コード理論第4回 コードの進み方(長調編)・その2

ハ長調のダイアトニック・コード (注:長調でVIIm7(-5)は殆ど使われない)

 前回は基本中の基本である、I→IV→Vの進行について1ページ丸々割いて解説したわけですが、このパターンだけではシンプル過ぎてちょっと味気ないかもしれません。そこで今回は、その他のダイアトニックコードを用いて、より豊かなコード進行を作り上げてみましょう。今まで紹介した3つのコードに加えて、もう一つや二つ加えて1つのブロックを作るような形になります。

 

○代理コードとは

 上の図で言うと主要3和音はC、F、Gの3つになるのですが、それぞれがトニック・サブドミナント・ドミナントの機能を持っています。では残りの4つのダイアトニックコードはそれを持っていないかというとそうではなく、コード構成音の一部が主要3和音に近いものになりうることから、これらに近い機能を持つようになります。

 これらのように、本来の主要コードの代わりになるコードのことを、代理コードといいます(そのまんまやな)。一般には基本3コードの上下3度に相当するコードが代理コードです。具体的に言うと…

 具体的に、これらの代理コードを使う方法は2種類あり、

  1. 本来のコードが置かれる場所に代役として入る。
  2. 本来のコードのあとに続き、そのコードの効果を保ちつつバリエーションを増やす
    「機能の連用」(引用:一ノ瀬武志「未完成コード理論」(※該当サイト閉鎖につき、リンクはしておりません))といいます。むしろこっちの方が多いんじゃないかな? 標準的には3度下降です。)

という具合です。

 そんなわけで、具体的に前のI→IV→Vのパターンにどうこれら代理コードを組みこんで行くかという話になりますが…これが何せコードそのもののバリエーションが大幅に膨らむことになる分、解説が少々多くなってしまいます。

 では、I→IV→Vのパターンをアレンジすることを考えましょう。第4回第1節で述べたように、終止形の形・トニックからはサブドミナントにもドミナントにも進める、ということを忘れないように……。

 パターンとしては、Iの代わりにVIやIIIを持ってきたものや、IVの代わりにIIを持ってきたものの2種類が考えられます。

 

●Iについて、IIImやVImを連用として使う、代理として使うパターン

 トニックコードの連用は、3度下降が標準の原則に一部反しています。I→VImは標準の連用ですが、IIIm→Iという進行は異常な進行になります。代理コードから基本のコードに進むパターンは基本的に使わないほうがいいでしょう(キーが変わってしまう印象を与えるので)。したがって、この場合は例外的にI→IIImという形になります。

1: I→VIm→IV→V

 トニック→トニック代理→サブドミナント→ドミナントという、基本パターンにちょっと味付けしたものです。しかし、たった一つとニックとサブドミナントの間にコードを一つ挟むだけで、よりカラフルな雰囲気になるというのですから、コードってのは奥が深い…。

 このパターン、たったこれだけですが、実際はぐーるぐる何度も繰り返して使ってもなかなか劣化しません。循環コードの基本中の基本です。循環コードというのは、通常トニックから始まり、2→4つのコードを経て再びトニックに戻ってくるというコード進行のことで、言うなればコード進行の「定跡(定石)」と考えて差し支えないでしょう。この進行をもとに、様々な形の循環コードが生み出されていくことになります。

 「Human System」のイントロ後半や、「CUBE」の前半は完全にこのパターンでできています。(ともにkey:D)

2: I→IIIm→IV→V

 上のパターンのVImをIIImと入れ替えたもの。同じトニック代理コードでも、VImは「静」のイメージがありますが、その一方でIIImは「動」のイメージを持っています。その「動的なイメージ」は、IIImがコード内に音階の第7音(導音=Iへ向かう力を持つ)を含んでいるためです。つまりキャラ的に一部ドミナントと被ってるというわけです。

 従って、雰囲気もどこか積極性に富んでいて、なおかつおしゃれになっています。曲調や場面によって1と2を上手く使い分けてみるのも面白いでしょう。
 「We Are Starting Over」のAメロ入りたてがこのパターン(C・Em7→F・G(Key:C))です。また、「Winter Comes Around」のAメロもKey:Fで同じことをやっています。

3: IIIm→VIm→IV→V

 一見すると1と2の複合形かなと思われるでしょうが、実際の響きたるや、とっても不思議な感覚になります。何と、いつまでたっても主役のIが出てこないという、異例の事態発生!

 …っつーのは冗談ですが、本来Iに向かうはずのVが、ドミナントモーションでもって一向にIへと解決せず、その代理コードであるIIImに向かってしまいます。このように、ドミナントコードからトニックではなく、その代理コードに解決するような進行のことを「偽終止(Deceptive Cadence)」といい、終わりそうで終わらない、いわばガチンコ的「この後とんでもないことが!」を表現することが出来ます。

 ちなみにこのパターン、TMの曲で言うなら、「Self Control」のAメロで使われています。
↓ちょうどこんな感じ。キーはDメジャーで、鳴ってるコードはFm7→Bm(11)→Gmaj7(13)→A7sus4

4: I→IV→V→VIm

 「We Love the Earth」のサビに使われているコード進行で、一瞬超基本パターンかなと思わせつつ、見事にVImに偽終止してくれるという、典型的な裏切りパターン。しかし、これのおかげで、一見すると終わりそうなパターンを延々と続けることが出来ます。

