☆モンスター特集☆

6月15日~7月6日の長期間受け付けたお題です。(というか、管理人のサボりが原因でしたが……) ザコキャラをはじめ、ラスボスや反則モンスターを自由に書きこんでくれました。シナリオ重視でモンスターなどはよく考えてないと言う方、みんながどんなモンスターを考えているか知りたい方、どんどんご利用し、ご参考になってください!
 書きこんでくれた皆さん、本当にありがとうございました!

エースさん投稿

フェンサー

様々な儀式をへて召還される最悪のモンスター。ラスボスよりHPが高い

ファルカトス

リュペリギ(男性)嘗て起こった戦役の数年前、フェネイドに力と禁呪を与え、世界の「浄化」を助長させた張本人。その正体は悪魔の始祖である「主神」直下の四名の最高幹部の一人「不滅のファルカトス」である。その名の通り、非常に再生速度が早く、倒されても愛用の魔剣「ガルム」に霊体を潜ませ己の消滅を回避する等、倒しにくい敵である。狂気を感じさせる口調で、極めて冷酷にして残忍だが、自身もそれを自覚しており、既に己の狂気に身を委ねているといった感じが強い。知識は豊富で、軍師としても優秀。尤も、自ら戦闘に立つ事が多いので軍師として動く事は滅多に無い。戦闘では剣技と闇、地、火の禁呪を中心とし、持ち前の瞬発力、スピードを使い相手を翻弄する。

メタルボール

古代に作られた戦闘用メカ。現代では遺跡などにガーディアンとして置かれていたモノがごく少数しか居なかったのだが、現代において何者かが製造を開始したらしく、近年増加の傾向にある。外見は4つの蜘蛛のような足が付いた鉄のボールで、内部からは目標を補足するレンズが覗いている。戦闘ではその球状の体を活かし転がる、鋭い足を使って相手を切り裂く、目標補足の後の魔導砲(魔力を凝縮させたビーム)等の攻撃を繰り出してくる。尚、遺跡等にいるガーディアンは遺跡を荒らさない限り危害は加えてこないが、近年増加しているタイプは無差別に攻撃してくる為注意が必要。

デビルズドラゴン

ドラゴン族の一種。原初の世代に火口や暗い自然洞窟の奥深く、密林や樹海の深部等の人が行かない場所に生息していた。外見は角が生え、3m程の黒い翼を持つ。性格は凶悪そのもので、人間や動物を見ると襲ってくる。非常に力が強く、装甲も分厚い為、並みの攻撃ではビクともしない。古代のヴァニシュレイの発動の際に起こった地殻変動、気温の変化により絶滅したと思われていたが、近年環境に適応したタイプが何処からとも無く現れた。戦闘では様々なブレスを操る上、家を軽々と崩壊させる程の力を持って襲い掛かってくる。

コアスライム

古代に作られた生物兵器の一種。適応能力、繁殖能力が強かった為現代まで生き残っていた。外見は透き通ったゲル状で、中心にはコアが存在する。小動物を取り込み栄養とし、分裂して繁殖する。近年では繁殖のし過ぎで下水に詰まったりする為、駆除の為冒険者ギルド、傭兵の組合等が政府の依頼で定期的に雇われるまでになっている。体を様々な形に変化させられ、人の形に化ける事も可能である。(あくまで「形」だけだが)戦闘の際は毒性の強い液体を吹き付ける、のしかかる等の攻撃を加えてくる。エース(参号)

クラーケン

水棲生物が魔力や霊力の強い場所で突然変異を起こしたモンスター。傘のように大きな頭の下に槍状の体があり、一つ目を覗かせている。傘からは二つの帯状の触手も伸びており、魚等を捕らえて食べる。稀に人間に襲い掛かってくる事もあるが、基本的には縄張りを荒らさない限り無害である。万が一怒らせると仲間を呼んで集団で襲い掛かってくる為注意が必要。触手で締め上げる、触手から毒を出す等をし、攻撃する。

ファントム

クラーケンの類似種であるが、此方は空を飛ぶ大型の昆虫型モンスターから変異したモノ。頭には3つの棘、左右には羽が4枚付いており、やはり此方にも一つ目が付いている。羽の内、上部に付いた2枚は途中でU字に曲がっており、此処から魔法を投射する。此方の性格は獰猛で凶暴、空から突然現れては地上の動物を連れ去り、巣に持ち帰り餌とする。地方によっては大量に生息し、子供が連れ攫われる等の事件も発生している為、その地方の政府や自治体の頭を悩ませている。

アーマビースト

メタルボールと同系列のメカ。歪んだ長方形の形をしたボディに2本の足が付いており、更に鉄球の付いた尾もある。無論、メタルボールと同系列の為本体にはレンズを装備している。此方も近年増加傾向にある。戦闘の際は鉄足で踏みつける、ビーム発射等メタルボールと似たパターンで戦う。

ykさん投稿

攻撃力上げまくる

こういう名前です。僕のRPGには必ず出てきます。名前からわかるとおり、毎ターン攻撃力を上げまくります。しかもすばやさが異常に高く、毎ターン先制で攻撃力を上げます。典型的なプレイヤー泣かせのムカツク敵ですが、攻撃してこないため、こいつが単独で出てきたときは怖くもなんともありません。何でこんな率直な名前をつけたかと言うと、ゲームの世界観上、合う名前が見つからなかったためです。

メタルスライムもどき

DQでいうメタルスライムは、通常の何倍もの経験値がもらえますが、こいつはほとんど経験値をくれません。本物が登場する場所には必ず出現します。ステータス、グラフィックも同じで、外見上はまったく区別がつきません。唯一区別がつく個所は、偽者はなかなか逃げないという点のみです。ちなみに「もどき」とは言いますが、実際登場するときは「もどき」はつきません。こいつも本当にムカツク敵のひとつです。

シーエーさん投稿

無攻撃主義者

名の通り攻撃してこない敵。ただし強力な補助魔法をかけたり、主人公にステータス魔法をかけてきたり、しかも即死魔法も唱えてくる、なにげに怖い敵。ただこの敵だけだったら問題ないかも。

はたかさん投稿

ナイト

シナリオ「PHANTOM STORY」では、狂戦士ナイト、ブラッディナイトなどの呼び名がついた剣士で、敵の中心グループ四方王の西側を補佐する。関西弁で喋り一見お調子者だが、剣の腕前は抜群で、自分より強い剣士を探しており、「道具は頼るんじゃあない、使うものだ!」と言う信念を元に自力で時空を切り裂き遠くの敵を攻撃できる様になったやたらにすごい人(汗)このシナリオで主人公に二回相手にした後どっかに消えるが、全然別の世界のシナリオ「METAL HUMAN」で、ここでもやっぱり自分より強い剣士を探していたりする(おいおい)

GD-XXについて

ツクーラーバトルなどに出ているGD-XXについて紹介します。まず読み方ですが、“ジーディーダブルエックス”と読みます。そしてキャラ設定ですが、生い立ちは神龍を“神”の手によって精密かつ強化されて作られたコピーで本名は“ウェポナー”と言います。本当は神の側近“聖四天”の将を担う者で、本名のとおり、いろいろな破壊消滅を担当をするが、ここ数百年やたらに暇なため強い奴や戦いを求めて下界(地上の事)をうろついてたりする。実力の程は言うまでも無く神の側近(しかも将)だけに恐ろしいほどの力を持っていて三つの形態を持っています。一つ目が人の形態で“1~50%”ぐらいの力です。大抵はこれであしらえます。二つ目がワイバーンの形態で“51~90%”ぐらいの力で、この形態はサシの時は今までに二回しか出さないほどの強さです。最後が真の姿、神竜タイプで、これは本気全力の時のみです。性格については、特に言う事なかったり(笑)。ライバルの典型みたいな性格を思い浮かべてくれればいいです。(多分違うと思いますが……)とまぁ、こんな奴です。あとセリフにもこいつの名言を入れるつもりです。とりあえず感想があれば返信を下さい。ではこれで……(これは約50分書けて書きました……(疲))

マナさん投稿

かねモチ

ツク3だったか2だったか、目のあるスライムだったと思いますが、

戦闘設定「何もしない」、HPたくさん、お金たくさん、経験値なし、カラーはゴージャスっぽい黄色にして、その名は「かねモチ」。

のんびり物理攻撃だけで倒せば、無条件でお金をいっぱいくれるサービスモンスターです。これをダンジョンの中のフツーの通り道に1マップだけ配置しておいて、運良く遭遇できたらもうけもん、てな感じにしておきます。ゲーム自体がポシャったのでお蔵入りになったんですが、今でもかなりお気に入りなんで、次のツク4の身内ゲーで復活させようと思ってます。修正つけたし設定は1マップじゃなくて1セルでした。ユニットを1体だけにしておくと、隠れキャラっぽくていいです。あと、酒場に現れる「よっぱらい」。戦闘時グラフィックはグールとかそのへんの人間の形をまだ残してるダラダラした感じのヤツで。酒場に入ると、主人公に近寄ってきてお酌を強要したり(全員女の子パーティなので)、カラオケのマイクを離さないので注意した主人公にからんできたり、お尻を触ったりして、戦闘に突入します。中にはお酒じゃないモノでラリってる「よっぱらい」も……。お遊びキャラなのでレベルは1でも楽々勝てる程度。経験値はなしでした。

サムソンQさん投稿

今作っているゲームの敵キャラです

ポンチョ

ある帝国の若き皇帝。世界征服をねらう。 ブッチャー帝国四天王の一人。肉体派マッチョマン。頭悪い。 キルスキー四天王の一人。人を切り刻むの大好きな殺人狂。 ゲレッツォ四天王の一人。下劣で狡猾なジジイ。何度も登場する。 セラミック仮面四天王の一人。謎の仮面ピエロ。設定はまだ未定。 マカオ肉体派マッチョのオカマ。ボツになったキャラ。 ナルシスナルシストな敵。これもボツになったキャラ。)

松りょうさん投稿

大糖領

まず、大統領ではありません。由来は漢字の一覧表で「統」の文字が見つからなかったのでこれをつけました。大糖領は大変頭が悪くて、バカにされるのが嫌いらしく、色んなイベントに勝手に出てきて主人公チームに勝手に因縁を付けては、沢山の忍者子分と共に戦うという大変迷惑な奴です。ただ、頭が悪い割にめちゃ強い。子分は高いHPや素早さを武器にマヒ攻撃、気力降下、で苦しめて、大糖領本人は眠り攻撃を常備し子分を呼び、強力な全体魔法や溜め、必殺攻撃でHPをガンガン削ります。でも最後は自家用マシーンに漏れたオイルが引火して自爆する哀れな最後を迎えてしまうが、もちろん死ぬことは無くどこかで再び戦いを挑んできます。

A夫さん投稿((通)は通常攻撃です)

RAIマン

全長8mはあろうかというゴーレム系の巨人。しかも何故か背中に巨大なバッテリーを装備している……。(おぃ)物理攻撃は効果薄、電撃の攻撃はやっても駄目である。最も有効な風系の攻撃で戦わないと苦戦しやすい……! 尚、物理攻撃力も高いので油断していると魔導師系のキャラなら、あっさり死んでしまいますので注意して下さい。

アンガー

怒りと炎をつかさどる、エレメンタルの一種。他にも恐怖と水をつかさどる「フィアー」風と喜びをつかさどる「ジョイ」雷と驚きをつかさどる「サプラ」など3種が確認されている。物理特殊攻撃ともに弱点を突かねば倒しにくいだろう。

アシュラ

名前だけ見れば神の姿を想像できるが、実はキマイラを改造しまくった挙げ句にできたという合成モンスターです。大体頭は竜ライオンバジリスクメカ怪獣戦車砲塔アンテナ大鷲河馬恐竜オーガといったものが10個もあったりするとんでもない奴です。HPも60000超えており、なめてかかったらまず全滅→あの世逝き……なんて事にも!

