☆セリフ特集☆

縄文投稿

生きてるって…
「生きるって、すばらしいように聞こえて、ほんとは残酷なことなんだね
人が一人生きていれば、何体もの動物を食べ、犠牲にしているんだ。
…生きるは、「犠牲の代名詞」なんだ。
だから、僕達が生きていられるのは、
犠牲になった生物のおかげだってことを忘れちゃいけないよ。
犠牲になっている動物のためにも、僕達は一生懸命生きなきゃいけないんだね。」

↑は、僕が今製作中のRPGのセリフの中で、
一番気に入ってるセリフを載せてみました。
ちょっとくさいかもしれませんが、許してください…

はたかさん投稿

世界と力について
まず簡単な設定について、主人公は機械でパーティは4人。
GD-XXは文中はGD、フィリオスはフィルとします。
では…

フィル「なぜ世界を変えるのに
破壊しなければならないのだ?」
GD「…なぁ、壊れたものを直すには
どうするのが一番早いと思う?」
フィル「…欠損個所を直すのが最短ではないのか?」
GD「壊れた個所が小さい又は少なければな、
だが世界の間違いはあまりにも複雑で大きすぎる。
そう言うものはいったん壊して0から造り直した方が早いと“神”は行っていた。」
デュラル「そんな事で何の関係も無い奴が
死んじまうのかよ!」
GD[そうなるな、だがそんな事はどうでもいい俺は
神に仕えるものだ、命令を実行すればいいだが俺は
今それすら怠っている…」
フィル「?どう言う事だ?」
GD[俺は当の昔に自我に目覚めた。
神の造った人格ではなく本当に身に付いたものだ。
強い奴と戦いたい、戦いの中に身を置きたい、とな。」
フィル「…」
GD[今の俺は戦いの中に生きる!ただそれだけだ!
   いくぞ!」             
              *
GD「…本当にお前だけで、しかも改造無しの素体のままで   勝つつもりか?」
フィル「ああ、そのつもりだ」
GD[クク、ククク、クハハハハ、面白い。一度目は大敗、
二度目は引き分け、そして三度目に勝つだと?しかも俺は
回を重ねるごとに力を開放していった。そして今、
俺は本気を出す。かつて億の部隊を数秒で塵にした力だ。
…いいだろう無限の力を持つものよお前が無限の力で来るなら越えられる前に俺がΩ(オメガ)の力で倒す!いくぞ!

yamikuroさん

私のRPGの仲間になるかもしれないキャラのセリフです。
「ヒトとは愚かで迷惑者です…・
 例えば崖にぶら下がった状態のときなんて、
 『もういい、手を離してくれ』です。
 そうやってヒトは自分の命を粗末にしています。
 仕事が増えるのでこちらの気持ちもわかっていただきたい
 そして何か酷い暴力をふるわれたときなんて…
 『自殺してやる』ですよ!?
 自殺した所で得はありません。
 むしろ損するだけです。これから沢山楽しい事があるかもしれないというときにそうやって自分の命を投げ出す。
 生きているのに疲れるのなら生きなければいい?
 いや、生まれてこなければ良いんです。
 そんな愚かなヒト一人いるだけで
 このルナスフィアの美しさは失われますよ……」

ルナスフィアは世界みたいなものです。
「ふぅん、夢、追ってるんだ。
 でもさぁ、存在するかもわからない伝説とか、
 そういう物とは、違うんだよね?
 やっぱ、自分のかなえたい物とか…・」
「いや、違うんじゃないかな
 かなえるのはたやすいよ?
 でも、夢を追って信じつづけるのはそれなりに難しいことだな、って思うけど」
「……そうかもね
 自分のワガママに付き合いきれるならその夢だって信じつづけられるかも」
「考えてみるよ」

これは物語そのものをやってないと意味のわからないセリフです。