 

●IVについて、IImを連用として使う、代理として使うパターン

1: I→IIm→V7

 I→IV→Vの超基本パターンに関して、IVをその代理コードであるIImに置き換えたもの。そんなに使われるパターンではないのですが、ロングトーンを用いるパターンではそれ相応に使えます。面白いパターンとしては、前回の素材として使った「All-right All-night」のAメロ。この曲(AメロのキーはCメジャー、前回披露したサビはAメジャーです)の場合、C→Dm7/C→G7/C→Fsus4・F・Gsus4・Gという具合に、途中までずっとトニックのCがベースになっているところがポイントです。また、IIm7→V7(Dm7→G7)のあとにすぐIに行かず、一旦F→Gの流れを経由してCへと進んでいるのも特徴のひとつです。ワンクッションおくことで音楽的な間を作り出すことが出来ている例といえるでしょう。

 また、このような「IIm7→V7」の流れは、非常に強力なトニックへの進行力を生み出します。この進行を、「ツー・ファイブ・モーション」とか、「II-V進行」などと言っています。コード進行の中でももっとも強力なものの一つですので、覚えておきましょう。

2: I→VIm→IIm7→V7、 I→IIIm→IIm7→V7
   
  

 I→VIm→IV→Vのパターンにおいて、IVをIIm7に置き換えたもの。ベース音を除いて構成音がほとんど同じなので、響き的にも非常に安定した響きを持っています。それどころか、IVを用いるよりも安定した響きになっています。

 というのも、VIm→IIm7→V7という流れをよく見ると、自分よりも5度下(または4度上)のコードに進行しているためです。このようなコード進行は、音楽的にもっともスムーズな流れとされており、同時に力強さも兼ね備えています。こういった進行のことを「強進行」と言います。逆に、自分より3度下(または3度上)のコードに進むのは、自分の代理コードに進むことであり、雰囲気をちょっと変える効果があります。こういった進行は……特に名前がついていません。(あえていうなら「弱進行」?)

 耳に馴染みやすい曲の多くはこのコードパターンを用いています。例えばこれ。
「SaYoNaRa」(globe)・サビ
キー…A
パターン…
 ||: A・Fm7|Bm7・E7sus4・E7|A・Fm7|Bm7・E7sus4・E7|
    A・Fm7|Bm7・E7sus4・E7|F|Emadd11・Em :||
 ※最後のF→Emという流れは「色づけ」だと思ってください。

 ちなみに、このパターンをIから逆に回したI→V→IIm→VIm、という変なパターンも存在しています。

3: I→IV→IIm7→V7

 トニックが長くなる2のパターンとは異なり、サブドミナントが長くなるパターン。2とは異なり、動きが穏やかになるのが特徴です。TMの曲には、上のパターンよりもむしろこちらのパターンの方が多く見られます。あまりダイナミックにしたくない場合は、こちらを使ったほうがいいでしょう。

「Your Song」の長いイントロ(Key:B)及び間奏のコーラス(Ah――の部分。Key:BだったりBだったり)や、「Maria Club」のサビとAメロはこのパターンです。

4: I→IIIm7→VIm7→IV(またはIVmaj7)→IIm7→V7
  

 今まで出てきた、強進行と弱進行を組み合わせたパターンのひとつ。強進行と弱進行を組み合わせるだけで、複雑なコード進行も簡単に作ることが出来ます。

 複合パターンとしてはこのほかにも、

など、様々なパターンがあります。これらのパターンを、T→S→D、またはS→T、T→D→Tの形で並べるだけで、面白みのあるバリエーションが出てきますよ。

 なお、I→VIm→IIIm→IIm7→V7のパターン、言うなれば、「イチロク・ザンニの5本付け」ですが(ま~たそのネタかい>俺)、だからといって、「イチサン・ニーロク」(I→IIIm→IIm→VIm)のパターンはあまり見られないので念のため。

 

●Vについて、VIIm(-5)を連用として使う、代理として使うパターン

1: I→IV→VIIm(-5)→IIIm

 VIIm(-5)はドミナントコード(V7)のルートを取っ払ったコードなので、働きはドミナントに非常に近いものがあります。ただし、実際はこの進行、長調ではほとんど見かけません(一時的に短調に転調する場合、VIm→IV→VIIm7(-5)→III7という形になることが多い)。また、VIIm(-5)はIIImに向かう方が、Iに向かってエンディングよりも安定する傾向にある(それは上記の「強進行」の問題)ので、使う場合はVIIm7(-5)→IIImというパターンを用いることが多いようです。

2: I→IV→VIIm7(-5)→IIIm7→VIm→IIm7→V7→I
 

 強進行をダイアトニックコード全てに用いた、究極形態のひとつ。VI→VIIm7(-5)の部分は増4度上昇になっていますが、これ以外は全て完全4度上昇(完全5度下降)のパターンになっています。上のパターンと同様、長調ではほとんど見かけません。(平行短調でVImから始まるパターンならたまに見かける)

 

コードの機能のまとめ
コード
I

IIm

IIIm

IV

V

VIm

VIIm(-5)
正規の機能Tonic--SubDominantDominant--
代理機能-SubDominantTonic
(Dominant)
--Tonic
(SubDominant)
Dominant

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。