使ったらセーブできるんですよね?
セーブポイントっていうのはけっこう好きなRPGによって変わりますよね~。
ドラクエが好きな人は教会。
FFが好きな人は光の上(FF9発売前)。
そう思ってるのは僕だけですね。はい。

ケフカ

ページ1の内容は「なし」で、意味なさげですが、
これがないと正常に作動しないので、
もし、このイベントを作るときは、ページ1も忘れず作って下さいね。

どうしてそうなるかは、わかりませんが、
実験を繰り返した結果、意味なさげなページ1がないと、正常に動かないという事は確かめられました。

おそらく…(自信ない)

縄文

ツクール4は謎なところが多いですね…
まあ、なるもんはなる!
それだけでもできれば良いことです!(笑)

レバーの仕掛け 投稿者:たか

今作っているゲームで、
レバーを上げたり下げたりして扉を開く仕掛けを作りました。

1時間かけて作りました。
って僕が変数と数値を間違えてただけですので
30分もあれば出来ると思います。

縄文

大丈夫です!
僕はツクールやりはじめたころは
パーティーの初期位置の設定で
5日ぐらい悩んだ事があります(おい)
ゲームはじめたら海のうえなんですよね…

バイトシステム 投稿者:エース

ボツになったゲームで使っていたシステムで職業ごとに一日
一回バイト先へ行き、ミニゲームをやりどれくらいできたかで
給料が変わるというシステムでした。ちなみそれ以外金の入手方法ナシ(爆)

縄文

職業でバイトですか~、
なんか現実ちっくですね~♪
倒産とかリストラとかあればもっとリアリティーですが(笑)
それ以外お金の入手なしっていうのは、本当だったら普通なんですよね。
モンスターがお金を持っているということに、
最近はなんの違和感も感じなくなってしまいましたしね(^^)

合成システム 投稿者:どんまい

私のアイテム合成システムは、まず合成専用アイテム(種類・その他)を用意します。
そのマップ内に『実行条件・アイテムXあり、開始条件・アイテムX使用』を、アイテムごとに用意します。
そして、『アイテムA使用・変数+1』『アイテムB使用・変数+2』という風にして、変数が何以上でアイテムが手に入る…という設定です。

縄文

おお!なるほど!
変数で何以上でアイテムが手に入るですか!
と、いうことは、
その合成アイテムは「何と何を合成しなければいけない」
っていうふうに決まってるわけではなくて、
「こういうアイテムを何回以上合成しなければいけない」
という形ですかな?

どんまい

その他の特徴としては、『アイテムに関係無く何でも出来る』ということです。
また、このシステムの応用で、変数を1だけではなく、2や3と増やしていくと、『何を何回と何を何回』など出来るようになります。

縄文

僕も最近やっとこさ変数を使えるようになってきました♪
加算ぐらいしか使っていませんでしたが、
代入がめちゃくちゃ便利だということに気付きました。
変数があればいろいろな応用がありますよね~☆20

評価! 投稿者:縄文

「お金」のパラメータの名前を「評価」に変更し、
モンスターを倒したり、良い行いをすると評価が上がります。
評価が上がると、それに応じたイベントも発生するようになり、
最終的にその評価の値で、エンディングが大きく左右されます。

…と、そんな感じの簡単なシステムでした~。

どんまい

私はミニゲーム集を作った時、お金を『ポイント』にして、そのミニゲームが終わったあとに店で景品を買う、という設定にしました。

気力一定法 投稿者:よし君

ツクール4の職業に気力+50(任意の数値)にして、
主人公の気力パラメーターをゼロにするとレベルが上がって、
すぐに気力が99になるという事がありませんよ。
職業によって増やしたり減らしても良いですね。
おためしあれ。
(同ネタ多そう…。)

どんまい

私は、そのゲームが始まった時に、気力だけではなく、全てのパラメータをあげています。
そうすれば、パラメータの初期値とレベルアップ時の成長値が別々に設定できるというわけです。

縄文

けっこう皆さん使っているようですね~。
たしかに、これを使わないとバランスがでたらめになっちゃいますからね!
気力は少なければ遅すぎるし、多ければ早すぎるので、
バランスを取るには必需テクですよね!

