コード理論第4回 コードの進み方(長調編)・その3

 前回までは、基本的な流れというものを体で感じ取ってもらったわけですが、今回はその流れに敢えて逆らってみましょう。まあ、逆らうといってもそんなにこっ酷いものではなく、今までのパターンをちょこっとだけアレンジする程度です。

 

1、逆循環

 逆循環とは、通常Iから始まる循環コードを、I以外のコードからはじめ、そして循環する進行のことを言います。循環コードは、実はどこから始めても安定して聞こえるという特徴を持っており、しかもそれぞれについて聞こえ方がまるで違っています。

 長調編第1回で解説したIV→V→Iのパターンもこれの一種ですし、前回登場したIIIm→VIm→IV→Vもこれに近い響きとなっています。また、VImから始めたパターンは平行短調の寂しい雰囲気を醸し出す形になりますので、使い方を工夫すれば面白くなるでしょう(「Get Wild」のイントロとか)。

1: IV→V→I→VIm

 サブドミナントから始めたパターン。一瞬ふわりと高揚するような感じを与えつつ、どこか落ちついた感じを持っているというパターンです。

2: IV→V→IIIm

 I→VImと進まず、あくまでその代理コードのIIImに進むパターンは、曲のテンションを維持しつつ、先に進む推進力を与えてくれます。

3: IV→V→VIm

 このパターンは長調で使うとえらく哀愁のかかったコード進行になります。長調の基本コードであるIが出ず、平行短調のトニックであるVImが登場することが原因です。「Electric Prophet」(key:B)のAメロの途中(始めのうちはIV→V→I)からこのパターンにシフトしていきます。
 2と3の複合技で、IV→V→IIIm→IV→V→VImというパターンもありますので、実際に耳で聞いてみて確認してみるのもいいでしょう。

4: IV→V→IIIm→VIm

 5のパターンと違って、トニック代理のVImに進まないパターン。Iで安定してそのままなので、より落ち着いたイメージになります。急に引きこまれ、安定したというパターンだといえるでしょう。

7: IIm7→V7→IIIm→VIm

 こちらは一向にトニックに解決しないタイプ。4のパターン以上に悲壮感が漂います(そりゃコードのほとんどがマイナーコードなんだから当然っちゃー当然ですが)。どちらかというと平行短調で「IVm7→VII7→Vm7→Im」として使われることが多いようです。

8: IIIm→IIm→V→I

 平行短調でよく用いられるアプローチ、「VIm→IIm→V→I」(平行短調上ではIm→IVm→VII→III。詳細は短調編その2を参照のこと)。これのVImを、同じトニックの代理コードであるIIImに置き換えたもの。トニックなのにちょっと不安定で強引な感じのするIIImからダイナミックなIIm→Vを経由して、安定しているIに進むという、ちょっとおしゃれな進行です。
 この進行でIImを抜き、なおかつVを保続音にするっていう進行とかも考えられます。
 また、「IIIm→IV→IIm7→V7→I」とするパターン(「Still Love Her」のBメロ)も、すっきりとした感じのする曲で効果的なアプローチとなります。

トップに戻る

 

2、順番入れ換え

 トニック→サブドミナント→ドミナントという基本的な流れに敢えて逆らい、変な並びにして意表を突く進行です。

 このパターンを1箇所に使ってビビらせてインパクトを強めるという使い方を思い浮かべるかもしれませんが、その他にもこのコードを循環コードとして用いている曲もかなり見られます。循環させても思ったほど不安定ではないっていうのがポイントです。

1: I→V→VIm→IV

 「Be Together」のサビ(Key:C)や「Nervous」のAメロ(Key:D)に見られるパターンで、一風変わった、不思議な明るさ・先への進行感を持っています。TMに限らず、様々なアーティストの音楽に見られます(ちなみにTRFの「Boy Meets Girl」のサビもKey:Eでこのパターンを使っている)。「Nervous」ではベースにトニック・ペダルポイントが使われており、安定感が増しています。

