LEVEL4 ちょっといいかなでーる打ち込みのお話

 今回は、かなでーるを打ち込む際にちょっとだけ役に立つコラムの紹介と行きましょう。

 

その1:ドラム譜の読み方

 バンドやったことのある人ならともかく、そういったものに馴染みのない人だと、バンド譜の読み方で大苦戦することになると思います。事実私も分かりませんでした(涙) そこで、まずはドラム譜の解読について。

 ところが困ったことに、ドラム譜って厳密な意味での「統一基準」がないんですよね。出版社によって書き方がまちまちだったりすることも少なくないし(シンバル書く位置がめちゃくちゃだったり)……。とりあえず、もっとも一般的であると私が勝手に思っている書き方を紹介しておきます。

ドラム譜はこう読むべし!

 金物(要するにシンバル各種)は×印を使っていますので注意。また、タムに紛れてスネアがころころ出て来たりするので、その辺にも注意が必要です。MIDI展開して打ち込みならともかく、楽譜を買ってきてというパターンなら、位置の違いに気をつけるようにしましょう。

 ところで、コンバートデータを作る際、本来のかなでーるの音程から1オクターブ下に打ち込まなければ音が鳴らないため、試聴するときにいちいちコンバートしなければなりませんでしたが、これをちょっとアレンジしてみると面白いことが起きます。まず、コンバート用に音符を配置し、その1オクターブ上にかなでーるで鳴るように音符を配置していきます。……すると……コンバートした際にドラムがパワーアップするということが発覚しました! しかも、コンバートする前に音が聴けるのでいちいちツクール3を起動させなくて住む、というすばらしいことが起こるわけで、まさに一石二鳥。


その2:ベースの>について

 時々、ベースの音符の上にアクセントがついている場合がありますが、これ、実はベース特有の奏法で演奏することになります。それが『チョッパー』(ところによっては『スラップ』と呼ぶ……?)というもので……誰ですか、今『One Piece』の鹿のちっちゃいのっておっしゃった方は? 違います! そうではなくって、普通、親指で叩くようにして弾くベースを、人差し指や中指で手前に引き上げて「バチン」と離す奏法で、バィンというアタックの強烈な音が出ます。

 で、これをかなでーるで再現するには……、ちょっと贅沢な方法ですが、ベースのトラックを2丁使いするといいでしょう。一つはノーマルなベース(フィンガーとかフレットレスとか、シンセかを問わず)のパートで、もうひとつにスラップベース(1でも2でもいいです)を使いまして、普通にベースのパートをノーマルパートに打ち込みながら、アクセントの部分をスラップパートに打ち込みます。ミキシングで、スラップの側の音量を強めにしておくとより感じが出ます。


その3:タブラチュア(タブ譜)のこと

 バンドスコアでは、ギターとベースのパートが2段に分かれています。

タブ譜の例

 上段は普通の音符が書いてあって、いわゆる五線なのですが、問題は下段。なぜか線が6本もあり、しかも音符ではなく数字が書かれていますね。これがタブラチュア(タブ譜)と呼ばれるものです。要するに、「この弦はこのフレットを押さえて弾け」という指示を、このタブ譜がになっているわけです。ちなみに0は「開放弦」といって、フレットを押さえずに弾きます。

 たいていの場合は一緒に音符も書いてあるので、打ち込む際には別段気に留める存在でもないんですが……、たまにこんな酷い書き方されて閉口してしまうこともあります。

音符省略かよ!(さまぁ~ず三村風に読む)

 ……こうなると、自力でタブ譜を解析して、音符を打ち込んでいかなければなりません。では、このタブ譜の読み方なのですが……まずは、ギターの音程の基本になる「開放弦」の話からいきましょう。

ギターの開放弦の音程(注:ギターの実音は記譜音の1オクターブ下)

 もっとも一般的なチューニングではこのような形になります。で、フレット数が1増えることに、鳴る音は半音ずつ上がっていくというルールになっています。例えば、5弦の開放は「ラ」ですが、1フレットを押さえるとシ、2フレットならシ、3フレットならド、4フレットならドといった具合です。

 参考までに、ベースのタブ譜についても確認しましょう。まあ、ベースは単音弾きが多いので、多くの場合ちゃんと音符が書いてありますから、打ち込む際はそっちを見れば大丈夫なんですけど。

ベースのタブ譜(注:たまに5弦ベースといって、4弦のEの下のBを開放にしたものを追加するベースもある。「8va bassa」とは、その部分を1オクターブ下で弾きなさい、という意味)

 あと……これだけは覚えておきましょう。

 打ち込むときは、ギター・ベースのパートは、記譜音の1オクターブ下になる!

