LEVEL5:かなでーる2でTMNを楽しむ作戦、その後

 「ツクールにTMの曲を入れるプロジェクト」、一旦挫折したが、やはりあのまま諦めるわけにいかず、再びかなでーるに戦いを挑むことにした。今まで挫折してきたのは、フルバージョンでやろうとしてたからだという結論に達した私は、とりあえずループしても違和感のなさそうな曲を選んで打ち込むことにした。元々RPGに使おうとしてたんだから、基本的にループしないことには始まらない(特に戦闘用BGM)

 

 ……確か前回は、『YOU CAN DANCE』を打ち込んだまでの話でしたな。というわけで、今回はその後のエピソードを。

 あのあと、TMNのバンドスコアをもう一冊買い足した。というのも、最初に買ったものは、アルバムで言えば「humansystem」(5枚目のアルバム)までの曲しか入っていないからだ。もう一冊買い足したものは、『CAROL』以降の曲中心なので、これでつりあいがとれることになる。

 で、まず白羽の矢を立てた曲が……、何を血迷ったのだろうか、『Seven Days War』である。これは無謀なんてモンじゃない。何せ、元々映画音楽(『僕らの7日間戦争』のテーマ)なんだから。で、まあ面倒くさいので、とりあえず自動伴奏モードで作成……だめだこりゃ……。やっぱり、妥協せずに自分で打ち込まないとダメだわ。というわけで打ち込む……が……、問題が出てきた。それはズバリヴォーカルのパートである。宇都宮隆の生声で、聞き手の心を鷲掴みにするのが最大の特徴であるこの曲だが、その生声に匹敵するような楽器が無いんだわ……。とりあえずバックのピアノだけ打ち込んではみたものの、この曲は現在作成中断。ひょっとしたら作成再開は……たぶん無い。

 で、今度は『WILD HEAVEN』。この曲も結構好きな私だが、「バンドとしてまとめるのはそう難しくない」という解説文を信じ、早速打ち込み開始。この曲は最初にいきなりヴォーカルが入り、その後ハイハット、ベース、スネアの順でサウンドに厚みが増していくのだが、今回は最初のハイハットだけの部分は削除。理由:リズムが細か過ぎてめんどくさいから(爆) 従ってベースから打ち込んでいくことになるが、これがまたいい感じである。実際ベースだけ鳴らしていて、その上でヴォーカルが、後ろでドラムが鳴る、これだけでも音楽として十分成立し得るように思った。やはりベースの力は偉大である(注:念のため断っておくが、『ハーメルンのバイオリン弾き』とは何も関係無い)。

 で、APの両手引きのパート、ギターのアルペジオ(分散和音、といえば分かりやすいかな?)、そしてヴォーカルパート、シンセ(グロッケン他)のパートを入れていき、最後にドラムを入れたら、スゴイ、簡単、気持ちいい!(注:製作時間およそ3時間) 「これはコンバートすれば1ブロックで済むんじゃないか?」……などと思った私がアホでした。後からハイハット入れたのが失敗だったのかどうか知りませんが、2ブロックになりました(泣)

 んで、今まで割に華やかな曲を作ってきましたが(『CONFESSION』だけは例外)今度は静かな曲をと思い、か~~な~~り、スコアが簡単な『GIRL』を打ち込むことに。(見た目で簡単だ難しいと判断してるんです、私は。ちなみにこの『GIRL』、キーが嬰ト短調なもんだから、生演奏で全部やるとしたらす~~~~~っごく難しいです。) で、打ち込んでみた。ストリングスパートはそれぞれビオラとチェロにがんばってもらうことにして、後は楽譜の指示通りに一通り入力。マジ感動(笑)。 まさかこんなにうまくいくとは思わなかった。元々機械的な演奏の中でヴォーカルの歌唱力を問われる曲なので、ある意味打ち込み向きの曲といえるからだろう。しかもこれがコンバートしても1ブロックで済むんだからスゴイ。48小節だけだということも(その代わりリピート記号は何度も使った)いい方向に作用してくれたらしい。これはマジでいい曲です。自分が打ち込んだバージョンでも心停止起こしかけるくらいの曲ですから、本家本元聴いた日にゃもう卒倒しまくりです。という訳で聴くべし!

 ……ここであることに気がついた。「そういえば、TMの曲で戦闘向きの曲ってないものかねぇ……?」 そう、今まで作ってきた曲は全てテーマ曲にはなるが、戦闘BGMのようにしょっちゅう聴く曲ではないのだ。しかし、最初から打ち込まなければいいということに気がついた私は、ある恐ろしいことを決行した。とある曲を編曲(……と言えるほど大掛かりなもんじゃないが)して、戦闘BGMっぽくしてしまったのだ。その曲とは……TMの曲の中でもかなり有名な『Love Train』である。決して『LOVEマシーン』ではないので注意。もしそんなことほざいたヤツはBADIで昇天していただくので覚悟していただきたい。ちなみにこの発想の元になったのは、実はTMのベストアルバムの一つ、「CLASSIX2」である。通常の『Love Train』は、「妙なSEからイントロに入り、そのあとサビ~間奏~第1テーマ~第2テーマ~サビ……」という進行になるが、「CLASSIX2」では、変なSE抜きのイントロ(これがまた妙に長い)から、いきなり第1テーマに入るのである。それを応用し、私はこう打ち込んだ。

  1. 間奏(最初のサビが終わったあとのアレ)
  2. 第1テーマ (愛を語るルール モラル全てを……)
  3. 第2テーマ (涙の惑星 傷みの流星……)
  4. サビ (Love Train 戻れない……)

 いきなり間奏から打ち込んだのだが、これが大当たり。この間奏の部分はキーがFマイナーなのだが、その直後の第1テーマは、いきなり半音上のGマイナーに転調してくるのだ。そう、「敵が現れた……戦闘コマンド決定」のあと、いざ戦闘開始な頃に半音上のキーに転調してくる訳だから、テンションが上がらない訳がない(多分……)。

 オマケに、実はこの曲を打ち込む際とんでもないミスを犯してしまったのだが、それが逆に効果を発揮してくれたのである。そのミスとは、「テンポを早くし過ぎた」ということ。正確に言えば、新規作成のときにテンポを変え忘れたのだが……。要するに、新規作成を選ぶと、テンポはq=140になっている(これがデフォルトの設定)。ところが、実際のテンポは(楽譜に書いていないので詳細は不明。私の耳の実測では)q=125である。つまり、実際よりもかなり速くなっている。逆にコレが高揚感を煽ってるんだわ~。


 というわけで、もし私に何かTMNの曲を作って欲しいと言うご要望がありましたら、メールでも掲示板でもなんでもいいんで、一言下さい。スコアがあれば対処します。私は耳コピ出来るほど絶対音感に恵まれている訳ではありませんので……。