 もちろん、このパターンでも逆循環(「IV→I→V→VIm」、「VIm→IV→I→V」など。後者は平行短調で「ImVI→III→VII」としても使われる。)を使うことが出来ますので、色々試してみましょう。

2: I→VIm→IIIm→V

 トニックコードがどんどん性格を変えていき、最終的にドミナントに進行してまたIに戻るというパターン。上のパターンのようにサブドミナントが入りませんが、その分シンプルで「熱い」サウンドとなります。

3: IIm7→V7→IIIm→I )

 IIm7→V7「という、ツー・ファイブ」のあと、直接Iに進まず、一旦代理コードの暴れン坊(待て)に進行し、そこからIへと進むもの。一瞬「え゛っ?!」って思ってしまうパターンですが、音楽的に見るとトニックが非常に強力な力を帯びていることに気がつくでしょう。そりゃその前のコードに力もらってんだから当たり前の話ですが(爆笑)

 このパターン、「You're The Best」という、アルバム『CAROL』に収録されている曲のサビに使われているパターンなんですけど、こっちはもっと荒っぽいことをしていて、「Bm7・E→Cm7・A/D」(キー:Aメジャー)と、どういうわけかサブドミナントに乗っかったトニックという格好になります。サウンド的に不安定ですが妙に説得力があるんですよね、このトニック。

4: I→V→VIm→IIIm→IV→I→IIm7→V7
  →

 一旦トニック→ドミナントの流れを作ってから、トニック2つ→サブドミナント→変格終止→ツー・ファイブという流れを持つ壮大なコード進行。実際にこのような長いパターンで使うことは少なく、どこかを省略したりして使うケースも多いのですが、それでもある意味「極めつけ」といえるパターンで、曲のサビなどの壮大な場面で使うと凄まじいまでの迫力を持つことになります。

トップに戻る

 

3、ダイアトニック並進行

 ルート音がスケール音に沿って一つずつズズズっと動いていくパターンです。要するに「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」の流れっていえば分かりやすいかもしれません。

1: I→IIm→IIIm→IV

 トニックから始まり、静かなコードとちょっと暗くて不安定なコード、そしてサブドミナントの趣の違う明るさに至る進行。コード内にドミナント(V)を含まないので、一見すると落ちついた進行のようですが、実は徐々に盛りあがるタイプの進行になっています。それも全て、スケール音に沿って上昇するという進行の為せる技です。

2: I→IIm→IIIm→IIm )

 1のパターンとは違い、途中でバックする進行。ただでさえ静かに盛り上がる進行なのに、華やかなIVのコードが出てこなくなるだけでさらに静かさが強調されます。曲的にあまり盛り上げたくない、かつメロディがそんなに激しく変化しない曲にお勧めのコード進行。

3: IV→IIIm→IIm→I

 1を全く逆から回した進行ですが、上がるタイプとは逆であるせいか、どうしても「切なさ」を強く感じさせるコードです。こちらも、あまり派手に行かず、淡々と語るタイプの曲に(バラードなんかこれで行ったらおもしろいんじゃないかな?)。

4: IV→IIIm→IIm

 3と違い、Iまで戻らないパターン。IImの次にVを持ってきてIに、という形にするのが一般的。

5: IIm→IIIm→IV→V

 IじゃなくてIImから始まり、ドミナントまで進んでいくパターン。当然、今まで紹介した4つとは比較にならないほどパワフル(全てはVが入ったせい)です。もちろん、Vの次はIに進行し(しかもときにIがえらく長く続く)、強い安定感を得ることが出来ます。時に、IIImがI(onIII)に化けたりします。

 このパターン、TMの曲では時々見かけまして、「1974」のイントロ、「All-right All-night」のサビ折り返し、「Human System」のイントロなどにさりげなく入っています。

 これの変形で、IIm→I(onIII)→IV→Vというものがありますが、こちらもまたかなり多くの曲で使われていますので、上手く使い分けるようにしましょう♪

トップに戻る

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。