『EL DORADO of the CHILDREN』登場サブキャラ紹介

 サブキャラクターについてはシナリオ製作の進展に伴い、少しずつ増えていきます。

1.メインじゃないけどお友達・後輩とか

スティア第二小学校6年2組の面々

 フィルたちのクラスメート。2人はリューイたちと同じ集落(アルレオットが丘)に、2人はマクセルたちと同じ集落(ミスエスニュータウン)に住んでいる。

スティア第二小学校6年1組の面々

 チェニアたちのクラスメート。2人はリューイたちと同じ集落(アルレオットが丘)に、2人はマクセルたちと同じ集落(ミスエスニュータウン)に住んでいる。

ザッハ・シュトゥリューデル   イメージ声優:入野自由

 10歳・小学5年生(5年2組所属)。5年生の中では成績がいいほうで、どちらかというと内向的な性格。あまり感情を表に出さない静かな子。趣味は読書(漫画じゃなく文学書)で、本を読むたびごとに感想をつづっており、それがそっくりそのまま図書室に「ザッハの『この本の勧め』」なるノートが置いてあるほど。基本的に外に出て遊ぶことはあまり多くないが、グランの弟に引っ掻き回されてあちこちで酷い目に遭っている。嫌いな食べ物は特になく、緑黄色野菜が大好きというちょっと変わった子。

レーシア・ウッドロッド  ©桃隆   イメージ声優:南央美

 10歳・小学5年生(5年2組所属)。優秀な神官夫妻の間に生まれたため、非常に信心深く、至っておしとやかな女の子。フィルのことを実の兄のように慕っている。世の中のことにはあまり関心がないようで、少々世間知らずなところもあるのだが、それでも他の子どもたちと遊ぶことでいろいろな知識・知恵を学んでいく。やはりグランの弟に引っ掻き回されること多し。好きな食べ物は特にないが、以前とんでもない食中毒に遭ったことがあったらしく、エビ・カニ・イカ・タコ・貝類全般などの骨のない魚介類が苦手。

タレイア・ニーセファン   イメージ声優:豊崎愛生

 10歳・小学5年生(5年2組所属)。あまり外に出ることがない少女で、暇さえあれば絵を描いているかオルガンを弾いている。グランの弟に引っ掻き回されることもあるが、基本的にはグランの弟とはかかわりあいたくないらしい。ただ、簡単な回復魔法を使えるので、それで呼ばれることもある。天丼が大好物だが、逆にうな重が苦手。

メアネット・エミティセリア   イメージ声優:沢城みゆき

 10歳・小学5年生(5年2組所属)。

2. 先生方

ガーネット・エルロス   イメージ声優:冬馬由美

 スティア第二小学校6年1組担任、27歳・独身。アイリーズ出身だが、大学卒業後にその国の教育委員会とちょっとしたいざこざがあったためディアノスに移住。
活発で明るい性格で、授業もクラスの雰囲気に合わせてテンポのいい教え方をする。児童からもPTAからも好評で、おかげでこのクラスの成績は他の学校とは類を見ないほどいい。社交的でもあり、親たちとの相談会や家庭訪問も随時行っており、教師としては理想的な存在だ、といえる。自分の担任している6年1組だけでなく、2組の授業にも顔を出し(音楽・家庭)、2組のことについてもかなり詳しく知っている。

 かつて国体のレスリング選手でもあったため、時に大技を繰り出してお仕置きをすることがある(主にジャーマンのままフォール固め10カウント)。しかも、なんと酒に関しては異常なまでのザル。吐くまでガバガバ飲むため、一緒に酒の飲める相手ができるとすぐに酒盛りを始めてしまう辺りはどうかと思うのだが……。ちなみに、泥酔が過ぎると翌日マトモに頭が働かず、1時間目や2時間目を自習にしてしまうこともあったりする……。

