コード理論第2回 コードの種類と構成

 一口にコードといっても、重ねる音の個数によって幾つか種類があり、更にその重ねる音の音程関係によって様々なコードがあります。重ね方によってこれほどまでに多種多様な響きを示すというのがコードの奥深い所です。

 今回は、各種コードの音程関係とその性格についての話といきましょう。

 

1、3和音

 極端なことを言ってしまえば、異なる音が同時に2つ鳴ればそれで和音が成立します。しかし、通常コードの議論をする場合は、3つの音――それも、1つおきに重ねていく――を同時に考えます。この3和音がコードの基本形ということになります。ちなみに、3和音のことを英語では「トライアド(triad)」といいます。

 っと、その前にコード理論の場合、基準にする音をルート(または根音)、その上に一つ飛ばしで乗せた1つ目の音はルートから見て3度の音程にあるので第3音、更に一つ飛ばしで乗せた2つ目の音はルートから見て5度なので第5音といいます。これらの用語は今後ビシバシ出てくるので、必ず覚えてください。

 3和音の基本形はルートから数えて3度と5度の音を乗せるものですが、3度の代わりに完全4度を乗せ、更に完全5度を乗せた『サスフォー』というコードもあります。

 これらのコードについて解説していきましょう。なお、表記法のXはルート音の音名を代数的に表記しているものです。

1、長3和音
ルート+長3度+完全5度
 このコードの特徴は、まるで少年のような明るさを伴っていること。ひたすら自己主張をして、それでいて憎めないと言うか、とてもしっかりした安定感を持ち合わせている。そのため、使用頻度は非常に高い。
 ルートと第3音は長3度、すなわち半音4つ(全音2つ)に相当する。
表記法……X (通常はルート音1文字で表される)
メジャー・トライアドの例
2、短3和音
ルート+短3度+完全5度
 長3和音とは打って変わって、こちらのコードは暗さと言うか寂しさを醸し出す。それでいて非常に落ち着き払っているのが特徴で、長3和音の動的なイメージに対する静的なイメージを持つ。こちらもやはり使用頻度は高い。
 ルートと第3音は短3度、すなわち半音3つ(全音1つ半)に相当する。
表記法……Xm
マイナー・トライアドの例
3、増3和音
ルート+長3度+増5度
 長3和音を無理やりおっ広げた感じで、コードの響きそのものにも落ち着きが無い。どちらかと言うと怖さが中心になっているコードで、この3和音の形で使われることはほとんど無く、七の和音をアレンジしたりするときにごくたまに使われる程度。
表記法……Xaug ただし、七の和音と併用する場合はX(+5)と表記
オーグメント・トライアドの例
4、減3和音
ルート+短3度+減5度
 こちらは不気味さ万歳なコード。とにかくその響きの気持ち悪いことたるや凄まじい。多くのコード教本で「お化けが出そうな」という形容がなされることからも、その性格は容易に想像できよう。やはりこれ単独で使うことはあまりない。
表記法……本来ならXdimと表すのだが、この表記の場合後述の「ディミニッシュ・セブンス」と扱われるので、3和音で用いるときはXm(-5)と表す。
ディミニッシュの例
5、サスフォー
ルート+完全4度+完全5度
 その形がちょっと中途半端な感じで不安定なコードだが、性格もどっちつかずなコード。通常、同ルートの長3和音に進む。
表記法……Xsus4
サス・フォーの例

2、七の和音

 こちらは、3和音に更に一つ飛ばしで音を加えたものです。この加えた4つ目の音は(ルートから見て7度の音程関係にあるので)第7音といいます。英語では「セブンス・コード」といいます。言うまでもなくルートから数えて第7音を加えるためで、3和音に比べてその響きが豊かになっているのが特徴です。ただし、安定感は3和音に比べると若干劣るので、曲の頭や終わりに使うことは余りありません。

 なお、長3和音、短3和音の上に、第7音の代わりに第6音を乗せたコードもあります。これらはテンション系コード(後述)の一種とみなすことも出来ますが、その割に使用頻度が高いので、今回は七の和音の一種として取り上げました。

