『EL DORADO of the CHILDREN』登場メインキャラ紹介

 どういうわけか、昔作った作品をもう一度復活&大幅アレンジ(事実上新作と考えてもらって差し支えありません)させたいと思ってしまうあたり、私もネタが尽きてきたんでしょうか……? まあ、元々ネタは絞り粕程度しかなかったけど(自爆)。

 というわけで、突然ですが昔作った作品である『ドラえもんX ~このままでは終わらんぞー~』、どんなシナリオかといいますと……もともとのシナリオはほとんど私の暴走と妄想です。しかし、せっかくリメイクするんだから、これをそのまんま使うのはいくらなんでもアホらしいということで、ちょっといろいろと弄ってみたというわけです。そして、単なるギャグRPGではなく、何か私の言いたいこと・主張したいことを入れてみようかなということで始まった本プロジェクトの紹介を始めましょう。つか、「このままでは終わらんぞ~」って、タイトル、もう既に終わってる気もしないでもないんですが……。

そんな『EDC』の主人公ですが……キャラの設定とかいろいろな面からポン・チー・カン・リーチ・ロン・ツモ……をしまくりまして(どんなんや>俺)作り上げたものであります。ちょっくら紹介しておきましょう。このページに書かれているキャラクターは全員小学6年生(=11歳ないし12歳)となっています。

 メイン主人公8人の顔グラフィック・立ち絵はすべてMORE #20a5ffのarusoraさんに描いていただきました。なお、立ち絵をクリックするとでっかくなっちゃいます。

メイン主人公一覧

グラフィック名前・設定など

主人公1フィル・ルー  イメージ声優:くまいもとこ

 彼については対談第1回もご参照ください。

 物語Side-Aの主人公。7月27日生まれ。1か月ほど前に大都会(首都エミレイア)から舞台となる小さな町、「スティア町」に引っ越してきた11歳の少年。母親を幼少の頃に亡くし、現在は父子家庭。その父(刑事)も職業柄なかなか家に帰ってこないため、一人で過ごすことが多い。ちょっと気の弱いところがある。小学校1年生のときから「誰にも教わっていないのに魔法が使える」ということが原因で心に傷を負ってしまい、酷い人間不信・不登校になってしまう。原因は強すぎる魔力が他者には危険なものだと認識されたためだといわれている。しかしながら、引っ越してきてからは魔力がだいぶ丸くなって、友人たちとうまくやっていけるほどになった。

 友情を大事にし、友のために体を張って助ける一途さを持ち合わせている。また、一見すると目立つタイプではないが、不思議なものでどこか人を引きつける力を持っており、自然に周りに仲間が集まってくる。

 麺類(特に味噌ラーメン)が好きなのだが、逆に甘いものは大っ嫌い。見ただけで吐き気を催してしまうほどだとか。あとお風呂が大好きで、だいたい30分はつかっている。入浴剤も大好きで、ストックがなくなるとすぐ買いに走る。

 戦闘能力としては、神官戦士の卵といった感じ。母親を亡くした経緯もあり、昔から人の命を助けたい、と思う気持ちが強く、それがゆえに僧侶系の回復魔法を自然に学んでいく。それと同時に直接攻撃をバランスよく習得していく。本人の攻撃力・防御力はそれ相応の実力を持つが、鎧に関しては母の愛情がこもった、愛用の銅の胸当てしか着用しない。また、頭も母の形見である赤いハチマキを愛用していて、他のものは身につけたがらない。得意武器は剣や短剣だが、他にはちょっとだけムエタイをかじったことがあるらしくキック系武器も得意。

主人公2エルミーネ・ルテリーナ  イメージ声優:川上とも子

 彼女については対談第2回もご参照ください。

 昔からスティア町に住んでいる少女。6月4日生まれ。フィルとは彼が町に引っ越してきて以来の大親友である。少々能天気なところがあり、また意外にちゃらんぽらんな性格であるが、彼女自身は全く気にしていない様子。その明るい性格と愛らしい外見から、街の人たちにとってのアイドルのような存在になっている。

ちなみに好きなものは卵料理だが、オバケや幽霊など正体不明の存在が大嫌いで、そういうものがあるスポットには行きたがらない……のだが、悪ガキグランに引きずられて結局冒険する羽目になることが非常に多い。食べ物ではピーマンやニンジンといった緑黄色野菜も苦手(夢の中にニンジンやピーマンの妖精を自称するクリーチャーが出てきたことがあるためらしい)。