アーサリック・ラットウント   イメージ声優:佐々木望

 スティア第二小学校6年2組担任、25歳・独身。
 インテリな外見を持っているが、同時におしゃれにも気を遣う。児童のやりたいことにはなるべく応えるようにし、更には必要とあれば自分の手も貸すという点で、男女ともに人気のある教師。大学時代に教員としての勉強のほかに、精神面の問題に関しても進んで勉強していたためいじめなどの問題に関しては非常に詳しい。そのため、クラス内で問題が起こったときには率先してその状況を解決したいと思い、実際に行動する。リューイやエルミーネ、フィルといった心に何らかの傷を負った児童のことは特に気にかけており、他のクラスの先生とも協力しようとする積極的な先生。音楽と家庭科に関しては1組のガーネット先生に任せており、その間は1組で教鞭を執っている。

 新任教師でスティア第二小学校に初赴任したが、ガーネットとはまた違った教え方が好評で、教師としての才能は天下逸品といえる。1組同様、広域地域内の小学校の中でも類まれなる成績を誇るほど。まさに教師として生まれるべくして生まれた人物だといえる。ちなみに週末に出す宿題の量は結構なもので、酷いときにはブーイングが飛んでくることもある。

3. ご家族・キーキャラクター

ハーザ・ルー

 フィルの父。ディアノス警視庁捜査一課の刑事だったが、スティア警察署に異動。息子のためを思っての異動であるが、忙しさはあまり変わらず、フィルと過ごす時間がなかなか取れないことを気にしている。

ネフィン・ルテリーナ

 エルミーネの母・主婦。しつけに厳格な母親で、女の子らしさをあまり意識しない
エルミーネに結構うるさい。ただしエルミーネに対する愛情は父以上。

イサレス・ルテリーナ

 エルミーネの父。元は一等航海士だが、腰を痛めて現役から引退している。
現在はその間に習得した外国語の各種書物の翻訳をしている。

クラルト・マーリスト

 アルの父。消防隊員。仕事柄どうしてもアルと一緒に過ごす時間が少ないものの、
一緒になっている時間はなるべく楽しく過ごそうと思っている。
どこでも眠れる(しかも立ったまま)という特技を持っている。

イリサ・マーリスト

 アルの母。トレジャーハンティングが趣味で、定期的に遠出するが、
家にいるときは家事を率先してこなすれっきとした主婦でもある。
世界各国の様々な遺跡を調査するのが彼女の仕事。

ラフマルク・マーリスト

 アルの祖父で、不動産屋をやっている。
スティア町の全ての家に関して知っているので、
何かわからないことがあればおじいちゃんに聞くとよろしい。

レサア・マーリスト

 アルの祖母。お茶とみかんとコタツが大のお気に入り。
隠居ばあちゃんがアルの面倒を見ることも多い。

ハルバナーク・バーンエリソス

 グランの父で、専業農家。
地区内に畑や水田をたくさん所持している、豪快な親父さん。

メールア・バーンエリソス

 グランの母で、やはり専業農家。
主に花を栽培しており、季節になったときの畑は美しいの一言。

ソリセリア・バーンエリソス   イメージ声優:佐久間レイ

 グランの姉。姐御肌の豪快な女性(高校1年)で、とりあえずグランが騒いでいるのを見るとちょっかいを出したくなる。たまの息抜きにトランプをするのが好きだとか。チーズが大の好物で、他人が食べたがらないのを見ては没収(笑)していく。嫌いな食べ物は特になし。

シュイエル・バーンエリソス   イメージ声優:坂本千夏

 グランの弟。5年2組の悪ガキ坊主で、とかく人を巻き込んではあっちこっちを冒険したがる困った子。兄のグランのことを「バカ」と呼んでいるが……どっちがバカなのやら……。焼肉が大の好物だが、ニンジンとピーマンが嫌い。

タタル・チェルーシー   イメージ声優:植田佳奈

 エンジュの家庭教師(アルバイト)としてフィルたちと知り合った、ディアノス国では中堅の大学・サーサナス大学理学部化学科に在籍する大学1年生。当然アルケミスト魔法にも造詣が深い。おっちょこちょいなところがあり、エンジュの家庭教師をしていても時たま大ドジをかます。大学では鉄道研究会というサークルに入っているため、どこに行くにはどう行くべきか的確に教えてくれる、冒険好きのお子様たちにはありがたいお方。

