☆シナリオ☆

3月28日~4月3日まで受け付けたお題です。
皆さんすごいシナリオを考えのようなので驚きました!
今からRPGを作ろうと考えの方。
みんなはどんなシナリオを考えているか知りたい方。
どんどん活用して、ご参考になってください!
シナリオを書きこんでくれた皆さん、
本当にありがとうございます!

ツバサンさんのシナリオ シナリオ3点

ふざけまくってすみません。こういうのしか思いつかん……

トカゲ9番さんのシナリオ house

主人公が家を増築したり家具を購入したりするRPG

弓魔法士さんのシナリオ

ツクール2のときに作ったシナリオ
主人公は、魔王討伐の為の勇者団に所属していた。様々は困難を乗り越え、主人公達は、ついに魔王にとどめを刺そうとしていた。しかし、真の黒幕側は、それが狙いだった。主人公達が倒そうとしていた魔王は、実は世界を破滅に導くもの。しかし、時すでに遅く、世界は破滅に向かうのだった。

これはバッドエンドのルートです。普通に進めていくとこうなるようになっていました。グッドエンドを見るためには、寄道しながら、真の黒幕を暴き、倒せばクリアとなっています。魔王を倒すとバッドエンドというRPGを作ってみたかったので。

この時からすでに妙なRPGを作っていたな。データがぶっ飛んで、挫折しましたが。

ykさんのシナリオ

現在作成中のシナリオ
時は近未来。世界は「メインコンピュータ」と呼ばれる巨大なコンピュータで一手に管理されていた。しかし突然起こったメインコンピュータの破壊で、世界中のコンピュータは反乱を起こし、文明は崩壊、生物はモンスターと化した。主人公はそんな世界を好き勝手に冒険する。……って、どっかで聞いたようなストーリーですね。あと、戦車は出てきません。(わかる人いるかな?)

Mr.Universさんのシナリオ

天使がいた街角

 タイトルテキト―です。
 元飛行機械乗りで昔色々とあったせいでいじけて、今は幼なじみだった女性(酒場のシンガー)と汚い下町でヒモ同然の生活をする中年の男の所に、「天使」を名乗る少女が来て自分を「都市」(他の土地からの搾取で栄えている街)へ「浄化のために」連れて行くように頼む。男はいやいやながらも、その「天使」を「都市」へと連れて行くために昔のつてをたどって飛行機械を手に入れる。しかし、「都市」の支配者からの刺客に襲われる。どうやら「天使」は「都市」の支配者にとって邪魔な存在であるらしい。でこういうののお約束(笑)にのっとって男は「天使」が好きになってきている。

 どうにかこうにか飛行機械を手に入れ、下町から「都市」へと向かう機上で飛行機械のりの男は「天使」に「君でなければ出来ないことなのか?」と聞くも敵襲で答えは聞けずじまい。そして、「都市」の支配者との対面。なんとそいつは飛行機械乗りの男の元親友で、同じ女(『天使』にそっくりな)を取り合った関係で、男をいじけ男にする原因になる事件(飛行機械乗りの男の方を選んだ女性を殺してしまった)を起こした男であった。で、飛行機械乗りの男が一人で戦う(『天使』は無理やり逃がした)のだがあっさり負ける。

 ところが、「天使」が本当の天使らしき力を出して「都市」の支配者を「浄化」する。それを薄れ行く意識の中で見ていた飛行機械乗りの男は彼女が本物の天使である事にやっと気付く(それまで、やばい人か、教会関係の人間だと思っていた)。そして、男が気がつくと幼馴染の女性(実は飛行機械乗りの男の好きだった女性の親友)が看病していて、「天使」は何処かへ行ってしまったと告げる。それを聞いて男は窓から外を見て何かつぶやく。そして、エンドマーク。

ヴァンパイヤナイト

 前半は普通の吸血鬼退治の物語(大筋はブラム・ストーカーのドラキュラのまんま、ただし吸血鬼は美男)で、ただし時間制限付きで手間取っていると、主人公の婚約者が完全な吸血鬼にされてしまいます。