 女の子らしく、服を買ったりするのも趣味なのだが、地元スティアではそういう服を扱う店がないため、なかなか欲しい服が買えないと悩んでいる。その手のカタログを見るのがすっかり趣味になってしまった。

 どういうわけか先天的に魔術師系の魔法を使うことができ(本来ならば魔術師魔法を使うにはある程度の修行が必要なんだけど……)、精霊系の攻撃魔法を主に習得するが、その代わり腕力はほとんど持ち合わせていない。HPも防御力もスカポンタンなので、できるだけ前線に立たせないように……って2000の設定じゃ無理か。その代わりなぜか鎧は胸当てまで装備できるという、およそ魔術師らしからぬ重装備が可能だったりする。得意武器は杖やメイス。

主人公3アル・マーリスト  イメージ声優:釘宮理恵

 エルミーネと同様、この街に昔から住んでいる少年。3月31日生まれ。父親が消防士、母親がトレジャーハンターだったことから、彼自身もレンジャーのような職業に憧れ、この歳にしてそれ相応の実力を身につけた努力家。「です、ます」調の穏やかな話し方・物腰が特徴。初めてフィルに会ったときにやはり彼に引かれ、それ以来の付き合いである。フィルとエルミーネが何か他の子と様子が違うということを察知し、かなり気を使って付き合っているというから、かなりよく出来た子である。

 おでんと父親が作ったカレーが大好物なのだが、その一方で刺身が全くダメで、熱を通した魚でないと絶対食べない(小さいころに刺身で当たったうえに、寄生虫のアニサキスにやられて痛い思いをして以来刺身が怖くなった)。

 戦闘に関しては素早さがかなり高くなっていることに加え、魔法もそこそこ使える(アルケミスト系列)が、体術はまだまだといった感じである。得意武器は弓・投てき武器と短剣。

※「アル」という名前に加えてイメージ声優さんが釘宮理恵さんということから、どこかの「兄さん」が口癖の鎧の体を持つ錬金術師をご想像される方も多いかと思いますが、うん、彼のこと私淑してるんだもーん(笑)

主人公4グラン・バーンエリソス  イメージ声優:檜山修之

 良く言えば豪放快活、悪く言えば猪突猛進型の単細胞という、典型的な脳筋キャラクター。9月7日生まれ。彼もまたフィルに引かれて一緒に遊ぶ仲である。様々な場面でフィルが助けてくれたときに「心の友よ~~~~~~」と叫んでフィルを抱きしめたり、またとてつもない音痴で、その歌声は核弾頭級の破壊力を有するといわれている点など、某ジャ●アンにそのキャラクターが酷似しているのは秘密である(笑)。その辺りアルとは対照的なのだが、妙にアルとは馬が合うらしく、何かにつけては二人でいろいろやっている。

 肉類が大好物なのだが、逆に納豆やオクラといったねばねばしたものが大嫌い。ちなみに高所恐怖症で低血圧。登山なんてことをしようものなら途中でへばってしまう。もちろん鎧が重いからという理由ではなく、景色の良さが逆に彼にとっては恐怖らしい。そんな彼はほぼ年がら年中鎧を着ている。どうも「戦士たる者常に武装していなければ!」という変な思い込みがあるらしい。

 もちろん、見た目も戦士系なので、魔法は扱えないが、得意な武器を生かした格闘戦が得意。得意武器は斧と槍だが、剣もそこそこ扱える。ただし、高い防御力のフルプレートを装備できるが、本人自身の防御力は全員の中で最低なので注意が必要。攻撃力に関しては圧倒的なものがあり、必殺技を使わずとも通常攻撃で雑魚モンスターを一撃でしとめてしまうということもまれではない。貴重なAPを無駄遣いしなくて済むことも多いが、本人はやはりかっこよく決めたがっているらしい。その辺が生粋の戦士ということなのかもしれない。