イルルヤンカシュ

どっかの神話が元ネタですが、出典忘れました(ぉ 体長約35mを超す、シードラゴンの一種。口から吐き出す毒ガスブレスはまともに吸うと毒を受け、しかも呼吸に困りやすいので注意!主に湿地帯や温海で見かけます。かといって電撃は弱点ではなく、冷気や水に弱いという変な特性を持っています。HPは約2500~7500。

ザンティ

マッハ1(でも地上に被害無し)で飛び回る飛竜の一種。雷属性を持ち特殊攻撃「サンダーボルト」で猛烈に攻めてくるが風属性に耐性がありません。またHPが半分切ると「雷反射」タイプがいきなり翼の動きを止めて(でもまだ浮く)「雷吸収」タイプになっていきます。まあ、それにさえ気をつければ大丈夫……かも?

バーントータ

甲羅に翼竜の翼をはやした巨大亀。普段は空から体当たりを中心に強襲してくるが攻撃が当たると落下してしまうことがある。この時には回避率が0になり、攻撃もやらないがたまに甲羅に引っ込み再浮上(または地上にいるまま)して、再び襲い掛かってくる。飛んでいる時は突進や毒針ミサイル、地上にいる際は甲羅に引っ込んで防御したりアイスブレスを吐き出してくるのが攻撃パターン。耐性は空中風属性や飛び道具に弱く、槍や突剣に強い耐性を持つ。回避率やや高め。 地上打撃武器や斧、冷気に弱い。しかし反面特殊攻撃は全体的に効きづらい。

スカイタートランス

バーンドータが進化し、さらに堅い甲羅に身を包み、強靭な竜の翼で飛行する巨大化物亀。空中戦では鋭い牙や突進、甲羅から生えた鋭い棘を伸ばして攻撃してくるが、HPが減ると全体に「スプラッシュブレス」(水属性)を放つ。この状態では雷属性と炎属性の攻撃が最も有効だ。地上戦では背中の棘をミサイルのように飛ばす攻撃や甲羅に手足頭を引っ込めて、コマのように体当たりしてくる。たまに防御特殊能力や水属性の攻撃を使いこなすので油断は出来ない。雷属性と炎属性が弱点だがそう有効ではない。斧や打撃武器などの方が有効にダメージを与えられる。

ガルム

双頭の頭を持つ狼で、その狂暴な2つの頭を一度に2つ切り落とさなければ倒せないという伝承がある。頭の数はケルベロスの3本に比べて少ないが、戦闘能力は倍ぐらいはある!HPはやや少ないが、素早く攻撃力もあるので劣勢の時に遭ったら心して戦いたいところ。炎属性のダメージを25%に軽減する特性を持つが、冷気には耐性があまりない。

攻撃方法

プロトアタッカー

機械型の敵キャラクター。オートメンテナンスシステムが搭載されており、野生化してても破損などの管理不届きがさほど見当たらないのが特徴。なんとなく人型っぽいフォルムをしている……。右手には飛び出しブレード手にはユニットガンが搭載されている。が、危なくなるとたまに破壊警告の信号がAIに達して自爆することが……!弱点は雷属性が有効だが、光属性と闇属性は有効なダメージを全く与えられない。防水加工されたらしく、水属性は弱点ではない(注意しなくていいかも)。

攻撃方法

アイファング

球体のような本体の側面に、左右3本ずつ鋭い爪が生えている(蜘蛛の足を想像してみよう!)という、なんとも不気味なモンスター。そして球体のような本体には大きな口があり、そのなかにあるもう一つの口の中には不気味で大きな単眼が隠れている……。

攻撃方法

オニクサガメ

堅い甲羅に身を包む、巨大亀のモンスター。この名の由来は主に草原地帯に生息しており、さらにカモフラージュが利く草色の体色をしている為であろう。さて、耐性だが水属性は効きにくく、打撃や炎属性に対する耐性は弱い。ただ、攻撃力と防御力が高いから、出会い頭の時は気を付けたほうがよい。

攻撃方法

テンタクルズ

ストローパーに近い性質を持つ異形の軟体生物。地形を這うように移動し、獲物を発見すると触手(最大で6本生えてる)を振り回しながら襲撃してくる。たまにその触手を食らうと体力を奪われてしまうので注意!水属性は効かず、炎属性……ではなく雷属性に弱いので注意。

攻撃方法

フタイトアタッカー

プロトアタッカー……の改良型機械兵器。空中をジェットホバー機関で飛行しつつ、両手に内蔵された武器をフル活用しながら攻撃してくる。HPが少なくなると自爆するが、こちらの場合は空中から特攻してくるので注意!風属性にやや強く、雷属性にはかなり弱い(約3倍)!

攻撃方法

フォーフォート

背中に30mmバルカンを2門装備した機械兵器。その重量のためか、強力なエンジンを搭載し、特殊キャタピラローラーで移動する仕組みになっている。さらに強烈なプラズマ発射装置を搭載。さすがに自爆機能は付けなかったようだ……。機械系のよしみで雷属性に弱い反面、炎属性にもやや弱く、何故か風属性には強い。

攻撃方法

アバドン

単眼怪物系モンスター。アイファング系では最強クラスのモンスター。(外見は悪魔の羽が上部に生えており、ボディーのカラーはダークグリーンになってる)こちらの場合は魔法系の特殊も使ってくるので油断はできない。特に一発で戦闘不能になる「オバウト」はバトル開始からいきなり使うこともある!光属性に弱い 闇属性を吸収 水属性を反射する。

攻撃方法

グレンデル

耳あたりまで大きく裂けた口が恐怖を煽る悪魔の巨人。怪力無双をほこり、怪獣なみの筋力、破壊力を生かした力任せの攻撃で容赦無く襲い掛かかる強敵。手には拘束されていたのかどうかは不明だが、足輪がちぎれた鎖と共に装着されている。特に弱点はないので各人の得意な戦法で戦うべし。ただし、ステータス異常の攻撃はあまり効かないぞ。

攻撃方法

ヴォーバル

オオカミ型のモンスター(ガルムも同系種)。狂乱のあまり、ひたすら殺戮の思考しかできなくなったおぞましい猛獣。同種族内では中級のランクにあたるが、なによりその牙で「混乱」を移されるとかなり危険!低ダメージ全体攻撃+たまに行動封じの「吠え声」も人によっては注意するべし!弱点は炎属性だが、1.5倍ぐらいしか効かない。ただ物理防御力が低いので、命中率の高いキャラで戦え。尚、混乱・狂乱のステータス異常は無効となっている。

攻撃方法

アクカル

悪魔系モンスター。自ら吸血鬼と化したガーゴイルの一種で、長き時を経て蘇り出したと言われるが、真相は不明である……。能力もHPも平凡で、さほど強敵じゃないように思える。ただ、単体のHPを3分の1にしてしまう攻撃や、複数で出現して「吸血」の乱発を受けると辛い。光属性に弱いが、炎属性ならさらに有効にダメージが与えられる。反面、闇属性と水属性の2属性は無効。空中に浮いている特性を持っている。

攻撃方法

キャノンボール

機械型のモンスター。熟練鋼鉄ベースのボディは球体で各所に大きなトゲが埋め込まれており(着地時は地面に触れる所が引っ込む)、中心部にはビーム装置を内臓したアイレーダーを持つ。低空を浮遊しながら激しく体当たりしてくる攻撃が普段は主体だが、HPが5分の1を切るとカウンターなどで「自爆」してくる。中途半端にHPを減らさず、一気に倒したい……!雷属性と風属性の両方に弱いが、物理攻撃にやや強いぞ。

攻撃方法

ドラゴンコープス

ヒドラ系モンスター。(アンデッド)コープス……それは屍肉が集まってできた怪物の一種。それはドラゴンコープスだって例外ではなく、ヒドラの様な外見をしているが、アンデッドなのかやっぱり不気味。連続で行動することも多く、毒ガス攻撃を連発されると回復が追いつかなくなることも多い。また、1ターンごとに少しずつHPが回復する能力を持つ。ただそれでしかHPを回復できないのだが。(不死タイプのために……)光属性と水属性に弱く、闇属性は大幅半減、炎属性に至っては逆にHPを回復させてしまうので注意。

攻撃方法

バックベアード

アイファング系モンスター。

アバドンの資料にも一番上に「単眼怪物系モンスター」と付け加えておいて下さい。)普段は人里離れた日光の弱いところに潜んでおり、グラフィックは本体の色が赤→青に、カギヅメの色が白→赤黒に、そして目の色が黄→緑に変化している。(さらに目のデザインが猫目っぽくなっとる)素早いが防御力は平均的にやや低めの印象を受ける。炎属性にやや強く、水属性や光属性には弱い。

攻撃方法

アポスフィス

久々だなぁ……ふぅっ。ヒドラ系モンスター。とは言っても頭は三つしか生えていない。しかし、大きな翼である程度飛行する能力を持っている。全身は常に毒気を放っており、特に三つの口から放たれる毒ガス攻撃は脅威ともいえるだろう……!毒関連の攻撃は効かない。反面水属性が有効だが。

攻撃方法

クラストス

機械系モンスター。(フォーフォート系)基本的に水中戦を想定した作りなので、陸上では動きの鈍さを露呈する。しかし赤くカラーリングされたメタリチウム製の装甲は豆鉄砲の弾なら簡単に弾いてしまうほどの防御製を持つ。雷と炎属性に弱いが、水属性を反射してしまうぞ。