魔法修業法 投稿者:夜韋駄

魔法を修業して覚える方法です。
まず条件をつくり、その条件を満たすと
修業が受けられます。
そして、確率で魔法が覚えられるか失敗するか設定すればOKです。
なお、失敗のときに変数が1増えるようにしてやれば、
変数がいくつかふえると成功する確率が増えるようにできると思います。
…、思いつきですみません。

縄文

と、いうことは運が悪ければずっと魔法を覚えられませんね!(笑)
ツクールはおもいつきが重要な製品ですから、
おもいつきはかなり重要ですよ♪
これからもおもいつきまくってください!(爆)

住居システム 投稿者:tomo

システムと言う程のものではないのですが…。
ゲームの世界の各地に自分の住む部屋を
借りるコトが出来るシステムです。

ホテルもありますが、比較的高い料金設定のため、その街を長い間、拠点とする場合は部屋を借りた方がお得!というものです。
まず、街に何件かある好きな空き家を選び借り、休む為のベッド(HP,MP回復)やタンス(アイテム庫)を家具屋さんで購入する事で自分の部屋が宿屋や倉庫の代りになったりと便利になります。その他、高価な祭壇はマヒや毒を治す為のお祈りが出来たり、好きな色のじゅうたんを敷いたり、部屋作りの楽しみ(?)もあったり…。
あと、住む前はそっけなかったアパートの住民もお隣さんになると秘密の情報を教えてくれたり…と、
つまらないシステムなんですが…。

縄文
いえいえ、けっこうおもしろいですよ!これ!
「牧場物語」の主人公の家みたいで気に入りました!
なるほどぉ~。これはよく思いつきましたね!
インテリアなども考えられれば、面白さがグッと上がりそうです。

ふと ひらめき… 投稿者:あさ

今、ツクール3でRPGをツクろうかと思ってるんですがちょっとシステム(システムなのか?)を思いつきました。名付けて「変身システム」です。その名のとおり、誰かに変身するシステムです。具体的には、主人公のグラフィックの変更とステータスの増減で、擬似的にいろいろなキャラを作ります。僕が作る予定のゲームでは普通の住民からボスまで、基本的にはゲームに出てくるすべてのキャラに変身できるようにする予定です。かなり単純なシステムなんですが、けっこう気にいっています。参考になればうれしいです。

Mr.Universe ちと、つっこみ…

 でも、RPGツクール3・4ではステータスは変えられても、魔法・必殺技はそのままなんですよね(4は、キャラを指定して魔法禁止にする命令があるけど)。さらに装備可能な品も変えられない(4の場合、職業のアビリティ?で、特殊な武器・防具装備をつけることができる。けど、そうするとほかのステータス系のアビリティがつけれないんだよなぁ)ので、モンスターや動物キャラを作るのは難しそうですね。人間型のキャラクターが対象なら問題ないんですけどね。

 RPGツクール2000なら魔法の方はどうにかなるけど(魔法を忘れる、魔法を覚える)装備の方はやっぱりダメだしなぁ。ツク5が出るときはぜひ、装備タイプ変更の命令や、魔法の削除もできるようにしてほしいものです。

あさ

うーん…たしかに問題がでてきますね。
そこで、装備もアクセサリーだけにしようかと思います。
魔法は、変身する時に各キャラ専用の魔法(必殺技)を
一つくらい覚えさせる予定です。
一度変身した証みたいなかんじで
魔法(必殺技)を覚えさせて、
コレクション性が出せればいいなぁと思ってるんですが
やっぱり熟練者の方から見れば、甘いシステムですね・・
もっとがんばらないと!

