コード理論第1回 音の高さの違いを表す単位「度」

 やるやるといって結局今の今までやらずにいた「コード理論」の話。時間的に余裕が出来てきたので、今回から時間をかけてお話しましょう。

 まず、コードの話をする前に、音程関係の話をしていきましょう。この話をしないと、コードの説明がどうもままなりませんので……。ただ、少々面倒な話なので、その点は目をつぶってくださいませ。

 では、早速始めましょう。

 

 この、「度」という単位、早い話が「五線上でどれだけの高さの違いがあるか」ということを表しています。具体的には、同じ高さにあるときが1度、1つ離れているときは2度といった具合になり、7つ離れて音名が同じになるとき、8度、すなわち1オクターブになります。オクターブってのはここから来ているわけです。(オクタ=8)

度数

 ただ、一口に同じ3度といっても幾つか種類があります。それを見ていきましょう。なお、以下しばらくの間は、話が煩雑になるのを避けるために変化記号を使わずに話を進めていきます。


1、1度(Unison)と8度(Octerve)

 この2つは音名が同じ音なので、同時に和音として鳴らせば完全に一致します(綺麗に溶け合う) この2つを絶対協和音程といいます。この2つは完全1度、または完全8度のみです。

2、4度と5度

4度
5度

 4度には2種類あり、多く(間隔が半音5つ分に相当)は同時に鳴らせば溶け合うように響きます。この「綺麗に響きあう4度」を完全4度といいます。ところが、ファ~シの組み合わせは、この完全音程よりも半音広く(半音6つ分)なり、非常に変な響きになります。このように、完全音程よりも半音広い音程を増音程といい、この場合は増4度となります。

 5度の場合も同様に2種類あり、その多く(半音7つ分に相当)は非常に綺麗な響きになります。これが完全5度なのですが、シ~ファの場合はそれら完全音程に半音足りない(半音6つ分)ため、やっぱり変な響きになります。これが減音程で、この場合は減5度です。

 4度にしろ5度にしろ、非常に綺麗な響きのものと、不安定なものとの2種類があり、前者を完全協和音程、後者を不協和音程といいます。

3、2度と3度

2度
3度

 2度と3度は、間に半音(ミ~ファ、シ~ド)を含むか否かで場合分けされます。半音を含む(半音一つ分、及び全音+半音=半音3つ分)ものを短音程、含まない(全音1つ=半音2つ、ないし全音2つ=半音4つのみ)ものを長音程といいます。2度は先ほど述べた不協和音程ですが、3度は完全協和音程ほどではないにしろ穏やかに引き立て合う響きになります。これを不完全協和音程といい、長3度、短3度いずれもこれに属しています。

4、6度と7度

6度
7度

 6度と7度は間に半音を必ず含みますが、その半音が1つのもの(6度なら半音9つ分、7度なら半音11個分)と半音が2つのもの(6度なら半音8つ分、7度なら半音10個分)の両方あり、前者が長音程、後者が短音程となります。7度も不協和音程となりますが、6度は3度と同様不完全協和音程となります。

5、もし変化記号がついた場合は?

変化記号がついたケース

 例えば、ラ~ファの短6度の場合、上のファに♯がついた場合、音程が半音広くなり、長6度となります。また、ド~シの長7度の下のドに♯、上のシに♭がついた場合、半音2つ分狭くなって減7度になります。同様に、レ~ラの完全5度の上のラが半音下がると、減5度となります。

完全・長短・増減のつき方の法則

 音程関係に関しては、まず変化記号抜きの度数を求めて、それを上の表にしたがって移動させてやると出てきます。

6、オクターブ引っくり返る(転回)場合

 もし音程関係が引っくり返っている場合は、次の公式にしたがいます。

引っくり返ったあとの度数=9-引っくり返す前の度数

 で、更に接頭辞(?)は次の法則に従います。

 

 さて、次回はコードの種類についての説明をしましょう。今回のことを踏まえた解説をしますので、その心積もりでお願いいたします。