攻撃方法

ブルクラッシュ

牛人間型モンスター。ミノタウロスの種族では最強の実力を持つ為か、非常に力が強い!しかし知能や知識は一般のミノタウロス(といっても人間と同程度)と変わってはいないが。大型の斧を振り回す勇姿は、知性が失せた不死の魔物や本能だけでうごく怪物すら恐怖を抱くといわれる。有効なステータス「毒」「眠り」系を活用するのが吉。炎属性の攻撃はあまり有効とは言えない。

攻撃方法

カーシー

オオカミ型モンスター。頭部が他のオオカミ型モンスターと違い、黄色い鬣(たてがみ)が後ろに生えているのが特徴的。だがやはり本能だけで動く点は他の種族と変わらず。主に炎を吐いて攻撃してくる事が多いだろう。物理攻撃に弱いがやや素早い。水属性もよく効く。

攻撃方法

ヨー

トカゲ型モンスター。6本の足で素早く動く様は不気味の一言に尽きる……20世紀終末から確認された、比較的新しいタイプのばけものの一種。地下道などに生息しており、小動物や哺乳類の肉が好物で、見つけるとマヒ毒を撃ち込んで貪り食おうとしてくる。水属性に弱いが炎・風・雷にはやや強いのが妙な所。

攻撃方法

バレフール

ヒドラ系モンスター。三つの首を持つ怪獣の姿をしているが、意外に悪知恵が働くところもある。巨体の為動きが鈍いが体力があるので並の攻撃で攻めて倒せるほど甘くはない!群れて現れて戦闘してると気づかないうちにHPがかなり減っていることも……?炎属性に弱く、暗闇や失明にすれば攻撃はあまり恐くない。

攻撃方法

ヴリトゥラ

蛇竜系モンスター。現存するドラゴン系ではなかなか発見できないとされる。外見は長身で日本や中国風の竜みたいな姿をしており、知性にも優れているが、結局邪悪で本能まかせ……。その体は毒性に対して非常に強い抵抗力を持っているため毒攻撃は効かない。さらに毒素や炎熱を吸収して回復するという性質も持っている。(あと自己再生能力も)炎属性を吸収、水属性は無効。はっきりいって手強い!

攻撃方法

ジュルビュル

化け物花系モンスター。植物特性のせいか動きは散漫でほとんど動く事はない。しかしうかつに近づくと「止まる花粉」で浴びた者をマヒ状態にさせてしまうことがある。花なので炎属性に弱い。しかし水属性は利きにくい。

攻撃方法

ニースヘッグ

蛇竜系モンスター。あまりに長大なその体は腹部を除いて青白く光る鱗に包まれており、目はうずもれて見えなくなっている。その口から放たれる奇声は少々異なっており、まともに聴いた生物の精神を発狂させてしまう。普段は異次元に生息しているが、腹が減ると生物を求めて異次元から這い出てくる。属性攻撃は炎・水・雷・風がやや有効。だけど光・闇・大地・重力は吸収してしまうので注意。

攻撃方法

ヘヴンシムル

コンドル型モンスター。かかわったのならばまず間違いなく天国へ行けると言われているが、実際は危険な大鷲のモンスターである。首が顔にくらべてほっそりしているのも特徴だが、何故だか大きな声で鳴いて生命体を苦しめようとする。飛び道具と風属性に弱い。水属性は無効で斧や鈍器はいまいち命中しづらい傾向にある。

攻撃方法

ラフレシアン

化け物花系モンスター。アフリカ奥地のジャングルに生息するラフレシアとは名前や姿が似ているが、移動能力の有無・主な食物・毒の有無・枯れるか否か、など性質は大きく異なっている。攻撃でステータス異常になったキャラを「いただき」で飲み込んでしまう。飲み込まれたらある程度のダメージを一度に与えるか、しばらく待つか、倒すしかない。炎にやっぱり弱い。武器なら刃物系武器が有効。水属性は吸収してHP・SPを回復してしまう。

攻撃方法

シアンジェル

スライム系モンスター。エネミーとして存在する生物としては非常に弱く、ダメージを与えにくいがそんなに苦戦するほどの敵ではない。青く少々丸みを帯びたゲル状生物の一種である。炎・水属性の攻撃が有効。たたき系の攻撃は効きにくい。……あんまりにも弱いので関係ないかもしれないが。

攻撃方法

グラスジェル

スライム系モンスター。姿のパターンはシアンジェルと変わらないが、こちらは暗い草原のような緑色をしている。強さはシアンジェルよりは強いが、さほど手強くはない。ただ、毒を持っているのが困りモノだが……。シアンジェル同様たたき系に強く、炎や水属性に弱い。

攻撃方法

オーカージェル

スライム系モンスター。黄色く、暗闇の中で弱い電気を放って光る体を持つ生物。何故そのようになっているかと言うと、体を構成するスライム細胞に発電成分が含まれているからである。その為、低級ながら雷属性の特殊を使うようだ。雷属性は無効化されるので注意。たたき系攻撃にも強い。ただし、炎・水・風属性の攻撃が弱点である。

攻撃方法

クラップスライム

スライム系モンスター。黄褐色の体からはいつもおぞましい異臭を放つ、大変汚いエネミー。当然のごとくこんな奴が毒を持たない訳がない!しかもそれはグラスジェルの毒素を上回る強さを持つ。毒消しアイテムは必須になるだろう。また、体力旺盛で弱点を突かないと倒すのに時間がかかる。その弱点はやっぱり炎属性と水属性(ただし水属性は炎属性に比べると通用しにくいが)。たたき攻撃は効きにくく、毒状態で自動回復してしまうので注意。

攻撃方法

メルティムース

スライム系モンスター。溶岩のように赤く、にごり水のように不透明な体色を持つアメーバのような原生生物。いつも表面が沸騰している。そして、熱い。さらに毒を持ち炎属性の特殊を使う。マグマの近くで見かける事が多い……。炎属性を吸収する上、叩き攻撃にも強く毒を無効化する。水属性には滅法弱い。

攻撃方法

ドラゴンフライ

ドラゴンフライ系モンスター。小型の竜をベースとした昆虫のような姿を持ち、宙をそれこそ羽虫のように舞う虫のモンスター。ちなみにトンボとは関係ない。前足が2つともカマキリの持ったカマのように変化しており、これで襲ってくる。風属性のくせに風属性に弱い。炎属性や飛び道具も有効。宙に浮いてるため、大地属性の一部の攻撃が効かない。

攻撃方法

サスカッチ

猛猿系獣人。獣人といってもエネミーとほぼ同じ。亜人種は人間に近い。ま、一つの区別的な設定です。人里離れた山林や雪山周辺に出没する、ゴリラのような獣人。いつも利き手にぶっといこん棒を持ち、力まかせに振り回して攻めてくる。ただ、動きは鈍く魔力も知性もさして強いものではないが……。炎属性の攻撃に弱い。水属性と大地属性には強い。

攻撃方法

ゾンビフライ

ドラゴンフライ系モンスター。死に絶えたドラゴンフライの体に邪念や毒素や幽体やウィルスやらが侵入した事で、復活したエネミー。しかし完全にアンデッド化しており、毒素もやや強い。知性が無いからか自爆技で攻めてくる事もある……。アンデッドなので常時自動回復(リジェネーション)状態。ただし、HP回復アイテムや魔法は受け付けない。(すべてのアンデッド系共通である。)炎・水・光・風に弱いが毒で自動回復してしまう。また、闇属性や大地属性の一部の攻撃も全く効かない。

攻撃方法

ウェイブスライム

スライム系モンスター。こちらはシアンジェル同様青い体色をしたスライムだが、姿は水のように透き通っている(半透明だけど)。メルティムース同様体の表面はぶくぶく発砲している。弱点はメルティムースと異なり、炎属性。水属性は吸収される。また、たたき系攻撃にも強い。

攻撃方法

ウェンディゴ

猛猿系獣人。サスカッチと遺伝子的な面などで近い点を持つ、凶悪な半人半獣の怪物(ていうかほとんど獣かも……。)ただ、破壊活動に対する知能だけは何故か発達しており、原始的な木のこん棒より強力な石のこん棒を軽々と振り回して攻撃してくる。炎属性に弱く、水属性や大地属性に強いのはサスカッチと同じだが、こちらは重力属性にも弱い。

攻撃方法

クロウラー(モンスター)

大怪虫系モンスター。普通の芋虫と比べるとケタ違いにデカく、その体長は平均6から8メートルにまで及ぶほどである。(……が、たまに10メートルを超える固体も存在)外殻皮には数本の角状の突起が存在し、側面に3つずつ濁った水晶体のような目を持っている。そして、口が結構大きいのだ……。炎属性に弱いけど、水属性の方がよく効く。武器攻撃は槍や突剣が有効だが、剣の攻撃に強い。

攻撃方法

デーヴ(モンスター)

猛猿系獣人。外見こそサスカッチやウェンディゴと変わらないが、体毛の色は白く、ごく微妙に茶色がかっている。また、特殊能力を使う力が発達して補助系の特殊を使うようになった。(但し、かけるのは自分だけ)やや短めの鋭い槍を使いこなす。ステータス系は眠り・気絶以外なら有効。弱点となるのは、大剣や斧の攻撃である。

攻撃方法

サンドウォーム

大怪虫系モンスター。人類や亜人類に対して厳しい環境となる砂漠の真っ只中に生息するクロウラーの一種。動きは巨体が災いして鈍重だが、体力が高い!体の表皮は明るめの黄土色に変色しており、さらに熱に対して高い耐性を持っている様である。水属性、突き系攻撃が有効。炎属性は効きにくい。

攻撃方法

アビスプリン

スライム系モンスター。他のスライムと同じようなその体は目に見えない、おぞましいオーラと瘴気に包まれている。さらに細胞が変質化しており、打撃攻撃が全く効かないという性質があるのだ。まぁエネミー全体としては弱い部類に入るが……その実力はスライム系で最も強いのである。打撃は説明にもあった通り、効かない。武器攻撃より特殊攻撃で戦うのが基本だろう……。重力属性はやや有効、闇属性は吸収。その他はやや半減。

攻撃方法

ラバークロウラー

大怪虫系モンスター。体表を覆う表皮は柔軟でかなり堅く、ゴムのように電気を通しにくい性質を持っている。表皮の無い腹側も同じような性質だ。(表皮より弱い)また、突然大きく息を吸ったら注意。体内から高温の気体を噴出して周囲に危害を与えてくる。雷属性は無効、打撃系攻撃は大きく半減。炎属性や風属性は効きやすい。物理攻撃が効きにくいので注意を。

攻撃方法

ワームスペクター

大怪虫モンスター。チューブウォーム同様、口から触手のような管のような器官が数本も伸びている。また、体液の酸性が非常に強く、未熟者なら触れた部位から体が煙をあげ猛スピードで溶け出すほどである。動きは散漫だが攻撃能力は高い。水属性攻撃が有効。飛び道具系攻撃は効きにくい。炎属性・風属性の攻撃はあまり効かない。

攻撃方法

チューブウォーム

大怪虫系モンスター。名前の由来は口から伸びている複数の触手にも管にも思える器官を何本も持っていることからである。貧欲な性質で、獲物にできそうなものは次々と器官で捕まえてから溶解して腹を満たそうとする。炎属性攻撃・大地属性攻撃・斬撃系攻撃に弱い。水属性攻撃は通常の3分の1ぐらいしか効かない。

攻撃方法

ビーモン

大怪虫系モンスター。(ボスキャラ扱い)ライトな青緑色の表皮を脂っこく光らせ、不快な音をあげながらうごめく様はまさにグロテスクである。しかも口からはとても柔軟にしなる触手のような器官が飛び出ており、たとえ軍隊が大勢で挑もうとしても全滅させてしまうほどの強さを秘めているらしい。水属性が唯一の弱点。他は全て半減する。また、毒になると自動回復をはじめるので注意!

