『EL DORADO of the CHILDREN』プロローグ

『EL DORADO of the CHILDREN』物語の始まり

 私たちが住む世界とは全く別の世界――そこでは科学技術と魔法が融合され、独自の文化を築いていました

 そんな世界に住む一人の少年、「フィル」。普通、魔法はある一定水準以上の才能を持つ人々が、厳しい修行の末に身につけていくもので、ごく限られた人たち(いわゆる「エリート」とでも言うのでしょうか)にしか使えない、まして小学生などには使うことが出来ないはずですが、どういうわけか彼は生まれつき僧侶の魔法を使うことが出来たのです。彼の母親(彼が6歳の誕生日を迎えた直後に死亡)は高名な魔術師でしたが、それでもいきなり子どもが魔法を使えるというはずはありません。もともとは首都のエスアリー島・エミレイア市に住んでいた彼ですが、刑事である父の転勤という事情から、田舎のスティア町に引越しをすることになりました。そこで彼は、新しい出会いをすることになります。スティア第二小学校の6年2組に新しい仲間が出来たのです。

 都会にずっと暮らしていたフィルにとって、田舎の生活はとても新鮮なものでした。毎日いろいろなことを学び、そして自分も友達を大切にしていくうちに、彼ら親しい友人たちとの間にしっかりとした「信頼」が出来上がりつつあったのです。ところが、そのフィルに謎の刺客が――。

ちょっとだけネタバラシ

 『EL DORADO of the CHILDREN』……えー、ご存知の通り、私クリス_NK、TM NETWORKファン……を通り越してもはや依存症の域に入っております。したがってこのタイトルもTMの曲を聴きながら思いついた……と言うか「その詞、ポン!」を繰り返して出来たものです。“EL DORADO”の部分は「DRAGON the FESTIVAL」の歌詞の一部をポンしまして、、“CHILDREN”の部分は「Children of the New Century」のタイトルをポンしました。……実は候補として、Childrenの他にNew Generationとか、New Genesis(たまたまglobeの「Genesis of Next」を聴いていたせいもあって)というのもあったんですが、長過ぎてタイトル画像に入りきらないのでシンプルかつストレートにしました。

 この作品、もともとは『SEEK FOR SOMEthING』(最初の会話で登場した『SFS』というのがこれです)というタイトルで、ツクール3で作成していたものなんですけれども、作っているうちにだんだん自分がだれてきまして(爆)、それになんというか、もっとたくさんの人に考えて欲しいテーマを盛り込みたいと思っているうちに、ツクール3ではそれに限界がある、演出に関しても2000の方が圧倒的に上だ、ということで、2000への移行を決めたわけです。

 この作品で扱っていきたいテーマが、「少年たちが心を閉ざすことと、そこから心を開いていくこと」、そして「友達・仲間を護ること」、この2つに集約されます。まあ、特に前者に関しては私の卒論のテーマである、「ひきこもり」にもかかわってくるわけで、その重大性を伝えなければ、という気持ちから導入に踏み切ったわけです。後者は実は本歌があって、『SEEK FOR SOMEthING』(訳すなら「(何かを『探しに行こうよ』となるでしょうか……というか私、そのつもりで英訳したんですけど)の源流にある『探しに行こうよ』というPS2のRPG(私は未プレイだけど攻略本はあり)を元に話を組み立てていこうかな、なんて思ったり。最近の友達づきあいのことを考えると、やっぱりもっと重要視されて然るべき事柄じゃなかろか、という問題意識から導入を決めたわけです。

 ……とは言いましたが、作ってくうちにテーマを少し足そうかなと。はじめのうちは「子どもたちだけが主役」だったんですけど、実際には子どもたちだけで気づくということって必ずしも多くないですし、それに子どもたちだけでここまでいろいろできちゃうだなんて、なんてこの子どもたちは頭が良すぎるんだろうと思ってしまいました。そこで、ここで大人たちが子供を導く上でどうしていくのが適切なんだろうかということも含め、「子供たちに私たち大人たちができることは何なのか、何を伝えなければならないのか。教え諭すということは何なのか。そして子どもたちが互いにどう育っていくのが適切なんだろうか」ということも含めて、子どもたちの成長と教育について考えていくきっかけになればいいかなって思います。

 とはいえ、まあ、あまり固っ苦しいテーマが続くと胃がもたれるでしょうから、ところどころに絶妙なギャグ(定番からちょっとマニアックなものまで)を投入しようかな、と思っています。もちろんわかる人なら直下型ボムになるようなものも中にはあります。

主人公 フィル・ルーのデザインについて

 RPGツクール2000を導入しようと思って早速グラフィックを見たんですが、イメージとしてまあ勇者君は使いたいな、RTPで作るならいわゆるアレックス君(男の勇者のグラフィック)は使いたいところだと思いました……が、その後、単純なグラフィックとしてこの子をというのはありふれていそうだよなぁ……というか実際ありふれてた(ありふれてる)わけなんですが、そこで何か代わりになるグラフィックはないものか……最初は『ZTF』で使ってた主人公君のグラフィックをそっくりそのまま用いちまおうかなと思ってたんですが、まあ、あまりに手抜きだろうってんで、せめて色変えようと思って変えてみました。それがこれ。
初期のフィル
んで、この時の名前もまだフィルじゃなく、クリスって名前でした。ちなみにほかのメンバーはこんな感じでした。
フィル(当初はクリス)エルミーネアル
グランユータマクセル(当初はフリギア)
(プリミア:本作には出てこない。当初はコリス)

それが、ちょっと私の側でも「3での制作にもそろそろ限界を感じるしなぁ……2000も勝ってから随分立つから、ここでいろいろ作ってみっか……」と思うようになりました。そこで考えたんです、どうせ2000に移すんならなるべく濃いストーリーを作ろうって。そのときに2000の素材をインターネットでいろいろ漁ってたら、こんなの見つけまして。
神尾さんちの勇者くん
神尾一寿さんのサイトで(ただしツクール素材で検索して引っかかったサイトというわけではなかったのだが……)このイラストを見たときにビビビッと来て、そのときに「この子主人公にしよう!」とホンキで思ったわけです。実は3でもこの子のグラフィックを使った歩行グラフィックを作ったんですが、結局3でこの子をというのはお蔵入りになって、2000で改めて起こそうということにしました。そこから現在のフィルのデザインになりました。

 で、フィルの主人公としてのキャラクターについてですが、主人公としてはかなり異色だと思います。神官戦士というキャラクターに、戦闘ではある程度目立ちはするがどちらかというとメインで攻撃するよりは補助に回るというキャラクターというのは普通のRPGでは少し考えにくいキャラクター設定になっているかなと。でも、やっぱりそういう「みんなのことを考えられる子」が主人公になるべきなんですよね、前述のテーマを活かす上では。みんなを導くというときに「癒やし」をテーマにするのであれば神官戦士の子だろうなと。単なる勇者ではないところがミソです。