主人公5ユータ・エムヴォデス  イメージ声優:今井由香

 魔族の集落であるシーヴェストで生まれた少年。12月10日生まれ。本来なら悪魔的な外見になってしかるべきなのだが、どういうわけか魔族っぽくなく、人間そのものの形質が出てしまった(※魔族の肉体的形質は人間の形質と比較すると遺伝学的に劣性なのでこういうことも起こる)。何とかしたいと思った両親だが、ユータと両親、合わせて3人の魔力が暴走してしまい、一気に魔力が失われてしまう。両親は残りわずかの魔力をユータに与えて死去。それでも魔力は足りず、体にも不自由をきたし始めたため、ものすごい魔力の持ち主であるフィルの肉体を奪おうと画策する。
 最終的に「反魂の法」と呼ばれる秘術を施して彼を殺害し、その魔力をすべて奪い取ることが目的だったのだが……。

 魔族特有の攻撃的な性格ではあるが、その中にも少しずつ優しさが垣間見えてきている。その割にウソをつくということを極端に嫌い、仮についたとしてもすぐ顔に全部出てしまうことが非常に多い。フィルと一緒にあれこれいるうちに性格も丸くなってしまい、かえって友情を大切にする傾向が強くなっており、その逆に人を苦しめたりということに嫌悪感を示したりするようになった。

 サイオニック系の魔法を使い、敵の心を破壊したり、あるいは味方の力ややる気を高めたりする。体力はフィルより下だが魔力ははるかに上で、得意武器は刀(剣も一応扱える)。装備できるものもほぼ同等だが、二刀流を得意とするため、微妙な刀捌きを封じる籠手の類が装備できない。また、頭も常にサークレットをつけているのを好んでいるので、他のかぶとなどは装備できない。

 煮物のこんにゃくが無類の好物で、真っ先に手を出すのだが、逆にフィル同様甘いものが大嫌い。

主人公6マクセル・シェヴィリッヒ  イメージ声優:草尾 毅

 ニートエス共和国の自衛隊の一等陸佐を父に持つ11月10日生まれの少年で、一時期は父にあこがれて剣などの武芸の修業を積んでいた。ところが父と母がマクセルの育て方に関する考えの不一致で離婚。マクセルは母に引き取られディアノス国に引っ越してくることに。その過程でフィルたちと知り合い、自分の本当にやりたいことは何かを改めて考えていくことになる。

 基本的にかなりのチャラ男。フニャフニャしてキザったらしいところがあるため、初対面の人からは嫌われるケースも少なからずある。しかし実態は真面目な部分もあり、曲がったことや卑怯なことを見ると相手を諭すことがある。そのキザったらしい性格がゆえにかっこつけたがることも多く、変な罠に引っかかったりすることもままある。

 歌を歌うのが大好きで(音痴ではないどころかなかなかうまい)、父のドラムセットを幼少のころからいじってた経験からドラムもたしなむのだが、そんなこともあってグランとは歌に関して少々折り合いが悪い(もちろんグランの歌の評判が絶望的なため、半分逆恨みなのだが……)。ちなみに、ヘビやトカゲなどの爬虫類・カエルやイモリといった両生類が大嫌い。以前巻きつかれたり顔に張り付かれたりして大騒ぎした経験がある。

 当然父に憧れて修行を積んでいるだけあり、格闘能力は非常に高く、攻撃力を見ると全キャラクターで最も高い。加えて重い防具も平気で着られることも含めてタフさがある上に彼自身の考え方の根底に「味方を護る」というものがあり、まさにエリートなキャラクターだが、素早さがその反面非常に低くなっているのが難点。魔法も使えないの殴る専門のキャラ。得意武器は槍だが、剣・短剣・メイスも扱える。しかしながら、槍を自在に操って戦う槍術は見事の一言。数多くの必殺技を習得していく。

主人公7デイジー・オートホルン  イメージ声優:浅田葉子

 マクセルの幼馴染。2月16日生まれ。彼女が転校する時期(←親の仕事の関係上。ちなみに両親は高位の僧侶で、布教活動のためにディアノス国に渡ってきた。)とマクセルの両親が離婚するのがほぼ同時期であったため、一緒にディアノス国にやってくる。現在はマクセル親子と同居中。マクセルに対してはチョットだけ特別な感情を抱いている様子。彼の両親の複雑な事情を知っているため、あまりそのことに触れないよう、彼の前では相当気を遣っている。