 ちなみに麻雀が大の得意で、必殺技は暗槓から嶺上開花して三暗刻のツモあがり。その他四暗刻など、刻子・対子系の役が大好き。槓をすればドラもごっそり。

バハール・エムヴォデス

 ユータの父(他界) 集落で疎んじられていたユータのことを気にかけ、何とかしてやりたいと思っていた、父親の鑑。

シャターリーザ・エムヴォデス

 ユータの母(他界) ユータの姿を見て初めは困惑していたが、その後は「この子と一緒に仲良く暮らしたい」と思うようになっていった。

エルニア・シェヴィリッヒ

 マクセルの母。マクセルたちは軍人ではなく平和な世界に生きるべきだと考えており、マクセルを連れてディアノスに移住する。

マーヴェイル・シェヴィリッヒ

 マクセルの父。エルフタル共和国の自衛隊の一等陸佐だが、そのことで妻と大喧嘩をやらかして離婚。現在は単身エルフタルに残っている。がちがちの軍人肌の持ち主。

ドヴェルド・オートホルン

 デイジーの父。信心深い僧侶で、布教のためにデイジーたちを連れてディアノスにやってきた。
マジメで冗談が通じないところもあるが、基本的に物静かな性格。

ミリフィー・オートホルン

 デイジーの母。愛娘を優しく諭す姿はまさに聖母。他にも全般に宗教には詳しく、
ユグドラルの妻・アンフィーとも知り合いで、時々根詰めた話をすることもある。

ウーソー・アカドラ   イメージ声優:緒方賢一

 マァサの執事だが、亡命で上陸寸前に行方不明になってしまう。安否は不明。

マイティル・テルゼイグレス   イメージ声優:根谷美智子

 スティア北内科医院の院長にしてリューイの母。39歳。土曜・休日・夜遅くまで診察を受け付けていて、腕もいいので評判の医師だが、そのせいでリューイが寂しい思いをしていることには気づいていない様子だった。リューイのいじめを理由にスティア町に引っ越してきたが、相変わらず医師業務に追われる日々が続いている。しかしながらその診断は非常に的確で、ご近所では何かあればスティア北内科医院という評判もたっている。

アルベル・ニーフェルシア   イメージ声優:千々松幸子

 スティア北内科医院の看護師。39歳。チェニアの母親で、チェニアとリューイが幼馴染になったのはこの縁からである。スレンダーな女性だが、いざ急患となるとベテランも顔負けの的確な判断で治療に取り掛かる。看護のプロフェッショナルではあるが、やはり愛娘チェニアのことが心配でたまらないらしい。奇しくもチェニアとリューイという同い年の子供を持つ同い年のママさんだったりもする。

ヴィンディデス・ラルロールック   イメージ声優:安井邦彦

 ディアノス国のシアリーズ島海沿いにある魔族の集落の長老。不幸な形で親を亡くしたユータに好意的に接している。

リズニア・ウェセリーザ   イメージ声優:宮崎美子

 スティア北内科医院第2診察室を任されている心療内科医。35歳と若いながらそのアドバイスは的確で、患者からの信頼も厚い。

エスト・ベクホルツ   イメージ声優:宇治原史規

 スティア北内科医院第3診察室を任されている循環器科医。初めは大病院での勤務を目指していたが、病院内の派閥に頭を抱えて、スティア北内科医院に勤務することに決めた。ジェディテックスの外科手術の実力を間近で知っているだけに、手術が必要な循環器疾患は大概彼宛に紹介状を書いている。

ジェディテックス・モールバセン   イメージ声優:菅広文

 サーサナス市民病院の循環器科でもとりわけ腕がよいため、紹介状を持っていかないと診察を受けられないほどの評判の医師。特技は人工心肺下での開心術(特に子供の先天性心奇形の修復術の技術は国内随一)と、胸腔鏡を用いた心血管の修復。エストとは高校・大学時代の同級生で非常に仲がよく、互いにその腕前を信頼している。

