コード理論第3回 ダイアトニック・コード(長調編)

 ダイアトニックコードとは、要するに音階の構成音だけで作ったコードのことです。どんな音階でも構造そのものは同じなので、必然的に順番とコードのタイプは一致します。

 ちなみに、一番下のローマ数字は、音階の何番目の音をルート(コードの基準となる音)にしているかの記号です。今後もローマ数字記号が頻繁に出てきますが、実際に音階に当てはめる場合は、まず自分がどのキーで作曲しているのか、次にそのキーにおける基本の7つのダイアトニックコードは何か(キーが決まれば自動的に基本の7つのコードが決定します。詳細は第6回・ダイアトニックコード参照のこと)、その上で、I、II…という代数にその7つのダイアトニックコードを当てはめて考えていくことになります。

ハ長調のダイアトニック・コード

 上はハ長調のダイアトニック・コードです(全て7の和音になっていますが、実際は一番上を取り去った3和音でも使いますし、また他にもごてごてアレンジしたものも使いますが)。

 さて、実際に各ダイアトニックコードの性格を見ていきましょう。

 このページで扱っているコードのサンプルはサンプルのページをご覧ください。

 

<I(トニック):やっぱり主役がいなきゃ始まらない>

 コードの主役は、音階の主音をベースにしたIのコード(トニック、という)。長調のIは長3和音を使うことが多く(たまにXmaj7の形になるが)、それ自体非常に安定感があり明るい響きを持つ。
 勿論、主役だけに他の配役とのつながりも密で、どのコードに進んでも違和感はない。その中でも完全4度上のIVのコードとは非常に相性がよい。

 ハ長調ならCのコードがこれに相当する。

<IV(サブドミナント):主役をサポートしつつ、しっかりと自分も目立つ万能選手>

 長調の第4音をルートにしたコード(サブドミナントと呼ばれる)は、その形がトニックに酷似しているが、響きは多少違っている。このコードが鳴ると、トニックほど安定感が無い(全く無いわけではない)代わりに穏やかな響きと適度な変化を与える。このコードがトニックの新たな一面を発見させることにもなる。いわば主人公をサポートするお姉さん的なコードかな?
 形そのものはIVの3和音単体、IVmaj7、IV6など、融通の効く形になる。次に進むコードはトニックと同様多く、VI以外のほとんどのコードに進む。

 ハ長調ならFのコードがこれに相当する。

<V(ドミナント):主人公の頼もしいパートナー>

 第5音をルートにしたコードはドミナントと呼ばれる。長調の第5音ルートのコードはメジャーコードだがその響きは何となく落ちつかない感じである。一見するとトニックとは全く違うタイプだが、その方向性は実はトニックに向かっている。要するに、よくある(?)「昔っからの幼馴染でよく喧嘩してたんだけど、実はそいつのことが…」な感じだといえばわかりやすい…のだろうか?
 形としてはV、もしくはV7の形で使用することになるが、通常はV7を用いる。V7の方が力強さが出るというのがその理由で、もうこのコードが鳴ったら問答無用でIに進むことが多い。(そうでもない場合もあるのだが…)

 ハ長調ならGのコードがこれ。

<II:…IVとVを暖かく支える先生>

 長調のIIはマイナーコードで、その響きはちょっぴりさびしい感じ。でも、その寂しさの中には主人公を初めとするほかの登場人物を包み込む、穏やかな暖かさも備えているというコード。
 コードそのものの形としてはIIm7の用にマイナーセブンスにして性格を和らげて使うことが多い。IImだとちょっと強烈過ぎるかという感じなのだ。このコードが行く先はトニックのように見えて実はVに行くのが9割以上。やっぱり愛弟子は気になるんでしょう(爆) ちなみに、一般にはIかIV、あるいはIIImからこのコードに進んでくる。

 ハ長調ならDmのコードがこれに相当する。

<III:ちょっとぶっきらぼうだけど、根はいいやつ>

 ちょうどトニックとドミナントの中間に相当するIIIのコードは、主役になりきれず、かといって主役のために一生懸命アプローチしてもそれと気づかれないというちょっと可哀想なコード。そのためか、響きもどこか切なさと同時に主役に寄り添おうと一生懸命な感じもするコード。
 結構宙ぶらりんなコードではあるが、その気になれば主役も張れるだけに(一時的なものだけど)、使い勝手は悪くない…のだが、なかなか使い方の難しいコードである。形はIIImの3和音でほとんど間に合う。敢えて主人公にアプローチするのならIIIm7でも構わないだろう。次にVImやIVに行くことが多いのは、Iに進もうとするけどうまくかわされて、VImのお守りやIVのツッコミ役に徹することになってしまうため。

 ハ長調ならEmのコードがこれに相当する。

<VI:その気になれば主役を張ることも可能だけど…>

 ちょっとだけ主人公と違うけれども、その気になればいつでも主役になれるというコード。そりゃ平行調のImなんだから当然ではあるが…。性格としては、とりあえずトニックの後に出てきて花を添えるという感じ。むしろIだけだとボケ~っとしてる感じがするのを、しっかり者のVImでバランスをとる、みたいな感じかな?
 形は多くの場合VImの3和音になる。次に進むコードはそんなに多くなく、IVかIImか、の選択になることが多い。(稀にIIImに進むこともある)

 ハ長調ならAmのコードがこれに相当する。

<VII:影は薄いけど、主人公に密かに思いを寄せる>

 なんだか他のコードとはちょっと違い、微妙に影が薄く、まるで今にも消えてしまいそうな感じがするコード。これは他のコードと違い、安定した構造を本質的に持っていないためである。だが、その性格はVに酷似していて、やはり主人公に対する思いは当然の如く持っている。形はハーフ・ディミニッシュコードになる。
 あまり使われることの無いコードだが、行く先はIになることが多く、またIIImにそのベクトルが向くこともある。

 ハ長調ならBm7(-5)のコードがこれに相当する。

VII:異世界の住人だが、あるときふと主人公の存在に気付き…>

 このコードはダイアトニックコードではないが、使用頻度が結構高いので参考までに掲載しておく。下属調(orミクソリディアン)のコードであると同時に、同主調のドミナント代理である。コードそのものも耳慣れない響きとなっている。全てはこのコードのルートが音階音でないためになせる技である。
 形は通常3和音になる(4和音にするとどうも落ちつかなくなる)。その働きはV7に近いものがある。ただ、どうしても他のコードと繋がりが悪いために、通常はそのまま再びIに戻っていくことになる。いずれにせよ、多用すべきコードではない。

 ハ長調ならBのコードがこれに相当する。