 アップルパイが大の好物だが、逆にゴキブリが大の苦手。

ちなみに超極度の近視+乱視のため、メガネがないと日常生活が送れない。

 おっとりした性格でノンビリ屋だが、僧侶を両親に持っているだけあり、その手の魔法は得意中の得意(もちろんフィルよりも水準は上)。武器を持って戦うこともそれ相応にできるが、他の面子に比べると平均以下。装備可能な武器は杖、メイス、鞭。特に鞭が得意。

主人公8マァサ・リリネット・ナーファリズ  イメージ声優:こおろぎさとみ

 10月21日生まれ。隣国フルフィア帝国の大財閥のお嬢様だが、国の強引な領土征服政策に納得が行かず、執事のウーソー・アカドラと共にディアノス国に亡命。しかし、激しい追っ手をかわすために魔法を使い果たし、その結果上陸寸前で執事が囚われの身になってしまい、一人上陸に成功する。国家の庇護を受けた彼女は普通の民間人としてフィルたちの小学校に転校してくる。いつか執事を自分で助けたいと思いつつ、フィルたちと意気投合していく。「彼らの力を借りればもしかしたら……」という思いを持ちながら……。

 お嬢様ゆえに世間知らずなところもあるが、それでもどこか憎めないところがあり、また頭のキレも最高。軍師として戦術を練らせたら文句のつけようがないほど。お寿司が大好物だが、ポップスやロック系の音楽がどうしてもダメ。音楽はクラシックしか受け付けないらしい。

 基本的に武器による攻撃は全くダメ。逆に魔法に関しては、幼いころからの両親の厳しい修行により、反則的としか言いようがないほど得意で、サイオニック魔法に関しては右に出るものはいない。また、魔術師魔法も得意としている。ちなみに装備可能な武器は短剣と杖。

お友達系サブ一覧

 続きまして、主人公というわけではないんですけど、ストーリーを語るうえで重要な役割を担っており、戦闘にも参加するなどしてくれるメンバーの紹介です。顔グラフィックはDPからのダウンロードです。

顔グラフィック名前・設定など
Lyui Therzeigress

リューイ・テルゼイグレス   イメージ声優:村瀬歩

 6年2組の委員長で、5月18日生まれ。

 10年に一人の神童と呼ばれるほど頭がよく、主人公たちが通うスティア第二小学校はおろか、舞台となる町に住んでいる同学年の小学生たちと比較してもトップクラスの成績の持ち主で、試験をやろうものなら確実に95点以上取ってくる(よほどのことがない限り100点だが、まれにそそっかしいミスをかますことあり)。その反面運動神経は本人も周囲も「ポンのコツ」と評価している。

 元はいじめられっ子という、ある意味ではフィルのそっくりさん。幼いころからずっと女の子なのか男の子なのかわからないような見た目・声・しぐさということもあり、それをネタに女の子の格好をさせられたり、裸にさせられたりなんていじめを繰り返し受け続けてきた。その結果として人前で裸になることができないなどが起こっている。本人は克服しようと思っているものの、昔のことを思い出しすぎてしまってどうしても克服できずにおり、非常に悩んでいる。

 いじめられっ子だったという経緯から、逆に人のために何とかいろいろやろうかと思うような気持ちが芽生えてきて、6年生になってから委員長をやることにしたが、本人もその「人のために人のために」と思う気持ちが行き過ぎてしまい、時におせっかいになってしまうこともあることを指摘されることもあり、その辺もちょっと悩んでいたりする。また、かつてキレてしまった際にバーングリンを半殺しにしてしまった経緯(後述)から、「力」の使い方に関して気を使っている。

 友人たちが閉口する(甘いものが苦手なフィルとユータは恐怖すら抱いている)ほど甘いものが好きで、口がさびしくなるととりあえず甘いものを食べていたりするのだが、逆に香辛料も脳みそに刺激を与えて頭がさえて勉強がはかどるからということで大好きだったりする。嫌いな食べ物はタマネギと長ネギとわさび。鼻にツーンとくるのが実に絶望的らしい。

 戦闘に関しては魔法戦を主体にしている。なななんと、すべての系統の魔法を使いこなせるというぶっ飛んだキャラクターとなっており、魔法をいかに使いこなすかが彼の生命線となっているといえよう。武器に関しては遠距離戦が得意なため、投てき系武器が唯一扱える武器。

