コード理論第9回 テンションノート(長調編)

はじめに:テンションノートとは

コードに緊張感を与える音がテンションノート

 おのおののコードにおいて、

のことをテンションノート(tension notes)といいます。テンションノートを加えることにより、通常のコードの安定感では得られないような独特の響き(それについては各自で実際に音を聞いて確認していきましょう)を醸し出すことができるようになります。

 但し、当然上のような原則があるので、全ての音がテンションになるかというとそうではありません。逆に調性(その音階が持つ性格)をぶっ壊すような音も存在します(こういうのをアヴォイドノート(avoid notes)という)。そのため、実際は「この音階のこの度数のコードにはこのテンション」というのはある程度決まっています。暗記するほどでもないのですが、参考までに全て列挙しておきましょう。

 まずは長調用のテンション一覧です。こういう解説には普通「丼の点コ取ったやつ(♯)」や「十三湖のシジミ貝さ棒ッコつけたやつ(♭)」(©伊奈かっぺい)の一切ついていないハ長調を使うものなのですが、今回はあえて丼の点コ取ったの1個つけたト長調で解説したいと思います。理由は3つあり、

というわけでございます。では、早速解説に移りましょう……っとその前に、テンションノートの書き方をまずチェックしておきましょう。

テンションノートの書き方

 基本的には Cmaj7(9)やEm(11)のように、テンションの度数を括弧書きにする。複数テンションの場合は、D7(9,13)のようにカンマで区切る。増音程・減音程テンションの場合は、9・13のように書く場合もあれば、+9・-13のように、増音程は+、減音程は-で表現することもある。
 但し、ナチュラル9th(コードのルートから見て全音上です、早い話)のテンションを加える場合は特殊な書き方をすることが多い。三和音に9thの場合はGadd9のようにadd9と書き、セブンスコード(Xmaj7、X7、Xm7)の場合はAm9のように7を9に書き換える書き方が多い。また、13thに関しては6thと同じ音なので、三和音に13thを加える場合はX(m)(13)と書かず、X(m)6と書く。

 

ト長調上のテンションノート

 確認の意味で、ト長調上のコードを見ておきましょう。
ト長調上のダイアトニックコード

I,Imaj7 (G(maj7) in G major) 上のテンションノート

Iには9thと13th(6th)が使用可能。但し、ごく稀に♯11thも使われる

 トニックコードのテンションは基本的に9thと13thを用いることが出来ます。一般的な傾向として9thを加えた形はおしゃれな響きになります。但し、だからといってベタベタ使いすぎると逆に野暮になってしまうので注意。ちなみに三和音に13thという場合、G(13)という書き方はせず、G6というようにシックスコードとして扱います。13thは6thと同じなので。人によって扱いは異なりますが、シックスコードも広い目で見ればテンションノートの加わったコードと考えることも出来ます。

II,IIm7 (Am(7) in G major) 上のテンションノート

IImには9thと11th1と13th(6th)が使用可能。

 9th、11th、13thが使えるわけですが、このうち最も使用頻度が高いのは11th。このIIm7の11thというのは音階の第5音、つまりドミナントセブンスコードのルートに相当するわけです。IIm(7)は次にV7に進むことが多いわけですが、この11thをベースに据えたIIm7(11)/VというコードはIIm7~V7という流れをスムーズにする橋渡し的な役割をこなすため、絶対覚えておきましょう。これを使ってる曲も多分挙げたらキリがないと思います。

 その反面、9thと13thは使用頻度がそれほど高いわけではありません。若干コードが汚くなってしまうからです。まあ、それを狙ってわざと使う(場合によってはドンピシャにハマる)という手もあるんですが……。