 また、男声ヴォーカルの場合も、1オクターブ下にして打ち込んだ方が安定性が増す場合があります(曲調によってはヴォーカルのみ記譜音で打ち込んでも問題ありませんが)。

 なお、ギターのコードの押さえ方に関しては、a-ki's factoryの「オンライン・ギターコードブック」や、各種音楽教本などを参考に、皆さんの力で解析していきましょう。慣れてくるとだんだん「あ、このコードはこー重ねるコードなんだな」ということが分かるようになり、オリジナル曲を作るときに伴奏を作る力をつけることにつながりますからね。

LEVEL4オマケ かなでーる2の特記事項(報告:×30時間さん)

 ×30時間さんより、かなでーるに関するアドバイスを頂戴しました。実際に弄る方は参考にしてみましょう。(ただし、まだ書きかけとのことですのでご注意あれ。)

基礎編

 かなでーると付き合う上で必要な基礎知識。これだけ知っていればとりあえず困りません。たぶん。

コンバート後のドラムの音がおかしい!

 かなでーるの有名なバグのひとつ、ドラムバグ。これはドラムのパートだけ音階がひとつ上がってコンバートされてしまうという強烈なもの。とりあえず1曲完成したらコンバートする前にドラムの音符を全部1オクターブ下げましょう。全部です。下げ終わるとドラムはほとんど聞こえなくなる為、大変寂しい状況になりますが大丈夫です。ドラムバグはしっかりとした対処法があるためさほど怖くはありません。本番はこれから。

音量が食い違ってる!

「ちゃんとミキサーで音量を調節したのにやたら音が大きい!」
コンバート後に直面する最初の問題。かなでーるの中では丁度良く聞こえてもコンバートしてみると音量が非常に大きくなってたりします。ほとんどの場合100では大き過ぎます。全体の音量はコンバートに反映されないので楽器ごとに音量を下げる事になります。メインのパートの行きつく先はだいたい50~80周辺(広)

パート別に音量が食い違ってる!

 面倒な事にこの音量の食い違いは「全楽器共通」などといった単純なものではなく、「よく聞こえる楽器 よく聞こえない楽器」にわかれてしまいます。このため全体に綺麗な音量バランスにするのは非常に難儀です。制作中のミキサーの苦労なんて水の泡。かなでーるの感覚がなかなか通用しません。例えばドラムやベースなんかは(単音の場合)120を越えても大丈夫だし弱い楽器なら80前後、もともと目立ってる楽器、ダブらせてある楽器は50より小さくても問題ありません。メインやベース、ドラム以外のパートは「聞こえりゃいいや」程度で十分ではないかと思います。
 ただ、ストリングスなんかは非常に音が強いので気をつけて調節しないと浮きます。

音が途切れる!

 ぱっと思いつくのは楽器の使い過ぎ。和音を多用すればきっとどれかのパートが発音されません。発音されても「効果音消え」などといった形でツクールの方にツケが行きます。和音を増やしても聞こえ方は大して変わらないので思いきって音符のリストラを。

 もう一つ考えられるのが同じ楽器で同じ音が一斉に演奏された場合。同じ楽器の同じ音がかち合うと重なって演奏されると言うより「一つの音が2倍に」聞こえます(ちょっとおおげさだけど……)。片方のパートが別の音に変わった瞬間元の音量に戻るので途切れたように感じるという事。同じ楽器を使う場合はかち合わないように音階を変えるなどの対処を。

 ただし、この仕様を逆手に取って「ドラムの音量を簡単に上げる」という事も可能。俺はドラムは必ず2パート以上用意しています。バグよりも仕様と受け取った方がお得。
※ドラムをダブらせる場合は片方のシンバルを消しておきましょう。太鼓に比べて音が強すぎます。

中編

 俺が気をつけている事を徒然と述べてみます。

どのパートも聞こえる事

 音量バランスがなってないとせっかく打ち込んだパートが聞こえません。「ひとつのパートに注目してもちゃんと聞き取れる事」これが重要。目立ちすぎるパートがあると聞こえない(もしくは聞こえづらい)パートが出来たりします。全パート聞こえるようになれば自然と全体的なバランスがついてくるはず。
 ※ただし、メインのパートだけは多少目立ったほうが聞こえが良いです。

 具体的な方法はひたすら音量調節を繰り返すしかありません。たぶん。かなでーるで調整してもコンバートすれば意図したバランスにはならないので、
かなでーる→コンバート→ツクール→確認→かなでーる→調節→コンバート
この過程を繰り返しましょう。
 慣れてくると予めコンバート後の音量を予測して調節する事も出来ますが俺は一発で納得行くバランスになった事はないです。バランスが良くなったら今度は全体的な音量にも注意してみましょう。

