☆ギャグ特集☆

ドリフ

自作RPGのとあるダンジョンで、井戸の紐をどうにかするイベントがあるのだが、そのイベントであることをすると、頭の上から金たらいがおっこってくる。そのときの「主人公」のコメント。「……ドリフかいっ!」

VOW物件

 VOWと書いて、バウと読みます……。え~っと、これは説明が難しいのですが、街の看板や標識そういった物では普通笑いを取らないですよね、ところがそこに明らかに間違った日本語(ジュース→ジゥスー等)を入れればあら不思議!いきなり不思議な物体に大変化! それから、異様にセンスの悪いオブジェ(道のそばに気持ち悪いとびだし小僧等)や、やけにダサいネーミングのモンスターやアイテムなんてのもありかと……。
 これはつまり根性入れて一箇所に大きい「笑わせポイント」を置くのではなく、小さい笑わせポイントを置くと言う考えです。こうしてどこから笑わせイベントがでてくるかわからない状態にすること、で大きい笑わせイベントにありがちなキャラクターのギャップと言うぎこちなさを少なくすることが出来ます。それと突っ込みは少なめに! 「笑え!」と言われて笑うより、「何だこりゃ!」と笑いを見つける方が楽しいですから。

お子様のお弁当なんかにピッタリコ♪

注 このギャグには残酷な描写やグロテスクな表現が含まれて……いると言えるのだろうか?

Myゲームに登場するかなりぶっ壊れ気味な性癖の人外キャラの台詞

「そうそう、君はタコさんウィンナーは好きかい?
 僕は大好きなんだけど
「いいよね~、あれ。
 まず、肉をこれでもかと引き潰し、
 ピンクの腸の中に無理矢理詰め込んで
「その後数時間、
 魔女裁判を彷彿させるかの如く煙で燻し、
 完成しましたウィンナーソーセージ!
「それを敢えて、デビルフィッシュの
 異名を持つ生物の形に切り刻む!
 ああ、想像するだけでヨダレ物!
「人間も中々いいセンスしてるよね?
 正に、お子様のお弁当なんかにピッタリコ♪

 長過ぎ……(爆)

てゆ~か~、チョ~ネタバレ?みたいな~!

神出鬼没で無礼横行。超絶美形好きで、や○いOK(になった)。美形男と見ると、人目も憚らず暴走。エセコギャル語を好んで用いる(最早死語)。色々と、完璧に頭が飛んでいる。

……だがしかし。彼女には、魔王や神をも凌駕する、恐ろしい力を秘めている。あらゆる事象を操り、時空転移までも使う。腕力を行使すれば、巨大岩をも一撃で粉砕し、脚力を行使すれば、100mを5秒で走る。最早、人であるかも不明なトンデモ生命体。外見上は人間女。

暴走魔法少女

とあるアイテムを持っている状態である少女に話すとイベントが発生。そのアイテムを少女に渡すと、そのアイテムで魔法を試すが、パーティがとばっちりを喰らう。渡さないと、暴走魔法少女(仮名)と戦うハメに。元ネタは、有名なアレです。

武器屋のおやじ

武器屋のおやじが寝ている後ろに宝箱がある。開けると武器屋のおやじが目を覚まし、パーティーに襲い掛かってくる。無茶苦茶強い。負けるともちろんゲームオーバー。物色が主流のRPGが常識になっているからこそできる心理的トラップを絡めたギャグイベント。武器屋のおやじだからってなめないように。

ギャグ(なのか?)

友達の弟が作っていたイベントです。
ラヂウムおんせん
「われわれは、ウンブリエルさまのてしただ!
 ラヂウムおんせんを、うめたててやる!」
この後、イベント(敵)が移動していき、うめたてポイントまでいくと、
「人は、同じ過ちを繰り返す……」(Zガンダムネタ)
となり、ゲームオーバーに。うめたてポイントまでに追いつくとクリア!というやつでした。(笑)