 で第1部をクリアすると300年後からスタートします。なぜか復活したが記憶を失った吸血鬼はモンスターハンターの兄妹(第一部の主人公の子孫)のところですこしお世話になる。兄がその正体に気付きだした頃、女悪魔が現れ主人公の吸血鬼に魔王のために復活させられたこと、魔王のために働くことを拒否した場合エネルギーの供給がなくなって死んでしまうことを告げる。ちなみにゲームシステムとして、どんどんエネルギーがなくなっていきそれがゼロになるとゲームオーバーだが、ちゃんとノルマをこなしていくとどうにかなる形。いやいやながら、魔王のしもべとして働く吸血鬼は昔戦った(第一部のプレイヤーキャラ)達の子孫を殺したり、吸血鬼にして仲間にしたりしてとにかく人間の戦力をそいでいく。

 そのうちに女悪魔は、魔王を殺して権力者にならないかと持ちかけてきます。それと同じぐらいの頃からモンスターハンターとの対決があります。モンスターハンターと組んで魔王を倒すか、魔王のしたがってモンスターハンターを倒すか、それとも両方殺して魔王になるか、それによってエンディングも替わります。

 システムとして、昼と夜があり、第1部は夜では勝てないもんスターを光の届くところにおびき寄せて倒すテクニックが必要になります。第2部では、昼の間は主人公たちは「魔術」がつかえませんが、同じく敵も使えません。しかし、人間を吸血鬼にした「しもべ」は元が人間なので昼夜の関係をあまり受けない(強い魔術は使えない)。そのため昼の間は主人公よりしもべ中心で戦うことになる。逆に夜になると主人公や魔物の仲間は120パーセントの力が出せるようになる。

 なお、魔物用の魔術と人間用の必殺技をシナリオのシステム変更とか使って上手くやればどうにかできると思う。

勇者復活

主人公はミイラ状態から生き返ったといわれる勇者。賢者たちの言うとおりに(勇者の義務である)魔王退治に向かうが、なんだか魔物たちのほうが人間よりいい種族のような気がしてくるが、それでも仲間たちの激励(ほとんど脅迫)のおかげもあって魔族を殺していく。で、そのうち、魔族の女勇者(魔族だから勇者とは言わんけど)との接触の中でますます人間の方が侵略しているだけのような気がしてくる。そして、魔王を倒すとやっと真相が語られる賢者たちは「神」の娯楽の為にに勇者を「合成して」むかしから仲の悪かった魔族の国に進行させることにしたことを語る。

 その後、主人公の勇者は始めて自分の意志で行動を選び、神に従うか、人間・もしくは魔族(それとも両方)と組んで神を滅ぼすかの内どれかの行動をとる。

獣人戦記

舞台は王制に対する人民の反乱から十数年後、人民政府にも腐敗が目立ちだす頃のこと……主人公は普通の少年として一生を送ると思っていたが、帝国による侵略のどさくさにまぎれて王制復活を狙うテロリストとそれを阻止しようとする軍隊の抗争に巻き込まれ大怪我を負いそうになるが、隠された力が発動し獣人となる。獣人とは人外のものに変身し人をはるかにしのぐ力を持つ者であるがその力ゆえに人に恐れられ、疎外されている。しかしその力は戦争には有効であり、王制復古側のテロリストも、人民政府の軍も獣人の部隊を置いている。

 獣人の力を発揮した主人公は王制テロリストによって気絶しているところを助けられる。主人公はそこで王制テロリストが獣人の生きやすい世界を作るために戦っていること、獣人は人間を超えた生き物であり自分達はそれに誇りを持っていること、そのためには多少の犠牲は必要な事を聞かされるが、協力するかしないかは自由だと市街地に返させる。

 街に戻った主人公は人民政府の獣人部隊からの誘いを受ける。獣人はその力を生かして人間を守ってやるべきであり、ただ怒りに任せて戦うのでは本当に獣と同じだと言われる。そのあとに人民政府軍からの勧誘を受けるので、主人公は王制テロリストかどちらかの陣営に付くことになる。(ただし、その後、何回か別の陣営に回るチャンスあり)

