コード理論第4回 コードの進み方(長調編)・その4

 今回は「サブドミナント・マイナー」というコードを使ったアレンジを紹介しましょう。

はじめに サブドミナントマイナーとは

<再々掲> ハ長調(C major)のダイアトニックコード

 サブドミナントマイナーとは、上のダイアトニックコードの4つ目(IV)を同主短調(ハ長調ならハ短調)のサブドミナントコードと入れ換えたもの――もっとぶっちゃけて言えば、4番目のコードをマイナーコードにする――です。具体的に言うと、ハ長調のサブドミナントコードはFなので、Fmがサブドミナント・マイナーになります。

 通常のサブドミナントを使うのとは違った、不思議なコード進行になります。ジョン・レノンをして「まるで異国の鳥みたいなサウンドだな(Those sound feels as exotic birds.)」と言わしめたパターン(引用:成瀬正樹 [2001] 『コード進行スタイルブック』、リットーミュージック)です。ポピュラー音楽でも少なからず使われているパターンですので、面白みに欠けるアプローチだなと思ったときにこのパターンを使うといいかもしれません。

 長調の曲で同主短調からコードをかっぱらう、というアレンジは時々見かけるのですが、その中でも最も使いやすいパターンがこの「サブドミナント・マイナー」です。他にもVIやVIIを用いたアプローチや、長調だというのに突如としてImが乱入したり、というアプローチもありますが、それについては次回以降改めて。

 

1、サブドミナント・マイナーを使う上で

サブドミナント・マイナーとその代理コード(in C major)

 サブドミナント・マイナーを使う場合は、通常三和音の形になります。ただし、雰囲気を変えたいなどの理由で四和音にすることは一応可能です(ただしIVmmaj7はかなり無理のあるサウンドになる、IVm7はダイアトニックコードから大きく外れる、IVm6は背筋が凍りそうな不気味なサウンドになる。それらの理由から、四和音にする場合はメロディを工夫しないと少々きつい)。

 また、あまり連続で用いない方が効果的な進行パターンです。サブドミナントの「雰囲気の違う明るさ」を敢えて拒絶し、あっと驚かせるためのテクニックなのですから、あまり連発で使ってしまうとありがたみが薄らいでしまいます。使うのなら、普通にメロディが進行していて(もちろんIVのメジャーコードが幾つか鳴っている)、いきなりIVmが飛び出す、という使い方をするように心掛けるのが吉です。

 それともう一つ。このコードを使う場合、メロディーで使う場合に注意を払うべき音が幾つかあります。

 

2、具体的な進行パターン

1: IV→IVm→I

 本家サブドミナントからサブドミナントマイナーを経由してトニックへ回帰する、というパターン。通常のサブドミナント終止に比べて、すっと消えるようなイメージになります。また、コードの中に半音下がるライン*1が出来るため、進行も非常に滑らかです。

*1 IVの第3音のVI→IVmの第3音のVI→Iの第5音のV。
  Cメジャーキーの場合、A[Fの3rd]→A[Fmの3rd]→G[Cの5th]

2: IV→IVm→V7→I

 1のパターンで、サブドミナント・マイナーから直接トニックに行かず、一旦ドミナント経由でトニックへ進むパターン。ちょっと消えかかったところでいきなり気合が入るというパターン(う、ちょっと表現が下品……)です。

3: I→VIm→IVm→V7

 第2回で取り上げた基本的な循環パターンであるI→VIm→IV→Vのアレンジ版。通常のシンプルかつスタンダードな進行ではないのですが、意外にしっかりしたサウンド構成になっています。コードをよく見ると、1で紹介した半音進行ラインが存在していることが明らかでしょう。

4: I→VIm→IIm7→IVm )

 後半はIV→IVm→Iという流れに近いものがあります(IIm7がIVの代理コードであるゆえ)。

 以下に、3曲の例を提示しておきます。

「Telephone Line」Aメロ
 キー……E
 パターン:
 E|Gm7|Cm|Fm|
 B7・B7/A|E/G|Fm|Am

「Winter Comes Around」
 キー……F
 パターン:
 F・Am|B・C|F・Am|B・C|
 F・Am|B・C|F・Am|B・C|
 Am7・D7|Gm7|B/C・C7|Fsus4・F
 Am7・D7|Gm7|Bm7/A|B/C・C|

「Sweet Pain」(globe)
 キー……F
 パターン:
 F・B|C・Dm・C/E|F・Bmaj7|Gm9・Bmaj7/C
 F・B|C・Dm・Dm/C|Gadd9/B・G/B|Bmaj7・B6
 F・B|C・Dm・C/E|F・Bmaj7|Bmmaj7・Bm6
 F・B|C・Dm・Dm/C|Gadd9/B・G/B|Bmaj7・B6
 F|C|A|E|F|F

 

3、サブドミナント・マイナーの代理コードを使ってみよう

 もちろん、サブドミナント・マイナーを直接使わずに、代理コードを用いるという方法も存在します。考えられる代理コードは、「VI」「IIm7(-5)」、場合によっては「II」も使われます(全て構成音にVIを含んでいる)がありますが、その中でも最も使用頻度が高いのがVIです。

 もちろん、今まで使っているパターンを全て置き換えることが出来ます。その中で一つピックアップしておきますと、

例: I→VIm7→VI→V7

 サブドミナント・マイナーを用いたパターンに比べて、ちょっと異空間っぽい不思議な雰囲気になります。マイナーコードではなくメジャーコードを用いたためなんですけどね、それは。かったるいのがお好きな方にお勧め。

 このパターンを使っている曲は「Rainbow Rainbow」。この曲のBメロがかなりアツイことしてくれてます。

 キー……G
パターン:
 G・Em7(11)E・D|Am|D
 G・Em7(11)E・D|Am・G/B|C・D
 何がアツイのかと言うと、Eのコードにおけるヴォーカルが何とBの音程! つまり、ここんとこで増5度の音程が完成している、というわけです。ええ、もちろんそのおかげで非日常的な雰囲気が強調されてますけど。

*注意 サブドミナント・マイナーを元に戻すときは、必ずIに直接解決、もしくはV7→Iというアプローチを取るように。そうでないとサウンドが乱れる可能性があります。

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。