攻撃方法

ワイルドワーグ

魔獣系モンスター。大型肉食獣の体に額の目に大きな角を持ち、さらに背中の竜の翼で飛行する能力も持つ。灰色の体色が特徴的で、血のニオイに少し鋭いところがある。複数で現れて炎の息を吐き出すこともあるのが厄介。弱点は特に無いので、補助攻撃+得意分野の直接攻撃で攻めたい。使用する攻撃

デスライオン

魔獣系モンスター。絶命したライオンがゾンビ化し、さらに瘴気の影響で醜く変貌した挙句強靭な肉体を手に入れて蘇った。知性はもはや無く、本能のままに襲えそうなものに対して襲い掛かる凶暴なアンデッドである。特性上、1ターンで少しずつ体力が回復していく。お約束か火属性・光属性が効きやすい。闇属性は無効だ。

使用する攻撃

ウィングビースト

魔獣系モンスター。紫色の体毛が特徴的な魔獣で、強靭な翼を生かして空を舞う。また極めて獰猛な性質で、複数で冒険者のチームを襲撃するケースも多い。額の大きな眼球から睡眠の魔法を放つ。また、体を激しく動かして宙を舞い大打撃を与える技を持っている。戦闘では雷属性の攻撃が確実に高い効果を生み出す。反面気温変化に耐性があるせいか火属性と水属性については効き難く、風属性に至っては無効化されるのがオチである。

使用する攻撃

オピニンクス

魔獣系モンスター。竜の翼、魚類の下半身、狼の耳を持つ鳥の頭部、ライオンの上半身を持った珍獣。湿地帯に好んで生息している。縄張りを侵害する生物に対しては、本能的な憎悪から容赦なく攻撃を浴びせる凶暴ぶりを見せ付ける。戦闘では冷気の息を繰り出すため、不安なようならなんらかの対策をしておきたいところ。雷属性、火属性攻撃の他に飛び道具も良く効く。水属性に強い。

使用する攻撃

モータルアニマル

魔獣系モンスター。ウィングビースト、ワイルドワーグの進化種で基本的な特徴は変わっていないものの、一回り大きい体で対峙する者を威圧する。体毛の色はシックな黒色だが、見とれていると大抵攻撃されるであろう。ムーンサルトこそ使わないが、4種類の特殊攻撃がこちらを苦しめる。大地属性か光属性が有効だが、特殊攻撃バリアを張るため属性付き武器で勝負したい。飛び道具なら尚有効だ。重力属性と風属性と火属性への抵抗が強いのに注意。

使用する攻撃

ドンビースト

魔獣系モンスター。数種類存在する魔獣を束ねるにふさわしい実力を持った獣。実力は最強で、とにかく侮りがたい攻撃力をもってして襲撃してくる。また狡猾な性格で相手の方が優勢に思うと回復系特殊を使用したり、挙句の果てには混乱までをも狙う。相手の編成によっては速攻で対処を行いたい。弱点が特に見当たらず、全ての属性にやや耐性を持つ。武器攻撃までは反応しないので必殺技を織り交ぜて素早くカタをつけよう。

使用する攻撃

ドラゴンミカズ

ドラゴン 竜を自在にコントロールできる 口から吐くダークブレスは全員に大ダメージ 四匹の竜を統一するドラゴン 攻撃力はそこそこだが2回攻撃をしてくる 鱗はどんな剣をも通さない硬さ

小人ミカズ

小人系は一匹では弱いが複数で出てきて攻撃役などが決まっていて倒しにくい

プレフォシル

化石竜系モンスター。今もなお、本能で活動しつづける化石化した大型の首長竜。硬く、しなやかに動く硬質のヒレを振り回して標的を打ちのめし、たまに大きな体を生かして突進をしかけることもある。攻撃が単調だが恐竜の攻撃力はそのまま保持されている強敵。炎属性・水属性・重力属性・地面属性・打撃攻撃に弱く、突き攻撃・飛び道具攻撃に対して強い。体力が高いので弱点を付いても倒れ難いぞ。

使用する攻撃

キティクック

クック系モンスター。鶏をデフォルメしたような奇妙な外見の鳥類エネミー。翼はあっても空高くは飛べず、もっぱら微妙なスピードで移動する。ただ脚力だけはちょっと強いようで、全力で飛び上がって体当たりをしかけることも。他のエネミーのようにさまざまな亜種が存在している。弱点は雷属性か射撃属性。これでまず一撃で倒せる雑魚である。

使用する攻撃

カークック

クック系モンスター。黒い羽毛と空色のトサカを持ったクックの一種。基礎能力がキティクックより高い。さらに力が付いたために空を飛べる能力も所持している。だが、悲しきことに空高くまで飛ぶことは不可能だ。其れでもスピードのある突撃攻撃は初心者の冒険者に対して痛烈な打撃を与える。雷属性と射撃属性に弱いのはキティクックと変化していない。だが羽毛の性質が違うために、水属性にやや強い。

使用する攻撃

ワンパクック

クック系モンスター。名前は冷ややかな笑いを誘いそうだが、実態は身体能力の強いクック系の一種。初心者が挑もうものならば大抵は打ち負かされることになる。くちばしの硬さは強いわ、足腰は妙に強いわ、激しく跳ねて動くわ、実際に戦ってみると辛い体験をすることもある敵。2回行動のうち1回は自分の能力を強化する特殊能力を使用する習性有り。雷属性に弱いが、水属性にやや強く風属性にも強い。

使用する攻撃

ドドクック

クック系モンスター。ワンパクックとは一転して飛行能力が退化したが、その反動で身体能力、特に脚力が上昇を遂げたクック種。その強さがこもったキック攻撃は喰らうと重傷は免れないほどの威力を持つ。また、くちばしさばきも熟練の漁師や槍を使う者を思わせる。ボディーカラーは薄い土気色に、紫のトサカ。弱点はこれまでと一転して炎属性と突き属性である。

使用する攻撃

スケルトン

骸系モンスター。野晒しのまま放置された白骨死体に、霊体、怨念、悪意などが宿って蘇った存在。但し生前の知性や思考能力はなく、ただただ目に付くものの大半に理由無き攻撃を行うのみである。尚、先に述べた理由で動き出すため霊気の濃い場所で見かけやすい。炎属性に弱く、光属性にかなり弱い。打撃属性攻撃でガンガン攻めてもいい。射撃系攻撃はスカルなボディのために外れることが多いが。

使用する攻撃

骸兵

骸系モンスター。スケルトンより強き者達の白骨化した亡骸に怨念、悪意、霊体が宿って現世へ逆襲しに戻ってきたもの。やはり理性に欠け、目に付くもののほぼ全てを襲う。但し生前戦士・兵士としての記憶が欠片ほど残っているのか、それなりに良い武具で武装している。他にも邪悪な者が擬似的な霊魂・怨念・命令で蘇らせることもあるらしい。弱点はスケルトン同様に炎属性と光属性と打撃属性。骸系の特徴であるスカルなボディの為に、突き・射撃属性をかわされやすいぞ。

使用する攻撃

スパルトイ

骸系モンスター。徒党を組んで冒険者に挑みかかる正体不明の骸骨戦士達。一説によると、巨大な獣の骨に意識体などが部分的に乗り移り人骨のフォルムに自らを削りだして生まれたものだとも言われている。平均的に防御力が高いのは恐らく先ほど述べた説が絡んでいるからとも言われているようだ。また、他と違ってアンデッドでありながら特殊能力で回復を行える。炎属性と光属性に弱いが、先2体より光属性には強め。打撃も有効だがそれ以外で挑むのは少し分が悪い。

使用する攻撃

ボーンゴーレム

骸系モンスター。強い念力などで意識を吹き込まれた、武装した骸骨。オーラの影響で鈍く光る体が特徴的な為、他の骸系との区別は容易だ。戦闘の腕は同系統の中でもなかなかのもので、戦闘用ロボットさながらの無駄の無い動きで、両手のサーベルを操ってくる。連続攻撃を集中して受けると、流石に重装備でも辛い……。特殊系攻撃全般の耐久力が弱いので、炎属性か重力属性でまとめて破砕してやりたい。ただし武器攻撃にはやや強く、飛び道具と突き攻撃をよく回避する。打撃武器が有利。

使用する攻撃

ホラースカルター

骸系モンスター。死のうにも死ねない苦しみと見えない恐怖に支配された恐るべき骸骨騎士。全身は目に見えるほどのおぞましい怨念が染み付き、黒い骸骨の姿で登場する。目から放たれる弱体化魔法は全員に効果を及ぼすので先制攻撃が来ると思うように戦えないケースも起きる。しかし、一番問題なのは……一撃必殺の攻撃である!こんな奴を野放しにするのは危険なので、早いうちから光属性の攻撃で応戦を。炎属性は普通にしか効かなくなり、闇属性を吸収、反射する。

使用する攻撃

獄骸兵

骸系モンスター。麻痺性の猛毒を塗りこんだ武器を携える、相当な骸兵の実力者。負の力で速度、攻撃力、防御力、そして耐久力ともに生前以上に磨きがかかり、確実に苦戦されることになる。また、一般の骸兵より用心深く、補助系の特殊能力を使用する個体も存在。特殊攻撃を使う場合は先手を取ること。こうしないと反射されかねない。闇属性反射だけでなく炎属性・水属性を大きく半減するタチの悪さを持つ。効果の高い光属性と打撃に頼るのがいいが、無いなら普通に効く属性で応戦するしかない。リジェネーション能力有り。