 システム的にはツクール3の場合で、人間時は武器は片手だけ防具なし、魔法の代わりに「機械」が使える。(ただしもちろんMPはあり)
 獣人になると「機械」は使えないが、武器は両手で使え、防具も使えるようになる。そして「獣人技」(中身は必殺技)が使え、職業ごとの特殊能力が有効になる。人民政府側では人間時の「機械」が充実するが、テロリスト側では「獣人技」が充実します。獣人・人間の変更はイベントのシステム変更で行います(具体的には人間→獣人で「職業有効」「左手有効」「身体防具有効」「魔法無効」。獣人→人間「職業無効」「左手無効」「身体防具無効」「魔法有効」となります)が、これだと人間から獣人になったときに装備をしてないことになるので、獣人化から直接戦闘に持っていけないのが悩みです。装備タイプ変更による変化がテキトーだと思う人は、装備変更の変わりに人間→獣人変化時にイベントでステータスをいじってみるのもいいでしょう。ただしそのあとでステータスを元に戻すことを忘れずに。

ライズさんのシナリオ

LIFE ~平凡or波乱~

使用ツクール・RPGツクール4 
一回のプレイ時間・約一時間

平々凡々な一庶民が主人公のRPGというかAVGです。主人公は老若男女と選ぶ事が出来ます平凡に暮らすも良し、冒険者に協力し魔王を倒させるも良し、魔王に情報を提供して王様を倒させるも良し。一回のプレイ時間は少ないですが自由度はあります。

……というかツクール4のオリジナルグラフィック読み込み時間が嫌になって無個性なキャラのみでゲームをツクろうと考えたのがキッカケで作ったゲームなんです……

エリックさんのシナリオ

SunriseHill

光の想玉から放たれるエトールエナジーは魔力の源であり、また太陽光の力を強める。この力に目をつけた二十三世紀の神聖デリツィン帝国軍事総司令官ザリク・ノフェシュは天朝に想玉奪取案を提出した。目的は小惑星激突による砂埃の太陽光線の遮断問題の解決。政商院を掌るプロンプター派と兵器供給のかわりに魔法提供で同意、十二世紀各国の軍閥に魔法及び光の想玉の提供を要求した。代表ランカ国は要求を拒否、デリツィンとの全面戦争が展開された。同国は魔法による迎撃を行ったが政商院の未来兵器の前には如何ともし難い兵力の差があった。核兵器、ナノ兵器による都市の破壊と多くの兵士の死傷は民に疲れと王政への不平を生み、各地で反乱分子を作り出した。彼らの矛先は帝国朝廷、現代王宮どちらでもあった。それらはランカ国首都シェンドーから光の想玉を盗み出して所有を表明した。

ランカ宰相トバ・タヒツスはこのレジスタンス利用し、ノフェシュ公との休戦及び協商条約を締結することに成功し未来軍を仲間につけた。王宮の目的は反乱軍討伐で未来軍を拡散させ、条約を破棄して祖国奪還にあった。しかもそれには募らなくとも集まったレジスタンスと未来軍との潰しあいという特典つきだ。正義は追われる側であったが泰平を求め巨悪と戦うのであった。

FFTのように政治的な要素が強いシナリオ。考えるのに苦労しました。目標はファンタジーと機械の共演。

theworstschool

聖クラウディア魔法学院ではあと1年で定年退職する教師が一人だけいた。エンドウという女性教師だ。59歳と高齢で、少々口やかましいので「マメ」と言われて常々そのことに腹を立てていた。特に、先公苛めを好む三年六組はクラスの大半がエンドウの授業をまともに聞かないどころか、白板に書いた文字を勝手に消す。エンドウも怒りにかられるが、魔法の分野では天才的な6組には太刀打ちできない。

ある日、いつもの授業をするため教室に向かうエンドウだが教室に残っているのは割と普通の子が3,4人いるばかりで、後の者どもはボイコットしている。エンドウは逃げた生徒達を連れ戻すため後を追った。