楽器を単体で使わない

 ブラスはブラス、トランペットはトランペット、バイオリンはバイオリン。こんな風に楽器を単体で使用する方もいらっしゃるでしょう。しかし、俺は一つのパートに一つの楽器ではちょっと満足できません。と言うより、かなでーるの楽器が良い音とは思えません。ブラスがブラスに聞こえた事はないし、バイオリンだって同様。というわけで楽器はほとんどの場合単体では使わず、2つ以上の楽器を合成して使ってます。(ドラムはまた別の話……)
 ふたつの楽器でも、片方の音量を大きくすればまた違った音に聞こえるので、2種類でイマイチ物足りないと感じたら楽器を増やす前にまず音量を弄ってみましょう。

 ちなみによく使われる人気の楽器「ストリングス」ですが個人的に物凄く自己主張の強い印象があるので絶対にソロでは使いません。 Syn.Strings2などを合わせて大人しくさせます。どちらかと言うとStringsよりTremolo Str.の方が音がマイルドなのでメインに使うのはこっち。合成するとそのパートの音量(場合によっては曲その物の音量)がどんどん上がって行くので曲に合わせて微調整するなり対処を。
※ただ、調子に乗って音をどんどん組み合わせて行くとかえってもとの音のほうが良い場合もあります。
  最後にその音で大丈夫かもう1度確認してみましょう。
  また、合成音を使うとコンバート後の手間の数が跳ねあがります。覚悟。

パンポット?なにそれ?

 音量を左右に調節する丸いあれ。パンポットって言うんですね(知らずに使ってた奴)。 気張って調整する必要は無いと思います。俺のTVはモノラル環境ですから調節しても確認のしようがありません(それでも問題無く仕上がります。つか、仕上がってるつもり……)。「これはこの辺 これはたぶんこのぐらい」 こんなんで十分です。たぶん。
 左右どちらかに偏らなければ手を抜いても気付かれる事はないでしょう(オイ)
 ただ、使いようによってはカッコ良くなる事も事実。左のパート、右のパートにわけて強弱設定を互いにうまく弄ると音の流れが表現……できるのか?

同じような音階に偏らない

 高い音ばっかりだとちょっと気になります。寂しくなります。メインに高い音が集中してしまう場合は低い音をセットで目立たせましょう。めんどくさいけど1オクターブ下の音階のパートを用意すると新しい音が誕生する事も。ベースやドラムでなくても例えばストリングス系は高い時の問題児ぶりから一変、重厚で非常に味のある音になります。脇役にはうってつけ。個人的にはストリングスをこういうサポート的な役割で使うほうが好きです。

奥義

 某が秘密にしてきたちょいテクを公開

ストリングスの途切れ方がイヤ!

 ストリングスに限らず全音符などを使った場合は音符が途切れると音がピタっと途切れてしまいます。ちょっと余韻が足りませんね。 というわけで擬似的にフェードアウトを作ってみましょう。
やり方は簡単。
○       ●●●●●●
こんな感じで2分音符と16分音符(同じ音)を配置します。後は16分音符の強弱設定を少しずつ弱めて行くだけ。
始めの音符は半分の線あたりより下で十分です。HALLの残響と組み合わせないとちょっと効果がわかりづらいけど……

※注意
 連打による音のフェードアウトは楽器によっては機能しません。
例えばストリングスやコーラスでは使えても、ピアノやギター、ハープなど途中で途切れてしまう類の楽器では使えません。また、ブラスやサックスなど強い音の楽器でも連打しているように聞こえるだけです。しかし、どういう訳かドラムキットのシンバルなんかはちゃんと使えたりします。(コツがいるけど)
どこか響きのある楽器限定ですね。

ティンパニの音がショボい!

 しょぼくも無いけどちょっと頼りない感じのティンパニ。ドミソの和音にするだけで(2番目に低いぐらいのドミソから)自信たっぷりのドン!という音に。

誰か名前教えてくれた! 前打音!(半音遅れ)

 16分音符の「シ」を置きます。続けて重ねるようにして4分音符の「ド」を置きます。
すると……
なんと半音遅れになりました。タイがついた16分音符にみえますがちゃんと4分音符の長さ。
「シドーーー」と置いても良いのですが後々タイを使ったり結構面倒です。
※個人的には32分音符の方がさりげなくて良い感じです。

 また、開いたスペースに音符を置く事も出来たりします。「シ」を削除しても開いたスペースは変わらないので案外応用が利くかも。この特殊な音符は「短い音、長い音」の順で重ねて置くと発生します。
 ちなみにこの特殊音符は表示されている音符で編集しないと削除できません。16分音符を最初に置いたら16分音符でしか削除できません。
重ねて置くのはどれでも可。

