LEVEL7 ギャグRPGを作る上での提言

 シナリオの走り方としては、大別して純然たるシリアス系に走るやり方と、徹底したギャグへと走るやり方の2種類があります。もちろん、実際にはギャグをベースにシリアスを組み合わせたりすることも出来る(というかそうするのが、ストーリーにメリハリをつける意味でいいかも)わけですから、ギャグの見せ場にだけこだわる、というわけにはいかないでしょう。しかし、メリハリの中でギャグを出すならともかく、ベース部分にギャグを置いておくなら、ギャグへのこだわりを欠くわけにはいかないでしょう。

 以下に、私のギャグRPGプレイ時に気にする、もしくは自分が作るときに心掛けていることを紹介しておきましょう。

 

1、お笑いの真骨頂は「何じゃそりゃ~」

 「何じゃそりゃ~」といっても、別段松田優作がお笑いの極みだといいたいのではなく(当然のことですね)、現実では「有り得ない」「起こりえない」「意外な」ものを平然と起こすのがお笑いだと考えていいでしょう。そういう意味で、いかにこれらの非日常的な事象を予告ナシに起こすか、それがお笑いの肝であると考えます。

2、「ギャグのツボ」は人によって違って当然

 当然のことですが、RPGの評価の根本に関わってくる重要な問題がこの「個々人の評価のポイントの違い」。誰もが同じ物を好めば作る側としては楽でいいのですが、さすがに世の中そういうわけにはいかず、どうしても人によって異なってしまうのは否めません。

 もちろん、ある種「これは笑うんじゃねーのか?」という、「お約束」が笑いには存在していますが、それに頼っていてばかりでは斬新なセンスを疑われますし、だからといって前衛的なお笑いなんかを想像して、それだけ、というのもちょっと問題があるかもしれません。

 というわけで、なるべくアプローチの異なるギャグを幾つも想起し、それを複数組み込んで(もちろん単発で幾つもというのでも、2~3種組み合わせてというのでも問題ない)という方が好感が持てるでしょう。「全部参加できない笑いだ」というのは避けなければなりません。

3、動きのある笑いを心掛けるべし

 『RPGツクール』で作品を作る場合、テキスト中心でバババッ、とやってしまう「駄洒落」のようなものはいとも簡単に読み飛ばされてしまう場合があります。笑いを念頭においている製作者サイドとしては、そういう形で流されてしまうのは少々空しいものがあります。

 それを防ぐためには、どこかでテキストだけの動きに見切りをつけて、キャラクターに動きをつけたり、或いはオブジェクト(小道具、といってしまっていいかもしれません)を用いて、笑いの情報を増やすことで対処していきましょう。単純に頭の上からタライを落としたり、或いはいきなり墨被ったり、黒焦げになったりするだけでも十分に笑いになりますよ。

4、「王道の笑い」を本歌取りするのも佳

 心理学では、「人間の感情において、笑わせるのはもっとも難しい」とされています。売れているお笑いタレントでも毎回笑いを取るのは至難の技です(逆になんのコトはないものがとんでもない大笑いに発展する場合もあるわけですが)。

 そういう意味では、使い古されている笑いを使うことも検討すべきでしょう。無難に笑えるネタをどこかで用意しておき、それで安心して笑ってもらうことも必要です。ただし、そのあとに配置したオリジナルのギャグがしょぼいものだと、それが引き立つどころか殺されるのがオチなので、配置には細心の注意を払うべし。

5、お笑いにも伏線はある

 先が読めないというより、思い切り裏切るのがお約束のお笑いですが、実際は伏線を用いて、落としどころにプレイヤーを誘導してやる必要があるでしょう。そして、プレイヤーに「このあとはこうなるんじゃねーのかな? 今までこういう流れで、そんであそこでああなっているし、あいつはこういうキャラだ」という情報をばら撒き、落としどころの1歩手前でそれらがつながる……が、いきなりそれを全て(でなくてもいいけど)ずっこけさせるという手法が、効果的な笑いを得るコツです。

 したがって、そこから予定されているオチが見えるようなギャグは芳しくありません(王道ならともかくとして)。本当に「何じゃそりゃー」をかましたいなら、そこらへんで隠蔽工作を図ること。某林家木久●みたいに客に答えられるようなのはダメです(笑)

6、下ネタ連発で笑わせるのはちょっと……。

 「お笑いネタでこれほどまでに評価の分かれるものはねーンじゃないか」と思われるのが下ネタです。そっちに走りたい気持ちはわかるのですが、実際のところ下ネタで攻められても嬉しいという感情は起こりません。ひっきりなしに攻められてもこっちが困ります。

 もちろん私は下ネタを否定するつもりはありません。的確な使い方をすれば笑えるのですから。ですが、的を外した使い方や、使い過ぎによって評価を激減せざるを得ない場合も多いのです。だいたいにおいて、排泄にしろ性にしろ、本来は動物の生命に関わる厳粛な行為なのですから、そういう意味からも扱いを慎重にしなければなりません。

7、「差別」「いじめ」をネタにした笑いは好ましくない

 こっちは上よりももっと深刻です。当事者なら絶対笑えないし、第三者であってもこれらの問題について真剣に考えている人がいます。そういった人たちにしてみれば、こういうことを笑いのネタにするのがどれだけ腹立たしいものか知れたものではありません。

 そういう、「人間のアイデンティティの根幹に関わるようなレベル」の物事を笑いのネタにするのは、私に言わせれば不謹慎極まりありません。これらのネタを扱う場合は、ギャグにしない(きわめて真面目な切り口でゲーム内において取り扱う)ことを推奨します。

 

 とりあえずこんな感じでしょうか……。