高齢の女性教師が主人公のゲーム。武器や防具を使うより、シミュレーションRPGツクールのMPが無いという要素をいかし、魔法中心に戦闘を行う。全13面と、短編であるが顔グラフィックは5個がオリジナルグラフィック。

<こめんと>
ILOVERPGから持ってきました。(^^) 中一の暮れぐらいにSRPGツクールでつくりました。キャラのエンドウは以前、紹介しましたが当時の担任の先生がモデルです。顔グラフィックにそっくりさんがいたのが制作のきっかけです。実はこのゲームが入ってるメモカが行方不明。久しぶりにやってみたいのに……。

deuxansdevacances

ニュージーランドの少年達15人が乗った船が突然海に流され始めた! 頼れる大人は一人も居ない。最年長14歳のゴードンを筆頭に少年達は決死の航海をする。嵐に襲われ、大波にもまれて数日後、陸地を発見する。この陸地は大陸のつづきなのか、無人島なのか、それすらわからない。果たしてこの未踏の地で少年達は生き抜き、無事にオークランドへ帰ることができるのだろうか。

ジュールベルヌ作の有名な小説、十五少年漂流記をゲーム化してます。この作品は過去、一度もゲーム化されてないらしく、ゲーム史に残る(わけない)でしょう。日数経過システムとアイテム作成システム、さらにはミニゲームをやらないとキャラが成長しなかったり、俺キャラがでたり。シナリオは本を読みながらの打ち込みですがシステムは色々なことに挑戦してマス
タイトルは詰めて詰めてぎりぎり入った……。しかし、第4回Aコン受賞作、フリーダムとかぶってしまうのが悔しい……。

どんまいさん投稿

ワールドオブドラゴン・ストーリー

1・オープニング

    ……竜帝ヴェルバネス……
  そこはドラゴンが住んでいたといわれる帝国
          しかし
         ある時突然
      ヴェルバネスは滅んだ……
          そう
     その時、ドラゴンも絶滅したのだ

       それから100年後……

というオープニングから始まって、アトラはヴェルバネスのことを聞いて、ヴェルバネスに行こうとしたのが物語の始まりです。これから、ストーリーを分けて説明していきたいと思いますのでよろしく。

2・竜の石

ヴェルバネスを探しに家をでたアトラの前に、1つの光る石があった。『獄炎石』と書かれたその石は、アトラに反応する。こうしてアトラは『獄炎竜術士』の能力を得た。そこに聖天士レイナが現れ、聖天士の力で石に封印された竜のことを知った。しかし、その時アトラは、まだ自分が『竜に選ばれた』としか思ってはいなかった……。竜の石には、『獄炎石』のほかにも『氷海石』など、各竜に1つづつあります。

3・竜術士アトラの真実

アトラの体が光った。そして、アトラは竜に変身したのだ!実はアトラは、竜である体を何者かの魔法によって人間に変えられていた。そして、その魔法が今、消えかかっていたのだ。

  レイナ「アトラ……?」
  ディエル「何だ!?」
  アトラ(竜)「グアアァァァァ!」
  フレイリー「来る!」
      VS・アトラ(竜)

こうしてアトラは、魔法効果が戻り、再び人間に戻った。このとき初めて仲間は、アトラが竜ということを知ったのだった。変な例えだけど、アトラの魔法は<切れかかった電球のようについたり消えたりする>と考えてください。

 

4・アトラを変えていた魔法

アトラの体は、今まで何度か竜に戻っていた。しかし魔法は完全には解けてなく、すぐに人間に戻っていた。……だが、今回はちがった。そう。アトラの姿を変えていた魔法が、完全に解けてしまったのだ。