使用する攻撃

備考

回復系は光属性ではなく回復属性です。別にタキルで反射バリアを所持していない獄骸兵にかけても、何も影響を与えないのであしからず。

ダークストーカー

骸兵モンスター。死神、あるいはそれに近い存在とされる最強の骸系。表情一つ変えずに繰り出す剣の業は慣れぬものなら回避しようとしても避けきれずに負傷する羽目を見ることになると言われている。またアンデッドの自動回復能力が強化されて、遂にSPまでもが回復するようになっている。特殊攻撃や必殺技を半永久に繰り出すのだ。使用する攻撃も危険なのが混じっているため、速攻でカタをつけてしまいたい。闇属性反射に加え、重力属性への耐性もある。また打撃攻撃が弱点ではなくなった。光属性で対決を。ただし突き・射撃属性は直撃しにくい上に効果も薄い。

使用する攻撃

ボーンドラゴン

骸骨竜系モンスター。完全に肉も鱗も内臓器官も崩れ落ち、骨だけになったドラゴンの種。たとえ眼球が崩れ落ちても、目のあった部位から怪しい光を輝かせ破壊活動を本能の赴くままに行う。知性はわずかにしか存在しないが、巨体を生かした攻撃力は今も尚健在。ちなみにHPが回復することは絶対に無い。骨だてらに骸系の大半同様打撃属性攻撃が有効。炎属性で火葬してやってもいいが、闇属性と水属性には強い。スカルなボディなので刺突・射撃属性はお勧めできない。

使用する攻撃

スカルペンドラド

骸骨竜系モンスター。かろうじて骨のみ残ったドラゴンの死体に、負の力が流れ込んで再び動き始めたエネミー。その力はボーンドラゴンより強く、生来の高い身体能力が何故だか増しているため攻撃力は脅威的。また、骨だけの身体に関わらず全体に被害を及ぼす冷気の息を吐き出す。ちなみに骨だけとは言え決して遅くはない。ボーンドラゴン同様炎属性、打撃属性に加えて光属性も効果的。強い点も同じで、闇属性を吸収してしまう。

使用する攻撃

ライナホーン

角猛獣系モンスター。サイを思わせる姿の猛獣で、ひたすら力任せに頭部の角を振り回し、時には頭突きや角突きを仕掛ける。頭部の骨の硬さを生かした突進攻撃は直撃すればかなりの痛手を負うことになる。特に腕力を溜めた後の突進が非常に痛い。防御を駆使して受け止めるのも有効。特殊攻撃抵抗力が全体的に低い。是非活用しよう。物理攻撃を仕掛けるのなら、ディレイクなどで防御を下げたいところ。使用する攻撃

ビッグホーン

角猛獣系モンスター。ライナホーンの亜種にあたる猛獣で、トリケラドプスのような角に加えて水牛のような鋭い角を生やしている。凶暴性や腕力にさらに拍車がかかり、気合を溜めた後に突進攻撃を高確率で繰り出して標的を容赦なく打ちのめす戦法を得意とする。また防御力も増加しているので、武器だけでは長期戦になりかねない。特に他のエネミーもいるとなると……全属性の攻撃が有効で、状態異常を駆使しても良い。ただし、免疫のせいか毒、そして眠りを知らないのか眠り状態はかかりにくい。

使用する攻撃

アサルトケプス

角猛獣系モンスター。人間よりやや大きめの恐竜のような姿で現れる、獰猛な猛獣の種族。極めて凶暴性が高く、動くものを見つけると突進して攻撃をしかけ、さらに角を急所に直撃させて追い討ちをかけることがある。自分自身の速度を上げるため、ファピーを使用する能力を身につけている。先手を取られやすいので、こちらも防御力を上げるか素早さを低下させる、または味方の素早さを上昇させてみるのもいい。角猛獣では珍しく属性の弱点が存在しており、水属性が有効。状態異常攻撃も、麻痺と一撃必殺以外が効きやすい。

使用する攻撃

グラットヘッド

角猛獣系モンスター。背中に生えた6本の鋭いツノが対峙者の目を惹く、猛獣の一種。ライナホーンと同系種のエネミーだが、戦法は大きく異なっており怪しげな波長を放って相手を眠らせた後に頭突きを繰り返して攻めてくる。また、突進は行わない。ただし攻撃力が高いので侮るのは危険。属性面、状態異常面でもこれといった弱点は存在はしない。心配なら攻撃力を低下させてやると安全だ。

使用する攻撃

マッドブル

角猛獣系モンスター。猛牛とトリケラトプスとサイを足して割ったような外見を持つ真紅の猛獣。後ろから鋭く伸びた角を使って威嚇を行う。行動の順番は遅いが1回に2回もの行動を行い、その最中に腕力と気合を溜めたり腕力を溜めた後に間髪入れずに物理攻撃を行うという荒技に出てくる。受ける者の防御力が低いとかなりの脅威になる為、状況によって防御を固めるか、速攻で一掃を最初に狙いたい。余談だが中には炎を吐き出す個体も存在。炎属性に強い耐性があるのに注意。水属性にやや弱いので惜しみなく使おう。状態異常、特に混乱や暗闇も狙って安全にいきたい。

使用する攻撃

トリケラタウロス

角猛獣系モンスター。アサルトケプスがさらなる進化を遂げてきた恐怖の猛獣。ハドマーで自分を含める全体の防御力を上げる為に、存在していると物理攻撃主体で戦いにくい厄介な相手。硬質の頭部と鋭い角で繰り出す突進攻撃もやはり侮れないが、マッドブルと違い連続攻撃で飛んでくる訳ではないのが救いである。其れでも能力が上がっているのであまり油断はしないこと。重力属性にやや強い耐性がある。硬い装甲に強い打撃・斬撃属性、そして雷属性で大打撃を狙おう。他にも猛毒がたまに効くので、狙ってみるのもおもしろい。

使用する攻撃

針地獄

角猛獣系モンスター。全身、針のように鋭く尖った角に覆われたまがまがしい外見を持つ。接近戦を挑もうものならばほぼ確実に、全身を防護した角で傷つくことになる。また、装甲自体もなかなかに硬く物理攻撃だけで仕留めるのは困難。他にもマッドブル同様に2回連続行動をたまに行い、連続で大ダメージを狙う行動にでることもある。遠距離攻撃が使える者がいなければ、素早く倒すのは難しい。重力属性、他にも角猛獣系の中で唯一刺突・射撃属性に弱い。斬撃属性、雷属性はそんなに有効ではないようである。

使用する攻撃

キングホーン

角猛獣モンスター。広域に出現する角猛獣系統の中では最も強い実力と残虐な性質を持ち、加えてロテクトで全体の防御力を低下させるという能力も所持している。連続行動こそ行わないものの、腕力溜めの後に行う激突攻撃は単体のみにしか及ばないが恐るべき威力を生み出す。弱点は特に無い。ただし状態異常・能力低下系はやや効き難い。

使用する攻撃

オニ蜥蜴

リザード系モンスター。全長約1メートルからそれ以上の大きさを持つ蜥蜴で、森林・密林、そして草原に縄張りを持って暮らしている。空腹時になると食べれそうなものは基本的に何でも食べようと鋭いキバを剥いて襲撃しにかかるのだ。ただし、能力は弱い。経験を積むか装備を整えておけば問題はない。基本的にどんな攻撃も効く。特に水属性か刺突属性を使えばほぼ一撃だろう。

使用する攻撃

バジリスク

リザード系モンスター。一般的なリザード系において最も高い実力と、恐るべき石化能力を持つ6本脚の黄金の大トカゲ。石化能力だけではなく、牙からは麻痺毒、手の醜い鉤爪からはテトロドキシン性の毒を分泌している。仲間こそ呼ばないが、一度に集団で襲い掛かるのは脅威。当然弱点属性で一掃するのが一番楽であり、危険を最小限に抑えやすい。耐性のないチームは石化が来る前に、水・重力属性で一掃を狙いたい。刺突・射撃属性は有効であるが、多少当たりにくいのが難点。石化はもちろん、大地属性・毒・麻痺も無効化される。

使用する攻撃

スターガーディアン

星の守護者。常に星からエネルギーを吸収して、周りに連続で放出しているため、守護神たちから「守護神1の暴れん坊」という異名(?)を持つ。短く言うなら、「子供」がぴったりだろう。

使う技

ニセ竜

特定のシナリオに出現するボスエネミー。気合と魔力で生み出された仮初めのドラゴンで、外見はぱっと見ドラゴンである。しかし、その実態は竜ではなく、人工生命体なのだ。使う攻撃は肉弾戦のみで、ブレスによる全体攻撃などは一切行わない。小細工無しだが、攻撃力のある難敵である。対ドラゴン攻撃などは使用しても普通にしか効かないので注意。気合や魔力で作られた割に、魔法・特殊攻撃、特に大地属性に弱い変な奴。炎属性攻撃を全て反射するので自滅しないように注意。

使用する攻撃

ドラゴンモドキ

特定のシナリオに出現するボスエネミー。名前の通りのドラゴンもどき。やはり外見がドラゴンにかなり似ているのだが、接近してよく見ると鱗は鱗のように硬く、まとまって生えた毛皮であることがわかる。身体能力はドラゴンに近く、なかなかに高いので侮ると痛い目を見る。ニセ竜とは対照的に、小細工無しのブレス攻撃を連射。所詮もどきなので、対ドラゴン攻撃は普通にしか効かない。水属性を吸収、重力属性に弱い。武器攻撃が有効だ。

使用する攻撃

お化け蝙蝠

ヒュージバット系モンスター。通常の蝙蝠型のエネミーの何倍にも及ぶ、巨体を誇るコウモリ。夜間はもちろんのこと、一定時間だけなら日中でもかろうじて行動できると言われている。知能も潜在能力も低いが、攻撃力も生命力もなかなか高い難敵。たかがコウモリと侮るのはお勧めできない。何せエネミーなのだから……射撃属性・雷属性・風属性攻撃で打ち落とそう。空を飛んでいるために、大地属性の一部の攻撃は無効化される。また、暗闇や闇属性にも耐性を持つ。