Chenia Niefelucia

チェニア・ニーフェルシア   イメージ声優:佐藤利奈

 6年1組の委員長。7月11日生まれ。

 見た目はかなりかわいらしいのだが、その実はどこぞの姫様と大して変わらないレベルのとんでもないじゃじゃ馬。男相手にすら決して引かない上に、時にグーパンチに足技絞め技関節技まで飛び出す、かなり勝ち気な性格。言いたいことがあるなら全部行っちまえというイケイケな性格で、たまにそれが災いして敵ができちゃうこともなくはない。ただ、そういう裏表のない性格もまた好かれている。

 リューイとは幼馴染……どころか家は隣同士だし、親は同じ職場で働いているしというもうどうしようもないくらい四六時中一緒という間柄。昔から二人でよく遊んでいた。そのため、彼がいじめられっ子だった時期はだいたいたしなめ役だった。後述の半殺し事件以来リューイが少しずつ変わっていき、だんだん自分らしさを大事にするようになり、自尊心や自信を持つようになって以降は彼女の肩の荷も少しだけ降りた模様。

 そんな経緯からビックリするほどリーダーシップが強くなってしまい、現在はそういった方面での活動も目立ち、クラス委員長に児童会の役員、果ては校内の男女混合フットサル部の部長も務めている。ちなみに過去蹴ったものとしては、ボールのほかにバーングリンやグラン(歌でひどい目にあった際)、あとはジュースの自動販売機も蹴ったことがある(1000円入れたらその直後に壊れてジュースが出てこなかったため)。

 好きな食べ物はチョコレート、嫌いな食べ物はセロリとパセリ(匂いが嫌い)。

 ということもあって、得意武器は蹴り関係の武器。その他に一応だが鞭も扱える。リューイのけがを治療するために回復魔法=僧侶魔法を習得している。

Burngrin Izurdlorzo

バーングリン・イズルドローゾ   イメージ声優:斉藤壮馬

 6年1組所属、チェニアのクラスメートで、6月29日生まれ。

 もともとは超が付くほどどうしようもない悪ガキで、リューイをいじめていた主犯格だった。要は本人がリューイに対して学力面での劣等感を強く感じたことがきっかけだったわけなのだが、どんどんそれがエスカレート。リューイを毎日泣かせては担任の先生に怒られていた。ところがその後、いつものようにいじめていたらそのリューイがぶっつーんとキレてしまい、手近なところにあったバットで殴打される。結果として一時期意識不明の重体になるが、幸いなことに回復。その際にリューイが抱えていた心の痛みを体の痛みで理解し、それ以降はリューイに限らず、人を馬鹿にすることはもってのほかと考えを改め、それどころか悪ガキ流・他人のことを守ろうとする方法を考えるようになる。

 心を改めるために格闘技を習い始め、現在はさまざまな必殺技を編み出すほどになっている。もちろんその力の使い方は誰かを守ったり、あるいはやむを得ないときのための力としてしか用いないと決めている。

ワカユウさんKOUICHIさんの大ファンで、1日最低3曲聴かないと眠れない。ただし、一度眠りにつくとそれはもうぐっすり眠ってしまう。そのくせして朝はきっちり起きたりする。何ともメリハリがしっかりしているというか……。嫌いな食べ物は特になく、餃子や春巻、小龍包などの中華料理が好物。

 戦闘スタイルは格闘技中心。素早い動きから繰り出される各種パンチにキックが強烈。装備品も当然ながらパンチかキックになる。魔法が使えないものの、代わりに各種必殺技を習得する。

Enju Yealislich

エンジュ・イーリスリッヒ   イメージ声優:斎賀みつき

 6年1組の(若干自称)天才少年で、11月13日生まれ。

 リューイとタメを張るほど頭がよく、何かにつけてはリューイと対決したがるちょっと迷惑なやつ。結構いやみな性格で、リューイのことを何かと邪魔者扱いする……のだが、結構オッチョコチョイで、ウッカリミスが何度リューイとの対決で響いていることやら……。いやみでなければお調子者で憎めないやつなんだけど……。ただし、ライバルであるリューイの窮地には自ら率先して戦おうとする男気も持っている。

 ひそかにエルミーネに恋焦がれているらしく、何かにつけては彼女にアプローチをかけている。無類のパン好きで、朝食は必ずトーストと決めているが、お茶やコーヒーなど、カフェインの強い飲み物が嫌い。