IIIm,IIIm7 (Bm(7) in G major) 上のテンションノート

IIImには11thのみ使用可能。
但し、一時的に短調のドミナントセブンスになる場合は♭9th、♭13thを使うことが可能。

 基本的にトニックの代理コードとして扱われるIIIm。使われるテンションは11thのみで、それでも使用頻度はあまり高くありません。もともとあまり安定しているコードではないので、テンションを付けることでさらに不安定になるわけですが……そうすると調性を狂わせかねないので、使い方には注意が必要です。
 但し、こいつは平行短調のドミナントセブンスに相当し、そのときにはジャンジャカテンションをつけることが出来るようになります。しかも音階の構成音だけどコード構成音の全音上じゃない9thや13thなど、ありえねぇ変なテンション(こーゆーのをオルタードテンション(altered tension)という)をぼこぼこつけることが出来るようになってしまいます。他のセカンダリードミナントの場合も同様です。この辺はジャズの即興演奏に関して書かれている専門書を見たほうが早いかもしれません。多分そこでは「ハーモニックマイナースケール・パーフェクトフィフスビロウ(Harmonic minor perfect 5th below)」という言葉で音階を説明しているはずなので(これここで説明するとごちゃごちゃしてますますワケがわからなくなるんで割愛)。

IV,IVmaj7 (C(maj7) in G major) 上のテンションノート

IVには9thと♯11thと13th(6th)が使用可能。

 制限なし。構成音の全音上のテンションが全て使えます。9thはIと同様ちょっとおしゃれな感じ、11thは不安をあおる緊張感の高いコード、13thは穏やかなようでちょっと不安な感じを持たせるコードです。

V,V7 (D(7) in G major) 上のテンションノート

V7には9thと13th(6th)が原則だが、他にも♭9th、♯9th、♯11th、♭13thも使用可能。

 ドミナントセブンス。テンションの定義に当てはめれば基本的に9thと13thがテンションなのですが、実際はもう好き放題テンションをバカスカつけることが出来ます(とはいっても9thは9th、11thは11th、13thは13thで重ならないようにしましょう)。が、過ぎたるは及ばざるが如し、やりすぎるとただの汚い音の固まりになるので程ほどに……。
 ち・な・み・に……ナチュラル11thだけは本当はテンションじゃないんです。階名ソから見た11thはドに相当するわけですが、V7(11)ではシとドが同時に鳴っているのでえらく気持ち悪くなります。メジャーコードの11thは一般にアヴォイドノートとされ、基本的には使いません。どうしても11thを使いたい場合はV7sus4コードにして、シの音を省いてしまいましょう。……でもなぜか見かけるんだよなあ、V7(11)と堂々と書かれているスコア。

VIm,VIm7 (Em(7) in G major) 上のテンションノート

Iには9thと11thが使用可能。

 9thと11thが問題なく使えるテンションです。どちらもちょっとマイナーっぽさを強調したいときに使うと効果的でしょう。但し、これもトニックの代理コードなので、やりすぎると曲としての安定感が欠けてしまう恐れがあるので、使い過ぎは禁物です。

VII(-5),VIIm7(-5) (F(7)(-5) in G major) 上のテンションノート

VIIm(-5)には11thと♭13thが使用可能。但し、♭13thはよく見るとV7と全く同じ音構成になり、普通はこっち(V7(onVII))で記譜される

 9thは使えず、唯一13thという変なのをテンションに取るコード……なのですが、よく見るとこの13th、音階の第5音に相当し、転回させるとV7になっちゃうんですねこれが。したがって13thはテンションというよりはコードの転回形みたいなもんなので、実質VIIm7(-5)のテンションは11thのみということになります。もっとも、長調でこのコードを使うのはよっぽどのとき(一時的に短調にするときにVIIm7(-5)~III7~VIm、というツーファイブを起こす)ぐらいしか使わないので、無視しても構いません。

 

Xmaj9・X9・Xm9とX(m)add9の違い

 四和音(セブンスコード)に9度を加えたコードはいってみれば五和音になり、ちょっと変な感じだけど全体的に音が丸みを帯びているのが特徴です。一方、三和音に9thを加えたadd9コードは、9thがいわば浮いた音になっているため、かなりとがった感じになります。その辺をうまく使い分けることが肝要です。

 

まとめ