コード理論第5回 コードの進み方(短調編)・その4

 短調でも、時にダイアトニックコード(注:本来『ダイアトニックコード」というのは長調のスケール音のみで構成されるコードのことをさすが、ここでは短調に拡大解釈してこの用語を用いている)に沿っていないコードを目にすることがあります。その最たるものが、サブドミナントがおかしなことになったIV7です。

IV7の出処

 短調が3種類あるのに加え、今回はチャーチ・モードの中のドリアンを用いて解説します。このドリアンスケールというのは、音階の第6音(ファ)がフラットしないスケールで、そのために第2音、第4音、第6音上のコード(及び第7音の四和音形)がそれぞれ変化します。これら3+1つのスケールを確認していきましょう。

 なお、これらの使い分けは完全に個人の趣味なので、ところどころでころころ変えてしまっても全く問題ありません。

自然短音階
(Natural minor scale)
イ短調・自然短音階上のダイアトニックコード
和声短音階
(Harmonic minor scale)
イ短調・和声短音階上のダイアトニックコード(ただし、♭IIIaugのコードは通常使わない。)
旋律短音階
(Melodic minor scale)
イ短調・旋律短音階上のダイアトニックコード(ただし、♭IIIaugのコードは通常使わない。)
ドリアン
(Dorian)
イ短調・Aドリアン上のコード(♭VIIの四和音形が♭VIImaj7になるのは稀)

 旋律短音階上とドリアンに今回の主役のIV7が出てきますけれども、これがどちらの出自なのかはパッと見た感じでは分かりません。ただ、ドリアンの場合は6thと7thとの半音音程がキーポイントなので、次に出てくるのが7thならドリアンだと解釈して構いません。

 では、具体的にIV7のコードをどう用いたらいいか、その例を示していきましょう。なお、本文中では一律IV7として記述しますが、実際は三和音のIVという形もかなりの頻度で用いられます。もちろん、どちらを用いても差し支えありません。

 

IV7を用いた主なコード進行の例

0: Im→IV→V

 短調編・第1講で触れたとおり、旋律短音階の基本的なパターン。当然、ありふれた短調の雰囲気よりもさっぱりしている感じになります。

 V(V7)の前にVsus4(V7sus4)を入れてやるというアレンジや、IV7から一旦Im7を経由してV7に進むのも一つの手です。

1: Im→IV7→Im→IV7……

 いったんトニック代理のIIIをはさんで、Im→IV7を繰り返すパターン。上記の「You're the Best」の第4小節にもチラッと出てきますが、むしろこのパターンは「Kiss You」のイントロ・Aメロ・サビに頻出するパターンです。クッション役が入ることによって、変化しているんだけれども、それが目に見える形ではないという雰囲気をかもし出すようになります。
「Kiss You」
Key:Cm、 Cm7|E・F|Cm7|E・F|Cm7|E・F|Cm7|E・F|

3: Im→IV7→VII→III

 短調で使用頻度の高い「Im→IVm→VII→III」という進行のIVmをIV7に変えた進行。IV7は完全4度上のVIIを導く力を持っているため、不安定でダイナミックなコードが2つ続くことになり、IIIでやっと安定した感じになります。短調で壮大なスケールを描き出す上で使うといいでしょう。

 このパターンの応用で、進む先がIIIではなくVIというパターンもあります。VIの場合は終止感が全くないため、次にまだ何か一悶着ありそうな雰囲気を作ることができます。

4: Im→III→IV7→V7

 2のパターンがIV7で止まらず、勢いがついてしまってV7に進んでしまったパターン。どっちかというとロック向けのパターンなので、Im→III→IV→Vという三和音の形で用いたほうが自然に響いてくるかもしれません。徐々に音に厚みを持たせ、イントロやサビなどで盛り上げる感じに使うといいでしょう。

5: Im→III→IV7→VI

 4のパターンと違い、最後が一つ余計に上がります。その割に上昇感はあまりなく、いたって素朴な雰囲気になります。カウンターライン(ボーカルなどの主旋律とは別に、独自の流れで進行するラインのこと)として、Im→III(onVII)→IV7(onVI)VIなどのようにベース音を工夫する(もしくは伴奏に組み込む)ようにしてみるとユニークな伴奏が出来上がるかもしれません。

6: Im→V→VII→IV7

 理論的じゃない進み方です。前半2つと後半2つで一旦音楽的に切れるのが最大の特徴。物悲しさ(Im→V)が起こったあとに明るさ(=長調)への兆しであるVIIが鳴り、あ~やっと落ち着けると思わせといてIV7でドーン。酷いオチが待っています。言うなれば『笑ウせぇるすまん』のような話の進み方でしょうか。このパターンの場合、最後のIV7はとてつもなく痛々しい響きがします。あまりに痛々しくて伊東四郎が裸足で逃げ出します(?)。
「Pale Shelter」のイントロとAメロがこのパターンを実装しています。
key:Gm  ||: Gm・D7|F・C|Gm・B|F・Gm :||

7: III→Im→IV→V

 「Seven Days War」のAメロで用いられているパターン。IIIのせいで基本パターンとは一線を画す存在となっています。V7がいつまでたってもImに行かないことや、IVmの静かな響きではなくIVのいささか気が立っている雰囲気などから、かなり痛々しい響きになっています。

8: Im→III→VI→IV7

 「Children of the New Century」のイントロ部分に用いられているコード進行で、ドミナントのコードは出てこないものの、静かさの中に表に出てくることのない荒々しさを感じることができます。特にIV7の部分では、何か私たちの中に眠る魂を揺さぶるような力強い響きが込められているような、そんな雰囲気です。

9: Im→IV7→VI

 VIIではなくVIに進むことで、まるで本来のキーに未練があるかのような響きになります。Im→Im7の後にIV7を続けてもいいでしょう。いずれにしても、音楽的に連続して内容で連続している、という微妙な響き(その響きについては各自参照のこと)を持つことになります。

 「Your Song」のAメロが、このパターンを扱っています。
Key:Gm  Gm|Gm|E|E・F|Gm|Gm|C(onE)|E・D(2回目はE・F)

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。