縄文

全部が全部コピー(変身)でなくても、
そうですね、カービィのように、そのキャラの一番の特徴だけでもコピーできたら、それも立派な変身にもつながると思います!
甘いかどうかはわかりませんが、ツクールは失敗の繰り返しで、
テクなどもつかんでいけると思います。
頑張って下さい!

Mr.Universe

 いや、熟練者とかそういうモンではないです(汗)自分もよく似たシステムを考えていたんで。でも、RPGツクールの必殺技・魔法は覚えられても忘れられないというシステムはちょっと足かせになりますよね。

 参考に、SFC(スーパーファミコン)時代のRPGでヘラクレスの栄光4というのを紹介します。このゲーム主人公は冷帯だけの存在になってしまったのですが、神様から人の体を一時的に借りる能力を手に入れてそれで冒険する。というものです。で、その人の体を借りるというのが、システムにも関係しているわけです。
 で、細かいところを言うと、

  1. 装備はなんでも装備することはできる(得意武器を装備していると攻撃力が高かったり、必殺技が使えたり)。動物の体を使っているときはともかく、人間(及び、人型のモンスター)の体を使っているのなら精神の方が武器の使い方が分かっていれば使うことができると思う。
  2. 戦闘中のコマンドは体によって違う。そのため魔法が使えない体(動物や、もう魔法など邪道!って感じのマッチョな人)もある。また、ザコ戦でポイント(経験値のような感じね)をためないと使えないコマンドがある。ただし、せっかく技を覚えてもほかの体でその業を使うことはできず、あくまでその体専用の必殺技である。
  3. 体によって町の人の反応が変わる。アラブで暴君な王様(ちなみに、世界観は古代ギリシャ周辺世界なので、多分アラブで良いと思う)になっていると町の人がビビって何も教えてくれなかったり、動物の体を借りていると動物の言うことが分かるようになる。また、この能力を使って本人が言えない事を代わりに言うこととかもできる。
  4. 人の体を使うことのできる能力を持っているキャラクターが2人(と、戦闘中1ターンかけて別の体を使うことの出来るキャラもいるが、どの体になるかは選べない)いるのだが、便利だからといって一つの体を二人同時に使うことはできない。

 とりあえず、1で動物に変身しないならば装備品はありかなと思うのですが。2はRPGツクールだとどうしようもないですね。でも、変身の履歴で単純に技が増えていくタイプでも面白いと思います。隠し体とかあるといい感じだと思います。3はシナリオに絡めて使うとナイスだと思うのですが。お互いに好きといえない男女に。とか、動物と会話とか。4は…変身だから関係ないか。

超究極・飛空挺改造&戦闘システム! 投稿者:どんまい

すごいシステムを思いつきました!…これはきっと誰も考えつかないでしょう。

内容は、飛空挺を改造していき、最後に戦わせるシステムです。それだけなら大したことないが、戦闘システムがすごい!(と思う)
では、その大体のシステムを言っていきます
まず、主人公『A』『B』『C』を用意します。
職業は、それぞれ『無職』『操縦』『機銃』『主砲』を用意。
こうして、『無職A』『操縦A』『機銃A』『主砲A』というふうに、3キャラ×4職=12人の主人公を用意します。
そして通常は、『無職』のキャラでパーティーを組みます。

次に町でのイベントです。
店で『操縦パーツ』を買い、飛空挺の前で使うと、『操縦A・B・Cがその技を覚える』とします。
同様に、『機銃パーツ』『主砲パーツ』も設定します。
また、何らかの行動をすることによって、『操縦AのHP増加』『機銃Aの攻撃力増加』などという風に、そのキャラを強くしていきます。

最後に、戦闘システムです。
まず最初に用意した3キャラを、選択肢によってそれぞれの位置につかせます。ここでは『Aを操縦』『Bを機銃』『Cを主砲』とします。
ここで、変数を使い、『無職Aを操縦A』『無職Bを機銃B』『無職Cを主砲C』に、それぞれ入れ替えます。
これで各キャラは、飛空挺に乗って、それぞれの位置に着きました。

