コード理論第4回 コードの進み方(長調編)・その6

 前回はチャーチモードからコードを借りてコード進行を作るということを議論しました。今回は、短調からコードを借りるということを学んでいきましょう。

 

1、平行短調からコードを借りる

C major
A Hermonic-minor

 上はCメジャーと、その平行短調であるAマイナー(和声短音階)のコードです。「平行短調」と聞くと、なんだかコードがあまり変わっていないようなイメージを受けるでしょうが(確かに、使っているコードは「自然短音階の場合」は全く同じです)、和声短音階や旋律短音階になると話は別です。平行・旋律短音階のIV7は長調上でII7となり、この議論は前回やったばかりなので、今回は、III7に関する議論を中心に行います。

 III7は当然平行短調のV7と同様、VIm(=平行短調のIm)への指向性を持ち、すなわち短調への軽い転調感を伴っているコードです。その場でマイナーっぽくしておいて、そのままマイナーにするもよし、裏切ってメジャーのまま突っ走ってもよしの万能選手でもあります。

1: I→I→III7→VIm

 普通に長調だと思って進んでいたのが、III7の登場でドーン、急に不安定になり、そのまま暗い雰囲気を漂わせるパターン。III7を用いる上での基本パターンです。

2: I→IV→V→III7

 普通に進んでいくと見せかけて、VのあとIに行かず、III7に進んだと思いきや、急に先行き暗澹たる思いになります。この後に短調への転調感を感じさせるパターンですが、もちろん短調に転調させず、そのままIやIVのコードに進むことも可能です。

3: I→III7→VIm→V

 ホントに転調したと思ったら、すぐまた戻ってくるパターン。III7を用いたパターンはえてして寂しさが付き物ですが、このパターンもまた寂しさが付きまといます。

4: IV→V→I→III7

 パターン2に似ていますが、こちらはサブドミナントで始まるパターン。「This Night」のAメロで用いられているパターンです。メジャーキーながらどことなく寂しさを感じますが、このIII7は決してVImに進むことはなく、マイナー感はそれほど強くありません。

5: I→VIm→IIm7→III7

 V7が来るべきところへIII7が入り、次にVImを期待する形。Iの後にVIm、IImというマイナーコードが続いているので、明るさも抑え気味になっています。歌詞がそういうものであればこのパターンを使い、その後にマイナーに転調させるといいでしょう。

6: I→III7→VIm→IV

 「Telephone Line」の間奏後半に登場するパターン。何かを失い、それを探しているような感じを受けることでしょう。ここのパターンはVImから直接IVに進んでいますが、VIm→I7→IVという、I7をはさむ形もあります。IVを強調したいのであれば、I7をはさむのが効果的です。いずれにせよ、IVに進んだところでほっとする、そんな感じの哀愁を帯びた進行パターンです。

「Telephone Line」間奏後半
Key:E  B7・E/G|G7・Cm|A・E/G|Fm7・B7

7: I→III7→VIm→III7

 6のパターンにおいて、VImがIVに進まず、再びIII7を呼ぶパターン。マイナー感が持続するため、哀愁は上パターンの比ではありません。長調で一時的に強烈な寂しさを持ってきたい場合に使うといいでしょう。

8: I→IV→VIIm(-5)→III7

 I→IVは普通の流れなのに、突如として登場するVIIm7(-5)によって流れは一変。雲行きが怪しくなってきます。VIIm7(-5)のコードは、まさに青天の霹靂、次に何かよからぬことが起こる、という合図みたいなもので、そこからツーファイブしてマイナーキーに進む、という危険性(?)があります。

9: I→VIIm7→III7→VIm

 ビートルズのかの有名な(知らない人はゴメンナサイ)「Yesterday」のAメロ(Key:F、F→Em7・A→Dm→B・C)に使われているパターン。本来ならVIIm7(-5)たるべきコードがVIIm7となっている時点でドキッとします。他に類を見ない、なんとも切ない響きにより、一気にその世界に引きずり込まれること請け合いです。

 このコードパターンには3,000通りものカバーパターンがある(引用:関口誠人 [2002] 『15秒で分かるコード進行160』、リットーミュージック)といわれていますが、その一つが我らがTMの「Nights of the Knife」。イントロ+Aメロ(Key:D)、サビ(Key:E)、大サビ(Key:F)がこのパターンでできています。いろんな意味で本当に切なくて泣いた人も多いはず。

「Nights of the Knife」
イントロ(Key:D): D|Cm7・F|Bm・Bm7/A|G

オマケ: Vdim=平行短調のVIIdim

 III7が来るところにこのコードが来る場合もあります。働きはIII7(=平行短調のV7)と同様、VImに進もうとするコードであります。「Fool on the Planet」のサビ内部や「Your Song」の大サビ直前に見られます。

「Fool on the Planet」 Key:A  A・A(onC)|D・E,Fdim|Fm・A(onE)……
「Your Song」 key:B  Gdim || Gm|Gm(onF)……

 

同主短調からコードを借りる

C major
C minor

 前々回に議論したサブドミナント・マイナーもそうですが、同じ音を主音にする長調と短調同士でコードを融通しあう、ということも可能です。この方法を用いることで、その曲が長調だとか短調だとかいう枠組みを外れた、ダイナミックなものになります。それを用いたパターンをいくつか紹介していきましょう。

1: I→VI→VII

 小室哲哉がよく使うIm→VI→VIIというパターンをメジャーキーでやったもの。「Dive into Your Body」のイントロ部分に使われているコード進行(Key:B、B・G→A)で、長調とか短調といった「調性」を感じさせない、ダイナミックな進行になっています。

 Iを省いて、VI→VIIという形で循環させることもできます。

2: I→IV→III→VI

 長調における通常のトニック・サブドミナントと、同主調の平行調(メジャー)のトニック・サブドミナントが融合することにより、ふらふらとした、いかにも不安定そうな危険な香りを持つようになります。

3: I→V→III→VII

 2のパターンをドミナントコードでやったもの。「Sweet Pain」(globe)のイントロ(key:F)で実際に使われているパターンです。ドミナントになったことで、不安定感がより強まります。

 

総括

 同主短調や平行短調からコードを借用する方法は、その気になればIIm7(-5)や、場合によってはトニックが一時的にImになる(「Chase in Labyrinth」で確認)などナンボでも借りてくることができますので、いろいろパターンを考えて、その都度サウンドと当てはめつつ的確に使っていくのが吉でしょう。特に、同主短調から借りる方法はここに挙げただけではありません。戻すときには共通のドミナントセブンスであるV7を使ってIに戻すか、サブドミナント・マイナーのように直接Iに戻す方法をとっていきましょう。

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。