コード理論第9回 テンションノート(補足)

 ここまでテンションノートについて学んできたわけですけれども、テンションノートが加わるとコード構成音が増えてごちゃごちゃして、場合によってはとても汚い音の固まりになってしまいます。そこで、一つの楽器で奏でるコード構成音を省略して減らし、他の楽器に受け渡して演奏する、ということがよくあります。

 では、どの音が省略していい音なのかといいますと………まず、基本的なコードの構成音はルート、3度、5度、7度です。そして、その組み合わせ方によってコードの性格が決まってくるわけです。まとめると以下のようになります。

第5音第5音:完全5度第5音:増5度第5音:減5度
第7音なし長7度短7度なし
(長7度)
短7度
短7度減7度
第3音※2長3度メジャー・トライアド
長三和音(基本形)
明るく素直
メジャー・セブンス
大人っぽく渋い響き
ドミナント・セブンス
他のコードに強く移りたがる
オーグメント
怖い雰囲気※1
--
短3度マイナー・トライアド
短三和音(基本形)
暗くて寂しげ
マイナー・メジャー・セブンス
悲痛な叫び声
マイナー・セブンス
穏やかで静か
-マイナー・セブンス・フラット・ファイブ
空虚な感じ
ディミニッシュ・セブンス
オバケ
  • ※1
     一般にオーグメントの4和音形は短7度を使う。長7度は和声短音階・旋律短音階の第3音上に形成されるがめったに使わない。
  • ※2
     性格が曖昧なサスフォーコード、及びテンションコードの一種と考えることが出来るシックスコードは省略。なお、本論で解説しなかったが、サスフォーコードのテンションは一般に9thと13th(但しめったに見かけない)。ドミナントセブンスのサスフォーの場合は、元になるドミナントセブンスのテンションを用いていい。

 コード別の性格を見てみると、長3度系のコードは明るい&アクティブ、短3度系のコードは暗く静かである、ということが出来ます。つまり、第3音はそのコードの基本的な性格を決める重要な音なのです。
 そして第7音。基本的なコードにさらに独自の性格を盛り込み、コードの性格をより強く押し出していくという大事な役割を担っています。
 ということはすなわち、コードの構成音で第3音と第7音は重要な役割を担っていて、省略することが出来ない、ということになります。

 つまるところ、コードで省略できるのはルートと5度ということになります。「えっ、基準の音を省略できるの?!」と思うかもしれませんが、ルート音に関しては基本的にベースで補うことが出来ますし、たいていのコードは5度が完全5度なので(減5度・増5度の場合は省略できない)、5度を省略してもなんら差し支えがなかったりします。

 

コード音の省略とテンションノート

9th系テンションはルートが邪魔

 9thのコードは通常ルートを省いてしまいます。テンションの全音下をなぜ省くかといいますと、テンションの9度のすぐ下でルートが鳴るともンのすごく不愉快な音になってしまうからです。これは全てのテンションノートと和音構成音の定跡なのですが、テンションのすぐ下で和音構成音が同じ楽器で鳴るとすさまじく汚い! 試しにCadd9を低いほうからド・レ・ミ・ソの順番で鍵盤を押して同時に鳴らしてみてください。↓
ド・レ・ミ・ソでCadd9
ほぉら気持ち悪い!

 テンションノートを使う場合は、なるべくすぐ下のコード構成音から離して使うのがコツです。ですから、9thを使う場合は、ベースの低いところにルートを任してしまうのが吉です。

メジャーコードのadd9とマイナーコードのadd9

 どちらもテンションとしては非常によく使われるadd9。しかし、その響はマイナーとメジャーでは大違いです。メジャーの場合は野暮ったいコードの3和音を引き立て、格好いいおしゃれな感じの緊張感を生み出すんですが、使いすぎるとかえってチャラチャラした感じになってしまうため、多用は出来ません。I→IVの基本進行でどっちもadd9にするとうっとうしく感じることも多いでしょう。ところがこれがマイナーコードになると、ものすごく追い詰められたかのような緊張感を生み出し、add9をIm→IVmのコードだけ当てはめても十分循環コードになるぐらいの強い楽曲になります。

11th・13th系コードは完全5度とかち合う

 9thの理屈と同様、すぐ下に3度を置くとやはり汚くなってしまいますが、3度は省略できないので、その場合は3度を他の楽器に任すか、あるいは転回させて1オクターブ以上離してしまうのがいいでしょう。11th・13thの場合はすぐ上の完全5度と時にかち合うので(特に11thはまともに抵触)、その場合は完全5度を省略してしまうのが賢明です。マイナーセブンス・フラットファイブの場合は11thと減5度が半音でかち合ってしまいますから、どちらかをオクターブ上げるか下げるかしておきましょう。

 

セカンダリー・ドミナントのテンションノート

 長調編・第5講第6講第7講、及び短調編・第6講で触れたように 、音階構成音のすべてに(第7音を半音下げたり、第3音を半音上げる、場合によっては第3音と第5音を 半音上げることにより)ドミナントセブンスを生成することができます。これをセカンダリー・ ドミナントといいます。このことに関してはすでに何度も取り上げていますが、セカンダリー・ドミナントに関してもテンションを考えることができます。

 基本的には通常のドミナントと同じく、様々なテンションを使うことができるのですが、ただやり過ぎるとかなり汚くなります。すべてのテンションが実用的かというとそうではないので、原則として通常のダイアトニックコードのテンションを用いるのが一般的です。(ただし、マイナー系コード由来のII7、III7、VI7、VII7、及び短調のそれらと同等のコードに関しては、11thが使えなくなるので注意。)