使用する攻撃

オーガバット

ヒュージバット系モンスター。食人鬼コウモリの異名を持つ、暗所を冒険する者達に恐れられ、忌み嫌われている体長150センチ以上の巨大蝙蝠のエネミー。動きはかなりの巨体が災いして遅いように見えるが、実際は意外な素早さに驚かされることであろう。また、アゴの力が強く性能の低い鎧程度なら肉ごと簡単に噛み裂かれてしまう事うけあい。弱点はお化け蝙蝠と変わらず、射撃属性、風属性、雷属性。暗闇系と混乱系に耐性は強いが眠り系の状態異常に弱い。飛行なので一部の大地属性攻撃無効。闇属性半減。

使用する攻撃

バトクロプス

ヒュージバット系モンスター。廃墟や廃屋などに好んで生息する、単眼の巨大蝙蝠。その巨大な単眼は威嚇効果はもちろんのこと、厄介なことに悪意を持って睨むことで対象にさまざまな悪い効果をもたらす。故に、こいつが生息している地域では一瞬のミスが命取りになると思われるが、幸い知性は低いようで、巨体を羽ばたかせて接近してくる。但し屋内だと奇襲の危険があるのでやっぱりおっかない。射撃属性・風属性・雷属性に弱いのはお約束。重力属性や光属性も有効。大地属性の一部の攻撃は飛行しているという性質上無効化される。闇属性・混乱・眠り・一撃必殺系は効かないので注意。

使用する攻撃

アンダーバーン

ヒュージバット系モンスター。翼竜の一種ではあるが、その性質はあくまでオーガバットに非常に近い。薄暗い地下空間の中に身を潜め、自分が倒せそうな生物の気配を感知すると素早い反応で目前に躍り出てくる。翼竜の一種だけあってか、体内の発達した器官は超音波だけでなく凍傷で相手を苦しめる息をも吐き出すことが出来るようになった。また、翼の振りで鎌いたちを繰り出す。特殊攻撃の数がやや多彩ではあるが、射撃属性・風属性・雷属性、対ドラゴン攻撃で対応できる。一部の大地属性の攻撃はもちろんのこと、暗闇と精神的状態異常・闇属性は無効だ。

使用する攻撃

ツインアーチャー

射撃人形系モンスター。邪教徒が率いる、石像を改造した量産型の呪術兵器の1つ。空中を浮遊しながら移動を行い、両腕の変わりに装着されている弩のユニットから矢で狙い撃ってくる。攻撃は単調なものの、防御力が高いうえに状態異常をほぼ全て無効化する。前衛・後衛のどちらに現れても厄介な敵だが、幸い体力が無いので集中攻撃か威力の高い攻撃を使えばなんとかなるだろう。武器属性は打撃属性以外、属性攻撃は水属性と雷属性以外は半減される。効かない状態異常に頼るより直接攻撃で押しまくること。

ワイバーンパピー

翼竜系モンスター。広い場所に多数生息する、ワイバーンの亜種。本家より小型の体を持つ。体が小さいためか能力は全体的に本家より弱めで、知性も低くあまり大したことのないエネミーに見える。但し数で挑もうと仲間を呼ぶ上、全体に火炎の息を吐き出して危害を加える。耐性は比較的弱いので各自得意分野で速めの応戦を。

特性:ドラゴン系・飛行、弱点:射撃・刺突(×1.5)・風・水(×1.5)、耐性:大地無効

使用する攻撃

プテラノドン

翼竜系モンスター。同名の恐竜に外見が類似する点の多い、飛行タイプの竜の一種。集団で現れ、獲物と見なした生物を集中攻撃しようとする傾向を持ち、更に何があったのか潜在能力で体力を回復してしまうことがある。他にも風を操って繰り出すカマイタチ攻撃の威力もなかなかのもの。特殊攻撃には弱いのでタイダム、ライテージなど水属性・雷属性攻撃でまとめて倒すのがおすすめ。

特性:爬虫類系・ドラゴン系・鳥系・飛行。弱点:射撃・水雷。耐性:大地無効・風(×0.75)・暗闇系無効

使用する攻撃

ドラゴニット

翼竜系モンスター。空中を飛行する、青いウロコを持った中型のドラゴンの一種。群れで現れてムチのようにしっぽを振り回して攻撃するだけでなく口を開いて火炎の息と睡眠ガスの2種類のブレスを吐き出す厄介な相手。戦闘中に仲間を呼ぶことはないので守りを固めつつ攻撃するかまとめて、水属性等でたたみかけて倒してしまうのがベスト。ただ炎属性には強い。

特性:ドラゴン系・飛行。弱点:水・風・射撃。耐性:大地無効・炎(×0.33)・毒系無効

使用する攻撃

ファイヤードラゴン

翼竜系モンスター。空中を飛び回って移動する中型のドラゴンで、炎属性を秘めている。生え揃った鋭いキバで攻撃するほか、ファピーで素早さを上昇したり炎属性のブレスなどを吐き出して襲い掛かる侮れない敵。また、集団行動するだけでなく、ピンチになるとドラゴニットを呼び寄せてサポートさせることがある。仲間を呼ばれる前に、いかに戦力を削ぐかが戦闘を有利に進めるポイントだろう。

特性:ドラゴン系・飛行。弱点:射撃(×1.5)・風(×1.5)・水。耐性:大地無効・炎吸収(×0.5)

使用する攻撃

ウィンタードラゴン

翼竜系モンスター。太古の時代から生息していたエネミーで、飛竜と鳥の両方の特徴を持つ。視力が高く、遠方から食物になりそうなものを発見すると巧みに羽ばたき鋭いキバの生え揃ったクチバシで襲い、肉を喰らおうとする凶暴な種族。個々の縄張りを持たずに山岳地帯や古い廃墟の上部に集団で生息している。

特性:ドラゴン系・鳥系・飛行。弱点:射撃・風・混乱系。耐性:大地無効・暗闇系強

使用する攻撃

プテラノロプロス

翼竜系モンスター。プテラノドンがさらに進化を遂げた翼竜のような怪物。頭部をはじめとする体の一部分を鎧のような硬い鱗で保護している。また、知性が発達したのか進化前より豊富な特殊攻撃までも自在に操り、増援を呼んだりするのはこざかしく思えるだろう。単体での耐久力は低いが数体で現れることが多いのが脅威である。やられる前に雷属性攻撃で押し切ろう。

特性:ドラゴン系・飛行。弱点:射撃(×1.5)・雷(×1.5)・風(1.5)重力(×1.5)。耐性:大地無効・石化無効・麻痺系無効

使用する攻撃

プテラノスバンパイヤ

翼竜系モンスター。吸血鬼の名を冠しているプテラノドンの上位種族で、生命体の生き血に常時餓えてしまっている。バンパイヤと呼ばれてはいるが、決して不死の存在ではなく、ただ血を吸収して腹を満たすことからこの名が付いた。攻撃の手段には乏しいが、全ての攻撃にこちらの体力を吸収する可能性がある。しかし、物理攻撃メインなのでシーゾンやハドマーで身の守りを固めればそれがいい。

特性:ドラゴン系・飛行・体力吸収攻撃。弱点:射撃(×1.5)・雷(×1.5)・風(1.5)。耐性:大地無効・吸収攻撃無効・一撃必殺無効

使用する攻撃

ストームニット

翼竜系モンスター。嵐を司る中型ドラゴンで、暴風圏の中ですら自由自在に飛び回る。珍しい複合属性の攻撃を使いこなし、クセモノの睡眠ガスブレスまで吐き出し、さらに数体で現れることの多い難敵。そのためか単体の耐久力は弱い。高クラス攻撃で確実に仕留めるべきだろう。複合属性攻撃を無効化するのは困難なので耐性に注意したい。

特性:ドラゴン系・飛行。弱点:射撃(×1.5)・重力。耐性:大地無効・麻痺系無効・雷(×0.25)・風(×0.25)・水(×0.25)

使用する攻撃

二ドルバグ

バグ系モンスター。成長すると全長20~30センチにも達する、尻尾に鋭い針を持つ羽虫の一種。外見はどこか蜂のような雰囲気ではあるが幸いにして毒素は一切持っていない。動き回るものに対して、ただただ針で突きを入れてくる。戦闘能力は低く意外と臆病でこちらが強いと判断するとさっさと退散してしまう。装備さえ整えば別に戦闘経験が全く無くても勝てないことはない。

種類・特性:昆虫・飛行。弱点:射撃(×1.5)・炎・雷。耐性:大地無効

使用する攻撃

バグレイジー

バグ系モンスター。毒素を持つようになった二ドルバグの変種。森林地帯に個々の縄張りを持って獲物を狙って暮らしている獰猛な羽虫。尻尾のハリからだけでなく、鋭い前足のハリからも毒を分泌しているが耐性が強ければそれほど怖がる必要はない。大きさ的には二ドルバグと違わないが、戦闘能力は二ドルバグより確実に上である。臆病なのも相変わらずなのだが。

種類・特性:昆虫・飛行。弱点:射撃(×1.5)・炎・雷。耐性:大地無効・毒無効

使用する攻撃

ビーサーク

バードザウルス系モンスター。鶏のような鳥と陸上型の恐竜が融合したような奇怪な外見で現れる、突然変異から生まれたらしいエネミー。脚力が強く、強靭な後ろ足で素早い移動を行う。知能が低く獰猛な性格で、エネミー特有の闘争本能のままに鋭い嘴としなやかで重い尻尾での攻撃でもって激しく標的を倒そうとする。噴き出すガスを浴びると特殊攻撃の一部を封じられるので注意すること。

種類・特性:爬虫類・自動増援(同種毎ターン10%)。弱点属性:雷・混乱系。耐性:不能症系(50%)

使用する攻撃

コカトリス

バードザウルス系モンスター。神話などにも現れるオリジナル同様に、大きな鶏の翼と頭部を持つ陸上型の巨大トカゲの怪物。遺伝子に影響を与える特殊な毒を体から分泌しており、嘴などを打ち込んだ相手を石化させてしまうタチの悪い敵である。また、体の中で渦巻く毒をブレスとして吐き出す。石化耐性が無いのなら逃げるか弱点を突いて確実に抹殺すること、これに尽きる。

種類・特性:爬虫類・飛行系。弱点属性:水・重力・射撃(1.5倍)。所持耐性:石化系(無効)・一撃必殺無効・毒系(無効)・大地吸収(×1)

使用する攻撃

ハングラル

キバ魚系モンスター。一日中満たされることのない食欲に駆られ、時に小型船を襲撃し、時に共食いにまで及ぶ事例が報告されている魚類のエネミー。鋭い牙と体内で生成する強酸を武器に、よく集団で現れる傾向がある。自動増援こそなくなったものの、接近戦を挑むとすぐさま噛み付きを喰らって痛い目を見る。体力が弱いキャラは間接攻撃などでトドメを刺すか最後の攻撃をタフなキャラに任せるのも一つの手。

