うつ病その1 完璧主義者の就職活動勘違い

 大学3年の時に就職活動が始まりました。

 私には実感がなかったというか……その頃は大学の授業と週1回のボランティア※1の合間をぬってホームページ運営にゲームしてて……という感じでしたので、本気で将来考えてたのか怪しくなってきてたような気もしますが……。

 それでも案内はちゃんと来るわけでして、ちょっと、どこの企業か忘れてしまったんですけれども、近くのホールで大々的に就職説明会をやりますという連絡が入ったんですね、電話で。その際の案内で、「私服でご来場くださって構いませんよ」ということでしたから、うん、当日まあ気楽に構えて出席しようじゃござんせんかと考えてまして。

 で、当日自転車で現地に向かって、さあ会場に入ろうとしたら……なーんかみんなスーツ着てるんですよねえ……あれ、私服で構わないということじゃ……なかったの、と急に不安になってしまいました。変な話かもしれませんが、自分でもその辺がわからなくなってしまって相当混乱と焦りの気持ちが出てきてしまいました。これからどうすればいいのか、全く分からなくなってしまい……

 結局、その場から逃げ出すようにして、次の目的地に行ってしまいました。

 ……それ以降、どうしても就職活動に打ち込めなくなってしまいました。また何かおかしなことをしてしまうのではないか、そしてそれで評価を下げてしまうのではないか……そういう不安が急に頭の中を支配するようになってしまいました。

リクルーター嘆く「私服で来てと言ったらジャージ姿」 非常識な就活生が悪いのか」という記事があったわけなんですけれども、これは最近の話で、その就活生のキャラクターも私とは違っているので、単純な比較はできません。ただ、やはり就活という場を勘違いしてたのかなぁという思いは強く持っていました。 

 とりあえず就職活動は少し休もう。卒論だけ考えて、しばらく様子を見て、それで気分が上向いたらまた就職活動をしよう。そう思うようになりました。ただ、これはある意味では大変な失敗で……就職の内定が出る時期というのは総じて夏ごろ。卒論は秋口からじっくり書き上げるものですし、優先順位を間違えているわけですからね。

 そうこうしているうちに、だんだん時間は経過していき……物事に関してだんだんやる気も何も起こらなくなっていった感じでした。卒論に関してもきちんとした文献読破もできない(読書そのものができなくなっていった)、調査しようと思っても「そういう調査をしたい」と言い出すこともできない……これも元々の私の性格の一つ、思い切ったことを言い出すことができないという内向的な性格に由来するものなのですが、どうもこう、何もかも思ったようにいかない状況が続いてしまったわけです。

 どうやら私は「マニュアルがないもの」「教えられるものではなく、自分で試行錯誤するもの」というものを知らなかったのかなぁ、と。

 そんなこんなをしているうちに、卒論に取り掛かるわけなんですけれども……これがまたうまくいかない。執筆しようにも本が読めないからアイデアも出ない、調査もできていないからデータの整理もできない、ということは……当然、論文も書けません。そう、なんかもう、先が全く見えなくなったというか、自分がやるべきことも何一つ手がつかない、というよりも生きているのはなんでだろう、学校に行っているのはなんでだろう……そこまで考えるようになってしまいました……。