 戦闘に関しては、あらゆる系統・属性の全体攻撃魔法を扱っている。短剣を中心とした武器攻撃に関してはやや貧弱な印象も受けるが、防具に関してはそれ相応に重装備もできる点が安心できる。

Martogon Eirediel

マルトゴン・エイレディール   イメージ声優:森久保祥太郎

 4月2日生まれ。6年1組の児童で、児童会副会長。見た目はインテリで堅物そうに見えるが、実はギャグが大好きで、お笑い番組は毎週必ずチェックしているらしい。一番のお気に入りは『笑点』で、好きな大喜利メンバーは三遊亭小遊三だとか。そのため、児童会の挨拶では必ず「あ、便所でお尻を拭く会長」と言っている。……当然そんなのがウケるわけもなく……大概その前に司会や会長にぶっ飛ばされる。また、くだらない知識も溜め込んでおり、時々話の流れでそういうことを話したがる癖がある。

 天使と悪魔といった思想的な物事を考えるときには「悪魔でもいい人はいるし、天使や人間でも悪い人がいる」というニュートラルな立場をとっている。それゆえか、友人関係の変化にも非常に素早く対応できるという特技(?)を持つ。実は侍の家系に生まれた少年で、イザというときは自身も武装して戦うだけの腕力も持ち合わせている。

 また、食べ物に関して好き嫌いはなく、何でもよく食べる健康優良児。食べ物には常に敬意を払っているという真面目さが故だろう。そういったところから、下ネタをときにぶっ放す以外ではかなり信頼されている面がある。

ちなみにカラオケの十八番はKANの「愛は勝つ」。特に最後のサビでニ長調からホ長調に転調するところが好き。コロコロ転調する曲が好きらしく、その意味でもTM NETWORKを語らせるとかなり熱くなる傾向あり。

 戦闘に関してはトップクラスの攻撃力を誇ることから前衛の要として活躍できる。加えて侍らしく(?)魔術師魔法も習得するなど、攻め主体の戦闘を見せる。

Megu Sharyudia

メグ・シャリュディア  イメージ声優:折笠富美子

2月13日生まれ。6年1組のクラスメイト。高名な魔術師の一家に生まれ育ったため、魔法に関してはエルミーネと双璧。リューイやエンジュほどではないが頭はなかなかよく、特に理科が得意。そのため、メンバー内ではアルケミスト魔法に関して専門家クラスの知識を持ち合わせている。たまに大ボケをかますことがあり、その辺でもエルミーネと双璧(笑)

 趣味はなんとゲーム作りで、いろいろ日常生活で起こっていることをメモしてはゲームに利用している。うっかり変なことを口走ろうものなら彼女の地獄耳が逃してくれず、あっという間にネタにされてしまう。その一方でお菓子作りも得意で、特にカップケーキを作らせたら天下逸品。好きな食べ物はお菓子全般、特にケーキが好きで(そういうのが趣味のお菓子作りに生かされている)、嫌いな食べ物は魚肉ソーセージ。「ジメッとしてるのとパサパサしてるのが不自然に混じっておいしくない」とのこと。

 戦闘能力は明らかに魔法使い系。後衛からアルケミスト魔法をぶっ放すことに長けており、全体攻撃魔法を用いることで敵をまとめて吹っ飛ばすことができる。逆に武器攻撃はスチャラカで頼りにならず、武器も攻撃力が低い杖、もしくは鞭ぐらいしか扱えない。

Phreal Wayhorn

フレアル・ウェイホルン  イメージ声優:桑島法子

 8月2日生まれ。6年1組児童・スティア第二小学校児童会長で、メグの親友。メグのゲーム作りのネタを探るだけでなく、自身がネタになっていることも多い。割と大雑把な性格で、とりあえず適当に何でもこなすが、細かい仕事が得意でないせいで結構割を食っている面がある。おまけに超がつくほどのボーイッシュ、一人称「ボク」というちょっとした変わり者。とはいえ、正義感に熱く性格もさっぱりしているため、他の人から嫌われるということはない。チェニアほどではないちょうどよさという点がなせる業といえるか?

