コード理論第5回 コードの進み方(短調編)・その2

 イ短調の主要3和音については前回話したとおりですが、他のダイアトニックコードにももちろんTSD機能が備わっています(代理コード)。この辺は長調と同じですが、コードそのものの形が同じでも、長調と働きの違うコードがいくつかあります。

-Natural MinorHarmonic MinorMelodic Minor
-
(代理)

(代理)

(代理)
トニックImIII
VI)
ImIIIaug)
VI)
ImIIIaug)
VIm7(-5)
サブドミナントIVmVI
IIm(-5)
VII
VImIIm7(-5)
VI
IVVIm7(-5)
IIm7
ドミナントVmVII)VVIIdimVVIIm7(-5)

 

●ImをIIIで置き換えたパターン

Im7→III→Im7→III

 トニック系のコードをひたすら連発するパターンで、やたらに安定感がある割に非常に暗い響きを持つ進行。 Im→IIIという進行はそれほど使われることはありません。それは、IIIというコードがトニック(Im)以上に安定感を持っているためで、主役の風格を台無しにしてしまう可能性があるためです。


●IVmをVIで置き換えたパターン

 Im→IVmをIm→VIに置き換えた進行は、マイナー独特の重々しい雰囲気を打ち消し、さっぱりした感じを与える進行になります。VIの後に続くコードはIVm、IIm7(-5)III、VII、Vm7、V7など、様々なコードへ進めます。

 ただし、今までの代理コードとちょっと違っていて、このコードは通常、親玉のIVmの前に持ってきて、トニックとサブドミナントの掛け橋として使うパターンが一般的です。

Im→VI→IVm→V7(or Vm)

 Im→IVm→V7という進行にVIを持ってくるだけでコードの豊かさが大きく膨らみます。マイナーコードばかりでともすれば重苦しくなりがちなサウンドにさわやかな雰囲気を与える効果があります。


●IVmをIIm7(-5)で置き換えたパターン

 IVmの代わりにIIm7(-5)を用いるパターンは、ただでさえ痛々しい短調の曲調を、より痛々しくする効果があります。IIm7(-5)のコードが持つ減5度音程がゆえの効果です。

 ただ、IIm7(-5)のあとは安定感の関係上どうしてもV7に進まざるをえません。

例: Im→VI→IIm7(-5)→V7 true
   Im→VI→IVm6→IIm7(-5)→V7 →true

 どちらもかなり迫力のあるコードで、これぞまさにマイナーキーといわんばかりの進行。2つ目の例でIVm6を使っていますが、これはIVmやIVm7でも全く問題ありません。ただ単に、構成音が全く同じだというだけでIVm6を使っただけですんで……。


●Vm(またはV7)をVIIやVIIdimで置き換えたパターン

 Vmのコードはトニックへの進行感が若干弱いので、場合によってはよりも幾分強力なコードで導いてやる必要が出てきます。そのために、平行長調のドミナントであるVIIを使ったりします。

 ただし、VIIを用いたコード進行は、その次にImを持ってくるよりもむしろIIIに進み、そこからImに進んだ方が安定した響きをかもし出します。VIIの扱いは基本的にはサブドミナントになります(場合によってはVmに進行する可能性があるので)が、時としてドミナント的性格を持つこともあるので注意が必要です。……ごちゃごちゃしてきた人は今の1文忘れちゃってください。VIIはVIIである、というわけで。

 また、純粋なドミナント(V7)の代わりにVIIdimを用いることも出来ますが、その場合は通常、VIIのあとに添える形でVIIdimをおき、そこからImに……というパターンを使うことが多いようです(この場合のVIIはサブドミナントと考えてよい)。

1: Im→IVm→VII→III

 Aマイナーのキーでいうなら、Am→Dm→G→Cというもの。平行長調のCメジャーのC→Am→Dm→G(I→VIm→IIm→V)というパターンをVIから始めたものは、マイナーキーで非常によく使われるパターンです。

 TMの曲だと、「Resistance」のAメロ前半とサビ、及び間奏、「Dragon the Festival」のBメロ、「Girl」のサビなどがこのパターンに相当しますが、いずれもバリエーションがちょこっとずつ異なっており(たとえば「Girl」の場合、一旦IIIに落ち着いてからおもむろにV7に進み、Imに進行する)、使い古されているとはいえ、途中のコードを7thにするか、あるいはどのくらいのリズムを取るか……などこの辺のアレンジしだいでいくらでも面白くなる形です。