あとは、そのまま戦闘していくだけです。
そうすることによって、『操縦係は回復・援護』『機銃・主砲係は攻撃』の技(装置)で覚えたものを使える、というわけです。

…まあ、長々と説明しましたが、原理がわかれば簡単だと思います(多分)。ただ、これをやるには大量の用量が消費するうえ、変数を完璧に使いこなしている人じゃないと無理です。
それにメモしながら作らないと、こんがらがったりします。

まぁ、知識と努力と暇がある人はやってみてください。
ちなみに私は考えただけです(笑)。

縄文

むむむ…
やはりこういう複雑なテクはどうしても理解できません…
すみません…頭が悪いので…。
しかし、けっこう良いシステムっぽいですね!
どうにか理解できるようにがんばります!(^^)

はち丸

これを、ただいま作っておりますです。
後は、説明と、能力アップだけでございます。
出来たらやってもらいたいなぁとか思っていますが、
どんまさんの許可が要るし、配布の仕方分からないしで
多分やってもらうことは無理だと思います。(ぉぃ)
でも結構うまく出来たので、気に入っておりますです。2002/03/08(Fri)22:

オークションシステム 投稿者:1374

2003で作ってるんですが5でも出来ると思うのでここに書いておきます。

まず会場に入ってトンカチみたいのを持っている人(?)に話し掛けます。
するとランダムで今日の商品が出るのでそれに掛けるか掛けないか選びます。
すると、一定の確率で相手も値段を上げていくのでどんどん繰り返していって相手があきらめるか自分があきらめるかをしたら終わります。
自分があきらめた場合はそのまま修了になってしばらく出来なくなります。
相手があきらめた場合はお金を払って商品をもらって終了になってしばらく出来なくなります。
もしお金が足りなかった場合はお金を全部奪われて追い出されてしまいます。

うむぅ……作るの面倒くさいですね……。

縄文
投稿ありがとうございます。
オークションですか!作れればかなり面白そうですね。
FF9のようなオークションが作れるとすごく良いと思います!

スペシャル<?>なシステム 投稿者:健康第1

はじめまして
さっそくですが今挑戦中のシステムを紹介します
1 FF8?敵もレベルアップシステム
2 FFⅩか? レベル廃止 スキルアップシステム
(どっちもFFみたいです)
(苦笑)
なお、私はツクール初心者なんで苦戦中ですバイ

1374

始めまして~。
1.2のどちらかをするなら出来ますが両方は無理なんじゃないでしょうか?
レベル廃止なのにモンスターの強さを変えるのは至難の業ですね(汗

縄文

はじめまして。投稿ありがとうございます!
敵もレベルアップなどできたらすごいですね~。
レベル廃止スキルアップシステムなんかも面白そうですね。
1374さんも返信ありがとうございます~。

オリジナルシステム(オリジナル?) 投稿者:ミカズ

●武器作成システム
 旅の途中で
 :剣の刃(攻撃力、効果範囲を決める)
 :剣を作るためのハンマー(攻撃回数を決める)
 :魔法石(追加効果を決める)
 が手に入り武器作成屋などで武器を作ってもらう
 (防具などでもできます)
●ランダムダンジョンシステム
 ダンジョンを作るとき右下、右上、左下、左上それぞれ
 10個位作っておく。
 ダンジョンに入るときダンジョンの右下、右上、左下
 左上の乱数を作り、
 右下の乱数が3なら右下は「マップ右下3」。
 という風につくれば40マップで10の4乗通り
 種類のマップができます。

縄文

資料提供ありがとうございます!
なるほど、いろいろな刃、ハンマー、魔法石を使えばいろんな種類の武器が作成できそうです。
ランダムダンジョンは製作者も迷ってしまいそうですね(笑)