 レイナ「……どうやったらアトラは人間に戻れるの?」
 ジェノバ「残念だが……無理だ。」
 ディエル「無理だとぉ?何も方法はないのかよ!」
 ジェノバ「ああ。あいつにかけられた魔法なんて、もうこの世には存在しない。」
 フレイリー「じゃあ、どうするの!?」
 アトラ(竜)「グオオオオォォォォ!」
 ジェノバ「話は後だ。今はこいつを止めろ!」
    VS・アトラ(竜) 必ず敗北
 レイナ「なんなの?この強さは……。」
 ディエル「ひとまず逃げろぉ!」

とうとうアトラは完全にドラゴンに戻ってしまった。仲間達は、アトラを人間に戻す方法は何も無く、ただアトラを心配するだけだった。……しかしそんな中、ジェノバだけが真実を知っていたのだった……。

5・アトラの救出

皆は、占い師の言うとおり『グレイブの塔』へ向かった。
途中で『竜封じの紋章』(そのころは『不思議な紋章』)をとって、頂上まで行く。するとそこには竜の姿をしたアトラがいたのだ!

 ディエル「……あのよぉ……。」
 ディエル「ここまで来て言うのもなんだけどよ、どうやってアトラを助けるんだ?」
 フレイリー「力ずくで……なんてダメだよね。」
 ジェノバ「いや。まず俺達であいつを弱らせる。そこをレイ ナが封印する。いいな?」
 フレイリー「そんな……無茶苦茶よ!もし失敗したら……それに封印できたとしても、その後アトラはどうなるの?
 ジェノバ「その時考えればいい。このまま放っておくよりはましだ。行くぞ!」
 レイナ「待って!」
 レイナ「この紋章、何だか不思議な感じがするの……。」
 レイナ「お願い、私にやらせて!」
 ジェノバ「……好きにしろ。」
 レイナ「たとえ姿が変わっても」
 レイナ「たとえ人の心を忘れていても」
 レイナ「アトラはアトラ。私はアトラを・・助けます!」
     VS・アトラ(竜)

このシーンは、私が2番目に気に入ってるシーンです。特に下の3行のレイナのセリフが気に入ってます。ちなみに最後の戦闘では、紋章を使って、アトラを助け(魔法効果では即死)ることができます。

6・竜帝ヴェルバネス

皆から真実を聞き、自分がドラゴンだと知ったアトラ。彼は、自分が人間の姿に変えられた理由、また自分の故郷『竜帝ヴェルバネス』が滅んだ理由を確かめようとした。

   ~しばらくヴェルバネスを探す~

そしてついに、彼らは竜帝ヴェルバネスを発見したのだ!
 アトラ「ここがヴェルバネスか……。」
 レイナ「やっと着いたね。」
 アトラ「ここが俺の故郷か……何も覚えてない……。」
 ジェノバ「当たり前だ。……さ、行くぞ。」
 ジェノバ「ここはお前の故郷だ。ここで何が起こったか、なぜお前は人間の姿になれたか、自分の目で確かめておけ。」

こうして、ジェノバの謎が深まる中、彼らはヴェルバネスを探索した。そうしているうちに……!

7・双幻竜

ヴェルバネスに着いた彼らの前に、1匹のドラゴンが現れたのだ。
 アトラ「なんだ!?」
 レイナ「……これってもしかして……!」
 ジェノバ「そう、ドラゴンだ。」
 ディエル「でもなんでドラゴンが……?」
     VS・ドラゴン 数ターン
 アトラ「ダメだ……強すぎる……!」
 ジェノバ(……この強さ……まさか!)
 ジェノバ「お前ら!早くそこから逃げろ!」
      <ドラゴンが光線を放つ>
 アトラ「うわぁっ!」

……彼らが目を覚ました時、そこはヴェルバネスではなかった。いや、正確には“過去の”ヴェルバネスであったのだ。そう。彼らはドラゴンによって、滅びる前のヴェルバネスに飛ばされてしまったのだ……。

