コード理論第5回 コードの進み方(短調編)・その1

 長調の場合は基本パターンがえらくシンプルだったんですけど、これが短調になるとえらく複雑になります。それは、長調が基本的に1種類の音階しか持たないのに対し、短調がタダでさえ3つも持っていることに起因します。
 また、もともとコード理論というものが長調をベースにして組み立てられたものですから、それをいささか強引に短調に当てはめると、少々おかしなことになってしまうことがあります。そのせいで、短調のコード理論はえらく複雑になってしまいがちです。

自然短音階
(Natural minor scale)
イ短調・自然短音階上のダイアトニックコード
和声短音階
(Harmonic minor scale)
イ短調・和声短音階上のダイアトニックコード(ただし、♭IIIaugのコードは通常使わない。)
旋律短音階
(Melodic minor scale)
イ短調・旋律短音階上のダイアトニックコード(ただし、♭IIIaugのコードは通常使わない。)

 といっても、1曲でどれか一つを選択して使い続けるということではなく、場面に応じて使い分けるというのが基本です。

 

 マイナーキーでもやはりI、IV、Vの3つの和音が基本になるわけですが、困ったことにこれが3つあるから……。まあ、愚痴ってもしょうがありません。マイナーキーの方がその分アレンジがなんぼでも利くってことで、表現力が高いってことの裏返しですし……。

<パターン1:Im→IVm→Vm …… 自然短音階>

 やはり基本はIm→IVm→Vmの順序を踏襲することです。Imがトニック、IVmがサブドミナント、Vmがドミナントというのは長調と同じ……なのですが、このパターン、進み方はあまり強くありませんで(というのも、コード内にIの導音であるVIIが登場せず、VIIばかり登場するから)、ちょっと物足りない進行ではあります。

 しかし、シンプルでなおかつナチュラルな進行ゆえ、あまりくどさを感じさせることなく音楽が成立するので、使い方次第では面白いと言えます。また、全てマイナーセブンスコードを用いたパターン(Im7→IVm7→Vm7)なら、3和音独特のはっきりした性格を和らげ、重くなりがちなサウンドを味わいやすくすることも出来ます。

 無論、IVmから始めてVm→Imというサブドミ始まりや、Im→Vm→IVmという逆回りもアリです。

<パターン2:Im→IVm→V7 …… 和声短音階>

 マイナーキーにおけるコード進行の大元。上のパターンの弱点である(?)導音の欠如による進行の弱さを補うべく、VmがV7になることで強さを持たせたパターン。マイナーキーの基本中の基本的なコード進行です。

 ただこの進行、露骨にマイナーになって少々辛い傾向にあるので、あまり連続で使うと少々苦しいものがあります。それをぼかすために、長調のようにいろいろ代理コードを入れていくのですが、敢えてそれを前面に出すという手法もありますので、曲調に応じたチョイスが必要です(結局これで締めてしまう私……)

<パターン3:Im→IV→V …… 旋律短音階>

 サブドミナントがマイナーコードではなくメジャーコード(正確には違うのだが……)にすりかわったパターン。上の2パターンに比べてさっぱりしているというか、マイナーの感じは基本パターンの中で最も薄くなっています。

 ところがこのパターン、イタイ詞に合わせてやると、恐ろしく痛々しくなってしまいます。また、メロディにも本来の第6音(VI)を使わないようにしないと、聞けたもんじゃないパターンになりますのでご注意あれ。どちらかというと、リズミカルなマイナーキーの曲に合うパターンであると言えます。

 私の知っている限りでは、これの変形といえるパターンが「Seven Days War」のAメロに見られます。この曲のこの部分におけるキーはFマイナーなのですが、このAメロのコード進行が、
A→Fm7→B→C (III→Im7→IV→V)
という形で、最初にトニック代理から始まっているというパターンですが、雰囲気はこのパターンとほぼ同じです。(このパターンについては後ほど詳しく解説)

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。