楽器別解説…… というより感想に近いかも……

1 PIANO1(2,3)

 ピアノに聞こえます。聞こえましょう。低い音は問題ありませんが、音が高くなればなるほど音源の厳しさが目立ってきます。低いパートで和音にするのに向いてるかも。

26 Steel-str.Gt

 電気とかじゃないギター。ツク4の荒野の用心棒を作る時に活躍した楽器。思いっきり和音にして使いたい所ですが限界があります。音消えが発生しない程度に。音が響くタイプでもないですが最後に16分音符や32分音符を持ってくるとちょっと途切れが目立ちます。

30 OverdriveGT

 よく使う音源。ロック系の曲でお世話になります。意外とサックスと合うので合成で使用。高い音に使うのはちょいきつい。

32 GT.Harmonics

 1番ギターっぽい音。1オクターブ下げて使う感覚で行きましょう。 それぐらい高い音がまずい。合成すると力を発揮。

33~ Bass

 基本的にベースはヘ音記号上で使います。と言うのも、ベースはある高さになると音が変わらなくなってしまいます。具体的にはヘ音記号のトラックの1番高い「ド」。なぜかAcoustic Bs.だけ「レ」。この高さを超えると全て「ド(レ)」が発音されます。全体的に音量が心許無いのでバランスに注意。低い音は聞こえない事が多いです。ベースパートはベースの楽器でなくても勤まるのでこれらの楽器は「ベース候補のひとつ」としても大丈夫かも。ちなみに俺がよく使うのは38 Slap Bass

41 Violin、42 Viola、43 Cello

 バイオリン。かなぁ……? 忙しいパートには向いてません。ストリングスなどと合成して脇役に使うのは良。ViolaやCelloの方が使い勝手は良いかも。
 ただ、切なげな曲調にはソロでもイケルほど合います。「永遠にレイチェル」とか。

49 Strings

 出ました問題児。非情に汎用性が高い反面、自己主張が強いです。浮きます。音が響くタイプなので忙しいパートにはちょっと不向き(意図的に使う事も可?)。 低音だと重厚で弦楽器らしい音になるので、低いパートの方が持ち味が出やすいです。

45 TremoloStr.

 ストリングスに似ていますがこちらの方が使い勝手は良いです。ストリングスをそのまま使うぐらいならこっちを使いましょう。

52 Syn.Strings

 かなりよく使う楽器。ストリングスと合成させるとマイルドな音になります。その他の楽器との相性も良。例に漏れず低い音の方が良い音です。

56 OrchestraHit

 かなでーるでも屈指の再現度を誇る楽器。使う曲だったらラッキーです。高い音ではあんまり使わないかも。

67 TenorSax

 メリハリの利いた音なので忙しいパートでも大丈夫。実はエレキギターの「ギュイーン」という感じを出すのに使えたりします。

69 Oboe

 いい感じの再現。ソロで使えます。ただ、1曲通して使うことは少ないかも……

71 Bassoon

 最近使い始めた。ファゴットとも言うそうで。スタートボタンで音を出してみると「なんじゃこの低い音は! いらん!」って感じですが実際にはそんな事もありません。木製の管楽器らしいのですが俺にはギターにしか聞こえません。32 GT.Harmonicsの代用や補強に。GT.Harmonicsよりも1オクターブ低く聞こえるのも強み。他のパートをコピーしてきた時にそのまま使えます。

81 SquareWave

 ピコピコ音。音量を下げても目立ちます。注意。その目立つ所を利用したいところ。

82 SawWave

 思いっきり電子音。やっぱり目立ちます。目立つ所を利用してベースパートの補強等に。

85 Charang

 これも期待の新人。ウクレレみたいな小さな弦楽器だそうで。エレキギターの「ジャーン」という感じを出すのに使えます。低い音、合成メインで。個人的に30 OverdriveGT、67 TenorSax、85 Charangの合成音がお気に入り。

91 Polysynth.

 電子音チック。合成するだけでそのパートが目立ちます。忙しいパートもOK。

103 Fiddle

 笛だったような気がするが……弦楽器に聞こえない事も無い。クセが無いので使い勝手は○。

104,105 Drum Kit

 俺が苦手なパート。ほとんどの曲で使う楽器だけにコンバートバグが痛いです。凝れば凝るほど手間がかかります。それだけにきちっとやってあると好印象。せっかく打ちこんだ強弱設定も音符を打ちなおして行くと無かった事になるので注意。「ここの強さどうだったっけ!?」とならないよう事前にコピーを用意しておくなどの対処を。