サークル humansystem
 今後の活動について 

10月の下旬に、今後の主宰者の創作活動全体を含めたサークルの活動についてを考え直しまして、結論として、以下の通りといたします。

1. 小説『もう一つのLlylgamyn Saga』

 こちらについては、当面基礎的な設定のいじり直しを経た上で、共著者のすいおうさんとともに執筆を続けます。基礎データがまとまった頃合い(2018年7月を予定)に推敲を含めた上で本文の執筆を再開、その上で2020年10月を目処に同人誌として1冊仕上げた上で、即売会の出展を目指します。

 同人誌出版に関しては、種々の権利に関しての確認なども少なからずあるため、それなりの時間をいただいた上で検討を重ね、その問題をすべてクリアした末に執筆したものを小分けにして出していこうと思っています。

2. RPG『EL DORADO of the CHILDREN』

 こちらについても制作は続けます。

 ただし、作風に関して種々の社会的事情(影響力や、社会的に「いじめ」「人と人とのつながり」についてどのように考えられるのか)を改めてきちんと考察し直さければなりませんし、また、制作を始めてから10年経過し、その間に出現した新しい概念もまた正確に考察しなければなりません。

 シナリオに関してもキャラクターに関しても、矛盾が生じた状態での制作は大変なことになりますので、その点に関して丁寧に取捨選択及び案を練り直した上で、一旦基礎データの書き換えなどを行います。その上でシナリオそのものをきちんと定め直します。

 したがって、今年いっぱいはそのシナリオの正式な決定(=推敲及び加筆・補筆)、完成は2018年では少し難しいので、2019年末を目標にします。

3. マサむねさん作品のPCツクール版移植

 こちらについては、現在基礎データのサルベージすらうまくいっていない状態です。ツクール3のデータをPCにインプットすることや、あるいは私自身がVX Aceの仕様に慣れていないという点も含めて考えると、完成にはまだまだ時間がかかりそうです。

 政策を中断することは考えていませんが、優先順位として『EDC』を上に持っていきたいので、この2作品に関しては、他にサポートしてくれるような人を募集することができればなと思っています。

 何のことはありません、「サークルのメンバー募集中!!」

4. 共同制作『異世界の女勇者ちゃん』企画

 こちらについてはアイデアを出す頁など一旦全部削除しまして、企画も凍結としました。

 ただ、いつかはやってみたいなあ……なんては思っていますので、少しずつ余裕が戻ってきたらまた考え直します。


 上記の件、どうかご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 また、二度になって恐縮ですが、サークルのメンバーさんも募集しております。ともに創作を志す仲間として歓迎いたしますので、是非仲間になりましょう!!