音楽・コード理論概論

初めに

 この項をご覧になる前にあらかじめお断りしておかなければなりません。このコーナーは「理論」を名乗っておりますが、厳密には理論ではなく、日本語の「セオリー」に近いニュアンスで執筆している、ということをご理解のうえ、ご覧ください。
 というのは、執筆している私自身の主観(そのコードの響きとか。もうこの辺から理論的じゃない)、及びその他チョイスしている文献の都合上、紹介しきれない理論的な事柄が多々あるためです。それについては、より高度で詳細な事例を扱っている他の理論書やウェブサイトをご覧になることを推奨します(コード理論に関して、まだ私自身も完全に理解できていない面もありますし)。また、ここで紹介しているパターンを実際に組み立てていって演奏し、その上で合わない響き、合う響きというものが経験的に見えてくるので、実際に曲作りをしながら学ぶようにすると理解が進むでしょう。

 また、プラグインとして、各コードの響きがどんなものかというのを参考までに付けておきましたので、再生環境が整っている方はぜひお聞き下さい。その代わり、ページによってはめちゃめちゃ画像とかプラグインデータ(むしろ重みの原因はこっち)が多くて重くて閉口するかもしれませんけれども…。なお、サンプルとして使用しているMIDIは、全て「MACS97」というフリーウェアによって制作されたものです。制作されたMIDIに関しては、著作権を完全に放棄します(っつか、実際に曲作ったのは私じゃなくアプリケーションだし)ので、もし気に入ったものがあったらご自由にお使いください。
「MACS97」についてはこちらから→MACS97 作者様サイト

 また、新しいスコア・参考書の入手に伴うサンプル曲名の修正・追加をはじめ、一旦公開したページであっても随時書き足し・テキストを修正ていきますので、適宜過去の講義もご覧になることをお勧めします。

 なお、サンプルの進行例はTM NETWORK(TMN)の各種楽曲にとどまらず、一部globeをはじめとする小室哲哉・木根尚登作曲の楽曲も用いて紹介しております。

 コード理論に関して、FAQ集を作りたいと思います。何か疑問に思ったことがあれば、CHRIS_NK■NIFTY.COM(すべて半角英数字小文字、■は半角@に変えて)までご連絡ください。

 コード理論編において、参考としている(必要とあらば引用している)文献及びウェブサイトをご紹介します。

目次

  1. 基本知識
    1. 序論 コード理論を学ぶ上で必須となる知識
    2. 音の高さの違いを表す単位、「度」
  2. コードの種類と構成
  3. ダイアトニック・コードと、コードの役割
    1. 長調編
    2. 短調編
  4. コードの進み方(長調編)
    1. 超基本パターン~トニック・サブドミナント・ドミナント
    2. 基本三和音の代理コード(副三和音*1)も入れてみよう
    3. 逆循環・順番入れ換え・並進行
    4. サブドミナント・マイナーとその応用
    5. 非ダイアトニック・コード、セカンダリー・ドミナント 1
    6. 非ダイアトニック・コード、セカンダリー・ドミナント 2
    7. 非ダイアトニック・コード、セカンダリー・ドミナント 3
  5. コードの進み方(短調編)
    1. 超基本パターン~トニック・サブドミナント・ドミナント
      …長調の3倍複雑になります(筆者の主観)。
    2. 基本三和音の代理コード(副三和音*1)も入れてみよう
    3. ちょっと面白い、短調独特の進行
    4. IV7をうまく使おう
    5. ちょっと面白い、短調独特の進行・2
    6. マイナー・セカンダリー・ドミナント、チャーチモード借用コード
  6. ダイアトニックコード一覧
  7. ドミナントセブンスコード
  8. 分数コード(オンコード)とライン・クリシェ、ペダルポイント
  9. テンション・ノート
    1. 長調のテンションノート
    2. 短調のテンションノート
    3. テンションノート・補足
  10. FAQ集(予定)

*1 副三和音といっても、必ずしも三和音であるとは限らず、四和音のことも多々ある。