ちょっとした小技イベント集

ツクール4 長距離コース移動

難易度★☆☆☆☆☆☆☆

イベント命令なしで、主人公が移動できる時にもイベントが長距離をコース移動できるテク。
ツクール4しかできないけど、しくみはかなり簡単!
応用すればイベントと傷害物競争なんかもできるかも?!

作り方

まず、簡単に一直線往復だけのコース移動。
1ページだけで作るなら、4マス分しか往復できないけど、
ここでは無限に往復を命令することができます。

そのためには、このようなイベントを作ってください。

      イベント3       イベント1             イベント2
      ○           □                 ■

間は自由に、お好みに空けてください。
□はグラフィック有り、■と○はグラフィックなしにしてください。

□の内容

ページ1:イベントの移動:コース移動・→
ページ2:開始条件スイッチ1がオン イベントの移動:コース移動←

これを作ることで、□は自動的に■に向かって移動します。

■の内容
 開始条件:イベント1(□)に触れたら
 イベント内容:スイッチ1をオン

ここで、スイッチ1がオンにされたことにより、□は←へと移動します。
(○に向かって移動します)

○の内容
 開始条件:イベント1(□)に触れたら
 イベント内容:スイッチ1をオフ

これで、□は再び→へ(■に向かって)移動します。
■にぶつかった。←に移動した。○にぶつかった。→に移動した。
これで、長距離を往復するイベントが完成しました。
イベント移動は一直線だけではなく、繊細に命令することも可能です。
そのためには、イベント(■や○の役割をするイベント)を増やし、
上へ下へ命令させれば、どんなコースだって可能です。
例えばこんなコースだってちゃんと道なりに移動してくれる!
(■は壁。その間は道と考えてください。)

     ■■■■■■■■■■■■
     ■          ■
     ■■■■■■■■■■ ■■■■
     ■             ■
     ■ ■■■■■■■■■■■■■
     ■             ■
     ■■■■■■■■■■■■■■■

確率などを使ったりして、傷害物競争などへと応用することもできます。
家から家へと移動している村人の普段の様子なんかも演じれます。

D・A・N・R・O

難易度★★★★☆☆☆☆

そのまま読んで「暖炉」です。
だいぶ昔に作ったゲームのミニゲーム。
ルールは簡単☆
6~10(適当)ぐらいの数の暖炉に順番通りに火をつけて行くゲーム。
順番を間違ったら全て火が消えてしまい、始めからになってしまう。
別に暖炉じゃなくても、なんでもOKです!

作り方

図1              図2
■ □ □ □        ■ □ □ □
□ □ □ □        ● □ □ □

図1を見て下さい。
例えば、左上にある暖炉■を、一番始めに火がつく暖炉だとします。
この■の内容は……
ページ1:
 開始条件・調べられたら
 イベント内容……スイッチ1をオン
ページ2:グラフィック・炎、ページ条件・スイッチ1がオン
 イベント内容……なし

とします。これにより、■を調べたら暖炉の中が燃えます。

そして、図2を見て下さい。順番が「2番目」とされているイベントを、●とします。この●の内容は……

ページ1:開始条件・とくに指定なし
 イベント内容……なし
ページ2:ページ条件・スイッチ1がオン 開始条件・調べられたら
 イベント内容……スイッチ2をオン
ページ3:ページ条件・スイッチ2がオン グラフィック・炎 開始条件・とくに指定なし
 イベント内容……なし

とします。この時点で、プレイヤーは■→●という順番でなくては暖炉に火をつけられなくなります。

図3
■ ▲ □ □
● □ □ □

図3を見て下さい。
順番が「3番目」とされているイベントを。▲とします。この▲の内容は……
ページ1:
 開始条件・調べられたら
 イベント内容……スイッチ1をオフ
ページ2:
 ページ条件・スイッチ2がオン 開始条件・調べられたら
 イベント内容……スイッチ3をオン
ページ3:ページ条件 スイッチ3がオン グラフィク・炎
 開始条件・とくに指定なし
 イベント内容……なし

とします。
この時点で、プレイヤーは■→●→▲の順番でしか火をつけれなく、
■の次に▲を調べてしまったら、■が消えてしまうことになります。

これを繰り返していけば、1~8まであるイベントの中で、
1→2→3→4→5→6→7→8の順番でなくては火がつかないことになり、
例えば1~6までは順調だったのに
7番目で間違った!ってことになると
一気に1~6までの火が消えてしまうわけです。
(わかりにくいかな……)

タイムコントロール

難易度★★☆☆☆☆☆☆

祥化さんのテクニックの応用。
これは、「カウンターのない時間制限」ができたり、
昼と夜をリアルタイムに変えることができたり、
総プレイ時間による評価ができたりなど……
かなりの応用価値のあるテクニックです。
ここでは、「もう少ししたら来てくれ」などのイベントをリアルタイムにしたい時、
でも、右上にカウンター表示があったらちょっとダサいな~と思う時!
カウンター表示なしで時間制限ができるイベントテクを紹介!
祥化さんのイベントテクを見て、思いついたテクニック。
難易度はかなり低く、お手ごろに作れ、
それなのに利用価値はかなりあると思われます!

作り方

図1

   ■
   □

図1を見て下さい。
□・■ともに見えないように設定し、□が■にくっついているような形でここでは設置します。
□のイベント内容は……

ページ1:
 開始条件・■に触れたら
 コース移動「上・下」スピードはお好みで☆
 イベント内容……変数1に数値1を加算

ページ2:
 ページ条件・(お好みで良いのですが、ここでは仮に)変数1が数値20の時
 開始条件・すぐ実行
 イベント内容……タイムアップ後のイベント内容

ここまでを説明すると、
□は、主人公が動けるときでも、絶えず上下にコース移動し、
毎回■に触れることで、変数1に数値1が加算されていきます。
よって、□は上下移動しているのと同時に、変数1の数値を絶えず加算し続け
そして、ある一定の変数の数値(ここでは20になってます)を越えると、
ページ2が自動的に開始されるということです。

あとはこれを(変数の数値の数や□の移動のスピード、□と■の間隔と移動歩数などで)
調整することで、お好みの時間を作ってください。
制限でなくても、構いません。
(下で説明しているクリアする時間の早さ別の評価などに応用可能)

違うマップにいっても継続して計りたい場合は、
□と■のイベントと全く同じものを各マップに置けば可能になります。

このテクは、応用すればかなり利用価値があると思います。
例:昼・夜をリアルタイムに変える。(ゼルダのようなイベント可能!)
  総プレイ時間別の評価設定可能!
  (あなたがクリアした時間は遅い・あなたのクリアレベルはDです など……)

ちなみに、変数1の数値の限界に達したら、
変数2……3と移動して行けば、だいぶ制限は増えるはずです。
そのほかにも限界に達したらスイッチをONにしたり、変数の数値を増やすのではなく減らしたりなど、
例:変数1の数値の限界→スイッチ1をON→変数1の数値を0にして、また再開→限界→スイッチ2をON→0にする……
工夫、応用によってはかなりの容量にだってなると思います。