コード理論第6回 各音階ごとのダイアトニックコード

 本文中にしょっちゅう出てくる「ダイアトニック・コード」という言葉。どの調でも音階の構成音の並び方(音程関係)は同じだから、ダイアトニックもルートをすげ替えることで分かるもんなんですけど、困ったことに調号だけ見ても「これ何のキー?!?」とか戸惑ってしまうことも多いものです。そこで、この付表では各調号ごとの音階音(ダイアトニック・ノート)、そして各音階のダイアトニック・コードを紹介しましょう。

 キーが決まっている曲の場合、このコーナーで使っているローマ数字に、音階ごとのダイアトニックコードを当てはめてみましょう。それだけで伴奏つきの曲になりますよ。もう一度復習。コードを作るときの音の積み重ね方は通常は一つ飛ばし!

注意

この調号は何の音階?
調号調名ファ
長調I
IIm7
IIIm
IV
V7
VIm
VIIm75
短調III
IVm7
Vm
VI
VII7
Im
IIm75
ハ長調・イ短調 (調号ナシ)ハ長調
イ短調
CDEFGAB
ト長調・ホ短調 (♯×1)ト長調
ホ短調
GABCDEF
ニ長調・ロ短調 (♯×2)ニ長調
ロ短調
DEFGABC
イ長調・嬰ヘ短調 (♯×3)イ長調
嬰ヘ短調
ABCDEFG
ホ長調・嬰ハ短調 (♯×4)ホ長調
嬰ハ短調
EFGABCD
ロ長調・嬰ト短調 (♯×5)ロ長調
嬰ト短調
BCDEFGA
嬰ヘ長調・嬰ニ短調 (♯×6)嬰ヘ長調
嬰ニ短調
FGABCDE
ヘ長調・ニ短調 (♭×1)ヘ長調
ニ短調
FGABCDE
変ロ長調・ト短調 (♭×1)変ロ長調
ト短調
BCDEFGA
変ホ長調・ハ短調 (♭×3)変ホ長調
ハ短調
EFGABCD
変イ長調・ヘ短調 (♭×4)変イ長調
ヘ短調
ABCDEFG
変ニ長調・変ロ短調 (♭×5)変ニ長調
変ロ短調
DEFGABC
変ト長調・変ホ短調 (♭×6)変ト長調
変ホ短調
GABCDEF

 

ルート音別・コード構成音早見表
ルート第3音第5音第7音テンション
 msus4 dim
(♭5)
(-5)
aug
(♯5)
(+5)
 maj7
M7
△7
7dim7 9
add9
♭9
(-9)
♯9
(+9)
11♯11
(+11)
13
6
♭13
(-13)
CEEFGGG


BBA


DDDFFAA
CFEFGGA*BBDDEFGAA
DF*GAGACBBEDEGGBA
DFFGAAACCBEEFGGBB
DGFGAAB*CCFEFGACB
EGGABABDDCFEFAACB
EGGABBCDDDFFGAACC
FAABCBCEEDGGGBBDD
FAABCCDFEEGGABCDD
GB*BDCDF*EAGABCED
GBBCDDDFFEAAACCEE
GCBCDDE*FFAABCDFE
ACBDEDEGGFBABDDFE
ACCDEEFGGGBBCDDFF
ADCDFEF*GGCBCDEGF
BDDEFEFAAGCBCEEGG
BDDEFFGAAACCDEFGG

使い方