コード理論第5回 コードの進み方(短調編)・その6

短調のセカンダリードミナント

イ短調上にできるセカンダリードミナント

 短調上にも、構成音を変化させることでセカンダリードミナントコードを生成することができます(ただし、和声短音階・旋律短音階のVII音上のコードだけは通常セカンダリードミナントを考えない。進むコードが音階上にないため)。当然、長調の場合と同様、完全4度上のコードを強力に導く働きがあります(注:VI7だけは例外。完全4度上のコードが音階上にないので、このコードだけは例外的にII7の裏コード(「裏コード」については第7回・ドミナントセブンス参照のこと)として働く)。

 このうち、V7は正規のドミナント、IV7はVIIなどのコードに進む万能コード、VII7は平行長調のIであるIIIに進むコードだ、ということを既にやってきているので、他のコードについて説明していこうと思います。

短調のセカンダリードミナントの進行パターン
コード正規のドミナントモーションによる行き先偽終止的進行による行き先
I7IVm-
II7V7-
III7VIIVm、Im
IV7VIIV7(or Vm)
V7ImVI、VIm7(-5)
VIm7(-5)はIm6の構成音と全く同じ(=Im6の転回形)なので、トニックの代理として使われる。
VI7V7(or Vm)
(II7の裏コードとして)
-
VI7IIm7(-5)-
VII7IIIIm、Vm

 なお、短調のセカンダリードミナントのうち、II7とVI7については、もともとがフラットファイブコードなので、これを活かし、普通のドミナントセブンすコードの第5音を半音下げたオルタードドミナントのII7(-5)やVI7(-5)という形で使われることもあります。

 

フリジアンスケールと裏コード

イ短調・Aフリジアン上のコード

 フリジアンスケールとは、自然短音階の第2音を半音下げたスケールです。そのため、この第2音を含む第2音上のコード、及びIIIの4和音、V度上のコード、VII度上のコードが変化します。

 特徴的なのは第2音上に構成されるIIのコードです。このコードはサブドミナント扱いになるコードで、別名「裏コード」とも呼ばれています。フリジアンスケールに特徴的なコードです。このIIは3和音やメジャーセブンスの形で使われた場合、Imに進んだり、あるいはIIIのコードに進んだりと、なかなか万能選手的な進み方をするコードです。

 フリジアンスケールはマイナー系ですけれども、ごく稀にトニックであるImが突如としてIで出てくることがあります。特にスペイン系のフラメンコなどで多用されるので、こういう、I、II、IIIを用いた形を「スパニッシュ・フリジアン」とも言います。I→II→III→II、という形(注:4和音形はほとんど使わない)などで用いられます。

 なお、IIに短7度を乗っけたII7というコードは、V7の代わりにごくたま~に用いられます(こういうのを「置換ドミナント」という。詳しくは第7回参照のこと)。

今回はサンプルはありません。各自で面白い進行を考えてみましょう♪