1、マイナーセブンス
短三和音に短7度
 ともすればその暗さが少々耳に響く短3和音に短7度を乗せたコード。上3つ(第3、5、7音)を見ると、実はこの部分が長3和音になっているため、マイナーコードの暗さが弱まり、暖かさが出てきたというわけである。
 七の和音の中でも最も使用頻度が高く、同時に不安定な七の和音の中でも比較的安定している。
表記法……Xm7
マイナー・セブンスの例
2、メジャーセブンス
長三和音に長7度
 マイナーセブンスと対になる存在で、長3和音に長7度を乗せたもの。ただ単に明るいだけだった3和音とは違い、上3つ(第3、5、7音)が短3和音の形になっているので、明るさの中にどこか後ろめたさを含む、大人っぽいメジャーコードといえる。
 このコードは、マイナーセブンスに次いで比較的よく出てくるコードである。
表記法……Xmaj7, XM7, X△7
メジャー・セブンスの例
3、ドミナントセブンス
長三和音に短7度
 『ドミナント』とは、音階の第5音(別名・属音)のこと。名前の由来は、長音階の第5音に出来るダイアトニックコード(=音階の構成音だけで作ったコード)がこの形だから。その響きは非常に不安定であるが同時に力強く、そして深い響きを持つ。このコードは、サビの橋渡しなどの「盛り上がりを見せるところ」で使われる。最たる例が『となりのトトロ』のサビ直前。あそこで鳴っているコードがまさにこれに相当する。
 この性格を特徴付けているのは、第3音と第7音に出来る音程が減5度(全音3つに相当するので、トライトーン(tritone)と呼ばれる)であること。ちなみに、第3音が完全4度になっているものもあり、それらはセブンスサスフォーコードと呼ばれる。
表記法……X7 (読むときもいちいちドミナントセブンスとせず、単にセブンスで通用する)
ドミナント・セブンスの例
4、マイナー・メジャーセブンス
短三和音に長7度
 マイナーなのかメジャーなんだかはっきりしやがれという名前(注:コイツの出自はマイナーの3和音)だが、実際の響きはというと非常に悲痛で、悲しみを強いられているかのような感じになる。少々強引でくどいコードなので、使用頻度は決して高くないし、これ単独で使うこともなく、必ず他のコードと併用する。
表記法……Xmmaj7,XmM7, Xm△7
マイナー・メジャー・セブンスの例
5、マイナーセブンス・フラットファイブ
減三和音に短7度
 読んで字の如く、マイナーセブンスの第5音を半音下げたもので、その特徴は「空間」と「儚さ」である。今にもすっと消えてしまいそうな響きを持つこのコード、それ自体は相当不安定であり、使用頻度も低いのだが、このコードをうまく使うことで音楽に幅が出てくる。
 ちなみに、元になっているコートが減3和音であることから、別名「ハーフ・ディミニッシュ」とも呼ばれる。おもしろいのは表記法で、略記する場合には集合論で「空集合」を意味するφを用いている。
表記法……Xm7(-5)が一般的
 文字通りXm7(5)と書く場合も、Xφもある
マイナーセブンス・フラットファイブの例
6、ディミニッシュ・セブンス
減三和音に減7度(=長6度)
 ディミニッシュ系の極め付け。ディミニッシュを2つ重ねたもんだから、性格もそれを強化したもので、まさに百鬼夜行と呼ぶに相応しい。もうお化けの大暴れ万歳って感じである。
表記法……Xdim7と表記すべきなのだが、通常Xdimと書いた場合はこのコードになる。
ディミニッシュ・セブンスの例
7、メジャーシックス
長三和音に長6度
  長3和音に長6度を加えたコードで、単なる明るさのトライアドがお洒落さんになった感じの華やかなコード。
 本質的に6度ルートのマイナーセブンスと同じように見えるが、響きはだいぶ違う。
表記法……X6
メジャー・シックスの例
8、マイナーシックス
短三和音に長6度
 こちらは短3和音に長6度を加えたもの。やはりともすれば湿っぽくなる短3和音に、明るさというか華やかさが加わる。
 本質的に6度ルートのマイナーセブンス・フラットファイブと同じように見えるが、響きはだいぶ違う。
表記法……Xm6
マイナー・シックスの例

3、テンション・コード

 テンションコードとは、今まで述べてきた和音に、さらにコード外の音を加えて、そのコードに適度な緊張感を与えるものです。加える音は9度(=2度)、11度(=4度)、13度(=6度)になるのですが、この概念は非常に複雑であるので、初心のうちは別に覚える必要はないでしょう(現に私もよく分かっていないし……)。後でゆっくり時間を割いて説明します。

まとめ

 

 次回は、先ほどもチラッと出てきたダイアトニックコードの話に移ることにします。今回紹介したこれらのコードは、音階によってその役割と意味が与えられるのですから……。