会長という役職柄(?)、以前はマルトゴンの「便所でお尻を副会長」にツッコミを入れる担当だったが、最近は吹っ飛ばしの威力が高いメグのBurstに任せている。意外にもカラオケが好きで、得意な曲はTRF全般。ローストビーフとサーモンカルパッチョが好きな食べ物、苦手な食べ物は臓物系の肉(特にレバー)。

 体力が自慢で、剣術も得意。基本的には武器で戦うのをメインとしているが、一応サイオニック魔法も操ることができる。加えて、道中で修業をすることにより、剣術の必殺技である「創造剣」を習得することができる。武器は剣と鞭を操れるが、剣のほうが得意のようだ。

途中から加わるよその国の王子様

 さらに追加されるキャラクターとして、隣国から渡り歩いてきた(本人が超自由な男の子なもんだから他国にわたりたいっていうのを止めきれなかったらしい)王子様の冒険なんて代物もあったりします。それに振り回されたり、逆に王子様を振り回したりするフィルたちの冒険も描いていきたいですね。リュウの顔は峰子さんによるものです。

顔グラフィック名前・設定など
Ryu Nyrisram von Rosbich

リュウ・ニーリスラム・フォン・ロスビッヒ   イメージ声優:藤田淑子

 8月30日生まれの10歳(小学5年生相当だが、学校に行っているわけではない)。お隣のフルフィア帝国の第二王子様でございまして、一般世間というものを全く知らない超箱入り息子。そのため、行く先々でいろいろなものに触れてはそのことにのめりこむ傾向がある。本人はとても楽しがっているが、しょっちゅう周囲を困らせることも……(もちろん本人に自覚はなし)。しかしながら、芯の強さは誰もが一目置くほどのものがあり、常に前を向いて歩く姿は堂々たるものがある。さすがに王の家系に生まれたものだ……と感心させられるものがある。

 ペットにガスドラゴン(グリーンドラゴンともいう)の赤ちゃんを飼っており、その赤ちゃんドラゴンのゲップに周囲は時々悩まされることもある。なんつったって塩素ガスですからねー。

 幼少より英才教育を受けていたため、剣技・魔術ともに冴え渡るうえ、とんでもないバカ力の持ち主。加えてアルケミスト魔法も(時間はかかるが)習得するという万能ぶり。武器も剣や刀を最も得意とするが、かなりたくさんの種類を扱うことができるのもポイント。防具も体格がほぼ同じフィル並のものは装備できる。

キャラクターの総括

1. キャラクター基礎能力

略号について

魔法……魔:魔術師系列、僧:僧侶系列、錬:アルケミスト系列、超:サイオニック系列、必:必殺技

キャラ一人称HPAP







属性防御魔法
フィルぼくBCBBBB光・闇+2、火・木+、水・雷-
エルミーネあたしDSDCAB光+2、雷-、闇-2 
アルCBCCCA雷・風・星・原子+
グランADSEDC木・光・闇+、雷-2
ユータオレBBCCSB雷・闇+2、光-2
マクセルSDABCE0
デイジーCBCBBC光+2、闇-、火-2
マァサわたくしDAECBC0
リューイボクCBCCBC火・木+、光・闇+2、水・雷-
チェニアあたしBCBDCC0
バーングリンオレADBCDB0
エンジュCBCCBC0
マルトゴンACACCD0
メグDADCAC0
フレアルボクBDACEB
リュウボクBCBCCC-

2. 装備一覧

略号について

武器……短:短剣、拳:ナックル・爪系武器、メ:メイス、投:投てき武器、足:キック用武器(特殊な靴など)

防具……Rb:ローブ系、Le:革の鎧系列、Ch:チェーンメイル(鎖帷子)系、Bp:ブレストプレート(胸当て)系、Fp:フルプレート(全身鎧)系、帽:帽子系、手:手甲・手袋など(◎は手甲レベルまでOKの意)

※この世界のチェーンメイル以上の金属系防具は、ジュラルミンなどの丈夫な軽金属合金でできているため、重量感はそれほど感じない。また、フィルの鎧に関しては、専用防具である「銅の胸当て」しか装備できない。フィルの頭は「形見の赤いハチマキ」・ユータの頭は「勇者のサークレット」しか装備できない。

キャラ装備可能な武器
(◎が最も得意、○がそこそこ)
防具
RbLeChBpFp
フィル
エルミーネ
アル
グラン
ユータ
マクセル
デイジー
マァサ
リューイ
チェニア
バーングリン
エンジュ
マルトゴン
メグ
フレアル
リュウ