LEVEL1:過去に作ったRPGの数々

 まず、私がRPGツクールと知り合ったのは中学3年のときで、友人がこのソフトを購入してサンプルゲームをいじった物を見た瞬間、「おおっ!」と思い、それ以来虜になってしまったとこういうわけです。参考までに、過去(2000年12月現在)どんなシナリオを考えたかというと…、


1(タイトルというか、テーマがヤバ目なのでちょっと書けません…) ツクール1

  なぜか主人公が「ルガール」という名前で…。あのおみ足でザックラショッと叩っ斬られて一発でKOされたのがよほどインパクトが強かったせいでしょう。詳細を知りたい方は、その内容をメールでお送りします。マジでヤバげですから…。

2 その続編。真のラスボスを倒しに行く追加シナリオ。(友人が作成。) ツクール1

 途中の敵になぜかオヤジ三人衆(タクマ・サカザキ、草薙柴舟、三島平八)が出て来て困ったが…。ずいぶん昔の話なのでほとんど覚えてない…。

3 『僕が主役だ 後鬼げんよう』 ツクール1

 友人と『鬼神童子ZENKI』のキャラ(タイトルが示す通り、後鬼が主役。)を使ってRPGを作ろうということになったが、製作会議がほとんどできず、しかも途中でデータが飛ぶしで、結局完成する前に没になった。今にして思えば、ROMカセットはデータの管理に細心の注意を払わなくてはいけない分大変である。そう考えると、PSのメモリーカードというシステムは他の人のセーブデータを消さなくて済むので、大変便利なものだ。あれだけ流行るのも肯ける。

4 なぜか任天堂キャラが出てくる「正統派」に近いシナリオ ツクール2

 ドンキーコングたちや『ゼルダ』のゼルダ姫が登場する、任天堂に叱られそうな一品。回復アイテムが「バナナ」だったり「スーパーキノコ」だったり、何かと任天堂が絡んでいた幻のシナリオ(途中何度もデータが飛んで、最後まで完成することなく挫折した為)。正統派というには少しギャグが入り過ぎていたような…。ちなみに、このシナリオではとある場所にある城の名前が『ひがし城』だったが、後日友人から「それは戴けない」とのご指摘を受け、再び使用されることは無かった。

5 『ロトの紋章』のキャラをもろにパクッた、反則的RPG  ツクール2

 いきなりどこかに主人公が吹き飛ばされるというむちゃくちゃなイベントから始まるもので、その飛ばされた先がウド鈴木と室井滋の家(このネタを考えた当時、『ウリナリ』の社交ダンス部でウドのパートナーは室井滋だった。)だったり、途中で山形駅やら新潟駅やらいろんな地名がごった返していたシナリオ。このころから、私のシナリオからギャグが途絶えることは無くなった。このシナリオから、TM NETWORK(特に小室哲哉と木根尚登)がゲームに乱入するようになったのも特筆すべき点。このシナリオの場合、木根尚登が主人公の仲間役、小室哲哉は最後に魔王を封印する魔法を使う魔術師という設定。あと、宇都宮隆は武器(!?)として登場(いいのかな…?)。

6 『ドラえもんX ~このままでは終わらんぞ~』   ツクール2

 『ドラえもん』以外は意味不明なタイトルだが、その名の通り、ドラえもんのキャラが冒険するという物語。ある夜ドラえもんが深夜徘徊(ネズミを見て暴走?)し、さらに静香、スネ夫、ジャイアンがさらわれてしまう。のび太がそれを追いかけると、さまざまな事件が待っていたという話。この話にも木根尚登は主人公の仲間(と同時にキーパーソン)になっているが、小室哲哉はなんと自分の城を構えて堂々と犯罪活動(実は傀儡の司令官だが…。)を行っている始末である。(宇都宮隆はこのシナリオに登場しない。)また、前回に続き『ウリナリ』ネタが使用される。今回は『ポケットビスケッツ』の3人が中ボスとして道中の邪魔をする。(しかも、あの『グリーンマン』まで登場する。)また、今まで何回か登場してきた闘技場が”The King of Fighters”として重要イベントに昇格。また、ルガールファミリー(ルガール、マチュアとバイスの秘書コンビ)も登場。かなり笑えるイベントなので見せて差し上げたい…のだが、このシナリオは完成後、不慮の事故で消滅してしまい、現在はどうやってもプレイできない。とはいえ、企画書(最初の1、2を除き、私は必ず企画書を書いてから作成をすることにしている。ただし、現存しているのは5と6のみ。)は残っている。

7 『BRAVE StoRY 2』 ツクール3

 このシナリオは作成開始直後に破綻した幻の一品。というのも、今までの作品がギャグ交じりの現代的な話だったのに、いきなり中世が舞台で、どこぞの国の王子が悪の元凶を倒しに行くなどというシナリオ(ファイアーエムブレムの類。)を考えてしまったため。私はどうもこの手のシナリオは苦手で、すぐ挫折。このときにアニメティカで作ったのが七枷社と木根尚登のグラフィック。社は完成まで3時間ぐらいかかったが、木根尚登は5分で完成。(髪の毛の色を変えて、サングラスをかけさせればいいだけだから。)とにかく、このシナリオは疲れるだけになりそうなので止めた。RPGツクール3の機能をフルに活かせるシナリオではあったが…。ちなみにタイトルはTRFの曲のタイトルを借りた。

8 『ZOMBIE the FESTIVAL』 ツクール3

 このシナリオ、なんと主人公は私こと「有賀 優也」という無茶にもほどがある作品。しかも友人の名前だの、「クリフト」、「アリーナ」の二人をドラクエから、魔法の名前も『スターオーシャン2』から失敬しまくるわ、挙句の果てに地名は『The King of Fighters'96、'97及び'98』から失敬したりする始末という、もう何でもアリ、著作権侵害の数々を犯した一品。当然、どのメディアにも発表してない(って言うか、発表した日にゃあっちこっちから提訴されるかも…)。 とはいえ、個人的には結構なお点前(?)に出来上がったかもな作品ですので、オープンリソースとして公開しますんで、そちらからDLしてくださいな。(但し、これ、結構人を選ぶネタばっかり使っているんで、その辺はご了承ください)
 詳しくはコンテンツトップの「『ZOMBIE the FESTIVAL』に関するいくつかのネタバラシ」をご覧ください。

9 『EL DORADO of the CHILDREN』 ツクール2000

 トップページより行ける専用ページにて、軽い紹介をしております。そちらをご覧ください。