コード理論第4回 コードの進み方(長調編)・その5

 今までは、基本的に「ダイアトニックコード(その調の構成音だけで作られるコード)」だけでコード進行パターンをいくつか紹介してきましたが、ここからは調性の枠組みをホンの少し超えて、ダイアトニックコードじゃないコードもいくつか交えていくことにしましょう。といっても難しいことをするわけではなく、ちょっとしたアレンジを交えるだけですのでご安心を。

 

1、リディアンスケールからコードを借りる

C-リディアン。ポイントは第4音(ファ)が半音上がっていること

 上記がリディアンスケール上にできるコードです。第4音が半音上がるせいで、全体的にふわりとした独特の高揚感があるスケールです。このスケールでポイントとなるのが、第2音上にできるII7(ハ長調ならD7)のコードです。このII7をハ長調上に組み込むことで、その独特のふわりとした高揚感を音楽に追加することが出来ます。

 II7のように、V7以外の部分に(構成音を半音ずらすなどして)作ったドミナントセブンスコードのことをセカンダリー・ドミナントと呼びます。通常のドミナントセブンスコードと同様、自分から見て完全4度上(完全5度下)のコードに進みたがる性質を持っていて、その力は(安定感がなくなる分)通常のダイアトニックコードよりもいっそう強まります。

 II7をコードに組み込んだ例としては、以下のようなものがあります。もちろん、II7でなく、ただのIIのまま使っても問題ありません。

1: I→II7→V7

 通常ならI→IIm7→V7となるべきところで、IIm7をII7の形にしたもの。ポイントはII7のコードがなっているときに、音階の第4音(ファ)を使わない、もしくはファにするなどの対応をとると、次のV7への進行感が強くなり、より次へ進みたくなります。ちょっと古いですがはっぱ隊の「YATTA!」のサビ直前や第二のサビに移動する際に採用(Key:B)されています。

2: I→VIm7→II7→V7

 II7に進む前にVIm7が来ているパターン。VIm7→II7が、正にツー・ファイブになっている点がポイントです。すべてのコードが次に進もうとしている点が印象的。まるでVIm7で離陸準備、II7で離陸、V7で上昇するかのごときイメージです。

 このパターンで、VIm7をIIImやIIIm→VIm、あるいはVIm→IIImなどにアレンジしてみるのも一つの手でしょう。IIImを使うと次にIIが来ると予測しにくくなるため、より意表をついたサウンドになり、耳に残るかもしれません。

3: I→II7→IIm7→V7

 IからII7に進んで、「おりょっ?」と思わせつつ、すぐに通常のサウンドに戻るパターン。I→II7→V7のV7をIIm7→V7に分解したものと考えることも出来ます。意表をつきっぱなしでテンションを高めるのではなく、一瞬吃驚させるのならこちらのパターンがオススメ。

4: I→II7→IV

 「おりょっ?」パターン第2弾。V7に進むべきII7がよりによって一番相性が悪そうな(消えたはずのファをルートにする)IVのコードに進むこのパターンは、一見違和感があるようですが、実際はすんなり進む形になっています。ソ(Iの5th)→ファ(II7の3rd)→ファ(IVのルート)という半音進行が出来上がっているせいもあるのでしょう。

 このパターンは、「Self Control」のサビ直後の出てきます。
  Bm | Fm/C | D | E7 | G | D/F | G | A (Key:D)

 II7の次は通常V7で、その後に更にIが連なる形が多いのですが、II7の次にIIImで偽終止をしたりすることも可能ですので、覚えておきましょう。

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。

 

2、ミクソリディアンスケールからコードを借りる

C-ミクソリディアン。ポイントは第7音(シ)が半音下がっていること

 メジャーキーの第7音(シ)を半音下げて作った音階がミクソリディアンスケールです。長調でありながらどことなく物悲しい雰囲気があります。このスケールでポイントとなるのが、第1音上にできるI7、第5音上にできるVm7、そして半音下がった第7音上にできるVII(4和音化することはほとんどない)です。

0: I7単騎

 この1コード(+テンション・ノート)のみで曲を作ってしまうというシンプルな手法。このコード+I7sus4の入れ替えだけで曲を作る方法は、「Just One Victory」のAメロ前半で使われています。

1: I→I7→IV

 I7は次にサブドミナント系のコードを強く求めます。早く言ってしまえば、「トニックが寂しがり屋になった」となりますか、そんな感じです。安定感があるはずなのに次に進もうとする力も持つ、というのがI7最大の特徴です。

 IVに進んだら、そのままVやVIm、IImなどに進むもよし、IVmのサブドミナント・マイナーに手を出すもよし、様々なコードにすすめます。

2: I→Vm→I7

 寂しがり屋I7の直前に心配性のVmが一緒になっている形。Vmは穏やかな響きながら少々一緒にいるには心もとない相手で、結果的にI7の寂しがりを助長することになります。

3: I→IV→I→VII

 VIIという異色のコードが出てきますが、ロック系の曲ではその「らしさ」を出すためにこのコードが多用されます。その使い方の一つがこのパターン。VIIの持つ亜空間ながらしっかり地に足が着いている感じを上手く出してみましょう。

4: I→VII→I→VII

 3と同様に、ロックの「らしさ」が十二分に感じられるコード進行。分かりやすい例が、globeの「FACES PLACES」のディスとーションEGが唸り出すあたりでこの進行が繰り返し使われています(Key:DでD→CDDCD,CDDCDという感じ)。ハードロック独特の勢いを大事にする上で必須のコードといえるでしょう。

5: I→V→VII→IV
6: I→VII→IV→I

 上記の2つは、ともに「逆5度進行」というパターンで、通常は5度下(4度上)のコードに行きたがる傾向があるコードを、わざと逆の5度上(4度下)に進ませるパターンです。こちらもやはりロック系の曲に多く見られるもので、5のパターンはTM版ハードロック・「Time to Count Down」のイントロや間奏などのDist.EGが派手に鳴る部分に(Key:D、D→A→C→G)、6のパターンは「Passenger」のエンディングやビートルズの「Hey Jude」のエンディングで出てきます。(ともにKey:F、F→E→B→F)

7: I→Vm→IV→VII

 「Fool on the Planet」のイントロで、シンセのアルペジオとともに用いられているパターン。ロック調というよりは静かに淡々と進む形になっています。VmがI7ではなく直接IVに進んでいるせいでしょう。

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。