LEVEL3:本っ当に私ってTM好きなんだね……。

 今回はかなでーる2の話。何気に内容が6番線と被っているのはここだけの秘密です。廉価版が発売されたので、ゲームの味付けに、自分でBGMを作ってみようと思い、「音楽ツクールかなでーる2」を購入。それと同時に、TMのバンドスコアも購入してみる。お目当ては当然、「DRAGON thE FESTIVAL」。タイトルをもじったんだから、使わにゃソンソンとばかりに、さっそく作成開始……のエピソードをご紹介。

 で、さっそく「DRAGON thE FESTIVAL」のページをおっ広げて作成開始……5秒で挫折(早っ!)。何でって……譜面が複雑すぎてダメなんだってば! だって、D.Sの7まで出て来るんだもん……。一度触れた事のある人なら分かると思うんですけど、「かなで―る2」では、D.Sの2までしか使えないし、しかも曲中に同じ数字の括弧を2回以上使えないと、結構きびしい。あとは、[with REPEAT]の指示も出せないと、か~な~り不満が残って、やる気を無くしました。

 「じゃ、他の曲打ち込んでみるか……」とばかりにスコアのページをめくると……分かりやすい譜面の曲がありましたよ。「Confession」(DRESS版)。何つったって、リピート記号一切なし。前から後ろに演奏していけばそれでよしというあらまほしき楽譜(笑)。で、やってみる。面倒なのが、各パートの楽器のチョイス。一応「ポリフォニック3台用意しておけばよい」ってスコアの解説に書いてあったのだが……。いざそうして試聴してみると……。で、適当にいじって何とかしてみるが、やっぱりねえ……。とりあえず、一番近い音色で妥協してみたが……最強最悪の問題があった……。「ドラム譜って、どこがどれなの?!?」そう、私はドラム譜を読めないのだ……。仕方ないから、本屋に行ってきて、一番安いドラムの教本(\630なり)を調達してきて、それをチェックしながら打ち込む羽目に……。*1

 で、一通り完成したが……なんかギターの音がメチャクチャ高いんだけど……。ここでまた思い出した。実はギターの音は、記譜よりも1オクターブ低いのだ。(実話。何かで聞いたことがある。)あと困ったものは9連符。これは32分音符などで適当にごまかして対処。しかし……ゲームには使えないわこれ。何つっても2ブロックだし……。

 諦めて、他の曲に挑戦。今度はいっちばん最初のページにある「1974」。これだとドラムがそんなに複雑じゃないし、楽かな~なんて思ってたし、更に音色が特徴的だから、打ち込みやすいと思って作成開始。これは我ながらすごくいい出来になった。アコースティックギターの音色が綺麗なんだよね、この曲って。譜面が、容量の関係で上下に分かれたのが痛いけど……。それと、ちょっと「テクノ」というよりは「メルヘンチック」になってしまったのが難点といえば難点だが……。しかし、これも2ブロックになってしまい、敢え無く撃沈。でもいい曲なんだけどなあ……。

 3曲目は……もう頭にきたので、「DRAGON thE FESTIVAL」にトライ。ただし、かなり妥協した感じになっている。まず、イントロがドラムのフィルインから始まり、更に間奏と3番省略。2番が終わったらいきなりコーダになるのだ。で、これを作り上げていくと……なんか容量が1ブロックだけで済んだのですな。「ラッキ~! こりゃいけるか~?」……なんて思った私が甘かった……。コンバートしたら2ブロックに化けやがった

 お次はそれほど長くなくて、結構アップテンポな曲という事で、「YOU CAN DANCE」に白羽の矢を立てる。これなのだが、それほど難しいところがなかったし、ちょっとブラス系の音色が難しかった程度で、順調に進む。とりあえず、コーダ部分省略で一段落。これだけでも十分なので、試しにコンバートしてみたら、あらまあ何となんと1ブロックだよ、ホントにうまくいったわい。でも、いざゲーム中で聞いてみると、ドラムが目立ってない……。そう、かなでーるの説明書にも書いてあるのだが、「ツクール3」では、ドラム・パーカッションの音色が一部変化してしまうのだ。ドラムに限って言えば、

……だって……。ぶち壊しじゃないか……。(※ このときの私は、それがかなでーる全般のバグだということに気づいていなかったりする。したがって、解決策などないと思って挫折しかけた。)

 というわけで、最近は「ツクールにTMの曲を入れるプロジェクト」をやっていなかったりする……。

*1このとき、私はNKの龍zさんに会ってはいたが、彼がドラマーだと知らなかったため、結局助言を得ずにいたりする。もし知っていたら、わざわざ教本買うことなく、教えをこうたのにな……。