コード理論第3回 ダイアトニック・コード(短調編)

 長調の場合と同様、一番下のローマ数字は、音階の何番目の音をルート(コードの基準となる音)にしているかの記号です。今後もローマ数字記号が頻繁に出てきますが、実際に音階に当てはめる場合は、まず自分がどのキーで作曲しているのか、次にそのキーにおける基本の7つのダイアトニックコードは何か(キーが決まれば自動的に基本の7つのコードが決定します。詳細は第6回・ダイアトニックコード参照のこと)、その上で、I、II…という代数にその7つのダイアトニックコードを当てはめて考えていくことになります。ただしちょっと注意。もともとダイアトニックコードというのは長調の基本的な7つのコードをさしています。そのため、短調ではちょっとだけ数値表記が変な風になります。

イ短調のダイアトニック・コード

 短調のダイアトニックコードはちょっと面倒になります。というのは、一口に短調といっても全部で3つあるためです。上にあるのは自然短音階をベースにしたもの(最後のVIIだけは和声短音階)になりますが、この他にも「完全に和声短音階に準拠したダイアトニックコード」「旋律短音階を元にしたダイアトニック・コード」も存在します。

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。

 

<I(トニック):自己主張の激しい主役>

 短調のコードの主役は、音階の主音をベースにしたIのコードであるが、長調と違ってマイナーコードになる。当然性格もメジャーキーとは異なり、穏やかな明るさというよりは自己主張の激しい静かさという響きになる。稀に例外はあるが、ほとんどの短調を使用した曲は、このコードに始まりこのコードに終わる。
 他の多くのコードとつながることが出来るが、繋ぐ際に一番扱いやすいのがIVmのコードである。通例、Im=>IVmという進行をもとにアレンジしている。ちなみに登場する形はほとんどの場合Im(3和音)だが、たまにIm7の形で現れることもある。

 イ短調ならAmのコードがこれに相当する。

<IV(サブドミナント):主役をサポートする羽目になっちゃう万能コード>

 短調の場合、主役がマイナーコードを用いている。そのためなのか否かは定かではないが、サブドミナントもマイナーコードを用いる。コードの性格は長調のIVとほぼ同じで、その響きがちょっと違う(IVmが若干寂しい響きを持つ)。当然主役に似ていて、それでいて非なるコードである。言うなれば起承転結の「承」、もしくは序破急の「破」にあたる。
 登場する形は、IVmの3和音からIVm7、IVm6となったりと様々である。とくにIVm6で使うとVのコードへ進む力が非常に大きくなる。

 イ短調ならDmのコードがこれである。

true<V:大事な役割なのに控えめ、でもやるときはやる>

 短調のドミナントは2つの顔を持つ。一つはVm(Vm7)という形で他のコードを導く力は強くないが何となく切ない形、もう一つは他のコード(主にIm)を強烈に導く激しい性格を持ったV7の2つである。これらは音楽上どちらも登場しうるもので、時と場合によってその顔を使い分けるコードである。一般的にはさらっと流したい部分ではVmを用い、一番びしっと決めたいところでV7を用いるという形が多いようだ。

 イ短調ならEm、及びE7のコードがこれ。

<II:…壊れ系のコードでおます>

 短調のIIはマイナーセブンス・フラットファイブコードで、その響きはやったらめったらに気持ち悪いというか、非常に落ち着きがないコードである。当然このコードが鳴ると、どこか他のコードに進まなければならないが、その進行先は大抵の場合(というかほぼ確実に)Vに行く。これが世に言う『II‐V進行(Two-five Motion)』であるが、この話については後述。
 そもそもにおいてこのコードが使われること自体あまり無いが、たまに見かけるので(長調ではまず見かけない)、一応作曲の際は頭の片隅に味付けでスタンバイさせていただきたい。

 イ短調ならBm7(-5)のコードがこれに相当する。

III:美味しい所では主役になる、いい奴だけどちゃっかり者>

 Im7のルートを抜いた形に相当する短調のIIIは、その構造上働きがトニックに非常に似ている。しかし、性格が全く正反対(こっちはメジャーコード)なので、少々トニックとは相性が宜しくない…というかトニックに目の上のタンコブだと思われているふしがあるようで(勿論こっちは気にしていない)、使い過ぎに注意。でも上手く使えば過剰に音楽が暗くなってしまうのを防ぐことが出来る。その性格を生かすも殺すも、曲を作る(もしくはリハーモナイズする)あなた次第である。
 通常は3和音で使うが、長調とは違ってIIImaj7の形でも多く使われる。余り他のコードに進まず、短調であってもこのコードでとりあえず終わって、そのまま自分が主役に(こいつは平行調のIに相当する…要するに平行調に転調するわけだ)なるということも多い。実は結構ちゃっかりしていたり。

 イ短調ならCのコードがこれに相当する。

VI:実は影の功労者。でも性格は底抜けに明るかったり…。>

 やはり主役とは完全に異なる形のコードで、性格もまた底抜けに明るい。基本的な3和音(I、IV、V)だけでは重苦しくなってしまう曲の雰囲気を華やかにするという感じの性格である。それでいて明るさと力強さもある万能選手。
 実際、作曲者によってはIVm以上に頻繁に使用する(小室哲哉氏は特にその傾向が強いし、木根尚登氏も結構頻繁に用いる)。それは他のどのコードとも相性がいいからだろう。(ただしトニックに進むことはほとんど無い。トニックからは受けに回る)。形はVI、VImaj7、VI6など様々な形になり、更にはテンションノート(あとで解説します)もたくさんつくことが多い。

 イ短調ならFのコードがこれに相当する。

VII:頼りになる兄貴のような存在>

 このコードは長調のドミナントコードに相当する。したがって性格も似たようなものを持ち、性格的にも他のコードに比べて力強さを感じさせる、風格のあるコードである。調が平行短調となっても、その実力に遜色はなく、ドミナントの働きを十分に代行する。
 勿論、進むコードはIm…なのだが、それだけではなくIIIにも進行する。安定感から言えばVII→IIIの流れの方が安定する。長調の場合はドミナント7thの形で使うことが多いが、短調の場合は3和音のままで使うことが多い。やはりあまり目立ちすぎるのはどうかと思っているのだろう。そんな性格が人気の秘密(謎) なお、VII7のコードはIIm7(-5)と構成音が似ているので、サブドミナント代理としても働くことがある。

 イ短調ならGのコードがこれに相当する。

<VII:ドミナントの姉で、性格はちょっと違うけどタイプは一緒。>

 和声短音階を用いると、第7音が半音上がる。そうすると上のVIIの形が変わる。このコードは要するにV7のルート音を省いたものに等しく、進行もまたV7にそっくりとなる。本人そのものは正体不明のコードであるが…。
 言うまでも無く、その働きはドミナントと同じで、進むコードもまた同じ(つまりImに向かう)。とはいえ、このコードを純粋に短調で使っている曲を私はいまだかつて1曲しか見たことがない。(あとは長調で一時的にマイナーに転調した場合に使っているのを1曲知っているだけ)

 イ短調ならGdimのコードがこれに相当する。