種類・特性:水棲系・魚類・自動反撃(20%)。弱点属性:雷・炎(×1.5)・刺突(×1.5)。所持耐性水属性(×0.5)麻痺系無効

使用する攻撃

シーチョップ

キバ魚系モンスター。海賊より恐ろしいとも言われ、海の上に生きるものから忌み嫌われる殺戮魚類。暴力的で凶暴な性格しか持たず、群れで弱そうな生物などを見つけると一斉に襲い掛かり、骨までしゃぶり尽くしてしまうのである。また、牙からは密かに即効性の毒が分泌されており、累積で猛毒を引き起こしてしまう。特にこの種族の場合、集中攻撃に走る傾向なために注意が必要。耐久力は低く、やはり炎雷属性の攻撃でバタバタ倒せる。

種類・特性:水棲系・魚類・集中狙い(中)。弱点属性:雷・炎(×1.5)・刺突(×1.5)。所持耐性水属性(×0.5)・毒系無効

使用する攻撃

バラクーダ

キバ魚系モンスター。狩猟生活を送り、広げる生息地域の中にやって来た生命体を皆殺しにあげてしまう悪魔のような中型魚類の一種。同名で呼ばれる魚(オニカマス)のように毒を持ち、それは神経毒となって標的の動きを痺れさせてしまう。そこに鋭い牙で追い討ちをかけて食い殺そうとするのだ。また、低いランクながら特殊能力を持つ。水系を無効化する反面電気には相変わらず弱い。全体攻撃で全滅を狙おう。

種類・特性:水棲系・魚類。弱点属性:雷。所持耐性:水属性無効・猛毒無効・麻痺系無効

使用する攻撃

マリバンツ

キバ魚系モンスター。毒性の強い深層海域から、さらなる標的を求めてやってきたシーチョップの進化種。醜く生え揃った牙から分泌される毒で感染者の体力を削ったり、特殊能力の一部を不発に終わらせる。また、下手な刃物より鋭い胸のヒレから放つソニックウェーブはカマイタチとなって単体に襲い掛かってくる、迷惑極まりない代物。雷属性以外にも大地属性が意外にも有効なので織り交ぜて戦いたい。耐久力低め。

種類・特性:水棲系・魚類・毒回復。弱点属性・雷・大地。所持耐性:水属性吸収・重力属性(×0.25)・毒系無効・一撃系無効

使用する攻撃

ポブメーラ

ノープス系モンスター。暗い場所を好むノープスの亜種で、全身が暗闇の中で光輝くという変な体質を持つ。ノープス同様、いつもは洞窟の天井などに尖った長い口を突き刺して眠っており、眠気が醒めたり敵の存在を感知すると早速と言わんばかりに空中を飛行して襲い掛かる。体力吸収で戦闘が長引く前に、麻痺や眠りで動きに制限を付けるのが有効。闇属性で一掃もできたりする。

種類・特性:昆虫・飛行・フラッシュボディ(回避率が通常より1割増加)。弱点:射撃・風(×1.5)・闇。耐性:大地(一部)無効・光吸収・暗闇系無効

使用する攻撃

シュリーポーツ

ノープス系モンスター。つねに鋭く長い口を上に向けたまま飛行するノープスの一種。卵形の滑稽なフォルムからは想像できないような、安定した飛行能力で標的を追いつめる。眼がいつも眠そうなのはノープス特有の毒素の為だがそれを注入してくるのがこいつの嫌らしいところなのだ。また、火炎を噴出するので注意すること。弱点は水属性。スカイブルーの体色に騙されるな。

種類・特性:昆虫・飛行。弱点:射撃・風(×1.5)・水。耐性:大地(一部無効)・炎(×0.33)

使用する攻撃

パピヨーン

ノープス系モンスター。暗く毒々しい蛾のような羽を背中に生やした奇妙な昆虫型のエネミー。鋭い口先は変な方面に吸引力が増した為に相手のSPを吸収して自分のものに還元する能力を持つ。またりん粉を喰らうと目が痛くなりまともに標的を捉えられなくなるので注意したい。不能症や制限病を誘発させて特殊攻撃を封じるのがいいがりん粉などは封じれない。炎が有効。

種類・特性:昆虫・飛行・リジェネーション。弱点:射撃・風(×1.5)・光(×1.5)・炎。耐性:大地(一部無効)・闇(×0.5)・暗闇系無効・一撃系無効

使用する攻撃

パレィオ

ノープス系モンスター。睡眠欲に餓えながらにして眠りを知らない、ノープスの突然変異種族。生物の体液だけに飽き足らず、鋭く長い口を避雷針代わりにして雷まのエネルギーを吸って生き永らえているうちに落雷を自在に操る能力までも会得してしまった。また、重力属性の攻撃も使いこなす。風属性に超弱いので複数出現時にはウィングストームなどで蹴散らすのが得策か。

種類・特性:昆虫・飛行・引火性(炎・雷属性攻撃で自爆の恐れあり!)・雷属性体。
弱点:射撃・風(×1.5)・大地(×3)。
耐性:大地(一部無効)・一撃系無効・混乱系無効・痺れすぎ無効・重力吸収・雷反射or吸収(×2)

使用する攻撃

ポイズンドラグニス

バトルドラゴン系モンスター。全身から染み出るような猛毒を宿したドラグニスの一種。毒々しく怪しく光る紫色の鱗から、内臓から、爪から取り込んできた毒素を近づくものに振りまき、闘いを求めてあたりを徘徊してゆく。仲間こそ呼び出さないが、腕力を溜めた後の強靭な顎から繰り出す噛み付きは痛烈。また、猛毒にもなる息は広範囲に噴射されるので最低でも1人は抵抗をつけて万全の対策で挑もう。水と刺突が有効。

種類・特性:爬虫類・ドラゴン系・擬似飛行系・毒回復・接触毒(30%)。
弱点属性:刺突(×1.5)水(×1.5)。
所持耐性:重度のものすべて(毒系例外)無効・一撃系無効・炎(×0.5)

使用する攻撃

熱竜

バトルドラゴン系モンスター。爬虫類じみた高熱の竜の一種。レッドドラゴンやファイヤードラゴン、サラマンダーとはまた種族が異なる。ドラゴンと同等の大きさを誇る体からは高熱が発され、直接攻撃を挑むと火傷を負うことは必至である。放たれる炎属性の攻撃もいろいろあるが、中でも麻痺の追加効果もある「ファイヤーブレス」が危険。弱点はお約束ながらに水属性である。尚、接触時のダメージは炎属性耐性のある装備でまず完全に抑えられる。

種類・特性:爬虫類・ドラゴン系・擬似飛行系・炎属性体・接触ダメージ(炎5%)。
弱点属性:水・闇(×1.5)。
所持耐性ほとんどすべて無効・炎吸収(×2)・水・風以外(×0.75)

使用する攻撃

破竜

バトルドラゴン系モンスター。何より闘いを好む凶暴なドラゴンの一種で、雷属性が全体に浸透しきった青白い体を持つ。鑑賞者によってはまるで高貴さすらにじみ出るものの、その実態は熱竜などと変化していない。使用する攻撃はもちろん雷属性で、接触時や「スタンサンダー」を受けると体が麻痺することもある。攻略法については基本的に熱竜同様のものでいい(弱点は変化している)が麻痺する者が続出して全滅にならないよう心がけておくのは欠かさないように。

種類・特性:爬虫類・ドラゴン系・擬似飛行系・雷属性体・接触麻痺(15%)。
弱点属性:風。
所持耐性:ほとんどすべて無効・雷反射or吸収(×2)・風以外(×0.75)

使用する攻撃

寒竜

バトルドラゴン系モンスター。氷山・雪原・海底などの寒かったり冷たかったりする場所に生息する竜の一種。他のバトルドラゴン同様に好戦的で、闘いを求めるあまり海底から逞しく上昇して腕の立ちそうな者や生物を襲おうとすることがある。属性体であるため、間違っても水属性で攻撃することだけは避け、的確に弱点を突くこと。また、複数が気絶に追い込まれることを避けるのも大事だ。

種類・特性:爬虫類・ドラゴン系・擬似飛行系・水属性体・接触ダメージ(水5%)。
弱点属性:炎・光(1.5倍)
所持耐性:ほとんどすべて無効・水反射or吸収(×2)・その他(×0.75)

使用する攻撃

デスグニス

バトルドラゴン系モンスター。修羅と化したドラグニスの類が死の淵を突破した挙句、半永久的に死なない体を手にしたことで生まれた戦闘竜族の一種。体はわずかに朽ちつつあるものの戦闘能力は衰えず、生前以上の腕力と毒性は脅威!また一撃必殺攻撃も多いので、最低1人と言わず2人は対策できるようにしたい。また、特殊攻撃を3回に1回は跳ね返される可能性があるので味方を強め、「対ドラゴン攻撃」の物理攻撃などで切り抜けるのが良いだろう。

種類・特性:爬虫類・ドラゴン系・擬似飛行系・アンデッド・オートタキル(35%)・カウンター(25%)
弱点属性:光(×1.5)
所持耐性:状態全て無効・闇・重力・炎反射(×1.5、×1.5、×2)

使用する攻撃

アギュウ

牛獣系モンスター。二本足で大地を踏み荒らす、大きな角の生えた猛牛の頭部を持つ怪物。攻撃は単調そのもので、二本ある発達の進んだ大きな足で踏みつけたり鋭い角を振りかざして大打撃を与えてくるだけである。しかし力が強く、特に体に力を溜めた後の攻撃は未熟な冒険者なら一撃で行動不能に追い込むほどのダメージを与えるので注意。有効な攻撃は多く、炎属性が戦いやすい。

種類・特性:獣。弱点属性:炎(×1.5)。所持耐性:特に無い

使用する攻撃

ラカギュウ

牛獣系モンスター。人間亜人狩りを好む為に恐れられる、アギュウと同種の怪物。赤みがかったおとなしめの紫色の毛を生やしたその体はちょっとやそっとの攻撃では致命傷を負わせるのがやや難しい。また体の大きさも攻撃力もアギュウより優れている他、鼻から黒煙のような息を噴出して命中率を下げる。確実に攻撃できる水属性の特殊攻撃などで撃沈してしまおう。

種類・特性:獣・自動防御(10%)。弱点属性:水(×1.5)。所持耐性:炎(×0.5)・打撃(×0.75)・射撃(×0.75)

使用する攻撃

ダイアギュウ

牛獣系モンスター。大地属性を体に秘めた、アギュウの進化種族。大きな足での攻撃はもちろんのこと、鋭く大きな角で容赦なく繰り出す突進攻撃は防御しにくい上、特性と相まってかなりの威力を生み出す。また、地震は全体に被害を与える。大きな外見にたがわず高い生命力を持つため、弱点でも一撃で倒すのは困難。行動封じや集中攻撃を併用して立ち向かうべし。