ウェステスト・コーラティナ   イメージ声優:中村玉緒

 ディアノス国の首都エミレイアに在住。ふくよかな肌を持つ初老の女性占い師。「麻雀配牌占い」という独特の占いを行う。通常麻雀で使用される136牌を裏返しにして完全にかき混ぜ、占いをする相手に、占って欲しいことを徹底的に暗示をさせ、その中から13枚をつかませで、その手の高さや役の希望性、更には色や数字までを総括して占いとする。極めて物腰穏やかで、占いの料金も取らない、もしくは募金にするなど、とことん慈善家でもある。主人公たちが大海に出ようとするときにばったり遭遇し、彼らの今後を占って去っていく。また、多少の現金を払えばその他気になることも占う。

4. ゲストキャラの皆様

ユグドラル・ウッドロッド  ©桃隆   イメージ声優:子安武人

 32歳、男、神官戦士。12年前までは傭兵をやっていた、今は破邪を生業とする神官戦士。12年前、瀕死の重傷を負って、とある教会に辿り着いたところ、そこで働いていたシスターに看病されて一命を取り留める。シスターの愛に打たれて、殺生ばかりしてきた傭兵という職業から足を洗い、神学と術を猛勉強し、神官となる。スティア町の遺跡探索も務めている。

 ちなみに、看病してくれたシスターとは結ばれ(下記のアンフィー・ウッドロッドその人)、現在10歳の娘(レーシア・ウッドロッド)がいる。神官戦士になる前はクールで冷酷だったが、神官戦士になった後はかなり温和に。一人称は「私(地が出ると俺)」、二人称は「君、お前」。フィルの師匠でもある。

アンフィー・ウッドロッド  ©桃隆   イメージ声優:雪野五月

 そのユグドラルの妻。28歳。ユグドラルを看病する間に彼に愛情が芽生え、ユグドラルの告白とともに結婚を果たした。大変に淑やかな性格で、温和に人に接するなど、人当たりのよさでは集落一。紅茶やハーブティーを入れるのが得意で、井戸端会議では必ずといっていいほどご馳走する。たくさんの紅茶・ハーブティーのストックを持っており、気分によってお茶の中身も替えるとか。ユグドラルに指導を受けているフィルに対してはまるで実の息子のように接してくる。

リト・ルー  ©イスリス   イメージ声優:皆口裕子

 フィルの母親。しかし体が弱く、フィルが6歳のときに死去(享年33歳)。高名な魔術師でもあり、死が近づいたころに自分の持つ魔力をフィルに託そうと、1つの宝石に自分の持つ魔力全てを込めておいた。医療知識も豊富で、彼女がフィルの人生を決定付けたといっても過言ではない。

Hikari Foxglove

ヒカリ・フォックスグラヴ  ©ひさなぽぴー   イメージ声優:津村まこと

 8月26日生まれ・11歳。スティア第一小学校6年3組の児童。見た目は女の子っぽいが、れっきとした男の子。ちょっとおとなしいところところがあるのがなんとも頼りないけれども、リューイと互角レベルの頭脳明晰な少年。逆にスポーツは壮絶に不得意。

 民族的にありえないような翠緑色の瞳をしていたことから、「緑っ子」だの「化け物」だのとひどいいじめを受けていた。さらに、容姿が女の子っぽかったこともあって「女男」などと馬鹿にされるなど、完全にクラスでは孤立していた。また、母親と二人暮らしなのだが、母親は仕事が忙しくてかまってもらったことはない。そういった環境的な要因が重なり、かなり人間不信なところがあり、幼馴染のアリスだけが唯一の友達であり理解者。

