うつ病その2 そして大学を留年し

 で、結局私は留年することになりました。そりゃそうです、必要な単位がずぇんぶ足りていたとしても、肝心要の卒論が書けないことには卒業なんて無理なわけで……。

 その辺も含めて、一旦父と話をしました。その際に父に言われた主な話がこちら。

「4年間を無駄にした」
「お前には裏切られた」

などなど……。

 ガチで、「それでも父親か!」って思いましたが、 その程度の認識しかないんですね、うちの父にとって「心の病」ってのは。だって身近な人にそういうのにかかった人いないんですもの。おそらく本人自身も(昭和20年台生まれっていうのもあるんでしょうけど)常に「上昇」し続けるのが当たり前な生活だったので、ドロップアウトみたいな概念は無縁だったっていうのもありますし。

 この瞬間、その年の正月は実家に帰省しないことが決定しました。そんな理解のない人間と一緒に正月を迎えられるかという気持ちが強くなってしまいましたし。

 その頃お世話になっていたフリースペースの代表の方や相談役の方にも色々話を聞いてもらいました。……冷静に考えるとじつに馬鹿馬鹿しい話ではあるんですよね。「ミイラ取りがミイラになる」とほぼ同義なんですから。それでも、変わらず私を支えてくださったことが本当に嬉しくて、頭が下がる思いです。

 その、フリースペースの相談役の人に、うちの父あてに一筆書いてもらいました。うつ病について、私の実際についてなどなど……そういうものを書いてもらわないと理解できない父だったというのもありますからねえ……。まあ、私の父の場合はもともと「家庭を顧みる」ってことを全くしない人だったってのもありますし(事実、その後祖母に介護が必要になった際にも私に100%任せっきりにしてた)。

 で、すったもんだあって、結局留年を決めました。当初は退学を検討してまして、今後学生生活を続けていくのははっきり言って困難ではないかとすら思ってました。ただ、父含めて相談に乗ってくれている人にも、せっかくなんだからちゃんと大学卒業までやってみたらどうだとも言われまして、とりあえずもう一度やり直してみようと。

 幸いなことに3年時までに必要な単位は全部取ってありましたし、そのため4年では実質授業もありませんから、治療に専念できるというのもあります。そういう意味ではある種幸運だったのかもしれません。