8・ヴェルバネスの真実

 アトラ「……ここは……?」
 ジェノバ「……ヴェルバネスだ。」
 ディエル「何だって!?」
 レイナ「だって、ここは廃墟じゃない……。」
 ジェノバ「さっきのは双幻竜だ。あいつの魔法で過去に飛ばされたんだ。」
 フレイリー「過去って、私たちどうなっちゃうの?」
 アトラ「もしかしたら、ここに俺が……。」
 レイナ「いる……かもね。」
 ジェノバ「おい、アトラ。」
 アトラ「なんだ?」
 ジェノバ「先に行っててくれ。考え事だ。」
 アトラ「あ、ああ……。」

一体ジェノバは何を思っているのか。四人は過去のヴェルバネスを探索した。どうしてドラゴンが滅んだのか。そしてどうしてアトラは人間の姿に変えられたのだろうか……。

9・アトラ最後の戦い

 レイナ「ねぇ、あれ!」
空を見ると、そこには1匹のドラゴンがいた。そしてアトラは、何かを思い出した。
 アトラ(今、俺は全てを思い出したような気がした。)
 アトラ(俺がドラゴンだったこと、俺が人間に変えられた理由。……そして……この手でヴェルバネスを滅ぼしたこと。)
 フレイリー「きゃあぁ!」
突然、そのドラゴンが暴れ出した。どんどんヴェルバネスを破壊していく。その時、1匹のドラゴンが言った。
 <注・この声はアトラとジェノバしか聞こえてません>
 ドラゴン「アトラ!やめろ!」
そう。あのドラゴンはアトラの過去の姿だったのだ!
 アトラ「やっぱり……。」
 レイナ「どうしたの?」
 アトラ「あのドラゴンは……俺だ。」
 ディエル「なんだって!?」
 ジェノバ「どうする?アトラ。」
 アトラ「あの時俺は、自分を制御しきれなかったんだ。」
 アトラ「気づいたらヴェルバネスが滅んでて……そして俺は人間の姿になっていた……。」
 ジェノバ「……俺の魔法でな。」
 ディエル「ええ!?」
 レイナ「うそ……。」
 フレイリー「ジェノバさん……?」
 ジェノバ「アトラを抑えるために、俺はその魔法を使った。」
 アトラ「ジェノバ、やっぱりあんた……」
 ジェノバ「……ゆっくり話している時間は無いぞ!」
 アトラ「ああ。」
 ジェノバ「自分の過去と戦うか?それとも、ただ過去の過ちを見ているか?今こそ過去を変えられる時だ!」
 アトラ「俺は……過去を変えてやる!」
 レイナ「ダメ!そんなことしたらアトラは……。」
 アトラ「わかっている。」
 アトラ「これは全て俺のやったことだ。俺のせいでヴェルバネスは滅んだんだ。」
 アトラ「だから……俺はこの手でヴェルバネスを守る!」
 ジェノバ「さ、話がまとまったな。行くぞ!」

こうしてアトラは、過去の自分を倒そうとしたのだ。自分の命を犠牲にして……。

10・最後の戦い

 ジェノバ「さ、話がまとまったな。行くぞ!」
 アトラ「……これが俺の……俺達の最後の戦いだ。
     最後まで一緒に戦ってくれるよな!」
 ディエル「もっちろんだぜ!」
 フレイリー「アトラ、頑張ろう!」
 レイナ「……たとえ相手がアトラでも、私はがんばるよ。
     だって、これは私達が選んだ道なんだから!」
 ジェノバ「最後の戦い……か……。」
 アトラ「みんな、行くぞ!」

     VS崩壊竜アトラ

 アトラ「なんだ!?」
 ジェノバ「……あいつが作り出した幻影だ。戦うぞ。」

      VS(時空の歪み)
       (幻影の地)
       (無の空間)
       (時の最果て)
       (世界最後の日)
      VS崩壊竜アトラ

 アトラ「……やったか……。」
    <アトラ倒れる>
 レイナ「アトラ!」
 ディエル「おい、あれ!」
 フレイリー「時空が……裂けてる?」
 ジェノバ「お前ら、早くその穴へ!」
 フレイリー「この穴は?」
 ジェノバ「……アトラが最後に作り出した空間だ。
      これを逃したら、もう帰れないぞ!」
 レイナ「アトラはどうするの?」
 ジェノバ「いいから先に行け!」
 ディエル「……せっかくアトラが作ってくれたんだ。
      使わせてもらうぜ!」
しばらくジェノバは、アトラのところに残っていた。そして、アトラの体が消え始める……