Im→IVm→VII→IIIのパターンを用いている楽曲
アーティスト曲名箇所キーパターン
TM NETOWORK
(TMN)
ResistanceAメロ前半・間奏
サビ
Fm
Am
Fm7|Bm7/F|E7/F|A/F
Am7|Dm7/F|G|C
↑間奏はこんな感じになる(Key=Fm)。
この部分はトニック・ペダルポイントを用いており、ベース音がフレットレス・ベースのロングトーンになっている
Dragon the FestivalBメロGmGm・Cm|F・B
GirlサビGmGm・Cm|F・B|
Gm・Cm|F・B,D7|
あみん待つわAメロEmEm|Am7|D|G・Fm7(-5)・B7|
今井美樹PrideBメロCmCm|Cm|Fm7|Fm7|
B7sus4・B7|E|E
五輪真弓恋人よAメロ前半EmEm|Am|D7|G
Kinki Kids硝子の少年サビ前半EmEm|Am7|D7|Gmaj7・B7
松山千春季節の中でAメロEmEm|Am7|D|G
ポルノグラフィティサウダージサビ前半EmEm・Am7|D7・G
サザンオールスターズチャコの海岸物語Aメロ前半AmAm|Dm|G7|C・E7
宇多田ヒカルMovin'on without youサビFmFm9|Bm7|E7sus4・E7|Amaj7
フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーンAメロAmAm7|Dm7|G7|Cmaj7

2: Im→VI→VII→III 

 上のパターンでIVmをVIに置き換えたもの。実はTMの曲、さらにB'zの曲には往々にしてこのパターンが見られます。長調の雰囲気からふとマイナーになるというパターンとして、あるいはいきなりマイナーだけどあまり暗く重々しくしたくないときなど、様々なケースで使うことの出来るコード進行です。ロングトーンのパートがある場合、メインのパートは「3rd→4th→2nd→3rd」とすると気持ちいい進行になります。

Im→VI→VII→IIIのパターンを用いている主なTMの曲
曲名箇所キーパターン
「Get Wild」イントロ&サビB/CAm・F|G・C
「一途な恋」サビ前半4小節Gm
Gm
Am
Am|F|G|C|Am|F|Dm|G (in Am)
「月はピアノに誘われて」AメロDmDm|B|C|F
「Rhythm Red Beat Black」Aメロ
サビ
Dm
Fm
Dm・B|C・F
Fm・D|E・A
「The Point of Lovers' Night」サビFm
Gm
Fm・D|E・A,A(onG) (in Fm)
「In the Forest」イントロ・サビDmDm・B|C・F
「Dawn Valley」出だしEmEm・Cmaj7|D・G
「Human System」間奏GmGm・E|F・B,B(onA)

3: Im→VI→VII

 上のパターンでIIIに進まず、VIIからそのままImに循環するパターン。安定感の非常に強いIIIに進まないため、音楽がいつまでたっても終わった感じがせず、あてもなくさまようという雰囲気を持っています。

 このパターンの最たるものが、「Beyond the Time(メビウスの宇宙を越えて)」。我をして「この曲を聴かばFANKS」と言わしめる名曲ですが、この曲、曲全体の約2/3がこのコード進行で成り立っています。

 ちなみに、最後の部分だけはBm7・C7aug・C7となっている以外は、全て紹介したパターン(前半はKey=Amで[Am→F→G]、後半はKey=Fmで、[Fm→D→E])になっています。

 先にVIがきて、VI→VII→Im、となるタイプでは、「金曜日のライオン」のイントロ(Key:Bm、G→A→Bm→Bm)が挙げられます。

4: Im→VII→VI→V7 true

 Imから始まり、どんどん下降していった末にV7に行き、そこから再びImに戻るというパターン。極端なパターンではIm7→VII7→VI7→V7という具合に、全てドミナントセブンスの形になってみたりもします。スス~ッと動いていく気持ちのいい進行なので、使い方をいろいろと工夫してみてもいいでしょう。

 このパターンの応用で、「一途な恋」のAメロや「Come on let's Dance」のサビでは、Im→VII→VImaj7→IVm→Vmというパターンが用いられています。
どちらもキーがEマイナーなので、Em→D→Cmaj7→Am→Bmという流れになっています。

5: Im→VI→IVm→VII

 Im→VI→IVm→V7(or Vm) というパターンに似ていますが、こっちの方が若干サウンドの迫力が増しています。「Come on Everybody」のサビ(key:Cm)、「一途な恋」のサビ後半(Key:Gm)で用いられる進行で、Vで循環させるパターンとは違い、どこまでも続いていきそうな、そんな感覚になります。

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。