コード理論第5回 コードの進み方(短調編)・その3

解説を始める前に

 今までは平行長調でも用いられていたパターンをアレンジした感じのコード進行を中心に解説してきましたが、今回は逆に、短調で使われる特徴的な進行を紹介していくことにしましょう。
 ここで紹介するパターンはいずれも長調で使うと違和感が大きいものばかりです(全く使えないわけではない)。その真価は短調で使って初めて発揮されるというものばかりなので、寂しい曲を作っている方は応用してみてもいいかもしれません。

 いたってシンプルな形でも問題なく進行できる(コードが3和音だろうが4和音だろうが大して問題にならない)長調と違い、音階そのものが3つある短調の場合はどうしてもコード進行が複雑になりがちです(逆にその複雑さが短調の魅力でもあるわけですが)。
 実際に鳴らしてみると、同じコードでも3和音を用いた場合と4和音を用いた場合でだいぶ違ってきます。その点をうまく使い分けることが肝要です。ここで紹介しているパターンはあくまでコードの基本的な音程のみですので、作曲するときに3和音と4和音(maj7か7か6か、m7かmmaj7かm6か、という区別も含めて)の場合とを比較してコードをつけかえるということを考えてみるといいでしょう。

 もちろん、このほかにもコード進行の例はあります。他の曲のスコアや、あるいはオリジナルでさまざまな例を作り上げてみましょう。

 

具体例

1: Im→VII→VI→VII

 前回紹介したIm→VII→VI→V7というパターンに似ていますが、こちらは本来のドミナントに進行せず、あくまで「頼れる兄貴」VIIに進行している点がポイント。そのため、どこか勇ましい感じを受けることでしょう。

 「Love Train」のサビがまさにこれ。キー:Fmで、Fm→E6→Dmaj7・E→A・E/Gとなっています。「戻れない、このまま君を連れ去って」行くわけですから、そりゃ勇ましくなきゃいかんですわな(笑) また、「GIRLFRIEND」のイントロ及びAメロも同じFmキーで同じことをやっています。「We Love the Earth」のAメロ出だしもAm・G→F・G(Key:Am)

 また、これの応用編として、「Departures」(globe)のサビも挙げられます。この曲(Key:Fm)の場合、Fm7→E6→Dmaj7→E6・Fm7となっているのがポイント。実はこのコード進行の場合、VIIがシックスコードになっているため、コード進行全般においてC音がずっと鳴り続けているのです。そのために、勇ましさに加えてどっしりとした安定感がありまス。

2: Im→Vm→VI→VII

 「Dive into your body」のAメロの一部をはじめとする、アップテンポのマイナーキーで途中から華やかなメジャーキーに転調するような曲で見られる進行。それほどどぎつくなく、すっと自然に進む感じの進行です。応用として、最後のVIIがVm7だったり(「Human System」Aメロ)、VIからいきなりImに進んだり(「Get Wild」イントロ後半~Aメロ、間奏)というものもありますので、研究の余地ありの進行でしょう。
 面白いのは「Ignission, Sequence Start」のBメロ(key:Gm)で、この部分ではDm7→Emaj7→Fの進行が続き、いつまでたってもトニックのGmに進まないという、ある種もどかしい進行になっています。
例:「wanna be a Dreammaker」(globe)のサビ。
  キー:Gm、パターン:Gm→Dm7/G→E/G・F/G→Gm7

3: Im→Vm→VI→III→VII →

 上のパターンをアレンジし、一旦VI→IIIという穏やかな進行(平行長調のサブドミナント終止)をした後に、いきなりVIIという強力なコードに進行するパターン。時にVIIを省略してしまったり、Vmの代わりにVIIを用いたりすることあります。「Message」のイントロや間奏で使われているのがこのパターン。

 「Message」
イントロ・間奏 Key:Em  Em|Bm7|C|G(・D/F
 * D/Fは間奏のみ

4: Im→VI→III→VII

 Im→VI→VII→IIIの進行パターン(勝手に「B'z進行」と命名)の後ろを入れ換えたものと見るか、Im→VI→VII(こちらは「メビウスの宇宙を越えて進行」と命名)の中間にIIIを挿入したかはともかくとして、いずれにせよ「あれれ?」と思うのは確実。ワンクッションおいて一気にどんどん進行していくダンスナンバーに使うのが効果的……かな?

5: Im→VI→VII→Vm(またはV7)

 一見するとB'z進行。然るにその実態はかなり変。IIIはトニック代理ですが、Vmは立派なドミナント。頼りになる兄貴(くどい?)の助けを借りて強さを増したドミナントが強いトニックへの推進力を持ちますから、このまま延々と循環させるのに向いているパターンです。「Don't Let Me Cry」(key:Fm)のサビや「You Can Dance」のAメロ(key:Dm)、「Carol(Theme I)」の各小楽節(4小節分)の前半(key:Gm→Am→Bm)などで使われています。

6: VI→Im→IVm→VII

 順番入れ替えの一種。もとはIm→VI→IVm→VIIだったもののVIとImを入れ替えた形です。マイナーキーでサブドミナントの代理コードであるVIから始める進行は、まるで別の空間に飛びこんだかのような響きになります。「Maria Club」のBメロ(キー:Gm)では、Emaj7→Gm7→Cm9→Gm7・Fと、IVm→VIIのあいだにImが挟まっていて、一瞬落ちついたあとにフッと不安定になっていきます。

注:最後の小節ではサビ(Key:B)に向かうための転調が行われているため、コードが変則的になっている。
 (7小節目)Cm9[キー:Gm]~(8小節目)Cmaj7/D[キー:G→Em]・E[キー:E]・F[キー:B]

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。