現代の方で、ヴェルバネスが復活したシーンがでてくる

 (ねえ、アトラ……)
 (アトラは絶対……消えたりしないよね?)
 (ずっと……私達と一緒にいれるよね?)
 (私、信じてるよ……)

しばらくウエイト

 アトラ「……。」
 レイナ「アトラ!」
 アトラ「みんな……俺は……生きてるのか?」
 ディエル「生きてるぜ。すごい奇跡だと思わないか?」
 フレイリー「過去の自分を倒して生きてるなんて……すごいじゃない!」
 アトラ(ジェノバ……。)
 ディエル「世界中大騒ぎだぜ。『ヴェルバネスが復活した』ってな。」
 レイナ「……私、信じてた。」
 レイナ「絶対アトラが消えたりしない、って……。」
 アトラ「……レイナ……」

場所移動・アトラとジェノバのみ
 アトラ「なあ、ジェノバ。」
 アトラ「お前だろ? 俺を助けてくれたのは……」
 ジェノバ「まあな。」
 アトラ「どうやって助けてくれた?」
 ジェノバ「お前が消えそうになった時、魂をちょっといじっただけだ。大したことじゃない。」
 アトラ「……さっすが伝説の大魔術士……。」
 ジェノバ「そうだ。まだ言ってなかったな。」
 アトラ「何だ?」
 ジェノバ「最後に言っておきたいことがある。」
 ジェノバ「知ってたと思うが……俺もドラゴンだ。
      そして……。」

 ジェノバ「アトラ、お前は……俺の息子だ……。」

     ~THE END~

yamikuroさん投稿

イベント「悪魔の笑顔」

王都:ヒューポートにある国立図書館。図書館の前にはなぜか美人の女性が立っている。薄い赤のローブで青い髪が目立つので有名である。

主人公エリアス達は息抜きにやってきた。そして行く途中の道、遠くに彼女が見える。どうやらタチの悪い男どもに囲まれているようだ。分かりづらいので、彼女は赤ローブの「赤」チンピラどもは「男」と表記しよう。
赤「国立図書館に何か用ですか?」
男「お前に用があるんだ。……そのー……」
赤「言うならさっさと言ってくれませんか?」
彼女はいつも笑顔だが、遠くからよーく見ると……漆黒のオーラが立ち込めている(^_^;
男「でーい!ここなら何だ、裏路地にお前を連れて行く!」
とかいってさらうつもりなのはバレバレだ。
赤「イラプション。」
どっがああぁぁぁぁぁぁ……
国立図書館前の石垣の道は隕石でもふった跡のようにクレーターが出来た。
チンピラは……背中が真っ黒コゲになって這いずっている。
彼女は「もう変な真似はしないでね♪」といわんばかりの笑顔。
これこそ「悪魔の笑顔」である……

ゴーストさん投稿

ファルグラウンド~遠き大地の歌~

誰も知らない世界の誰も知らない大陸。そこでは紋術と呼ばれる力がもっとも強いと呼ばれていた。ある日その大陸に他大陸の人間がたどり着いた。その人間たちは科学と呼ばれる力を使い。大陸を征服していった。他大陸の人間が我々にもたらしたのは滅びだった。科学の副作用か草木は枯れ、大地はくさっていった。彼らは残された草木や土をかきあつめ、今までと変わらない生活を歩んでいた。

我々はそこを理想郷[シャングリラ]と呼んだ。

一方大陸はゆっくりと、だが確実に死の大地となっていった。我々はそこを[インフェルノ]と呼んだ。[理想郷]と[地獄]の中間に位置する荒野、そこに我々は住んだ。そのほんの15年後その荒野にて始まる一つの小さな物語それがこの大陸の運命をも左右する物語になろうとはまだ、誰も気づいてはいなかった……。.