種類・特性:獣・オートチャージ(20%程度)。大地属性。弱点属性:重力・刺突(×1.25)。所持耐性:大地無効・雷(×0.75)・能力低下(×0.5)

使用する攻撃

ツイカク

牛獣系モンスター。重力を自在に操ることから「潰角」と漢字でも書かれる2本足の牛獣。アギュウ同様、太く重量級の足や大きな角を生かした攻撃がメインだが角に超重力をかけて全体に「重力砲」を発射してくる危なっかしい敵。また重力砲だけでなく「グラビトロンホーン」の威力も強く、打たれ弱いと一撃で倒されるほど。重力属性抵抗がある装備品や防御力上昇で守備を固め、集中攻撃に気をつけつつ大地属性攻撃で体力をどんどん削っていこう。但し、バリアで守備を固めたり状態異常が早く回復するのには注意。

種類・特性:獣・集中狙い(中)・異常自動回復(50%)。弱点属性:大地。所持耐性重力吸収(×2)・闇(×0.75)・睡眠系無効

使用する攻撃

シグカウム

牛獣系モンスター。<暫定的に終わりです>あらゆるものを破壊する、とても凶暴な性格のアギュウの突然変異種。体の後部から生えた太い尻尾で周囲をなぎ払い、勝負を挑むとなると鋭い角を前方に突き出し、犠牲者の体を刺し貫いて破壊しようとする。力任せの直接攻撃の数々以外にも、鼻から高温の炎を噴出したりしてこちら全体に攻撃してくるのも特徴だ。特殊攻撃への耐性はなかなか強い。ここは物理攻撃で真っ向から勝負を挑んでゆこう。但し反撃もあるので残りの体力のことも計算に入れてから行動を決めておくように。

種類特性:獣・凶暴化・逆恨み。弱点属性:刺突(×1.5)所持耐性:毒系無効・麻痺系無効・暗闇系無効・一撃無効

使用する攻撃

健康第1さん投稿

魔女(まおんな、と読むそうです)

昔は偉大な魔術師だったが最近眠りから覚め、ほとんどの呪文を忘れてしまった外見は究極に美しい(寝ると美貌にいいのか?)だが、性格がバイオレンスで召し使いを戦わせるのだ主人公一行が召し使いに勝つ後戦うが召し使いの方が体のパーツも多くHPMPも高く能力が上回るなぜ召し使いなんだ?召し使いよ……。

ラスボス・狂犬

主人公ストーカー(普通の名前ですよ)の住んでいる国の国王。このゲームはこいつを倒すのが目的です。しかしこいつは最強です(マジで第四形態までありしかもその前に2回ザコと戦います。それについてはまた説明します。

  1. 第1戦ポリ公4体
  2. 第2戦ポリ公2体+親衛隊2体
  3. 第3戦親衛隊4体
    ここまでは余裕です次からのスケルトン皇帝戦4回がキツいです

スケルトン 皇帝の古文書

  1. 第一形態 魔の鎌を持つその姿は死神の如し
  2. 第二形態 いかなる魔物もその剣には敵わぬ
  3. 第三形態 頭蓋骨を砕かぬ限りその体は永久不滅
  4. 第四形態 その命尽きたとしても魂と怨念は主を狙う

シークレットワーム

レアなモンスターで倒すと絶大な金と気絶するほどの経験値がもらえるブラボーなモンスターしかしめっちゃんこ(死語?)強くて1セルにしか出ない上に出てくるマップが広くてしかもエンカウント率が低いのでその姿を見ないで終わるプレイヤーも多いおまけに始めて洞窟へ来るときは親父が「おお!凄いモンスター」とか言ってる結構ヒント的親父だが一回見つけた後のプレーでは邪魔な存在

しるしさん投稿

カト

ボスクラスの植物系魔物。本体は縦に口が裂け、6つの目らしき突起と葉のある、ずんぐりとしたマンゴーみたいな物体だが、全身から生えた蔓が本体の周りをびっしりと覆っている(というよりも蔓の総質量は、本体の其れを遥かに上回る)。本体に近付いて戦う時は、上方の蔓を全て先に片付けないと、本体死亡時に、其の蔓の下敷きにされる可能性がある。国1つを丸々覆ってしまう程に蔓を成長させ、其の土地から陽光を奪い、作物を全滅に危機に晒した。元ネタはアジアの神話に出現する同名の魔物より。データーはツクール2000のものです。

分担するのにピッタリな敵? 勝也さん

これから書くのはツクール5専用ですのでご注意です。今回はモンスター集のクラブ兵を使って説明します。たとえば、それぞれの役などを選ぶとしたら……

クラブ兵……補助系魔法
スペード兵……攻撃専門
ハート兵……回復魔法
ダイヤ兵……防御だけの邪魔キャラ

役はそれぞれで決めてもらえばいいんですけど、僕はこう考えました。役にたたなそうですね……とりあえず参考にしてみてください!

エンクィラ

火の鳥、スイクィラとそっくりで違いはくちばしの色のみ、スイクィラとセットで現れる火属性耐性最大、水・氷属性に弱い、スイクィラとは違い攻撃的

使用技

スイクィラ

水の鳥、エンクィラとそっくりで違いはくちばしの色のみ、エンクィラとセットで登場水・氷属性耐性最大、火属性に弱い、エンクィラとは違い防御をこなす

使用技

シェルドラゴン

分厚く硬い甲羅に身を包んだドラゴン。 それはゾウガメを想像できるぐらいの甲羅を持ち、その甲羅を使い人間を攻撃する。

使う技

グラスドラゴン

ガラスでできたドラゴンの形をしたゴーレムの一種無属性、氷・水に耐性あり、HP、防御がとてつもなく低いが攻撃力、素早さはラスボスクラス

使用技:硝子の棺 無属性の全体攻撃通常攻撃より威力は低い、5%の確率でマヒ(もしくはそれに類するもの)

アーカン

幸運を招くとされる豚、何もしないで逃げるだけなので敵とはいえないかも……HPは高いが倒せればレアアイテムをもらえる

yyさん投稿

操られた少年

 謎の帝王に操られた少年(なぜ少年を操ったかは知らないが)こいつはほとんどの行動が逃げるになっている……しか~し!こいつを倒すと!な~んと!……最弱の回復アイテムが1つ必ず手に入ります!……ばかですね……はい……おれがばかでしたよ……なんでよりによって最弱なんだ!(涙?)

ゴッドドラゴン

名前そのまんま(笑)ラスボスのペット(!?)としてラスト直前に戦う

海王守護神 スチールサーペント

宇宙に存在する守護神より格が少し低い守護神。海を守っており、悪の心を持った者を感知し、襲いかかる。良い心を持つものには攻撃しないが、場合によってはスチールサーペントが認め、勝負を申し込むこともある。海に住んでいるため氷属性と思われるが、そのことを考慮してか、鋼のエクストラエレメントも持っている。

使う技

天空の守護神 スカイドラゴニー

天空を守る守護神。一見ドラゴンのような体を持っているが、実はスチールサーペントが翼を生やし色を変えただけのモンスターである。天空にいるため風属性と思われがちだが、エクストラエレメントとして、聖属性も持っている

使う技

火山の守護神 フレアガーディアン

火山を守る守護神。体は血のように赤くスチールサーペントに酷似しているが実際は全く別のモンスターである。気が荒く、通りかかった者全員に攻撃を仕掛けるためけが人が多数いる。尚この守護神だけ、クリスタンスビッグバンからエクストラエレメントを授かっていないことから、クリスタンスビッグバンとは犬猿の仲のようだ

使う技

大地の守護神 アークフライ

大地を守る守護神。トンボにどことなく似ている姿からわかるように、竜蜻蛉族(りゅうとんぼぞく)の一種と思われる。名前とは裏腹に属性は雷であり、惑星守護神の中では最強とも言われる。またこのモンスターのみエクストラエレメントとして、闇・風の2属性を持っている。

使う技

投稿者不明
(編集中にわからなくなっちゃいました……
 すみません!  byクリス_NK)

大気魔人 画像なし(ぇ

使ってくる魔法

技能通常攻撃は使ってこない。

ブラックプリン

闇属性モンスター。プリンに魂が宿ってなぜか黒い部分(?)だけがプリンの形になった。なぜプリンなのかは不明。(ぉ名前

ブラックプリン画像

プリンの形をしているが黒いだけ(獏使ってくる魔法

特技

ナイフハング

殺人鬼モンスターの下級。名前どおりナイフをぶら下げている。いきなり斬りかけてくる事がある。

使う技:二等流 名前どおり二等な技で二刀流をしようとして 失敗してできたとか

ナイフマスター

殺人鬼モンスターの中級。ナイフを見事に操り相手をずたずたにする。手裏剣も使える。

使う技

ガンマナジー

殺人鬼モンスターの初級。銃の狙いは抜群。身長が2mはある。

使う技:早撃ち 一瞬で銃を撃つため同時に3回相手に当てれる 

ショルダロケット

殺人鬼モンスターの中級。肩にロケットがある殺すのを好み会った生き物すべてを吹っ飛ばす。

使う技:ロケット 肩からロケットを発射し 威力は町を一つぶっ壊せるほど

マスターキラー

殺人鬼モンスター上級。体に4種類の兵器が取り付けてある。

使う技

マキシマムキラー

殺人鬼モンスター最上級。他の殺人鬼モンスターの使う技を全てパワーアップして使える。

使う技:他の殺人鬼モンスターの技すべて

神(しん)

特徴形のない完全な存在隠しボス。倒すにはまたまた隠しボスを倒す。さらにそれを倒すにも隠しボスとなっています。ストーリー中主人公などは普段着を着てますしかし隠しボスを倒していくには武器やら装備やらを手に入れないといけないのです。最後の敵が神で鎧がないと1万はくらいます

本編中1回出会い仮の姿に破れる(ほんとうのすがたは見えないサイズで頭 右手 左手右足 左足 となっています)

ディプノイド

大浄化の際に海へと流された人々が生き残ろうと必死に足掻いた末の姿。知能は低下し、魚のような姿をしている。海底の遺跡や洞窟に生息していて稀に海浜付近の民家や航海中の船を襲う。

バズコンダクター

小さな蜂のようなモンスター。様々な生物の死体に寄生する。寄生された死体はバズコンダクターの指示に従って動き獲物を狩るために使われる。生きている標的に寄生すると、寄生した生物を混乱させる程度しか出来ない。