 ある時、クラスの悪ガキに女子の制服を無理やり着せられるという暴力を受け、それ以来自分自身のジェンダーアイデンティティをはじめとする「自分は何のために生きているのか」という問題を強く考えるようになる。いじめられているところをフィル立ちに助けられ、その後彼らと顔見知りになるが……。

 特技はイラストを描くことまた、歌が非常にうまく、高いきれいな声から繰り広げられる世界は幻想的そのもの。

 父親は彼が幼いころに他界し、内科医の母親と二人暮らしである。

アリス・ウーヴンハット  ©ひさなぽぴー   イメージ声優:吉田小百合

 3月14日生まれ・14歳。6年3組のクラス委員長。男を素手でぶん殴ったりつかみかかったりするほど活発な女の子だが、内面はきちんと女の子らしくありたいと思っている。幼馴染のヒカリがいじめられているのを見ては、いじめっ子を叩きのめしつつ彼をたしなめる役回り。怒るとかなり怖く、その点はある意味ではチェニアと双璧とも言われている。いつも黒水晶がはめ込まれた金細工のペンダントを下げている。

 いつもいじめられていたヒカリと普通に接していた唯一の存在で、ヒカリにとって心の支えでもある。かなり活動的な性格で、更には児童会長まで勤め上げてしまうリーダーシップ溢れる女の子。彼女がいなかったらたぶんヒカリは生きていけなかったかも。母親がヒカリの母親が院長をやっている内科医院の看護師長を勤めている関係から、ヒカリとは保育園から付き合いがある

 どんな人とでも分け隔てなく付き合える裏表のない心を持っており、学年全体にヒカリの存在を認めさせたがっている。責任感が強く、芯も一本通っているため、彼女を頼りにしている人は多い(ヒカリに関すること以外)。

 外交官の父親と看護師の母親と、5つ下の弟がいる。その外交官の父の影響を受けてか、音楽の好みはいわゆる洋楽が中心。もちろん英語もネイティブと会話できるほどの実力を持つ。

 学校内のクラブ活動でバスケットボールをやっており、新チームのキャプテン(PG)を務めている。

旅する悪魔  ©夜空屋   イメージ声優:速水奨(悪魔時)/丹下桜(少女時)

 絶大な力を持つ異世界の魔王の一人で、「書物の魔王」と呼ばれる。この世とあの世の全ての書物を読破したと云われている。全ての言語を理解でき、話すことができる。魔王の中でもかなりの変わり者で、ひねくれた言動を除けば、いい人である。魔王が異世界で活動するためには、魔力が高い何かを肉体としなければならない。彼の場合はある少女を肉体として活動している。理由は召喚された時に召喚者がその少女を生贄にしたため。召喚者は現在は死亡。人間の前にいる時は少女の姿を借りる。旅の目的は、彼の肉体となり、永遠に縛られた少女の解放。

5.主人公の敵になる方々

キース・タイバー   イメージ声優:関智一

 スティア第1小学校の悪ガキとしてあまりに有名。実はチェニアに恋焦がれており、普段一緒にいるフィルたちスティア第2小学校の面子のこと(とりわけよく一緒にいるフィルやエルミーネ、リューイ)をとーーーーっても、疎ましく思っている。そのため強硬手段に出ようとすることもまれではない。相手の嫌がらせに対してはとにかく執拗なあたりが悪ガキの名で呼ばれるゆえんらしい。

アンネス・ブーンラルティン   イメージ声優:緑川光

 ディアノスの魔族集落に住んでる魔族。魔族集落にいた頃ユータを仲間はずれにするなどしていじめてたとんでもない張本人。気まぐれな性格の持ち主で、特技は他人の意識の中に入り込むこと。魔法は召喚魔法が得意。

シルア・ニールネル   イメージ声優:

 アンネス同様魔族集落に住んでいる魔族。マントの下にはやっぱりバッチリ羽が……。その場その場の感情に流されやすい、ちょっと気の弱い女の子だが、アンネスに混ざってユータをのけ者扱いしていた張本人。

イーノア・アクティム   イメージ声優:井上麻里奈

 現在設定検討中

顔素材引用元